« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

ネットブックは使えるか?

ただいま旭川行きL特急スーパー課無為、じゃなくカムイ車内にて更新中。ちょっと用事で急遽旭川へ。一丁前にモバイラーになっているぼく。例のNEC製ネットブックで遊んでます。実は工場遠征にも持参してホテルで更新したり、データのバックアップに使いました。

まあ、ネットを更新する程度なら大丈夫ですね。ただし、マルチで色々やりながらだとちょっと遅くてイライラするので、単機能として使うなら結構使える。携帯ではちょっと難しいことも、こいつならこなせます。それにドコモの通信端末も意外なほど速いし、こうやって高速移動中の車内でも大丈夫。ただ、定額じゃないと恐ろしいことになるね。一時間ほどネットやっていたら、あっという間に月額の限度額いっぱいになる。ん、1500円ほどの最低料金で終わらせることはまず無理ですね。

でも、本当に家の環境と驚くほどの差がないくらい快適なのにはびっくり。我が家のADSLが遅いってこともあるからだけど。

あと、お仕事の文章書きにはフリーソフトのoffice互換のopen officeがあるし、軽いのでこれまた結構快適に使えます。画像処理は同じくフリーのJTrimっていうのが非常にサクサク動くしブログ用なら十分以上の使いやすさ。

てなことで、たまーに意味不明の遅延動作もあるけれど、値段を考えればとても使えるという結論。いや、使えないと困るのだけれど。

明日は写真展の搬入。なんだか休まることがない日々です。当たり前か。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

何かとせわしなく。

Imgp9911なんでも、ネタが尽きたり飽きられたらグルメネタがいいそうだ。
ぼくんとこ(photo:mode)も工場遠征の写真が続いています。四日市は今日で終了。

でも、四日市以外は倉敷の水島、北九州にしても、正直あんまり近くで撮れなかったんで枚数的にはもうネタが枯渇してきた。

調子に乗って今までの工場写真を凌駕するものを、と云った手前お恥ずかしい。

だからと云ってあっちにグルメネタを載せる訳にいかないのでこっちで。

今日は写真展向けに最後の会場下見でなんとなく展示方法をイメージしてみた。六つ切り24枚の写真を展示することになりました。できるだけシンプルな展示(というか手抜きとも云う)にすべく頭を悩ませています。

その帰り、近所の大型スーパーで色々な店がその場で総菜を作るイベントをやっていた。画像の揚げ物はいわゆる練り物の揚げた奴。右がお好み、左はたまねぎ。
まあ、こういうのはね、絶対に「小樽/かま栄」さんにかなう訳がなかろうと買ってみた。ひとつなんと210円もする。それで、この大きさ。いいね、煙草の箱との比較なんて古典的だ。最近は煙草も悪者だからこんな感じで登場させられることも少なくなった。あ、そんな話はどうでもよくて。

で、味。

はっきり言う。これで210円はサギだ。なんつーか、具は多いが練り物が今ひとつ美味しくない。軽いの、なんだか。おまけに油がぎっとぎとだ。キッチンペーパーでかなり吸わせないと食べられないほどだった。
そりゃかま栄さんと比べたらアカンのはわかる。けどね、あんまりにも違う。まあいつもかま栄さん頂いているから、あの味が当たり前だと思ってしまう。

かま栄さんのスタンダードともいえる「ひら天」なんかを頂くとね、もうよその練り物が食えなくなるんだ。これはお世辞でも、持ち上げているわけでもない。いつも夕方ともなれば札幌市内の百貨店の地下でかま栄さんのブースに地元の人が列をなすのを見るべくもなく「天下一品」の練り物をいつも食える我々が幸せなことったら。

あー、たこ丸食いたい、ゆずかま、食べたい〜〜!

さ、写真展の最終準備頑張ろう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

弾丸稚内18時間。

22日に戻って、その日は死んだ。まあ、一応データのバックアップなどもしてカメラの手入れもしてだけど。(あと仕事もしたっけ)

それで昨日17時30分に再び家を出て、稚内へクルマで向かった。そう、あのお仕事のために。もし星が出なければおしまいだ。実はずっと稚内は天気が悪いことはわかっていた。西日本縦断中にも稚内の天候をチェックしつつ移動していたんですな。

んで、23日ならなんとか夜には回復しそうな感じ。しかも深夜0時以降だってw

で突っ走った。0時きっかりに到着して三箇所、三時間撮影。今朝3時半に稚内を出て行きとは違うルートで戻ってきました。日本海南下ルート。実はこっちのほうが距離が短いし早い。行きは定番高速旭川~士別~名寄経由だったが結構遠い。高速の士別を降りたら「稚内198km」って書いてあったときには苦笑した。なんだよ、ここまで走ってまだ200km?青森から盛岡へ行く距離だ。札幌からなら青森~仙台間とほぼイコールって、やっぱり北海道は広すぎる。恐ろしい。
途中、猛吹雪に遭い「ああ、今夜はだめジャン?」と泣きそうになったけど、豊富を過ぎたら晴れた。ああ、ありがとう!(誰にだ)

建造物と星はあまりにも輝度が違いすぎで絡めるのは無理だったけど、狙いを決めていたある場所では最高の絵が撮れた(はず)。
帰り道、途中留萌の手前で夜が明けた。港は綺麗に染まっていたけど、もう撮る元気がない。珍しく無視。<馬鹿

とりあえず、ネイチャーミュージアム北海道は締め切りに逃げなくてすみそうだ。

しかし、疲れた。移動ばっかり。今日は寝させてくれ、頼むw

さて、見当たらないネガをどうしてくれよう。写真展まであとわずか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

備忘録09/11/19-22

<工場など撮影旅>赤文字は撮影地

11/19(木)
9:45   新千歳空港発 NH704 A320
11:40 中部国際空港着
12:17 中部国際空港発 特急1700系(名鉄空港線)
12:54 名鉄名古屋着
13:10 近鉄名古屋発 近鉄名伊乙特急 30000系
13:37 近鉄四日市着
14:00 マツダレンタカー借受
四日市市内ロケハン
15:40 四日市ポートタワー
17:00 四日市ポートタワー閉館
17:50 市内撮影開始
22:15 撮影終了
22:40 ホテルルートイン四日市宿泊

11/20(金)
8:47   四日市発 快速みえ2号 75系DC(関西本線)
9:19   名古屋着
9:35   名古屋発 新幹線のぞみ103号 N700系EC(東海道、山陽新幹線)
11:21 岡山着
11:25 岡山発 普通 115系EC(山陽本線)
11:40 倉敷着
13:00 マツダレンタカー借受
14:00 玉島地区町歩き
17:30 鷲羽山スカイラインにて撮影開始
18:00 水島地区ロケハン(空振り...泣)
20:45 倉敷美観地区撮影
21:00 再び水島地区ロケハン(撮影なし)
23:00 アパホテル倉敷宿泊

11/21(土)
10:02 倉敷発 快速サンライナー 117系EC(山陽本線)
10:17 岡山着
10:31 岡山発 新幹線のぞみ7号 N700系EC(山陽新幹線)
11:56 小倉着
12:14 小倉発 快速 813系EC(鹿児島本線)
12:29 黒崎着
13:00 マツダレンタカー借受
14:45 皿倉山ロケハン
15:45 八幡祇園町銀天街歩き
16:20 皿倉山ケーブルカー かなた、スロープカーにて山頂へ
16:32 皿倉山より夜景撮影
19:00 皿倉山下山 スロープカー、ケーブルカー かなた
20:00 新門司港撮影(今ひとつ)
20:48 門司港付近撮影
22:45 小倉日明撮影
23:42 八幡西区洞北町にて撮影
24:10 撮影終了 亀の井ホテル八幡宿泊

11/22(日)
9:28   黒崎発 特急ソニック10号 885系EC(鹿児島本線)
10:02 博多着
10:20 市営地下鉄空港線 1000系EC
10:26 福岡空港着
11:15 福岡発 NH289 B777-200
13:16 新千歳空港着

以上

| | コメント (7)

2009年11月16日 (月)

さっぽろフォトステージ!

Front01昨日のちょっとしたご案内、正式に案内状が完成しましたのでここで紹介させて頂きます。

札幌

いま

写真

これから

というサブテーマを掲げて札幌と近郊に在住の写真家たちが表現するフォトステージ。

Part1は札幌写真ライブラリに保存されている昔の写真と、いまの札幌を定点で切り取るというものがテーマ。

これは非常に興味深いですね。
ぜひとも皆さん見てね。

因みにぼくは12/2からのPart2に参加します。
オールモノクロ未発表作品です。

ただし撮影地は札幌ということではなく匿名のまち。写真が持つ匿名性を活かした作品を出展します。

フィルム一本勝負以外での写真展は実に2久しぶりで緊張しています。
どんな作品にするか、ちょっとまだセレクトに悩んでいます。過去に出した作品(ブログなど)は一切出さない予定でいるんですけれど、もしかすると入っちゃうかもしれません。

Part2はカラー写真とモノクロ写真のチームに展示も分かれます。
すべての作家さんが札幌を写している、ということではないのです。札幌から発信したい、という意味合いなので様々な映像が広がるのではと非常に楽しみでもあります。

ぼくも、今後の作品制作の通過点として考えています。

Back02 画像は二枚ともクリックで大きくなるので詳細をぜひご覧下さい。

また、この掲示は当面トップに置いておきますので宜しくお願い致します。

実は、まだ未現像のフィルムもあってスケジュールに間に合うのかちょっと焦っています。なにぶん仕事のスケジュールや、ちょっと撮影したいものなどもいっぱいあって毎日キツいスケジュールになると思います。

更新頻度が下がっても生きてますからひっそり応援していて下さい(笑)。

あー、ほんっとにキツいなスケジュール(爆)。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

匿名の記録。

Imgp9901今日、いつもの銭函にある喫茶店でマスターが「面白いものが出てきたぞ」と見せて頂いた。

それは以前、古い家を壊すとき不要だからと処分するはずだった8ミリフィルム。一緒に編集機ももらってきたとのことで、中身を見せてもらった。

それは昭和40年代半ばかと思われるフィルムで、とある人が社員旅行の模様を撮影したものだった。8ミリだからそのままであれば3分ほどの短さだけど、カラーで動態が記録出来ることもあって世の中、一時はブームになった。

誰が写したのか、まったくわからないとのことだけれど、非常に興味深い記録なことは確か。札幌観光という会社のバス、三菱ふそうかなと思うけど60年代後半のバスじゃないかと思う。

旅先は雷電のようで海沿いで遊ぶ人々も。女性のファションなんかも懐かしいなあ、と思える。こういう記録は放送局としても資料映像として欲しがるんじゃないかなあと思うね。

Imgp9903昔の映像というのは本当に見ているだけで楽しい。まったく撮影した本人は将来誰かの目に触れるなんて思わなかったろうが、貴重な文化記録である。

写真でもそうなのだけど、北海道は開発当時から映像の記録がしっかり残っている。とりわけ札幌市は生い立ちからの記録写真がしっかり残っている希有な町である。

膨大な資料写真を有する札幌市写真ライブラリが来年一月末で閉鎖されるのだけれど、札幌市はこれをどう思っているのだろうか。(って、札幌市が閉館を決めたのだが)
人口180万人を有する政令指定都市で、文化都市を宣言するくせに、大切なものをなくそうとしているのだよ。

写真はアートだとか、昨今云われているけど原点は間違いなく記録。有名な写真家が撮影したものではない、写真、それが今大切な文化遺産なのだ。

匿名性が高いほど写真の文化的側面を評価できる、そんな時代なんじゃないかな。ぼくも12月頭から写真展に参加します。ちょっとこういう事を考えた自分なりの「町の写真」を出そうと、いまセレクトを急いでいる。写真というものが何を意味するのか、ぼくなりの考え、実験的な要素を含めてお見せ出来ると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

大人の科学。

Imgp9894学研の大人の科学マガジンに二眼レフが付録でついてくるってんで、買ってみた。こもれびさんは買ったらしいのだけど、もう使ったんだろうか。

学研の科学と云えば子供の頃、学校で買った記憶がある人も多いでしょ。

私も「興味があるものだけ」買ってもらった記憶がある。一番実用的で活躍したのはゲルマニウムラジオだったな。

あの付録のラジオのおかげで今の私があると云ってもいい。長くなる話なので、また今度。(いや、面倒なんでいいやw)

で、今は「大人の科学マガジン」と称して、いつまでもガキ子供の心を忘れない大人を刺激する。まあ、オマケに弱いってだけかもしらんが。

以前にもステレオピンホールカメラが付録の時があって悩んだけど買わなかった。

なので、今回も実は悩んでいたんだけど、つい一昨日書類の山の中から図書カードを発見。1500円分だった。これは某製パンメーカーが「お詫び」に送ってくれたもの。パンの中に異物が入っていて、別に怒っていたわけでもないけど問い合わせたらお詫びってことで。

もう三年くらい前だったんで忘れていた。

そういうのを忘れるってのはもったいない話だ。図書券すら、たしかまだどっかにあったハズなのだけれど、それも行方不明だ。一緒にビール券とか、商品券なんかも一緒のはず。そういうのに無頓着ってのはよくない。

Imgp9895 でと。中身を見た途端、ワクワク感はふっ飛んだ。なんだ、組み立てるのかよ。

いや、組み立てとは聞いていたが、ここまでバラバラだったんだ。正直、めんどうくせえ、と思ったが、ここで面倒だと一度でも感じると二度と手を付けることがない自分を奮い立たせ、飯もお預けで製作に取り組む。説明書きによれば製作時間は一時間、って書いてある。

しかし、プラスチックの質が今ひとつな感じは否めない。いや、オマケ、付録なんてこんなもじゃろう。

トイカメラっぽいわけだから、しかたないよなあ、と思いつつ組み立てるが、ちょっと力を入れてネジを締めるだけで「ミシッ」と音を立てやがる。もう、途中でイヤになる。写ルンですだって、もう少し精度が高いぞ。(いや、あれはマジで精度が素晴らしいと思う。材質もこれよりはるかにいいものを使っている)

シャッターの部品さえ非常に脆弱な感じがする。絶対にこれ、すぐに壊れる。間違いない。と、文句ばかり云っても仕方がないのでてきぱきと作成。が、一時間以上かかったぞ。

Imgp9897 一応完成。疲れた。
しかし、まあ、安っぽいのう。これがまたいいんだろう。

レンズもプラスチックで一枚。

実は組み立て中に何度もシャッターをテストしつつ組み上げて、完成後もシャッターの感触を確かめて慎重に作ったのに....

完成して、しばらくしたらシャッターがおかしくなった。

ほら、みたことか。

また、どこかからばらさねばならん。

面倒だ、もういい。このまま放置決定。

あ、これ35mmフィルムを使います。ブローニーじゃないです。
なので、上から覗いた状態だと縦位置専用カメラになる。まあ、どう撮ろうが写りはユルユルなのでどうでもいいんだけれど。

そもそも、ぼくはトイカメラってあんまり好きじゃない。カメラが玩具って当たり前じゃん。大人の玩具なんだよ、カメラはw

あえてトイカメラって云うなと。

そういうのってなんだか、あざといような気がするのだ。トイカメラとして人気に火をつけたロモだってトイカメラとして生まれた訳じゃない。日本のコシナのコンパクトカメラを見事にパクった共産圏お得意のモノマネカメラだったんだが、中身はいいかげんだったから妙な写真になってしまったというだけである。魂があるカメラとして売られたホルガだって、出来そこないのカメラなわけだ。

まあ、それが憎めずデジタルみたいになんでもキレイに写る時代だからこそあえてユルい写真をってのはわかるけれど、ブームだもの、いつかは終わる。森山大道さんだって、時代に迎合するがのごとく「今後はデジタルやらざるをえない。銀塩はもう50年もやったから、もういいかなって」と云う時代だぞ。(そんなことを云うとは意外な気がしたけど、リコーのGRDなんかぶら下げていた時点で、いつかはそうなるかなという予感はしていた)

さて、本当にこれを使う日が来るかどうか。もう少し考えようと思ったが、そんな時間はないのである。

※追記

アスキーのネットで「吉田重戦車」とかいう編集者がこんな記事を書いている。たいそうメジャーな雑誌でもあるASCIIにしては程度の低い編集者を飼っておられる。フィルムカメラを小馬鹿にした記事であるが、許せないのが「フィルム代、現像代、印画紙焼き付け代など、手間も費用もかかる。現像するまで、何が写っているかわからないカメラなんて、機能だけ考えれば使いにくいだけである。」

と書いてある点。君のご両親は、そのバカ息子の子供の頃の写真を苦労して撮られたのだよ。それとも生まれた時からデジタルカメラがあった、まだ中学生なのかね、君は。
おまけに「そもそも現像してくれる写真屋を街で見かけなくなっている。」だそうだ。可愛そうにどこかの無人島にでも住まわれているようだ。

別に今どき、フィルムが時代遅れだの懐古的だの何を云われてもあんまり気にならないが、過去の文化を否定的な目で編集者が務まるのか、ぼくは多いに疑問なのだ。まあ、最先端の分野に自分が居るんだと云う自負がそうさせているのだろう。頑張って時代を追って欲しいww

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

慌ただしい一日。

いや、正しくは「ぼく自身は忙しくない」一日なのだけれど、色々世間では騒がしくもあり、というところですか。まずデジタルカメラに全く関心のない方にはどうでもいい話題。
あの隙間ニーズに応える素敵なメーカーRICOHから新たなコンセプトのデジタルカメラが出ましたね。「RICOH GXR」。。。レンズと撮像素子、つまりセンサーとレンズが一体したユニットを交換出来るというカメラ。今回のは一般的なコンパクトデジタルカメラ同様のズームレンズとセンサーを持つものと、APS-Cサイズセンサーと50mm相当のレンズを組み込んだもの。

コンパクトデジタルカメラ並みのサイズで、拡張性があり、今後様々なユニットと組み合わせると撮影の幅を広げるというのがウリだ。なるほどー、面白いね。今後一眼レフカメラはミラーのないミラーレス化が進むんじゃないかと云われているけれど、その先陣を切ったオリンパスのEP-1とかパナソニックのGF1のマイクロフォーサーズがある。

なので今後、他のメーカーもこの動きに追従する可能性が示唆されている。個人的にはこのGXRは非常に興味がある。どこかへ旅をする時には小型センサーとズーム、本格的な撮影にはAPS-Cサイズセンサーのユニットを、などと遊べそうだ。ただ、システムをすべて持ち歩くというのには無理がありそうだ。それならば最初から小型な一眼レフ(K-7などね)を持ってゆくだろう。APS-Cのレンズが広角ならよかったんだけれどね、35mm程度の。(なぜ最初に50mmだったのか、やはりボケを強調したかったんだろうなあ。RICOHは肌色がちょっとビミョーなのでそこがもっとよくなって欲しいです)

まあ、今すぐに買うことはないし(そんな予算があれば、PENTAX DA15mmが欲しいよ)この手のものは様子を見ることも必要ですから。というのも、システムそのものが様々な事情で変更になったりしても困る。デジタルカメラというものは、どうにも未来が見えにくい。(メーカーの未来が見えないってのもあるけれど<PENTAX大丈夫かw)

そして、今日、新たなものに手を出してしまった。ずっとどうしようか悩んでいたことに決着をつける(って大げさな)。ネットブックを買った。
Dscf9338 いわゆる言葉は悪いが安価なパソコン。名前の通りネットが主目的なパソコンだけれど、よーく考えるとモバイルパソコンなんかネットくらいしか使わないんだよな。

しかし、私の使いたい目的はネットだけじゃなく出先である程度仕事もしたい。それにはテキストエディタ程度があればいいのだけれど。

携帯ではさすがに限界があって、長期の外出ではMacのiBooKを持って出かけたんだけど...やはり荷物になってしまう。

なので、ネットブック。これならかさばらないし海外だって大丈夫(って、行くのか?w)。二度の台北、一度のソウルにもMacを持参した経験から「やはりネットブックがいい」ということで。実は悩んでいたのは機種。まあ、そうですよね。

候補に挙がっていたのは台湾のメーカーでネットブックではシェアがどーんと上がったAcer(エイサー)、そしてこの分野では草分け的なEee-PC、あと元IBM ThinkPadを引き継いだレノボ。悩んだよ、ここ半月ほど(笑)。

というのも、Windows7が出ちゃったでしょ。さあ、どうするか。悪名高いvistaのネットブックはないのね(爆)。そりゃあ、重いしネットブックでは無理だろう。最新のOSであるWindows7は魅力的に思えたんだけれど、ちょっと待った、これWindows7 Starterという簡易版。フル機能は使えない。それに、値段もやや高い。そもそも使う目的がネットとせいぜいブログの更新とテキスト打ちなんだから軽くて安定しているXPで十分じゃないか。それに、フリーの画像ソフトとかは、XP向けが充実しているってことが大きい。あと、office互換のソフトもあるし。

で、ヨド●シへまた向かって迷っていたら、あれ、この間と価格が違う機種を発見。NECのLaVie Lightが42800円だった。他のXPの機種と比べても安価で、バッテリーの持ちが長い。XP搭載の機種のほとんどが3時間程度しか持たないので、約7時間駆動のバッテリーはありがたい。しかも決めてはドライブ。HDDだけじゃなくSSD、つまりメモリドライブがあるのだ。これにCドライブ、つまりOSがSSDに入っているので安定度が高い。なのでHDDは余裕を持って保存などに使うことが可能だ。

そしてキータッチがいい。安くて機能が豊富なEee-PCにも惹かれたんだけど、とにかく筐体が安っぽい。そのためにキータッチも今ひとつ剛性がないのでパス。Acerとレノボで悩んだけれど、やはりNECというのは安心だ。何かあればNECサポートセンターが近くにいるし(爆)。

あ、そうそうdocomoの通信端末とセット契約なので3万円引き、でした。まあ、二年契約だけど、パケット定額で月額上限6000円ちょいです。大した使わなければ1525円か。イーモバイルなら4万円引きだけど、なにせ私が出向く先では圏外ばっかw
鉛温泉もdocomoならばっちり。あとは、LANが使えるホテルならFOMA関係ないもんね。まあ、結局は分割払いでパソコン買ったようなもんか。

んで、市橋捕まったんだね。やっと。あそこまで情報が出れば逮捕は時間の問題だったろうけれど、最後に110番通報した人、1000万円もらえるんだろうか。きっと報奨金目当てで色々な人が大阪とか福岡あたりに集結したんじゃないだろうか?まあ、いずれにしてもよかった。

あ、残念なのは森繁久弥さんがお亡くなりになったこと。ご冥福をお祈りしたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ケータイでリモる。

Imgp9893今朝はなんだか暗い。いや、空がだ。

ああ、やっと冬っぽい空になってきた。
なんだか寒そうな一日になる予感なのだが、ぼくは相変わらずTシャツ一枚で部屋に居る。暖房なんかつけちゃいない。ボロアパートでも室温が19度をキープしているのでまったく寒くない。

基本的に室温が16度以下になったら、ストーブに頼ったりするけど、それ以上なら無用。

さて、相変わらず今月は夜遊び強化月間なのでブログのあっちでも夜の写真ばかり。去年もそうだったんだけど、今の時期は空気が冷えていて夜景には丁度いい。これがもう少し寒ければさらにキレイに見えるけれど、体が持たなくなりそうなので今時期がとても快適で楽しい。先日の苫小牧でも全然寒くなくて、すこぶる楽しく撮影ができた。夕方から23時までずっと外に居たのだけど寒いなんてことはなく。

さて本題。(相変わらず前置きが長くてイヤになっちゃうね)夜景と云えば長時間露出。いや、体の一部を長時間露出するんじゃないから勘違いなさらぬように。カメラで長時間撮る時は当然リモコンが必要だ。セルフタイマーが代わりになるけれど、やはりバルブ撮影ではそうもいかない。

K-7一台だけで撮るならばケーブルのリモコンを使うけれど、K200Dとの併用だとリモコンが一つしかないので困る。あるいは、これからもっと冷え込むとケーブルの抜き差しも面倒になるし、ケーブルが硬化してイヤだ。ニコンのリモコンは今時期でさえケーブルが固まる。どうにかしてよ、と云いたい。

そこで、ペンタ君は赤外線のリモコンが使えるんで一つ買おうかと思った。でも、ちょっと待って!と神の声が。docomoの携帯でしか使えないがiアプリで「ペンタックス用リモコンアプリ」なんてのを発見。えー、ホントに使えるの?と半信半疑で試してみました。

おおおお!使える!!このリモコンの優秀なのはバルブでも大丈夫だということ。K-7の場合、設定でワンボタンにてバルブのON/OFFが可能なのだけれど。
これで二台のカメラを併用しても大丈夫だ。雪がちらちら降っているとき、実はリモコンのケーブルを挿す蓋を開けるのがちょっと怖い。他の端子にも影響が出てしまうからだ。なのでワイヤレスのリモコンは重宝するのですよ。

docomo使いでペンタ使いの方、ぜひお試し下さいな。作者の方には感謝だわあ。

「ペンタックス用リモコンアプリ」

| | コメント (3)

2009年11月 9日 (月)

写真を見ればわかること。

Imgp4833先日カメラマンの友人から久しぶりに電話があった。

「どう?最近、撮ってる?」

ぼくの友人たち、写真を生業にしている人たちとの挨拶代わりの言葉は大抵こうだ。

「ん、まあまあかな...」

そんな冒頭の挨拶で話が始まる。
その『最近、撮ってる?』というのは、別に写真を撮っていることはもちろん当たり前のことなのだけれど「いい写真が撮れているか?」ということも含め「ちゃんと自分のテーマに沿って撮れているか、あるいは撮り続けているか」ということである。

ぼくの場合、サラリーマン時代を含めて写真に関わることだけで生計を立ててきたのだから今更他のことをしようにも体に染み付いた写真というものがすべてだからやっかいだ。

プライベートな写真というものがやはり本筋と思って取り組んでいる人は、たとえ趣味であろうともマジメな姿勢で真剣に打ち込んでいるわけだから、それをしっかりと人に見せて欲しいと思う。ネットが普及する前、写真を趣味としてやっている人々は自分のお気に入りを誰かに見せることを「特別なこと」として大事にしていたと思う。なかなかそんな機会は少ないし、あってもせいぜい行きつけのカメラ店で、同好の士と見せあうとかコンテストに応募するなどということだったろう。

今はブログと云う手段で、誰もが簡単に自分の写真を披露出来る環境がある。なんて素晴らしいことなのだろうか。久しく会っていない友人のブログを見て「ああ、あいつも『撮っている』なあ」と嬉しく感じたりね。

今日の講座でも、なかなか自分の写真を持ってこない生徒さんがいる。見せたがらない生徒さんもいる。でも、強制はなるべくしたくないのだけど、やはり見せないとダメだ。
写真を見ないとその人が何で悩んでいるのかわからないから。そして迷いも写真を見ると大抵分かる。写真にはその人の考えが詰まっている。血液検査をすれば、体の状態がわかることに似ているかもしれない。

写真を見ればわかる。友人も頑張ってる。ぼくも頑張らないとね、見透かされてしまうから。

| | コメント (7)

2009年11月 7日 (土)

これがぼくの生きる道。

Imgp9890最近、ちょっと写真撮るモチベーションLOWだ。RAWじゃないからw...

理由はあまたあるのだけれど、ちょっと疲れたかもしれない。

元々こっちのブログでは写真ネタ以外が多かったし、実は写真ネタよりも、こんなネタの方が数倍人気がある。まあ、本人も写真よりこっちの方が好きだなんて口が裂けても云わないと思うけどね。二つもブログやっていること自体、大変じゃね?と感じるけど、まあ、写真は写真だけのほうがいいだろかと思った訳ですが。
肝心の写真ブログが、どうにも行き詰まってきたのだ。のだ。
んじゃやめればいーじゃん、と云われた(爆)。

そうだな。別にこっちだけでもいいよな。と、模型と遊びながら考える。

Imgp9892 さすがトミーテックのバスコレクション、1/150というスケールながらどんどん出来映えが上がっている。(ついでに価格も上がっている。第一弾は360円だった。今は500円(税別))だもの、出来も良くなったけど、ちょっと貧乏写真屋にはきっつい。

今回の第14弾は北海道中央バスの「ふそうエアロクイーン」が入っている。
なので、中央バスのこの手のものを扱っている事業所では単品で入手可能だ。(なにせ、一般の店で買う場合、ブラインドパッケージなのでどこのバスが出るかわからん)

しかも、塗装の色合いが正確になった!これが大きい。以前の路線型高速バスは、色が白過ぎだった。ようやくこれで実車に近くなって万歳なのである。ご覧のようにSDカードと並べるといかに小さいかおわかりだろうか。

過去にはこのシリーズで第4弾のふそうMP218路線型が出て、第8弾では西工ネオロイヤル高速路線型も出た。三度目の中央バスはこれ「高速おたる号(円山経由)」!!小樽ファンにはなくてはならないアイテムだね、君たち。ひっひっひ。

Imgp9891 どや。このディテール!サイドのマークまでしっかりやで。しかもリヤの細かなステッカーまで再現されとりますがな。

今にもプシュ〜と音を立ててドアが開きそうやろ?かま栄第一ビル店でエビロールなんかすぐに食べたくなったら飛び乗りぃや!

なんて喜んでいるのもつかの間、来年1月末の第15弾にも中央バスが!しかも路線型エアロエースってんだからさ、気合いが入るってものよ。これで新型ガーラなんかも逝ってくれってもんだよ。いっそ事業者特注でもかけて欲しいな。中央バスならやるだろう。

というか、第15弾はぼくにとっては一大事が待っている。「岩手県交通」路線バスが入ってくるのだ。過去に事業者特注ではあったけど、レギュラーでは初めて。いや、正しくは観光型オバQBU15Pでの販売はあったんだけど、一般路線は今回が初めて。
しかも、なんと!いすゞK-CJM500で、しかも北村製作所のボディだ。独特のカマボコ屋根が似合う奴だけに、今から何台仕入れなくちゃならんのか悩む。

なんてことばっかりやっていいんか。いいのだ。ぼくは、もうこの路線(バスw)でやるんだ。もう不人気ブログに成り下がった(いや、上がっていることはなかったんだけどww) photo:modeもそろそろ潮時かもしんない。「写真よさようなら」なんて云えるほど写真を突き詰めていないので、ひっそりと止める時期がくるだろうか。本当はphoto:modeでやりたかったのはモノクロオンリーのブログのはずだった。最初はそれでスタートして、更新面倒で中断(笑)。昨年8月リニューアルしてリスタート。
けど、本来のモノクロスナップはこっそり別なとこでやろうと思っている。

実はかねてからちょくちょく覗いていたある人気写真ブログが閉鎖しちゃったんだよね。先月一杯で。北海道の人じゃないので直接お会いしたこともコメントしたこともなかったけれど、身近ななんてことのない日常の町のスナップが好きで見ていたんだけど、商売をやっていて写真をなかなかゆっくり撮る時間もないし、ブログのために写真やっているんじゃないから...と閉鎖されて、ぼくとしては非常に残念だった。

人気ブロガーってのも大変だなあ。不人気ブロガーも、もっと大変だぞ。

かといってミニカーでは、飯は食えないしなあ(爆)。

|

2009年11月 5日 (木)

今日も怒りで突っ込むよ。

今日は藤井をあそこで変える必要はなかった。巨人が藤井を捉えきれていなかったから。しかも代打鶴岡ってのは...で、建山。ね、死球とか四球からやられるんだってばぁ(泣)。

せっかく信ちゃんのホームランが!(泣)(泣)
梨田さん、短期決戦の戦い方、やっぱり知らないね。いつも通りでいい場合とそうじゃない場合があるでしょうに。素人が突っ込めるような采配やめてけれよ。

|

2009年11月 4日 (水)

コラム更新しました。

Dsc_2887ネイチャーミュージアム北海道の連載コラム第三回目が更新されました。

って、他人事みたいですいません。11月分ですね、えー、ご覧頂ければ幸いです。

今回は三笠、です。

もっといっぱい掲載したかったんですが、あんまり長くなってもいけないのでいい具合にまとめようと...

こういうコラムって、使う画像とか色々考えてけっこう書き上げるまでに時間がかかっているんです。ブログの更新とは違うので、いろいろ考えちゃってダメですね。

すらすら書き上げればもっといいのになあと自分でも思うんですけど、書いては消し、書き直して...また画像を入れては考え直し、という作業でコラム執筆だけで三日かかっています。もちろん三笠への取材も述べ4日かかりました。

前回の富内駅は一発で仕留めていますが、今回の三笠は納得のゆく撮影ができず、苦難。

それでもコラム上では、画像が小さめなので星もあんまりキレイに見えないですね。

次回の課題にしたいと思います。

近場ならいくらでも通えるんですが、次回以降は、いよいよ宿泊もしなくちゃならないので失敗が許されません(笑)。失敗したら連載オチします。ああ、クビになるかも。

もし、ダメなら誰か頼む。私を引き継いで頂戴!!

って、弱気になってどーするんだ。
引き続き頑張ります。応援してね...少しでも(^_^;

| | コメント (12)

2009年11月 3日 (火)

突っ込ませて!

ってHな話じゃないからw
今日の日本シリーズ!あの小笠原に勝ち越しタイムリーを打たれたの!!直前に糸数を変えるべきだったでしょう!!誰もが思うって。梨田監督の、あの采配はダメ。絶対にダメ。吉井コーチがマウンドへ行った時「お、変えるか」と思ったよ。なのに、なのに。短期決戦なんだってば。

あー、腹立たしい。あれじゃ直前に田中賢介がホームランで同点にした意味がない。

なので、途中でテレビを切ってしまった。これはもう負けるゲームだと思ったから。あんな采配しちゃうとね、選手がやる気失せちゃうよ。今回の日本シリーズのキモになるかもしれないぞ。

さて、もう一つの突っ込み。黒木瞳のヨーカドーCM。颯爽と町を歩く黒木瞳サン、インナーの色がコロコロ変わって多色展開をアピール。あれ、これはユニクロじゃね?そう、ユニクロのインナー、ヒートテックのCMと同じだ。完全に被っている。そりゃあ、ないでしょう?
ヒートテックのヒットで色々似たようなものが出ているのはいいとして。あそこまで真似しちゃイカンよ。

まあ、他にも色々突っ込みたい話はあるのだけれど、キリが無いから止める。そう、ぼくが突っ込まれるからだ。いいんだ、放っといてくれ(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

11月になっちまったです。

もしかすると、明日も休みを入れちゃって4連休とかしちゃった方、寒くてお出かけも大変ですね。明日は仕事の皆様(ぼくもですが)体を冷やさずに、また明日も頑張りましょう。

んーと、ネタがないので更新しなくってもいいかあと思いつつ、やはり月の初めなので何かひと言。カレンダーもあと二枚になってしまいましたね。年賀状とか、準備の季節になりました。一年の早さにもう付いて行けません。年々早く感じますが、今年は過去になく素早く過ぎ去ったと云うしかないです。

Ponbetsu030019 思えば今年は撮影の機会もめっちゃ増えて、ずいぶんショット数が多くなって(もう総括してるw)いるんですが思うような絵が少ないことに気がつきました(というか、もっと早く気がついていたのだが)。今更どうにもできないので、駆け込みショット頑張ります。

写真生活というのに相応しい日々なので、他のことを考えなくてもいいって訳じゃなく、何かとやらねばならんことも多くて...そういう葛藤が写真をつまらなくしているんだと思いますが、こんなんじゃ全然だめだと自分に厳しく向き合うことができることが、せめてもです。

何とか自分の写真スタイルを確立したい、そう日々頑張っています。でも、自分ではいいなあ、と思うものが他人にはどう見えるのか?そういうことも気になるのがやはり写真です。日頃生徒さんには自分の好きなものをバシバシ撮っているうちにスタイルが必ずできるよ、と云っていますが、いざ自分はというと人の写真と比べて落ち込む日々です。

やはりもっと撮らなくちゃなりませんね。どんなに撮っても満足することはないのです。いつか、ちゃんとカタチとして生み出せる日まで精進かな。

やっとストーブ解禁にしました。
冬です。

| | コメント (5)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »