« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月20日 (土)

変なカメラが好きなんだからしょうがない

Imgp6925これはカメラである、というのは当たり前なんだけど、一度見たら頭から離れなくてずっと憧れていたもの。ぼくはカメラ雑誌などでしか見たことがなかったアメリカ製のマーキュリーIIでございます。戦後すぐに発売された(1945、あるいは1946年という説があります)もので、戦前のマーキュリーは専用カートリッジが必要だったのを一般的な35ミリフィルムを使えるようにしたのがこれ。

なんたって頭の扇がなんじゃらほい、だ。何かのまじないかと思える奇異な出っ張りは、ここにシャッター機構が入っているから。つまり、回転する二枚のローター上のシャッター羽根のスリットを使うロータリーシャッターだ。

Imgp6928

どや。なんと、この大きさでハーフ判なのだぞ。恐ろしく無駄なスペースを必要とするロータリーシャッターのせいで、36枚撮りを入れても65枚しか撮れないんだぞ。いいだろ、72枚では多すぎだよねえ、と悩むことがない(いや、そんなことはないけど)。

Imgp6927

裏ぶたには簡易露出計算尺が。セノガイドみたいなもんやね。え、セノガイドを知らない?うーん、若いねえw季節や時間帯、天候や被写体などを照らし合わせると、必要なシャッター速度や絞りの組み合わせが算出できるすばらしいアナログな露出計だ。しかも、当時のフィルム感度は32とか64なのでそれを元にしているってんだから、現代では換算する手間を考えればこんなもん使うだけ時間の無駄ってことだ。

因みに頭の扇には被写界深度の早見表が付いている。前後両方見れ、と。しかもフィート表記なのでこれまた換算が要る。何事も米国風なので逆らってはいけない。

Imgp6929

岩田珈琲店さんで、所有のオリンパスペンと記念撮影。ハーフと云えばオリンパスペンが有名だけど、それと比べるのは無理があろう。なにせでかい。重さも600グラムもある。鋳造アルミの削りだしという素晴らしい仕上げだけど。因みにロータリーシャッターは、レンズ交換式ハーフサイズのオリンパスペンFにも採用されている。確かにペンFも、ハーフの割には大きめである。ロータリーシャッターは小型化には無理があるんだよね。

レンズは35ミリの三枚玉。F2.7で実は交換可能らしい。ただし、独自のスクリューマウントなので交換レンズは入手困難だとか。レンズの上、左側が巻き上げ&シャッターチャージノブ。右がシャッター速度ダイヤル。実際可動するけど、やや遅いかもしれない。

さて、岩田珈琲店さんではただいま「ホッタノカメラ展」を開催中。堀田さん(オーナー)の所有カメラを高山美香さんがミニチュア化したものを展示してます。いやー、すごい可愛いの。恐ろしく小さいですが、デフォルメ感がたまらず素敵です。(一部販売してます!)

Imgp6921

あまりに小さいので床に落とすと無くしそうで怖いwしかし、この細かさ、まさに芸術品だ。

Imgp6922

いやー、かわいくて萌え萌え♪ブローニーの元祖トイカメラ、コダックブラウニー。革ケースまでちゃんと再現されているってんだからさ、こりゃあ、もう頭が下がります。

Imgp6923

しかも、ここでしか買えない特製エコバッグも、手作りしてますwさすが高山さん。

いやー、カメラって面白いわww

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

フィルム一本他流試合w【パラダイス】

11/13の土曜日、ひっさびさの雨が上がって絶好の撮影日和になりました!予告通り、札幌の写真店「パラダイス」さんにて、街撮りワークショップと題した一本勝負を行いました。ぼくを含む19名もの参加者でにぎやかに開催しましたよ。

今回は画像なくてすいません。詳しくはここを見てください。実はうちのメインマシンであるMacが起動しなくなって、いろいろやっているんですが、どうにもなりませんwスキャンができないので、今回の写真も今は出せなくて申し訳ありません。

パラダイスさんは若い方が多く集まる、ちょっとすごい写真屋さん。お店の熱気はすごいです。フィルム好きな方が多く集まっていますが、ベテランの方も集い、世代を超えて写真の話で日々盛り上がっています。

今回はパラダイスさんの店の周囲を二時間で24枚撮りを使う一本勝負。仕上がった写真をまずぼくが拝見し、一枚付箋を付けさせていただきました。その後、皆さんの前で講評を行いました。一人一人のスタイルを説明し、いろいろなアドバイスなどを行いました。
自分ではなかなか見つけにくい、自分の個性、撮り方を指摘することで、これからの方向性なんかを見つけてあげる、というワークショップ。このお店だからこそできるスタイルです。

本当に楽しかったなあ。こういうワークショップは随時行いたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

フィルム一本勝負写真展・終わりました!

R0016576

11月5日にスタートした「フィルム一本勝負写真展2010・撮れたて、そのまま。」は、おかげさまで本日無事に最終日を迎え、1408名のお客様にご覧頂きました。一昨年実績1208名、昨年が1253名ですからすごいですw来年は1500名超えに挑みますww

オープニング三日間で1000名を超えるお客様にお越しいただき、月曜から三日間は激しい雨の天候で、足もとの悪い中にご来場下さいましたことを心より御礼申し上げます。今まではフィルム一本分をはがきサイズにレイアウトしてパネル張りしました。今回は一回り大きな2Lサイズにして、マット張り、さらにガイドレールで固定するという画期的な展示を行いました。見ごたえあり、とてもいい感じだったなあ、と主催者側は喜んでおりますw

フィルム一本を全部見せちゃうよ、というのは賛否両論あるけれど、ぼくたちはこれを続けます。これが各自の「軸」じゃないですが、フィルムを使って真面目に、遊ぶ。これは絶対にやめられないんですよ。たいしたことじゃない、と思われるなら、ぜひ、町を二時間で36枚を撮ってみてほしいです。やめられなくなりますよw

R0016589

初日にお花のアレンジを差し入れくださって、会場に文字通り華を添えてくれたTさん、ありがとうございます!とても好評でした。最後の日まで美しく、場を和ませてくれました。

遠く石巻からお手伝いいただいた、イッポンズ公式ストーカー♪の「いしのまきまき♪」さん、ありがとうございました。

会場には行くことができなかったけど、応援しています!という声も多く頂きました。
本来は今年の3月で閉鎖になるはずだったこの場所で、また写真展ができこと、こんなに嬉しいことはありません。少なくとも「フィルム一本勝負」は富士フイルムフォトサロンじゃないとその意味が半減するんですよ。
本当に、みなさんに感謝です。ぼくたちは、またここに来年帰ってきます。そして、「また、みんなで一本勝負やりたい!」と皆さんの声が届いています。早くやってよ、と嬉しい言葉も頂いています。今週末もやるんですよwwここで。さあ、大変!

イッポンズ公式「みんなで一本」も、またそう遠くないうちにやりたいと思っています。次は札幌じゃないところでやるんじゃないかと思いますよ。その時も、参加頂けたら嬉しいです。

また、お会いしましょう!本当にありがとうございました!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

【フィルム一本勝負写真展】本日まで!

Dscf9539

好評のうちに最終日を迎えた「フィルム一本勝負写真展2010・撮れたて、そのまま。」

富士フイルムフォトサロン札幌(大通西6丁目)にて、皆様のお越しを最後までお待ちしております。

この写真展はおおむね好評なのですが、やはり「なんじゃ、これは!」って激怒する人もいます。こんなの写真じゃねえだろ、と思うのでしょう。作品じゃないって思われるようで。

えー、一本勝負というコンセプトは「目を養う」ことにあります。なんてこののない日常の光景をちゃんと撮れない人が、どこかに出かけ、スペシャルな一枚を撮れるもんじゃないわけです。これは修行みたいな写真ですが、ぼくらは、一本勝負ばかりやっているわけじゃなく、日頃は各々のきちんとした「軸」を持って写真を撮っています。

決められた時間、決められた焦点距離のレンズ、一枚一枚全部が傑作になれば、という思いを込めて撮ること。「丁寧に、一瞬に決める」のが一本勝負。撮り直しがきかない、言い訳もできない、全部見せてナンボ、っていうのがいかに自分たちの写真に活かされているか、言わずもがな、です。

そんな実験的な要素を持つ「フィルム一本勝負」、大きな声援で支持頂けていることがほとんどですが、自分たちでもやってみたい、と思う方が多いようです。

今回も6日には「みんなで一本勝負」をやりました。ほぼ全員の方に楽しんで頂けたようですが、やはり写真は「見てくれる人」の存在が大きいってことです。ぜひ、お仲間、友人たちでこれ、やってください。パクってかまいませんww大いにやってほしい、というかフィルムの面白さを味わってほしいんですよ。デジタルを日頃メインにやっている方も、たまにやってみると、非常に自分との戦い、難しいことがわかります。

ぼくはアート写真ってわかんないし、芸術性についてはまったく語れませんので、写真って、写ったものがすべてだと思っています。そこから何を想像するかは見た人の自由であり、写し手側の気持ちをくみ取ってもらえるような写真にしたいという気持ちだけです。

もっとマシな写真になるべく、また修行します。また、宜しくお願いします!

※え、画像は何だって?w無関係ですねww
カメラの上にくっついているのは、ミニチュアのペンタックスK-xですね、これ。
欲しい人は急ぎましょう。ガチャなので、何が出るかわかんないよw

Dscf9537

| | コメント (4)

2010年11月 2日 (火)

フィルム一本勝負写真展「撮れたて、そのまま」

ご無沙汰しております!
毎年恒例の写真展「フィルム一本勝負」2010:撮れたて、そのまま。を開催します!

441

場所は札幌市中央区大通西6丁目富士フイルム札幌ビル一階です。
(大通り南側に面した場所です)

10:00~19:00なので前より30分、時間も延びました。
メンバー7名による小樽での真剣勝負、今年はさらにサイズも大きくw全部一本そのままお見せします。

これに合わせて6日は「みんなで一本勝負」も開催しますよ。
今年はサロン移転もあって、富士フイルムの会議室が使えなくなり、いろいろありましたが、もう「やっちまえ!」ってなわけで、やることにしました。

参加希望の方はこちらへ。定員15名、先着順です。

すでに定員オーバーになってしまいました。ありがとうございました!

また、写真展終了後、11/13(土曜日)にも、ぼくのワークショップセミナーを「写真店パラダイス」さんでも行います。ここでも「みんなで一本」をやります!町を撮る楽しさを味わってください。

詳しくはこちらを。ぜひ、参加してね!

【11/4追記】
搬入終わりました!過去の反省点を踏まえ、すばらすぃ~~~~展示になってます!

R0016545

うーん。。。ホンマにちゃんと展示できるのだろうか。。。という時点。

実は過去の展示を超える展示じゃないと、新規移転オープンした富士フイルムフォトサロンに相応しくないんじゃないか、ということでがんばった結果、果たしてどんな感じになるか。来てのお楽しみ!ですよ。本当に「今年は、よりいい展示になった!」と自画自賛しております!

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

ぼくは開催期間中、ほぼ在廊の予定ですが、8日(月)と、10日(水)の13時~14時半は講座があり留守です。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »