« 大人の科学。 | トップページ | さっぽろフォトステージ! »

2009年11月15日 (日)

匿名の記録。

Imgp9901今日、いつもの銭函にある喫茶店でマスターが「面白いものが出てきたぞ」と見せて頂いた。

それは以前、古い家を壊すとき不要だからと処分するはずだった8ミリフィルム。一緒に編集機ももらってきたとのことで、中身を見せてもらった。

それは昭和40年代半ばかと思われるフィルムで、とある人が社員旅行の模様を撮影したものだった。8ミリだからそのままであれば3分ほどの短さだけど、カラーで動態が記録出来ることもあって世の中、一時はブームになった。

誰が写したのか、まったくわからないとのことだけれど、非常に興味深い記録なことは確か。札幌観光という会社のバス、三菱ふそうかなと思うけど60年代後半のバスじゃないかと思う。

旅先は雷電のようで海沿いで遊ぶ人々も。女性のファションなんかも懐かしいなあ、と思える。こういう記録は放送局としても資料映像として欲しがるんじゃないかなあと思うね。

Imgp9903昔の映像というのは本当に見ているだけで楽しい。まったく撮影した本人は将来誰かの目に触れるなんて思わなかったろうが、貴重な文化記録である。

写真でもそうなのだけど、北海道は開発当時から映像の記録がしっかり残っている。とりわけ札幌市は生い立ちからの記録写真がしっかり残っている希有な町である。

膨大な資料写真を有する札幌市写真ライブラリが来年一月末で閉鎖されるのだけれど、札幌市はこれをどう思っているのだろうか。(って、札幌市が閉館を決めたのだが)
人口180万人を有する政令指定都市で、文化都市を宣言するくせに、大切なものをなくそうとしているのだよ。

写真はアートだとか、昨今云われているけど原点は間違いなく記録。有名な写真家が撮影したものではない、写真、それが今大切な文化遺産なのだ。

匿名性が高いほど写真の文化的側面を評価できる、そんな時代なんじゃないかな。ぼくも12月頭から写真展に参加します。ちょっとこういう事を考えた自分なりの「町の写真」を出そうと、いまセレクトを急いでいる。写真というものが何を意味するのか、ぼくなりの考え、実験的な要素を含めてお見せ出来ると思います。

|

« 大人の科学。 | トップページ | さっぽろフォトステージ! »

コメント

ワタシも8ミリで撮って貰ったのがあるんですが
肝心の映写機がないんですよね、一度機械を借りて
見てみたら必死にトンボを追い掛ける裸足の少女の映像でした
文化遺産からはほど遠いです~♪
札幌の記録、駅前通りの某銀行の跡地の工事現場の柵に
たくさん写真が貼ってありましたよね
見ながら歩くのが楽しみでした

投稿: tokumeikko | 2009年11月15日 (日) 23:43

>tokumeikkoさん
こんばんは。8ミリで撮った幼い頃の映像ですか?そりゃあ、貴重ですね。
そういうのって一番想い出になりますよ。ビデオやDVDにしておきたいですね。
(でも、永遠の記録としてはそのままフィルムで残すのが最強ですよ)
札幌市は開拓時代からすべて記録が残っているのいう町なので、本当に素晴らしいです。

投稿: ariari | 2009年11月16日 (月) 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/46772308

この記事へのトラックバック一覧です: 匿名の記録。:

« 大人の科学。 | トップページ | さっぽろフォトステージ! »