« 新年は岩手からってのは毎年だが。 | トップページ | 膨大w »

2011年1月 8日 (土)

町とのスタンスとフォーマット

Dscf9556

越年旅のモノクロネガ、現像のみ仕上がってきました。35㎜4本と、120ブローニー(6x7)が4本。フィルムはモノクロだけ、それも個展用のため、まだこれからセレクトに入ります。

今回は初めて東北に6x7を持ち込みました。645とか6x6はありますけど、6x7は四つ切にプリントした時のサイズ適正がちょうどいいので、ペンタの6x7を持参。レンズは標準105と広角45で。ネガをライトボックス上に置いてルーペを覗くだけでワクワクするほどいいもんです。やはり中判での町撮りはいいです。

今回、特に気合いを入れた一戸の仕上がりは上々、ほぼ狙い通りです。光線具合も見計らい、丁寧に撮りましたからね。35㎜はスナップ感覚、中判は「絶対に外せない場所」をしっかりと切り取れたと思います。あとは、プリントですねえw

ふだん町のスナップは35㎜ネガがほとんどですけど、時にはハーフサイズで撮るときも。ハーフと中判では正反対のような気もしますが、ここは撮る町とのスタンスで変わってきます。いつもの馴染みの町でパチパチやるときはレンズ一本、特にレンジファインダーとの相性がよくてそれはそれでいいのです。が、富山などの普段行かない場所では、あまり力を入れ過ぎず、まずは町との適度な距離感を持ち、若干ロケ気分で雰囲気を嗅ぎます。

やはり何度か通って見えてくるものがあれば、またフォーマットも変えてみたり、カメラやレンズをあれこれ考えます。特に富山は最初GRD、つまりデジタルのモノクロでほぼ撮りました。旅ということをまず楽しむこと、メインは撮影じゃないよ、という気分です。(富山は、まず鉄道を楽しみたい、という目的もありましたから)二回目の先日ではハーフ判のペンFで。カラーネガを詰めてまずは町の記録っぽい感じで歩きたかった。

Img066

ハーフ判のよさは「写りすぎないこと」にもあります。例えば、ちょっと懐かしい景色が多い町を旅人目線で「ちょい、つまみ食い」的な楽しみとでも申しましょうか。最近はフィルムの性能とお店のプリンタ性能が上がったのでハーフでもキレイに仕上がります。まあ、35㎜フルの半分でもちょうどいい程度のレトロ感ですかね。

でもってレンズも標準一本だから狭い路地ではうまく建物が入らない場合も。でも、それはそれで諦めがつく。何せ、気にいったらまた来ればいいのだから。

ぼくの大好きな岩手・一戸町はどうしても中判で撮る必要がありました。4年通って、都合8~9回目でしょうか。やっと町を一回りできて、ここはこういう時間帯に、この角度で押さえたいんだ、という欲望が出てきます。自分が見えてきたもの、気持ち、想い、これをすべて写し込むには大きなフォーマットが必要だったのです。おかげで、ネガだけを見ても、その雰囲気はじゅうぶんでした。ハーフがつまみ食い、なら中判はそのお気に入りの場所ごとお持ち帰り、という感じです。

今はデジタルカメラでスナップするのも悪くないと思うし、むしろ画質的には中判に匹敵するカメラも多いですからね。ただ、問題はデジタルカメラで撮った場合のプリント。フィルムからのプリントのような質感がちょっと出にくいかもしれません。

今は試行錯誤して、デジタルでも町の雰囲気をいかに出せるか、これにも取り組んでいます。たとえば今回の陸奥湊もそうです。デジタルのメリットを生かすことも今後必要になってくるからです。そういう意味では、今の時代は選択肢がとても多い幸せな時代なんだと。フィルムの方がいいとか、今時はデジタルだよ、とかいうこと以上に、何をどう見せるか、どういう気持ちが入るか。そして写したい風情や空気を表現するのにどうすればいいか。これにより、様々なフォーマットを選択したり、レンズを選ぶ、ということでしょう。写真は自己表現であるということなので、ここの部分は大きな意義があると思うのです。

|

« 新年は岩手からってのは毎年だが。 | トップページ | 膨大w »

コメント

ハーフと67という組合せがすごい。
それぞれの役割というか、使い分けに納得。
私ならせっかく行ったんだから、あれもこれも とやってしまいます。うーん勉強になります。
こういう過程から見せてもらうと、ほんとうに写真展が楽しみです。

投稿: ainosato | 2011年1月 8日 (土) 06:48

>ainosatoさん
町と向き合うってのは、おそらく対話そのもの、だと思います。
対決でもないし、迎合することでもないし、何といいますか一体になるというか。
一戸でカメラを持って歩いても、怪しまれない、気軽に声をかけてもらう...
語らうように、楽しむってのかな。6x7だと、好きな町の空間を一気に持ち帰れます。
ハーフ判のつまみ食いも楽しいし、どういうお付き合いをするかでアイテムが変わる。
まるでドラクエみたいなもんでしょうかw(ああいうゲームはやらないのでわかんないけど)

投稿: ariari | 2011年1月 9日 (日) 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年は岩手からってのは毎年だが。 | トップページ | 膨大w »