« 2011年8月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

あ、ズームはカウントしません(by bono)

Imgp1928相変わらずネタはGF3ですいません。というのも、自分の好きな絵になるようまだまだ設定追い込み中だから。LUMIXのいいところは、画面をリアルタイムに見ながら設定を追い込める。WBはもちろんのこと、仕上がりの設定(メーカーで呼び名は異なるよね。ピクチャースタイル,とか、カスタムイメージとかのアレよ)をプレビューしつつ色やコントラストの変化を見られるのはペンタックスとパナソニックくらいじゃないだろうか。細かな設定をしてAWBの効き具合もマトリクスで煮詰め、カスタム設定すればOKだ。GF3では好みのスタイルを三種類設定可能なので、とりあえず「町撮影セッティング」をいま、煮詰めている所。

ぼくは普段使うデジタルカメラはニコンD700、ペンタックスK-5、K-x、そしてこのGF3だけど、GF3以外はもう色々設定済み。ニコンはほとんど何もしていない。ちょっとだけ、やった程度。ニコンは仕事にもメインで使うのでナチュラルな仕上がりでOK。いっぽうペンタは比較的ガツン的に絵作りをしているかな。今後スナップは圧倒的にGF3が多くなりそうだ。その理由は単純明快。「単焦点が使いやすい」という理由。フィルムで町を撮り歩くとき、ぼくはレンジファインダーを持ち出す場合、35〜50mmが多い。また、コンパクトカメラなら28〜40mmぐらいのレンズ付きを選ぶ。当たり前だけどフィルムではズームを使うことは少ない(一眼レフなら稀にあるけどね)。

実は一般的なデジタル一眼レフカメラには意外な盲点がある。それはAPS-Cセンサーを持つ一眼レフでは単焦点が少ないから、なのだ。例えばニコンのDXフォーマットの単焦点は魚眼と標準になる35mm、そしてマイクロの40と60しかない。望遠はズームやフルサイズ用でも足りるだろうが、広角をカバーする単焦点がない。キヤノンのEF-Sレンズに至っては60mmマクロのみ、という驚き。両者ともAPS-Cセンサー用のレンズは「まあ、ズームでいいじゃん。単焦点?明るいのならフルサイズ用があるからそれを買いなさい。お布施しなさい」ってな具合だ。
ペンタックスはその点DAリミテッドなどで単焦点が充実しているので、ニコン、キヤノンにない大きなアドバンテージとも云える。ぼくがペンタで使うレンズ、最近はキットレンズが多いけど、K-5やK-xだけで(フィルムカメラヲ持たないという前提なら)町を歩くならDA15とかFA31、43などが多い。やはり単焦点がいいのだ。ズーム便利でしょ、と思われるが結局「何を撮るのかはっきり決まってない」からズームを持ち出すことになる。町を撮るなら身軽な方がいいので、本当なら一眼レフよりコンパクトがいいのだが、デジタルコンパクトでは物足りないこともある。フィルムならコンパクトだろうが、レンジファインダーだろうが、はたまた一眼レフでもフィルムフォーマットが同じなら画質に驚くほどの差はないとも云える。その点マイクロフォーサーズシステムは既存のフィルムカメラのレンズシステムを考慮することもないため、単焦点が非常に多く揃っているのがメリット。もちろんボディやレンズサイズも小さくなるしスナップにはやはりいいなと思う。

GF3のWレンズキットは14mm(つまりフィルム換算28mm相当)と14-42mmの二本がついてくる。一般的な一眼レフなら18-55と55-200クラスのレンズだろうが、単焦点の広角レンズがセットというのがミソ。スナップなら単焦点をマスターしろ、ということだ。

町を撮るには町との距離感が大切。28相当なら町を鷲づかみにできる。35なら町と対話できる。50なら町の手触り感が味わえる。これが単焦点の面白さ。ズームなら自分から町へ歩み寄ることをしない、とも云える。ぼくがフィルムメインで撮り歩き、サブにデジタルカメラでズームを使う場合、必ずズームリングの焦点距離目盛りを見て、ちゃんと意識して撮影している。

それに、ズームはレンズの楽しみである味わいが希薄であることも一因。明るさにしてもキットレンズなら55mmあたりで5.6じゃ、味もへったくれもない。幸いLUMIXのG14/2.5は開放と2.8でも描写が異なるほど面白い。周辺も落ちる。レンズの美味しい絞り域は開放〜5.6程度である。そこを味わわないなんてもったいないよね〜w町とどういう風に接するか、どういう風に自分の目線で持ち帰るか。そこで焦点距離は決まると云えよう。だからもっと単焦点を愛して下さいね、みなさんw

「周辺は落ちるためにある」「ズームは(レンズとして)カウントしません」とは我がbonoキャプテンの名言。ん、肝に銘じますw


| | コメント (9)

2012年2月26日 (日)

カメラがやってきた。

Imgp3949唐突にまたカメラが増えてしまった。ペンタックス・Optio VS20だ。先日横浜で行われた日本最大のカメライベントCP+で、ペンタックスとリコーの共同ブースにあるモニタにペンタックス、リコーのカメラユーザーがツイッター経由で画像を投稿する、という企画で「投稿者の中から抽選で当たる」というものに当たってしまったのです。ペンタックスとリコーのそれぞれの使用者から各社一名ずつ、ってことでした。リコーユーザーはCX6(こっちが本当は欲しかったかもw)、そしてペンタックスユーザーにはこのカメラが当たった。

実は私め、コンパクトデジタルカメラというものを買ったことがございません。まあ、それはその、以前勤務していた会社が会社なもんでwwところがもうずいぶん古いカメラばかりでして、そろそろコンパクトデジタルカメラも一台くらい欲しいと思っていたわけです。ただ、大好きな初代GR DIGITAL(これも本部長さんからお譲り頂いた)もあるしなあ、という矢先ですよ。まさにカメラ目当てで応募したわけじゃないのに、その無欲さが勝利へと導いたのか。思えば欲をかいて当たったためしがない。というか、くじ運などはメチャクチャ悪いし、じゃんけんには弱いし、女にはモテないし、っていう人生っすからw

閑話休題。コンパクトデジタルカメラが欲しいというのも、それは講座のためでもあります。普段はもう一眼レフか、先日入手したGF3でじゅうぶんなのだけど、どうしてもコンパクトカメラでの講座もあるので中古でいいので比較的新しいものを買おうか悩んでいたのです。いくら中古ったってね、コンパクトデジタルカメラは市場にいっぱいあるし。ペンタックスならI-10がいいかなぁ、なんてね。(これ、今は中古でも少ないんだよねえ。ちょっと欲しいんだけどw 因にくどいようだけど、ぼくは「コンデジ」という云い方も書き方もしない。面倒だけど、嫌なの。コンデジというなんか通ぶった云い方がね。ついでに「デジイチ」とか「ガンデジ」「イチデジ」なんてのはもっと嫌だ。人が呼ぶには別にどうでもいいことだけど)

で。このVS20はどうよって。実は想像していたより大きいw横幅はGF3より長い(!)というか、GF3が小さすぎるのか。それもまあ、光学20倍というレンズを搭載しているからなのだろう。20倍。28-560mmですよ、ちょっと、聞いた?wしかも、このカメラ1600万画素だって。やーね、K-5といっしょですから。そんなに画素数は要らないんだけどね。んで面白いのは縦位置シャッターを備えており、ズームレバーもちゃんと縦位置シャッターの周囲に備わっていること。おまけに縦位置にすると液晶モニターも縦位置用に表示が変わるし、水準器だって備わっている。すげえ。三脚穴まで縦位置用のがあるんだもん、ちょっとびっくりだわ。縦位置撮影が多いぼくには向いているよね、とか思っていたカメラだけに当たってびっくりだ。

そして記念すべきはペンタックスリコーイメージングになって初めて発売されたカメラである、ってこと。もう裏にはHOYAって書いてない!正直デザインは先代モデル、Optio RZ18の方がいいと思うが、まあ、いいでしょうw実は4/1からリコーのカメラもペンタックスリコーイメージングへ集約されることになっているので、今後、ペンタックスブランドでコンパクトデジタルカメラが出るかどうかわかりませんね。今は過渡期ゆえ、こういうカメラもあるということが記念碑的で面白い。大切に使ってゆきますよ。ありがとう、ペンタックスさん!!


| | コメント (4)

2012年2月19日 (日)

設定は追い込むためにある。

P1000731ぼくは常々生徒さんたちに「カメラの設定を追い込め」と口にしているが、その追い込みが今ひとつピンとこないって云う方も多いと思う。今のデジタルカメラは高性能でおまかせシーンモードやオートピクチャーなどのモードもあって、たいていスナップならおそらくそれで間に合うんじゃないかと思えるほど性能がいい。色々いじるけど、結局カメラ任せが一番奇麗な気がする、気がするだけだ。確かにコンパクトを始め、ミラーレスの一眼にしても、そういうモードを売りにして「簡単にキレイに写りますよ」とメーカーは云うし、メーカーも相当苦心して開発している。ホンットに初心者向けのデジタルカメラほど開発にお金がかかっているのよ。

でも、よーく画像を見ていると「そこそこに、差し障りなく」撮れているだけだ。それなりにウマく撮れているようだがそれはカメラが勝手に決めて撮っているもので、撮り手がウマいわけじゃない。例えて云うなら最近の車みたいなもんで、ATでABS付きで、滑り防止のTCSや4WDフル装備。初心者ドライバーでも運転がウマくなったような気がする、本当は危ない大きなお世話なもの。事故を運良く回避してはいるけど、本当は「どれだけ危険だったのか」は教えてくれない。一方、旧世代のスポーツカーなんぞ、自分でコントロールして車の限界を目一杯使って走る。このコーナーならこの条件下でどんだけアクセルが踏めるか、万が一滑り出してもカウンターをどれだけ充てれば良いか、自分の経験値と車の挙動、性能を見極めて走る。

車とカメラが大きく違うのはそういう追い込みをかけても怪我もしないし、まず死ぬことはない。カメラも壊れないだろう。だからこそ、カメラの限界値まで追い込んで欲しいのだ。初心者向けの一眼レフだってWBを初め、ピクチャースタイルやピクチャーコントロール、カスタムイメージなどメーカーによって呼び名は異なるけど絵の仕上がり設定が細かくできるはず。それに加え、露出補正などもきちんとやる。それができて初めて自分の写真だよ、と胸が張れるのだと思う。どういう被写体、どういう条件で設定を変えればいいのかわからない、などと云うならやってみよ、です。やらんでわからんとか云わないように。経験値こそ上達の秘訣なり。

そもそも、写したいと思う被写体に対して「こんな感じで」というイメージを掴めないなら被写体にも失礼だ。お花をキレイに写したいなら気に入った一輪の花と時間をかけて対峙せねば良い絵なんか得られない。今の時期は温室にしか花はないけれど、あちこちの花に目がいって全部写そうなんて思うからどれ一つも満足に写せやしない。気に入った花に目をつけ、この花の色合い、諧調をきちんと出したい、ならまず現場でWB、露出補正、そして仕上がりの色合い設定を追い込むべき。それをしないで思ったように写せないと云ってはならんのです。色々な花があるけれど、今日はこの一輪に全力を注ぐつもりで撮ればちゃんと写ります。それをしないで蝶のように花から花へと飛び回っているからダメなのだ。手慣れている方ならRAWで撮ってあとからパソコンで調整すればいい、と思うかもしれないが初心者がそれをやってちゃんと仕上げることはまず難しい。その場の色、諧調、明るさと対峙しなければダメですよ。

そこまできちんと自分のカメラを使い、自分のカメラの癖、得手不得手を理解したい上で使いこなして欲しい。そこをしないで、もっと上級機を買えばキレイに写るなんて言語道断だ。上級機種の方がもっと設定が難しく良い色合いも諧調も出ないからね。高価な機種を買えばもっとキレイに写るなんてのは幻想にすぎず、使いこなせないだけで終わるだろう。ぼくはペンタックスではK-5とK-xを今は使っているが、K-5の方がはるかに色合いの出し方は難しい。とことん追い込まねばならない。むしろK-xの方が設定がしやすく好みの色もすぐ出るのだが、K-5でドンピシャリに追い込めればそれはそれで、凄い絵は出せる。他のメーカーでも似たようなもので、キヤノンだと上級機よりKissの方が色も派手目で素人好みの絵が出るようになってきた。一方ニコンでもそうだが、D700なんぞ、追い込んだってそうたやすく色が変わらない。相当微調整しないとその違いがわからない。サーキットを走るレーシングカーのサスペンション設定がコンマ数ミリで変わるようなもの。

いま、パナソニックのGF3を楽しんでいるが、お手軽女子カメラ風に思われるカメラだが、このカメラもおまかせiAなんか使うと、たいそう簡単で奇麗だ。でも、ちゃんと追い込むとこれまた凄い絵が出る。(知らない人がレビューで上級機より省かれた機能が多く設定ができない、なんて間違ったことを平気で書いている人がいる。使ったことのない人が店頭でちょっといじくっただけの感想だろう)例えばマニュアル露出、マニュアルISO、マニュアルフォーカスを駆使すれば☆のある景色だってちゃーんと写るのであります。ミラーレスはこういうの無理だよね、なんて云う人がいるんだけど、ちゃんとやれよ、って。

| | コメント (8)

2012年2月18日 (土)

ガン見されるw

P1000298きっと魚にも悩みはあるんだろうが、オッサンだって色々あるんだよwこいつはじっと見つめていると向こうも目を逸らさない。いいね、真剣勝負だよ。最近、今ひとつ写真にも燃えきらなくて自分自身に苛立つ日々なのだけど、誰かと真剣に向き合えば答えが出てくるような気もする。自分がどうしたいのか、どうなりたいのかという具体性があるようでないこともあるんだけど、やはり歳取ったんだろうなあ、とか思うわけ。

最近やたら人生振り返ることが多いのだけど、何をやっても中途半端に終わってしまったんじゃないか。高校を出てすぐにカメラマンへの道を歩んだものの、転々とスタジオ勤務やらアシスタントやら、はたまた結婚式場のスタジオにいたり、色々あっていつの間にか会社員やって、それもそれなりに大きな会社にいたのだけど、エラくなりそうもない立場故煮え切らないままに辞めたような気もする。夢はあった。高卒で中途採用の契約社員が頑張って正社員になったのが入社16年目。とうとう憧れのデジタルカメラ事業の本部勤務になれたのに、蹴って辞めた。あらもったいないw

そういうことじゃあなくて、もっともっと多くの人に写真を楽しんでもらいたいと真剣に考えた。この業界もデジタルカメラで底辺は広がったけれど、じゃあ、本気で写真の世界に踏み入れる人がどれだけいるのだろうか。そういう想いもなんとなくだが空回っている昨今。貧乏も続くw

東北にもっと関わりたいが、そうそう向こうにも行けない。こっちでは色々な場所での町づくりのお手伝いをしようと思っているが、それも関わり方が中途半端で見事に戦力外に。やっぱ真面目に写真家しないとダメですね、と反省して眠る日々なのでした、マル。え。愚痴って終わったww

なんて云っている間もなく、もうすぐあの日から一年。思いを新たにね。
春になったら、また東北の桜に逢いに行きたい。大好きな場所のあの桜たち。いつか、一緒に見せたい人ができたら連れて行くね、と云いつつ何年も経った。ゴメンネ、今年も独りで行くからww


| | コメント (8)

2012年2月14日 (火)

なしょなる。以上。

Dscf9996ネタがないのでまたGF3の話でスマソ。いや、個人的にパナソニックの太鼓持ちをするわけではございませんが、一部「家電屋がカメラなんて!」という声があるのも事実wはい、確かにカメラメーカーじゃないだろ、とか云われても仕方ないんだけど、そこはこの業界に長い自分が云うんだからホントなんだよって話。実はパナソニックは松下時代、こういうカメラだって作っていた。正当的「National」のカメラ。どうよ、OEMとかじゃないぞ、本当に松下の写真部門が作っておった。正しくはウエスト電気という松下のフラッシュバルブとかストロボなどの写真用品を担当している子会社のものだが、その後パナソニック・フォト・ライティングになり、Lumixなんかも作っておった。確かにナショナルのストロボは知っているがカメラも作っていたのか、と思う方は多い。しかもだ。こんなカメラも作っていたんだよ。そう、ライカのコンパクトは松下製だってことは多くの方が知っているし、今も、コンパクトデジタルカメラのライカはLumixが元になっているわけであります。レンズもライカ設計のものを日本国内で生産し(それも松下製)供給していた時代もあったんだからさ。まあ、ツアイスだって日本で作る時代なので、今更驚かないけどパナソニックってのは古くからカメラについてはちゃんとやっていたってことを。
ただNationalブランドのこのカメラ、カメラ屋さんでは見たことがないよなあ、と思う人は多いだろうね。確かに販売していたのはカメラ屋さんより電器屋さんが多かったろう。それも、ナショナルショップ(パパママストアね)がメイン。電器屋さんは写真屋さんが羨ましいって云っていた。それは「客がフィルムを持って現像プリントを頼みに来る」ってこと。つまり「黙っていても客が来る」ということだ。だが町の電器屋さんは待っていてもお客は来ないことが多い。そこで、訪問販売やイベントでの販売が多かったのです。我が家も昔は日立のお店とおつきあいがあった。どこの家でも、そういう馴染みの電器屋さんってあったのでは?何かあれば駆けつけてくれるお店が。
んで、「おい、カメラはないのか?」ってお客さんに聞かれれば「ありますよ〜!」って持って行けるカメラが欲しいということでナショナルブランドのカメラは生まれた。それもいい加減なカメラではだめだ。よく写って失敗が少ないものでないと、馴染みのお客から怒られます。
ぼくは富士フイルム時代、東芝のストアも担当していた。東芝はムービーカメラをやめたので、富士フイルムの8ミリビデオを販売して頂けることになった。(同じ家電メーカーのでは色々と大人の事情が絡みやすいから)なので、電器屋さんともずいぶんおつきあいさせて頂いたし、カメラも扱ってもらった。お店は常にお客さんが求めるものを持って行かねばならない。しかもお得意様を失うことはお店にとって死活問題なのでメーカーへの要求は高い。いいものをお届けする。だからこそ、家電メーカーは頑張っているのです。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

こっそり遊んでますわ

Imgp0235ここが復活していることを知らない方が多いうちが花。(なにが)ちょうどこの時期はなぜか夕方〜夜の講座が多くて思うような時間が取れないので遊ぶ時間もありません。が、時間があればGF3とヘンなレンズを組み合わせて遊ぶのがマイブームになってもうた。元々マイクロフォーサーズを手に入れたらカムイワッカ使ってライカマウントのレンズを楽しむ、というのをずっと夢見ていたんだけど予想以上に楽しい。
まあ、これ元の焦点距離の二倍になってしまうのは致し方ないのだけど、APS-Cでも1.5倍。ソニーのNEXは全く使う気にならないからいいのだ。カメラは小型だけど、レンズが所詮APS-Cのイメージサークルを稼ぐために大きくなるのならシステムとして魅力を感じないもの。
逆に二倍のメリットも大きい。元々レンジファインダーのレンズは近接撮影に弱く、とりわけ旧いレンズは最短撮影距離が1mだ。ズミクロン50もズミルックス35も、ズマリット50も1m。フィルム(フルサイズ)で使うなら町の雰囲気を掴むにはいいのだが、ちょっとここの部分を、というのには結構辛い。マイクロフォーサーズで使えば35は70mm、50は当然100mm相当になるので中望遠としてならば逆に美味しいとも云えるのです。GF3には28相当の14mmと14-42mmのズームがセットで付いて来た。ズームは使用頻度は少ないが手ぶれ補正も付いているし、とにかく軽いから持っていても損はないです。あとはパナソニック純正の25mm1.4のライカ・ズミルックスDGを入手すれば個人的に、マイクロフォーサーズは完了。
カラーのネガフィルムの使用頻度は下がりそうだけど、とにかく日々撮ること、ちょっと町をフラフラするならこいつって決めた。あとは、処分するカメラのリストを日々考えているのだが、なかなか減らないw思い入れのある奴は処分しにくいけど、使わない奴は思い切って減らさねばならんね。背負うものは減らさないと年齢的にキツいわ。(苦笑)ということで、こんなキヤノンの50/1.2なんぞ付けちゃうと目玉オヤジカメラが出来上がる。開放の1.2の描写はなかなかよろし。絞ってしまうと普通のレンズなので開け気味がいいのであります。

| | コメント (3)

2012年2月 3日 (金)

復活。

一部の(ごくごく限られた)方々より「たまには書け」ということを云われたんで書きますw
ただ、Macのサファリではこのブログ、ちゃんと作成ができません。画像を入れても作成画面に反映されないという今時なにやってんの、ニフティ、ってな具合。

そもそもニフティのココログ、画像を投稿するシステムがころころ変わって一時期投稿したものは、作成ピクセルサイズを超えて勝手にリサイズされちゃって見苦しいので画像ブログとしてphoto:modeへ移行した経緯があります。もっともここは写真に限らず自分の愚痴をダラダラ書いておったわけで、まあ、こういう雑文も残しておけばいいじゃん、ということで、また気が向いたら(ネタがあれば)書きます。ネタとしてのミニカーとか、もう買ってない(買えないのw)ので、思いついたことを今後も書きます。

Imgp0225
最近、久しぶりに買ったカメラ、Panasonic GF3。マイクロフォーサーズ入門機だけどとにかく小さくて日々持ち出せるコンパクトカメラの代わり、という意味で購入。以前から欲しかったけど、資金不足故カメラを下取りへ。そして主な使い方としては町をガンガン撃ちまくるカメラということ。それには戦いに挑む武器と云うデザインではなく町にすーっと馴染むもの。フィルムのコンパクトカメラやレンジファインダーは町を素通しで見る気軽さがあり、素肌に近い感覚で切り取る感じが好き。昨年の個展でお見せした写真の大半は実はコンパクトカメラ。

ぼくは今後とも作品を作る、という意味ではフィルム、とりわけモノクロが主体になるけど、そう云う場合、サブに持ち出すデジタルカメラはできるだけ小さいのがいい。でも、コンパクトカメラではなくできればレンズを変えられたらいいなとも。中判のお供にもこのくらいの大きさがいいね。

それにしても機械式フィルムカメラとしては極小サイズのローライ35と並べてもこんなにGF3が小さいとは思わんかった。コンタックスT2やフジのクラッセよりも小さいんですよw

デジタルでも好みの絵が出せるか。いや、出るんだな、こいつ。ゆえにオリンパスではなくパナソニック。一番使う露出補正や色合いの調整が見事に簡単。そこ大事。

今年は面白いカメラがいっぱい出てくるよ。ワクワクするよね、買わなくてもw
さあ、まずは撮れって。

| | コメント (6)

« 2011年8月 | トップページ | 2012年3月 »