2006年7月 3日 (月)

久しぶりの【G】

Dscf5654キミは憶えているか?10年前に巻き起こった恐ろしいほどのG-SHOCKブームを。限定品が発売されるあたりにはYカメラの時計売り場には多くのマニアがウロウロしてショーケースをチェックしたり店員の動きを柱の影から見つめたり、告知された販売日には徹夜が出たり。イルカクジラモデルや珊瑚礁保護協会モデルの発売日はショーケースが割れんばかりに人が押し寄せパニックになったことを。そんな渦中に私はいた。アレはなんだったんでしょう。AW-500シリーズはアナログとデジタルを融合した人気モデルだったが、販売期間はさほど長くなく限定品として復刻された時にはずいぶん人気を誇ったモデルだった。あれから幾年、ふたたび現れたAWG-500は電波時計、ソーラーバッテリなどを搭載して進化したモデルだ。私もずいぶんG-SHOCKは持っているけど電池が切れちゃって放置状態のものが多いんだよね。全部ソーラーバッテリだったらどんなによかっただろうか。しかも電波により時刻を自動調整だもんよ、完璧じゃね?
ただし、AW-500はスクリューバックと呼ばれるメタルケースが自慢だったが、新たなAWG-500は一般的なG-SHOCK同様のパネルバック、つまりプラスチックケースになってしまい腕に付けた軽さが物足りない。でもデザインは相変わらずいいね。AW-500はスケルトンと黄色いのしか持っていなかったんでスタンダードな黒いボディに赤い操作ボタンが映えるコイツは久しぶりの大ヒットだと思っている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

ベルト付けました。

Seikocrown2昨日のセイコークラウンに早速ベルトを付けることにしました。こういうことはなぜか素早いのが不思議だ。他のことはめっぽう遅いクセに、だ。ヨドバシカメラの時計売り場でベルトを物色するのだが、どうにも安っぽいものが多くて合わない。まあ、安っぽいんじゃなくて安いんだけどね。ここはせっかくの風格を持った時計に1000円台で販売されているベルトじゃあかわいそうだもんよ。なのでトカゲ革のイタリア製にしましたよ。うーむ、ピイタリィ!いや、ベルトを付けるといいもんだねぇ。肝心の精度は一日で10秒遅れだったんで今日、もう一度微調整することに。まあ、10年は動いていなかっただろう時計にしてはいいんじゃないか?
あらゆる機械の中で時計は鼓動が即、自己の稼働時間を表してゆく実にストイックなモノだよなあ、と思う。そして我が家には腕時計がおそらく200本はあるはずなのだが、ほとんどがスウオッチとGショックなので電池が切れちゃって放置状態。アカンね....まあ、ちゃんと時計として日常使えるモノは20本程度でしょうか。そしてゴソゴソ時計箱を探していたらこれまた10年は放置されているヤツが発掘された。うーむ、これはOHせねばならんべなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

落ちていますた。

Seikocrown今日は明日の『恐怖の胃カメラ検査』のため早めに帰宅。んで、気になっていた機械式時計のメンテを行う。なにせ一週間以上放置していたのでお仕事モード用時計が全部止まっていたため時刻合わせなどを行う。ついでに「あれ、どこいったっけ?」とお気に入りの時計を探していたら、時計箱の中にひっくり返って落ちていたヤツを発見。「あ?何じゃコレ....」ひっくり返すとセイコークラウン・スペシャルだった。こんなの買っていたんだ・・・いつ買ったのか思い出せないのだがたぶん数年前大通公園で骨董市があってそこで買ったはず。たぶん。いくらで買ったのかも思い出せないけどあまりの汚さ、傷の多さで3000円〜4000円ほどの記憶が。そんな青空の怪しい所で高い金を出すほどバカじゃない<失敗あり_| ̄|○
裏蓋を開けてみたらオリジナルのキャリバーだったし驚くことにちゃんと動き出した。しかも結構正確みたいだ。一応、チェックしながら微調整を行っているところ。14K80ミクロンのメッキがしてあるなかなか雰囲気のいい時計なので、ベルトを探して合わせてみようかな。ただし文字盤はかなり痛んでいるのでなんとか清掃したいなと思うけど。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年5月24日 (火)

景品にしてわ...

DSCF0016珍しく時計ネタ。実は「高級車」の新車お披露目では最近こうした腕時計を記念品として配布するケースがある。AudiもそうなんだけどBMWも新3シリーズの発表展示会で時計を配布。もちろんお得意さまだけなのかもしれないけど、私は会社の先輩から頂いた。新3シリーズはダイナミックなデザインで結構いい感じだけどちょっとデカイ。メルツェデスCクラスもそうなんだけどすでにコンパクトではなくなっちゃったね。
話を戻すとこの時計、中国製の安時計。さも高級感を醸し出そうとしているのだが、仕上げはイマイチ。勿論タダで配布するんだからしょーがないのだろうけど、それならむしろカジュアル的に遊び心を持たせた方がいいんじゃないかと思う。ま、フェイスにちょっとそんな雰囲気が出ているけどね。BMWでは毎年お正月の初売りに配布するニューイヤーズ・キーホルダーが一番格好イイ。毎年凝ったデザインで人気があるけど、今年のは特に秀逸だったなあ。どっかに転がっていると思うが見あたらない(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)