« 「まち」を旅するということ | トップページ | 4月に思う »

2012年3月29日 (木)

二ヶ月使ってみた

Imgp1973Panasonic LUMIX GF3さんが我が家にやってきて二ヶ月経ちました。その間、釜石や和歌山へも随行頂き、記録用にも活躍してくれましたよ。初めてのMFT(マイクロフォーサーズ)だけど、実は今までは生徒さんにイチオシとしてLUMIX Gシリーズを奨めていたんで自分でも使わないとねwいや、マジでパナさんから一台くらい進呈されてもいいくらい宣伝しとりますwMFTのカメラ本体は、オリンパスとパナソニックの二社しかないから選択肢は限られるけど、両者ともそれなりに機種は揃っているんであらゆる方へお奨めできますね。

さて、自分で使った感想ですけど…うん、思ったような絵が出るなあと思う。AWBはやや暖色傾向へシフトしたカスタム設定を行っているけど、それは町の撮影の場合。あと発色も自分好みで設定してます。特にこのGF3はスナップ用として使うので町が圧倒的に多いわけですから、シブい色になるよう初期設定よりは発色を抑えて,コントラストは強めにしてます。・・・ということはどうでもいいかwようするにGF3は「使えるか」ってことだよね。実は和歌山ではけっこう失敗している。それも、普段ではまずやらない失敗。まず「ピンぼけ多発事件」・・・これはフォーカスポイントを画面のどこにでも自由自在にタッチで動かせるという特長を使わず、センター一点ばかりで使ったことにある。そもそも、きちんと確認せずに撮ったなあ、というカットが多かった。今回の和歌山では25mmを多用、つまりMFTでは標準で開放値1.4ということもあり被写界深度も浅かったことで微妙なピンぼけから盛大なピンぼけまでやっちまった。被写界深度が比較的深めなMFTだから大丈夫、なんて甘かった。液晶モニタを見て撮るスタイルも久しぶりなので、ちょっと安易に撮りすぎたかな。

GF3で気になったのは、撮影後すぐに画面でプレビューしたとき、拡大チェックができないこと。K-5なんかだとプレビュー中にすぐ拡大してピントなどをチェックするんだけどGF3では一度再生ボタンを押してからじゃないと拡大できないのが辛い。撮影のリズムがやや崩れちゃうので、ここは馴れるしかない。あと、液晶モニタ、撮影のときに画面表示をすべて消せるといいな。四隅に文字やタッチメニューがあると、正直邪魔なことがある。そこんとこファームウェアでUPできればいいのだけど。
あと、高感度はやや辛いかな。これはセンサーがもうGシリーズでも最古参だから致し方ないのだけど、さすがに1600になるとノイズは多い。ただし、これは一般的な目で見た場合であって「夜のまち歩き」ならむしろこのノイズがライブ感があって個人的には嫌いじゃない。次期GF5はGF3とほぼ同じデザイン、コンセプトのまま高感度が改善されているらしいので、この大きさに惹かれている方で高感度も欲しいなら待った方がいいかもね。

もちろんこのカメラのいいところ、GF3ならではの軽快感、コンパクトさ、そしてレンズシステムの豊富さということもあってスナップ撮影が主体ならお奨めだよね。バッテリーはあまり保たない印象があったけど、ちょこちょこ使うと意外に減りが早いんだけど、一日歩き回ってずっと使っているとちゃんと300枚は大丈夫。あと、ここは大事なポイントだけど、ホワイトバランスやカスタムで絵作りするモード(ピクチャースタイルとかピクチャーコントロール、カスタムイメージなどメーカーで異なる名前だが)でリアルに液晶モニタで設定が追い込めるのがいい。これはペンタックスとパナソニックならではですね。同じMFTでもオリンパスはそこがライブでできないのが不思議だ。ミラーレスなら簡単にできそうなんだけどね。そういう部分も自分のスタイルに合っているGF3はこれからもビシビシ使って行きたいね。


|

« 「まち」を旅するということ | トップページ | 4月に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「まち」を旅するということ | トップページ | 4月に思う »