« 今日は長文だからww | トップページ | 伊達な当別なのだ。 »

2010年6月 4日 (金)

アヤシヒフヰルム

Imgp0598_film

今日、某フィルムメインの写真店に立ち寄って社長と談笑。やはりカメラや写真の話をしているとあっという間に時が過ぎる。

その時、棚にあった怪しいフィルムに手が伸びる。うーん、見たことないなあ。

画像の左が「PERUTZ」という会社のフィルムで、ドイツの会社なんだそうだけど、今はアグファ傘下。だが、裏面には「MADE IN JAPAN」って書いてある。え、製造元はAGFAじゃあないの?実際、いま流通しているAGFAも実際はAGFAの工場で作られている訳じゃあない。

でも、日本でフィルムを作っている会社って...えーと。あそこしかないんですがw

まあ、使ってみないとわかんないけど、渋くてなおかつ独特の発色らしい。AGFAのような派手さはなさそうだが、サンプルを見る限りは、ややYとGの色合いに独特さがあります。

そして右が昔からあってそこそこ有名な中国のモノクロフィルム「ラッキー」。これはブローニーサイズなのだけど、社長から「最後、巻き取っても止めるシールがついていないので、輪ゴム必須ねw」...ブローニーフィルムを使ったことがある方はご存知でしょうが、撮影終わったらフィルムが緩まないようにシールで止めます。以前は切手のようにベロンと舐めてのり付けするシールだったけど、フジは普通のシールになった。コダックは今でも舐めますがw。で、ラッキーはそのシールがないって!知らなかったらパニックだわ(爆)。

丁度、モノクロプリント職人N氏が来店し、納品されておったので、聞いてみたら「粒子とか荒くて面白いかと思ったけどまともなんだよね(笑)」...あら。チェコのFOMAPANなき後、このラッキーに期待したけど感度100ながら1600までの増感ができる!というし、意外に普通にキレイだそうな。N氏製作のサンプル見たけど、ホント、キレイです。

フィルムって、こういう怪しいの買って試すのも楽しい。デジタルだと怪しいメディアなんか入れて使うの怖いもんなあ。データ飛ぶしw

さて、本題(え?)背景にあるコンパクトカメラ。先日リサイクルショップにて105円だった、パナソニックのC-D2200ZMという二倍ズームレンズがついたカメラ。見たことなくて知らなかった。えー、こんなのあるんだあ、と手に取ってみたら案外いい感じ。
パナソニックのカメラ、といえば公の情報としてライカの廉価版(それでも、それなりのお値段)ズーム付きコンパクトカメラなどのベースになったカメラと同じようなスペックを持っているんでそれなりに写りもいいだろう。実際、このカメラを使って情報をアップしていたサイトは一件しか見当たらないほどのレアカメラみたいだけど、その方も絶賛していました。

そうか、じゃあ、明日のお休みはこのカメラに早速怪しいフィルム詰めて撮ってみようか。最近、町を歩くにはどうにもコンパクトが気持ちよくて楽しい。でも、お気軽過ぎて、先日も某旧鉱山地でライカミニを落っことしてファインダー部に大きな傷を負わせてしまったw

ユルい写真も楽しむべし。

|

« 今日は長文だからww | トップページ | 伊達な当別なのだ。 »

コメント

ズーム付きで105円・・。
某氏も一眼を980で手に入れられてるし、フィルムカメラの中古って今が買いでしょうか?
いづれフィルムカメラを手に入れようと思っているので、耳がダンボです。

投稿: 摩耶 | 2010年6月 5日 (土) 09:35

>摩耶さん
フィルムカメラですか。コンパクトにしても一眼レフにしても入手先を選べばかなり安価に買えます。
どんどん下がっているといってもいいですし、まだ下がるでしょう。でも、コンディションは店で異なります。
目利きじゃないとリサイクルショップでの購入はリスクが伴います。ぼくも何度か失敗しています。
写真の勉強を本格的にするなら一眼レフ、それもマニュアルカメラから始めた方がいいかと思います。
ぜひ、ainosato先生にその辺伺ってみて下さいね。

投稿: ariari | 2010年6月 5日 (土) 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は長文だからww | トップページ | 伊達な当別なのだ。 »