« なしょなる。以上。 | トップページ | 設定は追い込むためにある。 »

2012年2月18日 (土)

ガン見されるw

P1000298きっと魚にも悩みはあるんだろうが、オッサンだって色々あるんだよwこいつはじっと見つめていると向こうも目を逸らさない。いいね、真剣勝負だよ。最近、今ひとつ写真にも燃えきらなくて自分自身に苛立つ日々なのだけど、誰かと真剣に向き合えば答えが出てくるような気もする。自分がどうしたいのか、どうなりたいのかという具体性があるようでないこともあるんだけど、やはり歳取ったんだろうなあ、とか思うわけ。

最近やたら人生振り返ることが多いのだけど、何をやっても中途半端に終わってしまったんじゃないか。高校を出てすぐにカメラマンへの道を歩んだものの、転々とスタジオ勤務やらアシスタントやら、はたまた結婚式場のスタジオにいたり、色々あっていつの間にか会社員やって、それもそれなりに大きな会社にいたのだけど、エラくなりそうもない立場故煮え切らないままに辞めたような気もする。夢はあった。高卒で中途採用の契約社員が頑張って正社員になったのが入社16年目。とうとう憧れのデジタルカメラ事業の本部勤務になれたのに、蹴って辞めた。あらもったいないw

そういうことじゃあなくて、もっともっと多くの人に写真を楽しんでもらいたいと真剣に考えた。この業界もデジタルカメラで底辺は広がったけれど、じゃあ、本気で写真の世界に踏み入れる人がどれだけいるのだろうか。そういう想いもなんとなくだが空回っている昨今。貧乏も続くw

東北にもっと関わりたいが、そうそう向こうにも行けない。こっちでは色々な場所での町づくりのお手伝いをしようと思っているが、それも関わり方が中途半端で見事に戦力外に。やっぱ真面目に写真家しないとダメですね、と反省して眠る日々なのでした、マル。え。愚痴って終わったww

なんて云っている間もなく、もうすぐあの日から一年。思いを新たにね。
春になったら、また東北の桜に逢いに行きたい。大好きな場所のあの桜たち。いつか、一緒に見せたい人ができたら連れて行くね、と云いつつ何年も経った。ゴメンネ、今年も独りで行くからww


|

« なしょなる。以上。 | トップページ | 設定は追い込むためにある。 »

コメント

人生いろいろ。オイラもリーマン生活を振り返れば中途半端感は否めない。
リーマンなんて正論を吐けば疎まれ、欺瞞に満ちていても迎合してうまくやれば重宝される。
やっぱり、リーマンは向いてないのだw

それはそうと、素人ながらオイラもどう写真と向き合おうか...
いい年こいてこれから試行錯誤なのか。
それもまた楽し、といったところか^^

投稿: swallow | 2012年2月18日 (土) 17:36

こちらもなんだか中途半端

ここ最近、身近な被災現場を見るのも辛くなり、なんだか被災地を避けるように津軽へ…

でも、これじゃいかんと昨日、P67にモノクロ詰めて市内回ってきました

仕上がりは先になるんですが、きっと中途半端なんだろうなぁ…

投稿: いしのまきまき♪ | 2012年2月18日 (土) 21:24

私が今、写真を楽しんでいるのは
間違いなくariariさんの影響超特大です。
広角レンズも50mmも三脚もプリントしやすいモノクロフィルムも、
みんなariariさんの教えどおり買って
さらにものすご~~く楽しめるようになっています。
サビも電車もバスも斜め撮りもみんなマネしてきました。
東北の桜の魅力も、ここで知りました。
私もいつか行ってみたいです。
ariariさんではない人と、ですがw

投稿: mamako | 2012年2月18日 (土) 23:32

>swallowさん
サラリーマン、というか会社員で一番何が悲しいって…
一生懸命頑張って来たけど、その製品(部署)がなくなってしまうこと。
ぼくの場合、幸いそういうことは少なかったけど、会社ごとなくなった人もいますしね。
辛い、というか、今まで頑張って築き上げたものがなくなるって怖い。
まあ、人間関係も男女関係も同じですが。

写真、難しいけど楽しい。町の写真(だけ)は続けます。
ぼくのはストリートスナップではないので。(違うんですよw)
それゆえ町が楽しいと思えないとなりません。
ぜひ、楽しいなあ、と思える被写体探し。来月一緒に歩く?w


>♪さん
逃げたくなるのはなんとなくわかります。が、逃げられない人がほとんどです。
いつかはその土地を離れるわけだから今のうち撮らないと後悔します。
おそらく離れたら、行きにくくなりますよ。
だから67託したんです。お願いしますね。(無責任だけどw)

>mamakoさん
えー。困ったな、責任は取らないけどw
mamakoさんはある意味プロです。じゅうぶん、に。
サビや斜めに撮るのは真似したら危険ですがw
東北の桜、そうですねー、絶対に行くべきです。
お嬢が安定して学業に専念できたらw
え。ぼくじゃない・・・(当たり前ですがw)
自分は一人が似合っているキャラなのかといつも思いますw

投稿: ariari | 2012年2月19日 (日) 03:04

長年一つの事に携わっていると、上手くいかない時や嫌になる時もありますが、でもそれって真剣に向き合っているからだと思っています。 
スランプはいい加減な仕事からは生まれない筈と・・・。私は作品で生計を立てなくても済むのでお気楽な立場だと自覚していますが、それに甘えずに進んでいきたいと思っています。

「写真はこうあらねばならない」という人が多い中(父親がそう)で、「テクはあるけれど大事なのは楽しむこと」と教えていただけた御蔭で今楽しく撮れてます。 

投稿: 摩耶 | 2012年2月19日 (日) 08:02

>摩耶さん
そうですねー。向き合わないと不満もわかんないし。いま、スランプというものではないのだけど、
自分の中で過渡期に入っているんだと思います。個展でもまた目標があればいいのですが、当面ないです。
本当にウマいヒト程、さりげなく良い絵を出しますよ。さらっと。苦労した、なんて云っチャダメです。w

投稿: ariari | 2012年2月19日 (日) 19:36

中途半端、かぁ。
一つの区切りである年齢を前にして、振り返ってみると確かに中途半端。
その日暮らしというか、その日が楽しければいいと思って、何か1つのことに集中してやってきたかといえばそんなこともなく。
今でこそ写真に向き合ってますけれど、どこか中途半端な感じも否めなく。
とはいえ「中途半端だ」と感じていることは良いと思ってます。
何かやろうとする原動力になりますし…それが無くなったら手の着けようがありませんもんね。

とりあえずカメラ持って出かけます。それしか答えはないや。

投稿: Rufard | 2012年2月23日 (木) 12:41

>Rufardさん
まあ、すべての方々が日々完全燃焼しているかと云えば…なかなかそう云う人は少ないのかな。
写真に向き合うのも大事。でも、もっと大事なのは表現力。そこを煮詰めたいですね。
おそらく生涯をかけるわけですから完成するには時間がかかります。
悩む暇があったら撮れ、と大道さんも。「いいんじゃない?デジタルだってフィルムだって」と。

投稿: ariari | 2012年2月25日 (土) 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なしょなる。以上。 | トップページ | 設定は追い込むためにある。 »