« 混乱。 | トップページ | 相変わらずドタバタです。 »

2010年1月12日 (火)

どうしようもないこと。

本当はこういうことをここに書くのはどうかと思うんだけれど、自分の備忘録のために、そして彼のことを忘れないために。

一昨日会って声をかけてきた友人が今日、旅立ちました。

前の会社で、関連会社にいた彼。主に、配送、運転業務がメインでした。
同じ高校で同級生だったことを入社後知ってびっくり。工業高校で、科が違って教室も端同士だったんでまったく当時知る由もなく。本当にいい奴で、彼とは数えきれないほど一緒に出張もした。彼の運転は絶対に安心だし、どんな状況でも確実に応えてくれた。仕事に間に合わなかったことは一度もないし、どんな任務だろうと絶対にNOと云わない男だった。

彼のおかげでどれほど仕事が楽しかったことか。一緒に全道廻ったけれど、あんなにいい時間を過ごせたのは彼のおかげだった。
仕事の合間に、旨い飯屋を探したり、ラーメン食いに走ったり、温泉へ行ったり。

10年前、ぼくの会社の同僚と結婚するって聞いたとき、本当に嬉しくて。マジメで一本気な男だったし、中途半端が大嫌いだった彼、頑固ものだから彼女がなかなかできないんじゃないかと心配だっただけに、その喜びは大きかったな。

その後、子供ができたときは自分のように嬉しかった。誕生したとき、ぼくは20年熟成に耐えるワインを贈った。彼らのためとぼく、二本用意して。
子供が成人式を迎えたとき、家族で飲んで欲しいと思って。ぼくはその頃、きっと近くにいないだろうと、その時はぼくもそのボトルを一緒に開ける約束をした。

まだお嬢さんは8歳じゃないか。今年の年賀状だって、家族揃って笑顔で挨拶してくれた。

健康にも人一倍気をかけていたはずなのに。どうして、なんで。

「何も悪いことしていないのに」奥さんのつぶやきが辛い。

昨年夏にも大切な人が逝った。やはり、まだ若くて惜しい奴が。ぼくはまだ奴の死を受け入れられないのに、また、ひとり。

人はいつか必ず死を迎えるし、もし寿命が最初からわかっていたら人生が怖くてたまらない。今、何をすべきか。何も残せないかもしれないけれど、ぼくは写真を撮ることを選んだ。だから撮らなくちゃいけない。

中途半端が嫌いなあいつのために、本気でこれからも撮る。それしかできない。

みなさん、ごめんなさい。こういうことでも書いていないとね、辛過ぎてね。


|

« 混乱。 | トップページ | 相変わらずドタバタです。 »