« 2012年3月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年4月13日 (金)

自分が良ければそれでいいのだ

P1020069最近の話だけど若い写真をやっている人が、ちょっとウルサい人に云われたそうな。「ハーフ判で作品なんか作っちゃダメだ。デジタルも画素数の高いのを使わなきゃダメだ」ウッセーなwその人の作品意図でフォーマットは決まるんだから放っといてくれよと思う。ぼくもハーフを使うこともあるし、中判の時もある。どう被写体を表現するか、で原版サイズを決めているというしかない。あとどれほどの大きさで見せるか、というのもあるしね。絵画だって表現したいものや意図でキャンバスの大きさが決まるだろ。ユルいからハーフ、ってなことじゃないし、高精細な絵を見せたいから中判にした、という決まりもない。このサイズで撮りたい、見せたい、ってのがあればそれでいいじゃないか。

確かに風景などは高精細な絵で見せられるといいよね。ラージフォーマットで撮られた絵は確かに違うのだ。でも、スナップや町の情景はどうかといえば被写体の捉え方でハーフの方がいいなってこともあるんだよ。写り過ぎはけしていい結果をもたらすとも限らないんだ。(一昨年富山でハーフを使ったのも、この町はハーフで表現したいって思ったからだ)
もっと云えば別にデジタルだって画素数に依存せずに甘い方がなんとなく情感が出ることだってあるんだからさ。そりゃ500万画素程度のカメラで全紙はキツいかもしれないが、だからと云ってダメだとも云いがたい。昨年の秋に小樽で写真展を行ったフィルム一本勝負展、一番大きなA1サイズの絵は300万画素程度にスキャンされたデータから作っている。近寄って見れば荒さはあるが、元がフィルムのせいもあって画質面で文句を云われたことはなかった(と思う)。

そういうことじゃないんだ。作品ってのは、さ。ぼくの町の絵は白飛びしたのもあるし、黒がつぶれているのもある。それは別に飛んだからってそこを見てくれ、とも思わないし、つぶした所はつぶれていい箇所なのだ。一応講師だから風景なんかじゃ諧調は大事だとは云うよ。でも、それだって見せたい部分がちゃんと意図されているなら、そこさえしっかり表現すればいいんじゃない?と思うね。

ぼくはリバーサルをあまり使わないけど、町の写真はネガでいいと思っている。カラーなら彩度の高い絵は要らないし、自分の好みで仕上げたいと思うから。デジタルでも町の写真は彩度を落とした設定にしてあるし、晴れの日と曇り、雨など天候が異なればAWBなどの色再現を変えている。リバーサルの時代であればフィルターワークで変更するのは常識だったので、面倒だとも思わない。つまり自分の色や諧調表現が大事なのであって、画質の問題じゃあないのだ。ことさら最近はデジタルカメラのアートフィルター系が流行っているけど、あれも一過性で次第に飽きる。下手すりゃブログで同じようなトーンの絵が溢れていたりするわけで。某社のドラマチックトーンがいい例だね。別に気に入ればそれを使うのは構わないが、それで自分の個性とか云うなよwカメラの個性だからww

写真展の会場で「いいアートフィルターをお使いになりましたね」とか褒められても嬉しくないだろう。あるいは機材を褒められたって全然嬉しくないわな。絵の展覧会で「いい筆、いい絵の具を使いましたね」って作家に云うかい?書の展覧会で「すばらしい墨汁ですね」なんて云ったら作家に殴られるかもねw機材の自慢を写真展会場で云う奴は中身がないと思われちゃうよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

秋田の空を想う

札幌に住む母の姉、ぼくの叔母が亡くなった。

さきほど通夜の席から戻り、一人叔母を忍ぶ。

ぼくの母は8人兄弟で、すぐ上の姉を頼って秋田から札幌へ住んだ。
母も札幌で結婚したのは叔母の存在があったからだ。

叔母はしばらく子供に恵まれず、ぼくが生まれたときとても可愛がってくれたと聞く。
その後女の子、ぼくの従妹が生まれ、ぼくらは兄妹のように育った。

従妹はぼくの小学校時代の同級生と結婚してしまったのだが、その同級生とはとあることで疎遠になって以来、叔母の家へ行くことも少なくなってしまった。それでも叔母はいつもぼくのことを心配してくれ、ことあるごとに「早く再婚しろw」と囁いていた。従妹は二人の子供を生み、叔母の家で生活して孫に囲まれ幸せだったと想う。それゆえ、ぼくもあまり心配していなかったのだけど、病魔が襲っていたことを先日初めて聞かされた。

今日の通夜には秋田から親戚や叔父、叔母たちも来ると思っていたのだが、来られたのは神奈川に住む叔父だけだった。考えてみれば母の兄妹はみな高齢でなかなか動けないという。長兄は90になるわけだから致し方ない。神奈川の叔父は末っ子でまだ身軽に動ける年齢だ。

驚いたのは母が兄妹皆に電話をしたら異口同音に「姉さんが枕元に来た」と云っているらしい。ぼくはあんまり死後の世界というものを理解できないのだが、やはり兄妹の絆はあるんだろうなと目頭が熱くなる。たぶん、叔母は秋田へ帰りたかったんじゃないだろうか。

母と叔父がしみじみ話をしている時に「おばちゃんも秋田へ帰りたかったんじゃないか」とぼくは云おうと思ってやめた。嫁ぎ先の親戚などが居る前では云いにくかったのだ。いつか、母と叔母を車に乗せて秋田まで行こうと思っていたのだが、それも叶わなかったのが悔やまれる。

あれは数年前、秋田の有名な醸造元で購入した醤油と味噌を土産に叔母を訪ねたとき、とても喜んでくれて帰り際にお小遣いをぼくに渡してくれた。いい加減、そんな歳じゃないしと断ろうとしてもポケットにねじこんでくれたことが最後の想い出だ。

おばちゃん、秋田の空へ還ってね。

|

2012年4月 7日 (土)

覚悟

Imgp2029昨年9月に車の事故により一部破損したカメラの修理が先日完成した。修理に要した時間が半年間かかったわけではなく、相手保険会社との決着に時間を割かれた、というのが実情。こちらの被害はハッセルブラッド本体とレンズ、D700水準器センサー不良、およびズームレンズがたつき。(ニコンのAF-S 14-24/2.8Gなので本当にヤバかった。比較的軽傷で済んだけど、ニコンに云わせれば「この手のズームはユニットごと交換しなくてはならないので修理代が高価になるおそれがある」と。最近のズームレンズは高価なものでもプラスチック鏡銅であり、ダメージを受けると怖い。なんだかなあ、それ)正直、カメラは道具であり嗜好品と云えるかどうかはその人の価値観にすぎないことが、こういうことでよくわかる。フィルムカメラなんか、もう完璧な嗜好品の部類なのかもしれない。フィルムを使うことが好き者扱いされるのは嫌だが、今時ねえ、なんて云われるとつらい。そのフィルムも市場がどんどん狭まり、コダックが破綻した時にある程度はやむを得ないと思ったものの、まさかリバーサルが全滅するとは思わなかった。モノクロやネガは供給続ける、ということだ。まあ、世界中のアーティストも困るだろうしね。

富士フイルムは以前、ライバルでもあり先輩だったコニカミノルタの写真事業撤退に寄せて異例のニュースリリースを掲げ話題になったことが記憶に新しい。(ちなみにこの文面を書いたのは元の同僚である)平成18年当時のリリースだけど、それからすでに6年も経ち、フィルムを取り巻く環境はさらに悪化していると思う。正直、ぼくは覚悟をしている。例え明日にでもフィルムがなくなっても歯を食いしばるしかないことを。どんなにフィルムを残したいと思ってもラボインフラがなければそれも難しい。フィルム用の乳剤、つまり薬品が製造中止になることもある。事実ベルビアはそれで一度生産を終了したのだが、再販売を望む声が大きくて代替えの薬品を使い復活させたのだ。

フィルムはネガというオリジナルがあることの安心感は大きく、とりわけモノクロでは絶対だと思うのだ。版画でいう版木である。デジタルはどうだろう。RAWがオリジナルなのだろうか?いや、コピーがいくらでも作れればそうとも云いがたい。でも、ぼくはデジタルカメラの誕生から関わって来ているから否定はもちろんしない。デジタルが問題なのは保存性だけだ。ええ、ネガより褪色もないしいいんじゃね?と思うだろうが記録メディアが問題だからだ。現在DVDが大量データ保存にもっとも手軽で便利だと云われているけど、残念なことに20年以上保存できるのか,今はまだわからないのだ。(そもそもDVDへ記録する物質変化の仕組みが解明されたのってつい最近だって、どういうこと?w)HDDは当然永久のものではないし、CDだって怪しい。その他消えて行ったメディアを揚げればかける機械がなければどうしようもない。

カメラもデジタルならずっと使える保証もない。使い続けたくてもメモリーカードがなくなったり、バッテリーが劣化して代替えが無くなったらその時点でおしまい。そもそもメモリーカードへ保存している画像だっていつかは消える。ってことは写真っていったい何なの?ってことだ。ハードに依存する写真はダメだ。いくら格好いいことを云っても記録にもならんってのは困る。写真は一過性の趣味や嗜好品で終わっちゃ困るんだよね。

そういう覚悟をいつも持って撮らなくちゃならんというのは、正直、疲れるんだけどね。考えなきゃいいじゃん,と思うがそうも云えない。いつかはぼくもこの世からいなくなるけど、その後の写真はどうなるのか。いいや、死んじゃったらその時点でもういいよwってのも寂しいよな。カメラへフィルムを詰めるとき、いつまでこの神聖な儀式が行えるのか、ぼくは気になって仕方がないんだけど、フィルム一本撮り終わる頃には忘れている。今はただ、ひたすら撮ることだけを考えようか。

| | コメント (3)

2012年4月 4日 (水)

4月に思う

1333472648_35早いもので今年もすでに1/4が終わりました。ああっという間の4月。ただし、北海道はどういうわけか春らしい匂いもせず、ヘンな天気に泣かされております。せめて被災地(という云い方も、あんまりしたくないのだけどね)が早くぽかぽかな日々を過ごせるといいなと思いますが。この季節は新学期なのでぼくの写真教室授業もすべて新たな期が始まっています。ただし、教室によってはサークル的なノリで継続される方も多いので楽しいです。札幌は二カ所教室があってNHKカルチャー大通教室NHKカルチャー新さっぽろ教室。どちらも写真の講座で「上原稔」の講師教室です。興味がございましたらぜひ。初心者向けのクラスと、写真上達したい方向け、それぞれの教室でどうぞ。ぼくが目指している講座は「カメラ教室」ではない、ということ。カメラの操作は確かに大事だけど、もっと大事なのは写真教室であること。その人がどんな写真を撮って表現したいのか、ということを重視し、個性を発揮できるよう授業を進めています。なので、写真とは何ぞや的に「こう撮らなくちゃならん!」というジジイカメラ講座じゃないのでご安心くださいw

さて、写真がもっと上手になりたい!というのは皆さん共通の課題ですが、あんまりウマいとか下手だとかにとらわれないで欲しいんですよ。最初は目指したいお手本みたいなのがあって当然なのだけど、真似したい!とあまり強く思わない方がいいです。絶対その人と同じものは撮れないと断言できますから。似たようなのが撮れてもそれが自分のスタイルになるかどうか。たぶん飽きますね、そういうの。んで、ぼくは過去30年以上写真をたくさん見てきました。そりゃあ、凄い数。だからその人が何を言いたいか、写真から読み取れるし目指したいこともわかります。性格も当てますw(複数枚見せてもらえれば血液型だってわかるぜw<ただし女性のみ…オトコは写真でウソ吐くからダメ)

なので「ああ、この人もっともっと上達するな」とか「この人はここまでだな」ってのもわかる。写真に対することや、もっと大事な被写体に対してどこまでストイックになれるか、とか。残念ながら上達しないな、と思わざるを得ないのは被写体に向き合っているんじゃなく、被写体に向き合う自分に酔っている人。「ねえ、これいいでしょ、素敵でしょ。でも、その場にたたずんでいる私が一番素敵でしょ」って写真が語っているんだよね。それがいい意味でナルシストになれれば個性になるんだけど、一歩間違うと嫌みになる。それは写真からちゃんと伝わるんだよ。デジタルならホワイトバランスしかり、露出補正しかり。適当なことやっていて被写体に失礼だろ、ってのも。もっと云えば手ぶれ、ピンぼけしちゃいけない被写体だってあるでしょ。そういうものを平気で人様に見せるってのは相当な無神経だとも云えますんで、ぼくはそこの辺しっかり頑張ります。(失敗多いのよ、いまでも。しくしく)

写真に付けるキャプションでもわかるしね。ああ、こいつ結局私を褒めてー、かよって。撮った人は確かにエラいが、一番エラいのは被写体。写真を褒めるなら被写体の良さを一番に褒める。次はそれを見て頂ける皆さんがエラい。末席はカメラマンだ。そこ忘れないように。え、厳しい?当たり前ですよ。たとえブログだって誰が見るかわからんのです。少なくとも公開しているってことは見せたい訳ですから、しっかりやりたいもんですねw・・・と、ぼくも日々反省しとります。

この画像はクリックしてお持ち帰り自由です。数年前ので申し訳ないけど4月に撮ったものです。


| | コメント (7)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年12月 »