« 写真教室のお知らせ@富士フイルム | トップページ | 事業仕分け進まず »

2010年3月22日 (月)

マニアックなバスですいません...w

Dscf9981

毎度のトミーテックバスコレクション、もう第15弾になりますた。今回は「ヤバいよ」のバスが出ています。つうか、前回も北海道中央バスの高速おたる号であるふそうエアロクィーンがあったりしてドキドキのミニチュアなのだけど、今回もしっかり中央バスありますた。

しかも、これ、小樽市内の路線バスで、系統2番桜町行き。起点は高島3丁目で、小樽駅を経由して桜町まで向かいます。なので、小樽の人にとっても馴染みがあると思います。

札幌市内じゃなく、小樽市内の路線系統をモデル化したってのがね〜〜♪やるじゃん!
なお、バスのモデルはふそうエアロスターワンステップMP35UM、あと二台は欲しいのでまたまた「必ず買える」必殺技炸裂ですね。

そして右のモデルが涙モノの岩手県交通バス。いすゞCJM500というモノコックバスで、すでに引退したものだけど、北村製作所ボディをモデル化したってことが、もう「イヤーン」なのです。一般的には川崎ボディが多いCJM500、この北村ボディってのがマニアさん狂喜乱舞(なのかどうかわからんけど)。でも、若いバスマニアさんはこういう地方のバスが嫌らしい。「田舎のバスなんてイラネ」とか某巨大掲示板でも云っている奴が多い。ぼくにすれば東京都営とか大阪市営、京都市交通局などの毎回入ってくるのは、もうお腹いっぱいなのですが。

閑話休題、この岩手県交通バスも実在のモデルがありまして、その昔一関営業所に所属していたバス。実際、実はこのCJM北村ボディは岩手県交通に三台ほどしか存在していなかったという話もあります。屋根が丸みを帯びた独自のスタイルはホンットに萌えます。モデルも実車同様「厳美渓行き」になっているんですよねえ。泣きますよ、マジw

Dscf9986

厳美渓かあ。

あれ、なんだ?こんなもん家にあるぞ(爆)。

ふーん、なんでしょうねえ、これ。
大き過ぎで手に持ちながらだと画面に入りきらないよヽ(`Д´)ノ

一関営業所モデルが発売されたことに心より感謝!さすがマニアが泣き叫ぶトミーテック。一般人には何のこっちゃの、マニアックさに呆れますよねーw

さて、マニアックと云えば今回のふそうエアロクィーン、前面方向幕がホンッとにちゃんと実車のような作り方が見事。

とても1/150とは思えない気配りに、正直テンション上がりマスタ。

Dscf9982

画像じゃわかんないな(笑)。

実は、この方向幕(正しくはこれLED表示なのかと思うけど)フロントグラスの裏面から表示されています。今までは表面に印刷されていたけど、奥行感がちゃーんと出ているんだな。

芸が細か過ぎ。恐れ入りました。

というわけで、小樽関係者、小樽好き、中央バスマニア(いないかw)、さんたちは例のごとく「必ず買える」技でゲットして下さい。

因みに、ぼくは今回あまりにもいいバス会社ばっかりだったんで二箱大人買い。

一箱にシークレット入ってました♪

|

« 写真教室のお知らせ@富士フイルム | トップページ | 事業仕分け進まず »

コメント

中央バスも県交通も両方欲しいっ(>o<)

特に県交通の一関営業所モノといえば、マニアではなくても泣いていましそう…(笑)

投稿: いしのまきまき♪ | 2010年3月23日 (火) 00:05

あまりにも短過ぎる存在のものがこうして全国区の商品として出てくると不思議というか、あせります(^_^;)
高校の時、中央バスマニアな友達、T君ってのがおりまして、
当時はケント紙でちゃんと製図した型から中央バスの模型をつくっては新聞に載ったりしておりました。
そんな彼は中央バスに無事就職!
たぶん、今も中央バスに居ると思います(汗)

投稿: 本部長 | 2010年3月23日 (火) 00:16

すみません、↑ 誤)短過ぎる存在のもの → 正)身近過ぎる存在のもの でした~

ゴメンナサイ<m(_ _)m>

投稿: 本部長 | 2010年3月23日 (火) 00:17

おおっ、厳美渓!

13年前の1月3日、出会って1ヶ月半(付き合いだして半月、手を着けて2週間)の相方と、初めてのお泊まり小旅行で向かった先が厳美渓でした。

乗ってすぐの東北自動車道は50km/h規制(滝沢からは通行止め)がかけられる程の大雪で、高速を降りた国道4号は40キロの大渋滞。宿に着いたのが夜10時半過ぎだったんだけど、ギリギリ配膳してくれたご飯はほんのり暖かくて美味しかった。

明けて次の日、前日悩まされた水気の多い雪は、厳美渓の木々に着雪し、晴れた空と相まって、ただただ『キレイだなあ…』としか言葉の出てこない空間でした。

車は納車されて半年のフィアット・パンダ。

ああ、あの頃は楽しかったなあ…

今?今もムチャムチャ楽しいぜ♪(笑)

投稿: hurryblood | 2010年3月23日 (火) 02:00

了解、例の「必ず買える」技ですね。
情報ありがとうございます。今週末は小樽だ(笑)

まさか、またこの記事のおかげで売り切れたりしないよね。

投稿: ainosato | 2010年3月23日 (火) 06:30

>まきまき♪さん
県交通、一台ならお譲り可能(-v-♪
中央はいんぷさんにお願いして下さい(爆)。
(いや、ぼくも頼みたいのだが)

>本部長さん
やはりバスが好きで就職までしちゃった人もいるのね。羨ましい。
ぼくはオヤジが中央バスの運転手でしたんでね〜w
しかし、今回の「桜町」ってのが嬉しいですねえ。
そういうのは誰が決めるんだろう。現地に来て取材するんでしょうけど。
(ナンバーもすべて実在するバスのですし)

>hurryさん
ん。まあ、ネタ的には無関係なレスなのでコメントしようもなく(爆)
今が幸せだってことね、まとめると。はい、ウラヤマシス。

>ainosatoさん
あー、ダメダメ。小樽で買えるとか書いちゃだめですって〜〜!!(><)

投稿: ariari | 2010年3月23日 (火) 22:10

うん、コメント返しの難易度は高いと思われ。

無関係な事を書いて申し訳ないなあ…と思う反面、そこに他にはない美学を見いだす俺。

だって手が勝手に動くんだもん。

あ〜厳美渓とか登米とか、また行きたいなあ。

投稿: hurryblood | 2010年3月24日 (水) 02:26

>hurryさん
すいません、ここ、ちょっと放置していたんでコメント気がつかず。
コメント忘れると友を失いますんで申し訳ない。
厳美渓って岩手でも南だし、登米も宮城なので遠いね。
でもさ、青森から400kmでしょ。北海道だとね、片道400kmって...
普通にみんな日帰りするんだよw距離感違うよね。

投稿: ariari | 2010年3月28日 (日) 18:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真教室のお知らせ@富士フイルム | トップページ | 事業仕分け進まず »