« 古い体質 | トップページ | 楽しいフィルム講座。 »

2010年5月24日 (月)

フィルムの難しさと効能w

Akita_oiwake005

今日、東北GW旅や室蘭とかいろいろたまっていたフィルムの現像を受け取りました。本数12本、うち7本は同時プリントも。うーん、いいのもあるけど、ダメなのも多い〜。

やはりフィルムはお金がかかる。それは間違いない。
でも、お金をかけた分喜びも(落胆も)大きいです。旅の写真はフィルムの方が個人的に好きだけど、全部フィルムだととんでもないことになるのでデジタルも撮りますが...

今回の絵を見て、すごくじっくり考えているのにその想いが現れていないもの、逆にサクッと撮った方が良かったもの、様々入り交じりあらためて写真の難しさを知ります。

デジタルはモニタにすぐ現れて、下手すりゃ消しますがフィルムは消せない。シャッターを押した理由が明確に出る。(良い悪いは別にね)

本当にこれでよかったのか。現像するまで結果がわからないし、上がるまでのタイムラグのおかげで頭にはシャッターを切ったときの興奮とか感動が頭にも焼き付く。自分の中でその一瞬が傑作へと勝手に昇華してゆくのだ。

しかし、その傑作だと思い込んだものがプリントされて「写真」となる時点で駄作へと転落するときの哀しみったらありゃしませんわ(爆)。

今回の東北は...三勝二敗一引き分け(モノクロでプリントしていないw)かなあ。
因みに室蘭の三本は...スゴいと勝手に思っています。久々自分でもいいのがありました。

明日はフィルム教室。じっくり生徒さんと写真を語り合います。
その前に、千歳でCA尾根遺産のお昼ご飯のお相手も。忙しい一日になりそうww

画像は5/5撮影、秋田市にて。

|

« 古い体質 | トップページ | 楽しいフィルム講座。 »

コメント

踏み切りの写真、生活感が漂っているように感じられ好きです
東北プリント編の展開、楽しみに待っています

ちなみに現像・プリントで仕上がり見てがっかりが大半ですよ(笑

※お勤めお疲れさまです m(_ _)m >明日の昼ご飯(ばく
やっぱりジンギスカン(・・?

投稿: いしのまきまき♪ | 2010年5月25日 (火) 00:41

室蘭、拝見するのがますます楽しみになりました。

今回は現像まで一週間寝かせたので、熟成されていい色出ました(笑)。さすが写販さん。

投稿: hiros | 2010年5月25日 (火) 06:09

難しいことは分からないのですが、フイルムカメラとデジタルカメラの違いとレコードとCDとの違いとが
何か共通するものがあるような?気がしています。

投稿: Amy | 2010年5月25日 (火) 14:35

>いしのまきまき♪さん
この画像はこっちじゃなくてあっちで使いたかったですw
町を今回は撮ってないので出せません(爆)。唯一撮ったのは大鰐だけです。
尾根遺産、今日もアレでした...飽きないんですねえ。楽しかった〜〜

>hirosさん
室蘭は自己満足度高いだけで、他の方が見ても楽しくないです(爆)。
なんとなく思った通りに決まったかなって。
熟成、期限切れフィルムじゃないですよねww

>Amyさん
レコードとCDみたいなものと思って間違いないです。
フィルムはアナログですからね。デジタルカメラもCDも「信号」です。
デジタルは性格には符号と云いますがw

投稿: ariari | 2010年5月25日 (火) 23:02

 フィルムの「写り」が好きです。リバーサルで撮ったあと、アガリをルーペで眺めるたびに、
展開する景色の透明感に心奪われます。万に一ですけれど、自分で撮ったとは思えないカットに
出会ったときに心の中に湧き上がる思い、感動とか感激などといった言葉では言い尽くせない、
その中に自分が生きてきた証を見つけられたような達成感(それは少し大げさすぎ(^^;)とでも
表現すれば良いのでしょうか、それにやられてしまっています。

 でも、デジで撮っちゃおうか、と安易に流れようとする自分が居ます。機材は*ist-Dのまま
ですが、DA☆16-50/2.8を着けるとそれなりに写ってしまうし、それで誤魔化そうとする心を
否定できません。

 …なんて偉そうな言葉を並べてみても、ariari先輩にはお目汚しな私のアガリをご高覧いただ
いた過去もあったりする訳で、技量も器もお見通し。全て一笑に付されることでしょう。でも、
それでいいんです。それが現実。だから精進在るのみです。

 今度の週末はある思いを秘めて、フィルムカメラで出陣します。Z-1PとMZ-S、どっちにしよう
かな…。

投稿: 左門☆豊作 | 2010年5月27日 (木) 21:59

>左門☆豊作さん
フィルムでもデジタルでも、自分が好む仕上がりが得られればいいんだと思います。
フィルムには独特の描写がありますが、デジタル写真が一般的になる前はそれが当たり前でした。
今更味わい深いとか云っても、どうにも気恥ずかし部分が正直あります。デジタルじゃダメかと。
ポジだって、普通にデジタルが出る前はみんなやっていたわけなのに、あらためて良さが見直されたり。
まあ、自分がどういう表現をするかでメディアを選べばいいのかなと。
町の写真はやはりフィルムで撮りたいという気持ちは強いです。でも、デジタルでも撮ります。
どっちが、どう、というよりどうやって見せるかという手段で選びます。プリント中心ならフィルムがいいけど...
いま、仕事は大半デジタルなので、そういう写真も必要に迫られてますんで...

投稿: ariari | 2010年5月28日 (金) 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古い体質 | トップページ | 楽しいフィルム講座。 »