« 町の原風景を探すのだ | トップページ | まちの肖像 »

2011年1月31日 (月)

いやだぁあああああ(w

ある日のことだ。いつものように撮影後のフィルムをお店へ現像に出しに行く。ほどなく仕上がってきたプリントの上下に黒いフチが・・・

白抜き文字には「フィルムは販売終了になります。デジタルカメラへの移行を・・・」

うわあああああん!!ヽ(`Д´)ノ

※あくまでもフィクションだからwツイッターでRTや拡散しないようにww

Img022

いや、最近のテレビを見ていると、もう不愉快になって仕方がない。そうよ、うちはアナログテレビだよ。今年の7月には見られなくなるんだよ。

いいよ、そのアナログ放送終焉を録画してやろうじゃないかw

なんてことはともかく、テレビはデジタルチューナーを使えば、まだ何とかなるんだけども、もし、フィルムがなくなったら今のカメラはどうしょうもないわけで。中古カメラ店は廃業・・・ってなことはないだろう。むしろデジタルカメラの新製品がドカドカ出るから、ちょっと前の機種はお買い得だ。まあ、店主のポリシーでデジタルは扱わない、という中古カメラ店もあるから。

それよりも、だ。もし「フィルム生産中止」なんてアナウンスが出た日にはアナタ、あの憧れのライカがだよ「190,000円 → 1,900円」ってなことになるかもしれない。そのほかの、とりわけ歴史的に何も価値のないカメラは0円でワゴンに転がっているとか。それよりも問題はフィルムカメラを多数持っている人だ。インサイダーみたいにフィルム生産終了情報をこっそり聞き出し、高く売れるうちにカメラを売り払う奴が出てくるはずだ。もちろん、カメラのインサイダーなんぞで逮捕されることはないだろう。

なので、とにかくフィルムを使わないとなりません。なくなってしまっては困るんです。

ということで、お知らせです(前置きが長ぇよw)
フィルム一本勝負写真展 in 美唄 のお知らせ。

第58回美唄雪んこまつりが2月5・6日(土日)に開催されます!

今回はフィルム一本勝負の7名フルメンバーが事前に美唄の街を撮ったものをこの日に展示します。また、メンバーそれぞれ撮影日、撮影地点が異なっています。いつものフィルム一本勝負とは趣が異なりますが、素顔の美唄、それもエリアが広いのでメンバーが散らばるように。(ただし、複数メンバーづつエリアがある程度重なっています)はたして、その成果とはどんなものでしょうね。実験的な意味合いもあるので、今回の展示を他の町でも行えるかどうか、あるいは声がかかるかww

展示は美唄の歴史を写真で紹介するコーナーと共催です!
美唄市経済交流推進課のブログでも紹介されました~~

あと、明日の北海道新聞空知版にも出るみたいです!

そんなわけで、週末はぜひ美唄へ遊びに来てください。懐かしい町並みをフィルムカメラで写すというのも楽しいですよ。ちょっと旅気分で美唄にお越しください。おいしい美唄グルメもいっぱいありますよー!おまつり会場はは駅前からまっすぐ歩いてくるとすぐわかります!手作り的なまつりなので、ぜひ皆さんも盛り上げてくださいww

ぼくはこの子と一緒に美唄を撮りました。

Imgp8429pola_q

ちょっと色あせたような渋い色の仕上がりですww

はたしてどんな美唄があるのやら・・・
どうぞお楽しみに!

|

« 町の原風景を探すのだ | トップページ | まちの肖像 »

コメント

こんにちは~

一瞬ビックリしました!(@_@;)
ペンタを使いこなせれるようになったら
Kissも復活させてみようかな~と思っていた矢先の事で。。。

「フィルム一本勝負写真展 in 美唄」
ご成功をお祈りしています、吹雪になりませんように。

投稿: mama | 2011年1月31日 (月) 12:16

>mamaさん
シャレにならんですよねw
ペンタくん、まだまだ遊べます。フィルムカメラもやってみましょう!
楽しみは先にあるとわくわくしますもん。
美唄、頑張ります!街は活きている!フィルム一本勝負の挑戦は続きますww

投稿: ariari | 2011年2月 1日 (火) 02:04

えっ、フイルムが無くなったら我が家の中古カメラはごみになってしまいますね。シクシク・・・
“俺が死んだら、お前の小遣いになるから・・”と言い訳をしてはまあよく買ったこと!
これで別れました・・と言えるほど・・・<笑>
アルテピアッツアカフェのカメラの写真に惚れて、我が家でも真似して飾ってもらいましたが
全然雰囲気違ってがっかり・・・
一本勝負の写真、楽しみにしています。

投稿: Amy | 2011年2月 1日 (火) 22:49

びっくりしたw
今フィルムがなくなっては困ります。ホント。
この楽しさに気がついたばかりだというのにw
街を撮り続けるariariさんを追いかけ続けます。

投稿: Rufard | 2011年2月 2日 (水) 23:16

>Amyさん
そうです。フィルムカメラなんぞ、使わないと腐ります。
まあ、眺めているだけでも楽しいのですが・・・
お金に余裕があればコレクションしてもいいけど、
最近は生活費のためにカメラも切り売りでっすww
この春はスニーカーと時計、ミニカーを大処分する予定です~~

>Rufardさん
大丈夫です、まだ、まだフィルムは死にません。
種類は減ってますが、その分個性の強いのが残っていますw
今後も、きっとそういう分野で生き残るでしょう。
カメラマガジンを読むと、まだイケる!って感じます。

投稿: ariari | 2011年2月 4日 (金) 02:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 町の原風景を探すのだ | トップページ | まちの肖像 »