« 三笠梅 | トップページ | フィルムの難しさと効能w »

2010年5月23日 (日)

古い体質

Imgp5536_inaka

ちょっと「うーん」と唸ってしまったことが。感心したんじゃなくて、どう解釈したらいいのかというお話。

実は、うちの生徒さんで、知人のすすめで某新聞社系の写真クラブにも所属している方がいらっしゃるんだけど...いちいち画質だの解像度に文句云う幹部がいるとかで悩まれています。

「そんなカメラじゃなくこれを買いなさい」

そんなことまで云うそうだ。因みに、買えと云われたカメラはニコンD3s(爆)。
新聞社系のクラブ幹部は、元写真部のOBなどだから、そういうフラッグシップ以外は認めない傾向が強い。D3sに500mmの純正とか買えって云うらしいが、それだけで180万円。そういうのどう思いますか?wそれで何を撮っているか。

そもそも新聞社系のクラブの写真は残念ながら何十年も変わってない。主な被写体は祭りや漁村、ネイチャーは可愛い系の鳥とか小動物。したがって、コンテストもそんなのが多い。因みに、生徒さんに「コンテストがあるんで、何を出せばいいですか?」って聞かれたので、祭り、それも火祭りとか、厳冬期の漁港で漁を終えた人々のスナップとかいいんじゃない?って云ったら、見事火祭りで準グランプリ(爆)。

ぼくがいつも感じるのは、この手の方々はセオリー通りで「こうしなきゃならん」という絵作りが多い。オーソドックスで基本に忠実、悪くはない。でも、世界観が狭まる気がするのだ。だから日本の写真は残念ながら世界で評価が低いのかな。

まあ、ちゃんと写るカメラならいいじゃない。いちいち画質で写真の評価が決まる訳じゃない。もっとも、ちゃんと紫色とか、緑色が写るカメラであることは基本だと思いますがw

あとは、そのカメラの能力を最大限に引き出せばイイじゃないのかねえ。

|

« 三笠梅 | トップページ | フィルムの難しさと効能w »

コメント

ごもっとも。

それにフラッグシップと言ってもいまやね。。。
あっ、それは航空業界か。

フィルムでバシャバシャとやりたい衝動もあるのですが、コストがねぇ(笑)。
貧乏人にはツライです。
デジタルにもそこそこイニシャルコストがかかりそうだし。

故きを温めて新しきを知る。
それやね。

投稿: swallow | 2010年5月23日 (日) 22:15

うーん。
セオリー無視。基本的に「大多数」になりたくない。(写真に限らず)
で、PENTAX。もちろん、ちゃんと写ります。

投稿: hiros | 2010年5月23日 (日) 23:00

う~ん・・・そうなんだ。
そういう話、ガッカリするね!
僕もariariさんに共感します。

しかし・・・僕はフラッグシップ機で撮った事がないからな~・・
どうなんだろう??。まあ、僕も今のカメラの能力を最大限に引き出せるように頑張ろう!^^

投稿: nori238 | 2010年5月23日 (日) 23:01

仕事で一日だけD300を借りて自転車で走りまくったことがあります。
僕のカメラの4倍くらいの値段で、しかも綺麗な色だったので欲しくなったけど、
僕の手には大き過ぎる。自転車で移動するには重過ぎる。
写真のことは素人だけど、カメラにしろ楽器にしろ道具って手になじまないとダメではないかと。

投稿: おつかれさんこん | 2010年5月24日 (月) 05:13

うーん。そういう話を聞くと悲しくなりますね。
そういう人たちって、「こう写したらダメ」とか平気でいう人ですよね。
どう写したって、何写したって、自分が楽しければいいじゃん。
大多数は安心はするけど、楽しくないので私もPENTAX(笑)
でも写しているものは大多数の花(爆)


投稿: ainosato | 2010年5月24日 (月) 06:04

>フラッグシップ以外は認めない傾向が強い。
昔、次のような話をした事があります。
有名なF1ドライバーが運転する自家用車と
私が運転するF1とどちらが早い?
普通で考えると私の運転よりF1ドライバーの方が早いはず。

機械の性能オンリーの考え方は賛同しかねます。

ライカを買って3日後にフィルムの入れ方が解らないとカメラ屋に持って来た例も聞いた事があります。

道具の性能より感覚・感性を磨く方が、いい作品を作れると思います。

ところで、フラッグシップ以外は認めない人・・・
車はF1でも乗ってるのでしょうか?(爆

投稿: たいちょう | 2010年5月24日 (月) 16:47

フラッグシップは確かに良いかもしれないけど、皆さん言われてる様に持ち主がどこまで使いこなせるかが、大事だと思います。
フラッグシップを買ってその10分の1しか使いこなさないより、廉価版買って半分以上使いこなす方が良いのではと思いますし、フラッグシップにしか付いてないたった一つの機能の為にフラッグシップを買うのであれば、それは買った人が満足していれば良いだけで、他の人にも「コレでないとダメだ」と言うのは可笑しいでしょうね。
写真は出来上がった「画」が大事だと思うので、オイラなんかはコンテストに出す写真がケータイで撮られた写真でだって、構わないと思います。
ただ、何でもかんでもケータイで「ピロリ~ン♪」っていうのは、ちょっち勘弁して欲しいと思う事もありますが・・・(^^;

投稿: いんぷれっさ | 2010年5月24日 (月) 19:21

白くなってカサカサ、ポロポロと…って、それは『古い角質』か。

まあ、『いい馬はいい騎手を育てる』とも言うけど、その方はそんな意味での発言じゃないよねぇ。

構わないのが1番(笑)。

投稿: hurryblood | 2010年5月24日 (月) 20:33

>swallowさん
まあ、専門的な撮影でならフラッグシップもありかと思います。
でも、ねえ。一般的な撮影にはどうかな。無駄に重いし高い(笑)。
そもそもそういう発想自体がジジイ写真の始まり。フィルム時代から変わんないね。
swallowさんも軽くていい絵作りの一眼レフ一台いかが?

>hirosさん
そもそもPENTAXはマイナーじゃないんだけどね、デジタル一眼レフではそう思われてます。
教室では圧倒的に、NとCです。この生徒さんK-7です(爆)。設定追い込んであげたらびっくりしていました。
使い方でカメラなんかどうにでもなります。

>nori238さん
フラッグシップを買ってもフィルム時代とは違ってせいぜい二年ですから、威張れるの(爆)。
それより自分のカメラを極限まで使い切る、設定を追い込むのが格好いいです。
自分の好みの絵を叩き出せるまで、かなり時間を要します。そんなものですよね。
nori238さんの絵、ぼくは好きです!

>おつかれさんこんさん
D300もAPS-Cのフラッグシップですからね、なかなかいいカメラです。
でも、D300もドノーマルでは、けしてぼくの好みの絵ではないですね。
K-xの方が彩度もあって、緑も抜群にキレイですよ。
ぜひ、設定をガンガン追い込んで使い切って下さい。

>ainosatoさん
昔から全然変わっていないんですよ、こういうジジイカメラ連中。
写真展とか来ると、必ず文句云って帰る。でも、そいつらの写真は大したものはないです。
ぼくはD700を最近使っていないと感じた人から「使わないなら譲って」とか云われました。
仕事ではD700とS5proです。当然、ガシガシ使ってます(笑)。個人的にK-7の絵が好きです。
ただK-7もじっくり追い込まないとなりません。K10Dと変わらない絵を出すだけなら不要かもしれませんね。

>たいちょうさん
困った事にね、今でも「フラッグシップじゃないとダメなんだよ」と云う連中が多いんです。
しかも、たいちょうさんがよくご存知のカメラ店を根城に(笑)。あそこの中古は異常に高価です。
それは、根城の人間が生徒にすすめて...いるようです。何かあるのでしょうかね?(笑)
まあ、そういう体質が日本のアマチュア写真のレベルを低くしているのかなあ。

>いんぷさん
まあ色々な考えがあってもいいんだけどね。それを押し付けちゃねえ。
軽く簡単に100万円以上するカメラセットとかすすめる人...アホかと思います。
ただケータイのカメラ普及はねえ。記録と云うことじゃなくてその場の楽しみだけですもんね。
ちゃんとみんな機種を変えても保存しているんでしょうかね?気になります。

>hurryさん
いい馬はいい騎手を育てる。うん、いいバイクはいい乗り手を育てるか。
いいカメラもいいカメラマンを育て...たらいいんだけど...なかなか(笑)。

投稿: ariari | 2010年5月24日 (月) 22:06

昔、事故調査のアジャスターの教育で同じようなことを教えていた。

・カメラはフラッグシップを使え。
 安いカメラで撮って失敗したら責任問題になる。
 フラッグシップで撮れなかったり、故障した場合は仕方が無いになるから。

・画質・解像度は最高に
 画質・解像度が悪いと裁判所で証拠として認定してくれないから。かつ、見やすく。必要な情報が全部そろうように。

いやー、懐かしい話だ。
私も現場写真の時はそのように撮れと教えられた。
変わってないな。現場写真の撮り方。

投稿: こもれび | 2010年5月25日 (火) 10:24

>こもれびさん
保険会社が一眼レフのデジタルを使うなんて初耳でした。コンパクトのデジタルばかりでしたので。(納入してます)
裁判ではデジタルが証拠能力としてダメだと昨年までは通りませんでしたからね。
したがってフィルムならインスタント(ポラを含む)でもOKでしたが。
カメラの値段で責任所在は変わらなかったです。問題は壊れたらフラッグシップだろうと、ローエンドだろうとメーカーにクレームが来るだけです。
国土交通省の指示で、官の土木工事ではデジタルカメラの画素数、圧縮率は細かく指示されているんですが、官省によってフィルムオンリーのところもありました。

投稿: ariari | 2010年5月25日 (火) 22:57

説明が足りなかったですね。
保険会社ではなく、事故調査の団体の話。
保険会社の委託をなどを受けて動く会社やフリーなどがたくさんいた二十年から三十年前の話です。
最近でも日本鑑定とか札幌鑑定(漢字間違っていたらごめんなさい)とか残っているはず。
自動車事故が約款で保険会社が示談に乗り出せるようになってから
縮小した団体の話です。
そこの当事の教育の話であって、保険会社が示談に乗り出してからの話ではありません。
ですから事故調査のアジャスターと書いたのですが。保険会社ではなく。勘違いされたら申し訳ない。
この業界を離れてから相当たつので、
懐かしい話だと思い起こして書いたのです。
一般的な話ではないので、書いたことがまずかったのかもしれませんが。

投稿: こもれび | 2010年5月26日 (水) 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三笠梅 | トップページ | フィルムの難しさと効能w »