2012年3月29日 (木)

二ヶ月使ってみた

Imgp1973Panasonic LUMIX GF3さんが我が家にやってきて二ヶ月経ちました。その間、釜石や和歌山へも随行頂き、記録用にも活躍してくれましたよ。初めてのMFT(マイクロフォーサーズ)だけど、実は今までは生徒さんにイチオシとしてLUMIX Gシリーズを奨めていたんで自分でも使わないとねwいや、マジでパナさんから一台くらい進呈されてもいいくらい宣伝しとりますwMFTのカメラ本体は、オリンパスとパナソニックの二社しかないから選択肢は限られるけど、両者ともそれなりに機種は揃っているんであらゆる方へお奨めできますね。

さて、自分で使った感想ですけど…うん、思ったような絵が出るなあと思う。AWBはやや暖色傾向へシフトしたカスタム設定を行っているけど、それは町の撮影の場合。あと発色も自分好みで設定してます。特にこのGF3はスナップ用として使うので町が圧倒的に多いわけですから、シブい色になるよう初期設定よりは発色を抑えて,コントラストは強めにしてます。・・・ということはどうでもいいかwようするにGF3は「使えるか」ってことだよね。実は和歌山ではけっこう失敗している。それも、普段ではまずやらない失敗。まず「ピンぼけ多発事件」・・・これはフォーカスポイントを画面のどこにでも自由自在にタッチで動かせるという特長を使わず、センター一点ばかりで使ったことにある。そもそも、きちんと確認せずに撮ったなあ、というカットが多かった。今回の和歌山では25mmを多用、つまりMFTでは標準で開放値1.4ということもあり被写界深度も浅かったことで微妙なピンぼけから盛大なピンぼけまでやっちまった。被写界深度が比較的深めなMFTだから大丈夫、なんて甘かった。液晶モニタを見て撮るスタイルも久しぶりなので、ちょっと安易に撮りすぎたかな。

GF3で気になったのは、撮影後すぐに画面でプレビューしたとき、拡大チェックができないこと。K-5なんかだとプレビュー中にすぐ拡大してピントなどをチェックするんだけどGF3では一度再生ボタンを押してからじゃないと拡大できないのが辛い。撮影のリズムがやや崩れちゃうので、ここは馴れるしかない。あと、液晶モニタ、撮影のときに画面表示をすべて消せるといいな。四隅に文字やタッチメニューがあると、正直邪魔なことがある。そこんとこファームウェアでUPできればいいのだけど。
あと、高感度はやや辛いかな。これはセンサーがもうGシリーズでも最古参だから致し方ないのだけど、さすがに1600になるとノイズは多い。ただし、これは一般的な目で見た場合であって「夜のまち歩き」ならむしろこのノイズがライブ感があって個人的には嫌いじゃない。次期GF5はGF3とほぼ同じデザイン、コンセプトのまま高感度が改善されているらしいので、この大きさに惹かれている方で高感度も欲しいなら待った方がいいかもね。

もちろんこのカメラのいいところ、GF3ならではの軽快感、コンパクトさ、そしてレンズシステムの豊富さということもあってスナップ撮影が主体ならお奨めだよね。バッテリーはあまり保たない印象があったけど、ちょこちょこ使うと意外に減りが早いんだけど、一日歩き回ってずっと使っているとちゃんと300枚は大丈夫。あと、ここは大事なポイントだけど、ホワイトバランスやカスタムで絵作りするモード(ピクチャースタイルとかピクチャーコントロール、カスタムイメージなどメーカーで異なる名前だが)でリアルに液晶モニタで設定が追い込めるのがいい。これはペンタックスとパナソニックならではですね。同じMFTでもオリンパスはそこがライブでできないのが不思議だ。ミラーレスなら簡単にできそうなんだけどね。そういう部分も自分のスタイルに合っているGF3はこれからもビシビシ使って行きたいね。


| | コメント (0)

2012年2月19日 (日)

設定は追い込むためにある。

P1000731ぼくは常々生徒さんたちに「カメラの設定を追い込め」と口にしているが、その追い込みが今ひとつピンとこないって云う方も多いと思う。今のデジタルカメラは高性能でおまかせシーンモードやオートピクチャーなどのモードもあって、たいていスナップならおそらくそれで間に合うんじゃないかと思えるほど性能がいい。色々いじるけど、結局カメラ任せが一番奇麗な気がする、気がするだけだ。確かにコンパクトを始め、ミラーレスの一眼にしても、そういうモードを売りにして「簡単にキレイに写りますよ」とメーカーは云うし、メーカーも相当苦心して開発している。ホンットに初心者向けのデジタルカメラほど開発にお金がかかっているのよ。

でも、よーく画像を見ていると「そこそこに、差し障りなく」撮れているだけだ。それなりにウマく撮れているようだがそれはカメラが勝手に決めて撮っているもので、撮り手がウマいわけじゃない。例えて云うなら最近の車みたいなもんで、ATでABS付きで、滑り防止のTCSや4WDフル装備。初心者ドライバーでも運転がウマくなったような気がする、本当は危ない大きなお世話なもの。事故を運良く回避してはいるけど、本当は「どれだけ危険だったのか」は教えてくれない。一方、旧世代のスポーツカーなんぞ、自分でコントロールして車の限界を目一杯使って走る。このコーナーならこの条件下でどんだけアクセルが踏めるか、万が一滑り出してもカウンターをどれだけ充てれば良いか、自分の経験値と車の挙動、性能を見極めて走る。

車とカメラが大きく違うのはそういう追い込みをかけても怪我もしないし、まず死ぬことはない。カメラも壊れないだろう。だからこそ、カメラの限界値まで追い込んで欲しいのだ。初心者向けの一眼レフだってWBを初め、ピクチャースタイルやピクチャーコントロール、カスタムイメージなどメーカーによって呼び名は異なるけど絵の仕上がり設定が細かくできるはず。それに加え、露出補正などもきちんとやる。それができて初めて自分の写真だよ、と胸が張れるのだと思う。どういう被写体、どういう条件で設定を変えればいいのかわからない、などと云うならやってみよ、です。やらんでわからんとか云わないように。経験値こそ上達の秘訣なり。

そもそも、写したいと思う被写体に対して「こんな感じで」というイメージを掴めないなら被写体にも失礼だ。お花をキレイに写したいなら気に入った一輪の花と時間をかけて対峙せねば良い絵なんか得られない。今の時期は温室にしか花はないけれど、あちこちの花に目がいって全部写そうなんて思うからどれ一つも満足に写せやしない。気に入った花に目をつけ、この花の色合い、諧調をきちんと出したい、ならまず現場でWB、露出補正、そして仕上がりの色合い設定を追い込むべき。それをしないで思ったように写せないと云ってはならんのです。色々な花があるけれど、今日はこの一輪に全力を注ぐつもりで撮ればちゃんと写ります。それをしないで蝶のように花から花へと飛び回っているからダメなのだ。手慣れている方ならRAWで撮ってあとからパソコンで調整すればいい、と思うかもしれないが初心者がそれをやってちゃんと仕上げることはまず難しい。その場の色、諧調、明るさと対峙しなければダメですよ。

そこまできちんと自分のカメラを使い、自分のカメラの癖、得手不得手を理解したい上で使いこなして欲しい。そこをしないで、もっと上級機を買えばキレイに写るなんて言語道断だ。上級機種の方がもっと設定が難しく良い色合いも諧調も出ないからね。高価な機種を買えばもっとキレイに写るなんてのは幻想にすぎず、使いこなせないだけで終わるだろう。ぼくはペンタックスではK-5とK-xを今は使っているが、K-5の方がはるかに色合いの出し方は難しい。とことん追い込まねばならない。むしろK-xの方が設定がしやすく好みの色もすぐ出るのだが、K-5でドンピシャリに追い込めればそれはそれで、凄い絵は出せる。他のメーカーでも似たようなもので、キヤノンだと上級機よりKissの方が色も派手目で素人好みの絵が出るようになってきた。一方ニコンでもそうだが、D700なんぞ、追い込んだってそうたやすく色が変わらない。相当微調整しないとその違いがわからない。サーキットを走るレーシングカーのサスペンション設定がコンマ数ミリで変わるようなもの。

いま、パナソニックのGF3を楽しんでいるが、お手軽女子カメラ風に思われるカメラだが、このカメラもおまかせiAなんか使うと、たいそう簡単で奇麗だ。でも、ちゃんと追い込むとこれまた凄い絵が出る。(知らない人がレビューで上級機より省かれた機能が多く設定ができない、なんて間違ったことを平気で書いている人がいる。使ったことのない人が店頭でちょっといじくっただけの感想だろう)例えばマニュアル露出、マニュアルISO、マニュアルフォーカスを駆使すれば☆のある景色だってちゃーんと写るのであります。ミラーレスはこういうの無理だよね、なんて云う人がいるんだけど、ちゃんとやれよ、って。

| | コメント (8)

2011年1月20日 (木)

町はレンジでチンなのーだ。

Dscf9563

相変わらず個展の準備の話ですいません。というのも、セレクトしていて気が付いたこと。今回は全部モノクロの作品になりますが、カラーでも本当は見せたいようなカットもありました。まあ、それは焦点がボケます(いえ、ピントの合ったもんだけ見せようと思いますがw)のでモノクロセレクトしかしていないのだけど、どんなカメラで撮ったものが多いのか考えてもみなかった。東北のカットが中心になるけど、圧倒的に多かったのがコンパクトカメラを含む、レンジファインダー機でありました。
ライカ、ベッサはもちろん、GR1sとか、ローライ35とか、はたまた京セラTスコープなんぞで撮ったカットが実に多いのです。一眼レフで撮影したものも当然あるのだけど、そういえば案外レンジばっかだなあ、とあらためて気が付きました。(って、普通もっと早く気がつくのだけど)確かにこの越年にも35ミリ判はベッサR3A+40/1.4だけだったし、その前もコンパクトだった。あんまり深く考えていないはずなのだが、どうにも東北へ持ち出すカメラはレンジファインダーが相性よし、みたいです。

というのも、基本、町を歩くのに大げさなカメラではちょっと怪しいw親しんだ街だからこそ散歩気分で歩きたい、というのが本音。それに一眼レフだとファインダーを覗くだけで結構満足しちゃってる自分がいます。格好付けて背景のボケ具合がどうよ、とか考えすぎちゃうのです。そもそも自分の目で見るのが一番楽しいってことは、ファインダーもできるだけ素通しがよろしいかと。その点レンジファインダーはとっても楽だ。しかも50ミリを付けて等倍で見えるカメラだと、ほぼ肉眼と変わらない感じで見渡せることが大きい。

最近、東北を歩くときベッサR3Aを持ち出す機会が増えたのも40ミリ、50ミリが等倍で見えるというのが大きいからです。ライカM4を持つ場合、35ミリを付けたいという理由もありますね。あと、コンパクトもそうなんだけど、結果が予想付かないってのはやはり楽しいんだと思う。じゅうぶん知ったるエリアだからこそ、きっと気負いがないカメラが似合うのでしょう。

個展前に東北を撮影できる機会はおそらくそうないと思いますが、この冬にどうしても押さえたい一枚はあります。イメージは浮かぶのだけど、場所がどうしてもピンとこない。あそこら辺、という目星はありますけどね。どうしたものか、と考えつつ、でも、個展をするから撮らなくちゃならん、っていう考えも本当は好きじゃないの。試験のためにだけ勉強するってーのがやったことない人なので。ぼくは生まれてこの方試験勉強というものをしたことがないんだwだからこんな人になっちゃうんだって見本だからね、マネしちゃだめよ。

あ、話が変わったwま、とにかく、町とレンジの相性がイイってことなのです。レンジで、チンか。チンってなんだろねww

※また話が変わって申し訳ないけど、極めて限られた工場系好きな方に。ぼくは太平洋セメントさんの工場も好きだけど、そこで働く車とか船が好き。んで、こんなんありました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

変なカメラが好きなんだからしょうがない

Imgp6925これはカメラである、というのは当たり前なんだけど、一度見たら頭から離れなくてずっと憧れていたもの。ぼくはカメラ雑誌などでしか見たことがなかったアメリカ製のマーキュリーIIでございます。戦後すぐに発売された(1945、あるいは1946年という説があります)もので、戦前のマーキュリーは専用カートリッジが必要だったのを一般的な35ミリフィルムを使えるようにしたのがこれ。

なんたって頭の扇がなんじゃらほい、だ。何かのまじないかと思える奇異な出っ張りは、ここにシャッター機構が入っているから。つまり、回転する二枚のローター上のシャッター羽根のスリットを使うロータリーシャッターだ。

Imgp6928

どや。なんと、この大きさでハーフ判なのだぞ。恐ろしく無駄なスペースを必要とするロータリーシャッターのせいで、36枚撮りを入れても65枚しか撮れないんだぞ。いいだろ、72枚では多すぎだよねえ、と悩むことがない(いや、そんなことはないけど)。

Imgp6927

裏ぶたには簡易露出計算尺が。セノガイドみたいなもんやね。え、セノガイドを知らない?うーん、若いねえw季節や時間帯、天候や被写体などを照らし合わせると、必要なシャッター速度や絞りの組み合わせが算出できるすばらしいアナログな露出計だ。しかも、当時のフィルム感度は32とか64なのでそれを元にしているってんだから、現代では換算する手間を考えればこんなもん使うだけ時間の無駄ってことだ。

因みに頭の扇には被写界深度の早見表が付いている。前後両方見れ、と。しかもフィート表記なのでこれまた換算が要る。何事も米国風なので逆らってはいけない。

Imgp6929

岩田珈琲店さんで、所有のオリンパスペンと記念撮影。ハーフと云えばオリンパスペンが有名だけど、それと比べるのは無理があろう。なにせでかい。重さも600グラムもある。鋳造アルミの削りだしという素晴らしい仕上げだけど。因みにロータリーシャッターは、レンズ交換式ハーフサイズのオリンパスペンFにも採用されている。確かにペンFも、ハーフの割には大きめである。ロータリーシャッターは小型化には無理があるんだよね。

レンズは35ミリの三枚玉。F2.7で実は交換可能らしい。ただし、独自のスクリューマウントなので交換レンズは入手困難だとか。レンズの上、左側が巻き上げ&シャッターチャージノブ。右がシャッター速度ダイヤル。実際可動するけど、やや遅いかもしれない。

さて、岩田珈琲店さんではただいま「ホッタノカメラ展」を開催中。堀田さん(オーナー)の所有カメラを高山美香さんがミニチュア化したものを展示してます。いやー、すごい可愛いの。恐ろしく小さいですが、デフォルメ感がたまらず素敵です。(一部販売してます!)

Imgp6921

あまりに小さいので床に落とすと無くしそうで怖いwしかし、この細かさ、まさに芸術品だ。

Imgp6922

いやー、かわいくて萌え萌え♪ブローニーの元祖トイカメラ、コダックブラウニー。革ケースまでちゃんと再現されているってんだからさ、こりゃあ、もう頭が下がります。

Imgp6923

しかも、ここでしか買えない特製エコバッグも、手作りしてますwさすが高山さん。

いやー、カメラって面白いわww

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

X100の意義

X100

えーと、今年のドイツで行われるカメラの見本市「フォトキナ」の目玉のひとつと噂されているカメラがリークされました。富士フイルムのX-100ですけど、まあ、いわゆる高級コンパクトカメラデジタル版、ってやつですね。

こいつの売りはレトロ調でありながら、レンズにこだわったデザイン、そしてAPS-Cサイズのセンサーであるということ。
シグマのDP-2というコンパクトながら35㎜相当のレンズを持つスナップカメラが秘かに一部マニアには人気だけれど、ぼくも35㎜という辺りが好きなのでとーっても気になる。実は、このクラスの商品化は以前から話が出ていたのだけど、なかなか実現化しなかった。

というのも値段的に高価になり、しかも陳腐化の早いデジタルカメラにおいて、はたして商品化する意味があるかどうか昔は疑問視されていました。

富士フイルムは世界で初めてデジタルカメラを開発、発売したメーカーで、過去には瞬間最大シェア4割を奪ったこともありました。時代はデジタル一眼レフにシフトしつつあり富士フイルムもS1proを発売後、S2、S3、S5と続きましたが、これらの機種は元々アマチュアをターゲットにした機種とは趣が異なっていました。主に営業写真向けに考えられていたカメラで、学校、婚礼、スナップなどの業務向けに特化していたイメージがありました。S5pro以降はアマチュアにも注目され(というか、一般向けに考慮しなければ収益に無理があります)独自のポジションを誇っていたんですけどね。

話が長くなるので、以下は↓をお読みいただければ。。。

続きを読む "X100の意義"

| | コメント (5)

2010年7月13日 (火)

飲めないなら買うな、買わないなら欲しがるなw

R0015937_pen

本日からキャンペーン開始の「オリンパス・ペン 歴代ストラップ」なんだが、サークルKサンクスのみ、アサヒスーパードライ2缶に一つついてくる。最初、画像で見た時は平面のプレートみたいなもの、って思っていた。実際にお店で見たらちゃんとミニチュア!当初、ペンDとペンFだけ買うつもりが、4種購入しちまった。

もー、困るよ。だってスーパードライ嫌いなんだもん。しかも、いまぼくは体調的に飲む事ができない。試しに今日は疲れたんで一口飲んだだけで具合が悪くなってしまうw

そもそも、ビール2缶っていくらすると思ってんだw高いよ、もう。やはり缶コーヒーとは訳が違う。飲めない人にとって高価な玩具ww冷蔵庫に残り7缶あるけど、そのうち誰かに買わせよう(爆)。ともかく、出来映えはなかなかです。

因みに我が家の近くのサンクスでは、すでに初代ペンが品切れになった。ぼくので最後の一個だったと店員さんが。(ってことは探させたんだろうって?wその通りだよ)

今日からなのにねえ。マニアが買い占めているのか、それとも...

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

ストラップを春らしく。

Dscf9999

先日届いたニコンのダイレクトショップ限定ストラップ。ネットだけの販売で、昨年濃い目のグリーンのを買ってみた。本革で、柔らかく使い勝手もよいので、今はFM2/Tに使ってます。

3月に新色が出たので、注文。実は5000円以上のオーダーで送料が無料になるので、beniさんにも買わせ(爆)三本頼んでみた。

F3Limitedに着けたのは春らしいライトグリーンで、これ、すごくいい色。裏は濃い目のグリーン。勿論、本革。

beniさんはドット柄のストラップをオーダー。それでも5000円に満たなかったんで、遊び心ってか、好きな色なのでこのライトグリーンのストラップより一回りスリムなピンクを一緒に頼んでみた。使わないかもしれないけど、もしかして将来一緒に写真を撮りに行くジョスなんかできたら、それ用にもいいかと(爆)。<ないない

カメラが何台もあると、それに伴いストラップ選びもけっこう大変だ。なんでもいいってなわけにいかない。最初についてくるのも悪くはないけど、やはりここは...好きなものを着けて楽しみたいものです。

まあ、それよりも何よりも、このカメラをぶら下げて東北の町を歩けるかどうか。いや、このカメラを持ってゆくと決めた訳じゃないしw

| | コメント (7)

2010年4月 3日 (土)

脇差、増えたw

Dscf9989

コンパクトカメラマニアなぼくの最新ゲットがこのコニカビッグミニF です。ホントに今ビンボーまっしぐらなんだけど千円なんで、まあ、いいかなと。ビッグミニシリーズは単焦点コンパクトカメラでは人気の機種なのだけど、実はこれより以前の機種は、ほとんど使い物にならない。
というのも、操作ボタンがある背面(裏蓋)部分と本体をつなぐ基盤ケーブル(通称フレキ)が経年劣化で断線しちゃうんですよね。

こいつも危ないらしいのだが、大丈夫だったんで、とりえず使ってみましょ。

脇差、とはかの本部長氏の命名であり、登録商標なので(ウソ)使うには事後承諾が必要だw

こいつは脇差にするにはやや大きめなのだが、まあ、普段使っている他のカメラが小さ過ぎ。こいつは35mmでF2.8だから、やや大きめも致し方なし。

いちおう金属表層ボディだし、露出補正も+1.5と-1.5が使える。まあ、ネガがメインなのであんまり効果期待できないけどw

最近メインで使っているコンパクトはRICOH GR1sだけど、こいつは28mmなので普段使いにはちょっと広角過ぎかな。旅にはやはりいいんだけどね。
町をささっと撮り逃げするんならコンパクトカメラが一番いいなあ、と思う。その対極にあるのが中判でしょうか。中途半端に警戒心を持たれないのは、撮り逃げするか三脚でドッシーンだよね。(^^;

しかし、コンパクトカメラばっか増えてどないしましょw
いいのだ。フィルム教室で貸し出しもできるし、一本勝負新人さんにも貸せます。(新人ってw)

| | コメント (6)

2010年3月18日 (木)

本気で町、撮るからw

Dscf9973

今日は久々にまったく打ち合わせも、なにも予定のない日。珍しい。

なので昼飯を食いに、まず小樽。某かま栄さんの味工房で...迷ったけど、いつものかき揚げに沈むw<たまには違うもん食え

本部長さんもやってきてくれて、しばし談笑しつつウマい飯を喰らいました。

その後、サクッとモノクロ120ワンロールだけ撮って小樽写販さんにフィルムを預けると、また本部長さんに遭遇(爆)。

その後、フェリーターミナルのお気に入り展望温泉でまったり。上がって仕上がった写真を見つつ、また数枚カラーで撮って銭函経由で帰ってくる。なんだか変わり映えしない休日。でも、今日は楽しかったな。なんだろう、やはり小樽が好きってこともあるけれど、きちんといつもの場所へ挨拶ができたってこと。

最近は中判で撮ることが多くなったけど、HASSELBLADにもプリズムファインダーを奢って、町撮り本気モードに。ウエストレベルはコンパクトになるしいいんだけど、ぼくの町撮影のリズムでは水平が傾くことが多いんでw...左右逆像だと思った感じに仕上がらないこともあってね。いや、上から覗くってのが流儀でいいんだけど、そもそもHASSELBLADの203FEを選択した理由がAEでの撮影ってことがある。町はじっくり撮るけど、でも、最初のインスピレーションが大事だ。そこで「サクッと」決めることも重要なので、このファインダーが大変調子がいい。ななめ45°ファインダーってのも、使いやすい。

まあ、機材なんか本当はどうでもいいんだけど、自分が納得するカメラとレンズで撮りたいってのもあるじゃないですか。町はコンパクトもいいし、レンジファインダーもいい。でも、中判撮りたいことも多くなってきた。

週末の三連休はどうしよっかな。どこか、出かけたいなあ。お金ないけど...

さて明日は小学校の卒業式。早く寝ないとね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

「110」じゃありません「I-10」です

Pentax_i10_02_2この絵を見て「ああっ」と泣きそうになっているひとは、なかなかのもん。

ぼくも持っている110フィルム、つまりポケットフィルムを使うカメラ「PENTAX auto 110」をイメージしたと思われるデジタルカメラが出た。名前も「I-10」とは。

ホームページを見ても「レトロなデザイン」とは書いてあっても110を意識、とは書いてない。でも、ネーミングを見ても思いっきり意識しているのは明らか。しかも、なで肩の軍艦部やPENTAXのロゴも当時のものをイメージ。フラッシュ部分は、auto 110 superにあったセルフタイマーの赤いランプ部分を感じさせる。

大きさもauto 110並みに小型でもいいんじゃないかと思うけど、残念ながら結構大きめ。モニタも大きくないと今どきは売れないだろうから致し方ないのだけれど、どうせならデジタル110として作ってもよかったかも。

また、ボディはホワイトもあるし、ケースもかわいい。これはちょっと売れたらいいね。コンパクトデジタルカメラはもう行くとこまで行ってしまって、あとはどすうるか。各社困っているんだろうな。動画やデジタルフィルターなどで遊びに走っているように感じる。でも、まあ、いいんじゃない?どうせ、そこそこ写るんだし。

少なくとも、こういう遊び心はあっていい。詳しくはデジカメウオッチを見てね。


| | コメント (9)

より以前の記事一覧