« 【写真展終了!】感謝、感謝。 | トップページ | 雑感ブルースw »

2010年10月 4日 (月)

カメラづかいのバラッド

B0001380_225246

今日、小樽文学館裏、手宮線沿いにある4本のポプラが伐採されました。木は何も抵抗できません。小樽の景観にとても似合う、そして手宮線に必要なポプラでした。
伐採は秘密裏に決まっていて、発覚した時にはすでに遅し。急きょ始まった保存運動も実を結ばず本日で過去の景色になりました。

悔しい。この愚行を決めた山田小樽市長の名は、永遠に語り継がれることでしょう。かつて小樽にはポプラを大切にして保存した市長さんもいました。

なぜ、ここにポプラがあったのか。

そういうことを考えないんですね。いろいろ伐採した経緯があるようで、裏話はごっそりあるみたい。一部の人間の利益のために、長く愛されたものを壊す。小樽はそういうまちになってしまったのかな。

ぼくら写真を撮る人間は非力だ。写真で伝えるしかない。それでも、伝えたい、語りたい、残したい想いがあるのです。

だから撮る。嘆くのは簡単だ。変わりつつある時を刻むのはカメラですよ。

まちの魅力を少しでも伝えたいし、まちを歩く楽しさを知ってほしい。

これからもまちの魅力、暮らしの匂いを伝えるために。

(ポプラ伐採の模様はこちらをぜひ!悔しい・・・)

---
嗚呼 写すことは難しいことじゃない
ただまちに身をまかせ 頭の中をからっぽにするだけ
嗚呼 目を閉じれば 胸の中に映る
懐かしい思い出や あなたとの毎日

本当のことは写真の中にある
いつもなら照れくさくて言えないことも

今だってあなたを思いながら カメラづかいは写すよ
ずっと言えなかった言葉がある 一枚だけど見ておくれ
「愛してる」

斉藤さんパクって御免!!本家はこちら↓

|

« 【写真展終了!】感謝、感謝。 | トップページ | 雑感ブルースw »

コメント

いつか仇は必ずとります。

投稿: 本部長 | 2010年10月 4日 (月) 21:50

>本部長さん
無念を晴らしてください!!

投稿: ariari | 2010年10月 4日 (月) 22:52

北大の時は反対しなかったんです
あまりの老木だったんでしょうがないと思いました
でも今回はまるで違う理由で斬られたんですね

投稿: tokumeikko | 2010年10月 4日 (月) 23:36

全部、見た。知らない処で色々あるんだろうから、良いか悪いか分からないし、何も言う権利は俺にはないかも知れない。だけど、言わせて。

『これ、殺人と変わらないよ…』

伐られる瞬間の叫び声も、きっと届かなかったんだね。

無念だ。

投稿: hurryblood | 2010年10月 5日 (火) 11:25

>tokumei姉さん
健康で問題のない木を切りました。工事したかったんでしょう。
お金を使って業者を潤したいんでしょう。いろいろあるんでしょう。
馬鹿市長がやった愚行は小樽の歴史に大きな印を残しました。

>hurryさん
「どこの木も同じ」だということでしょう。
確かに。樹木はどこにもある。
しかし、景観として大切で愛されて歴史がある大切なもの。
たとえ建物が老朽化して建て替えられても、この木は残すべき。
そういう意味合いがあるポプラだったのに。

投稿: ariari | 2010年10月 5日 (火) 21:45

切られましたね…。そして壁も崩されましたね…。
とうとう、この日がきてしまいました。

本局前からバスに乗って高校へ通っていたあの日、毎日のように見ていました。
今は写真と記憶に残ってる。でもいつか、ここにまたポプラを復活させたい。
それが手宮線と一体となっている真の姿だと思うのです。
何年後になるか、元の姿になるのはそこから何十年かかるか分かりませんが…。

投稿: Rufard | 2010年10月11日 (月) 01:49

>Rufardさん
ぼくは塀が壊されたことが一番悔しいです。なんで小樽市はこの景観をわざわざ壊すんでしょう。
市長が別な方ならどうだったんですかね。個人的な意見だけで小樽が壊されてゆくのがたまりません。
手宮線をあそこまで整備して残すのであれば、周囲の景観も大事なんですが。
鉄道が走っていたことの重み、その歴史的な価値。まあ、価値っていっても金を生まないものは壊せってことですか?w
民間の建物なら致し方ない部分もありますが、小樽市は本当に何を考えているんだろう。

投稿: ariari | 2010年10月11日 (月) 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【写真展終了!】感謝、感謝。 | トップページ | 雑感ブルースw »