« おいおい、天下のヴィトンが... | トップページ | 失せもの出る。 »

2009年10月10日 (土)

天下りの是非。

今日は苗穂工場の公開日、楽しみだったけど仕事が急遽決まったんでダメ。ああ、今年もだめだったよ。無念。明日もお仕事です。月曜日はちょっと軽く鉄する予定。

さて、表題。民主党の公約の中にある「天下りの撤廃」。でも、すり抜けもあったようで。Yahooのニュースに寄れば、この後におよんで天下りが判明したのは、元農水省官房協同組合検査部長(59)だと。まだ定年ギリギリやね。鳩山政権が誕生し、赤松農相が着任した9月16日付で、財団法人「日本豆類基金協会」(東京都港区)の常勤の常務理事に就任した。んで、ここが問題の報酬が年額で1341万円!!!

一般のサラリーマンが普通に頑張ったってそんな給料もらえない。退職金だって無理。それを、あっさり年棒として貰えるってんだからさ...

独立行政法人の天下り人事は凍結したものの、公益法人の天下りはどうもなくせないらしい。しかも2万4000以上もあるんだってよ、公益法人ってのは。

それぞれ一千万単位の給料を年額払ったらどうなるわけ?それが税金なんだよ。国は大赤字だってのにね。民間企業なら退職後の再就職なんてほとんど無理。しかも年金だってたいした金額じゃないのに、相当数の天下りジジイが大金を手に、毎日新聞読んで茶をすすり、一日机の前で過ごすだけ。

ただ、なんでこんなに●●協会みたいなもんがあるかってのは、官と民をつなげる役割も持っているってこと。例えばの話として聞いて欲しい。
とある省庁があったとして、いきなりそこのエラい人と面談して、ってなことはまず無理。仕事の件で、今までまったく取引のない世界、異業種へコネクションを作る場合、こういう協会が役に立つ。

私が会社員時代の仕事で異業種の展示会やセミナーに出展したり情報を仕入れたりしたい場合、まず業界の組合に出向いて話を伺う。業界の組合ったって、所詮は民間企業の寄り合いなのでエラい人とのコネクションがいきな出来ることはあまりない。そこで、関係省庁の公益団体を紹介して頂く。大抵、組合にはそういうところと繋がっている。んで、その●●協会の理事クラスの方を紹介してもらって訪ねるが、そういう人はまず「暇」である。(というか、その協会自体も部屋に居る数人の女性事務員、それもコネでバイトしているような人たちはほっとんど暇)んで業界の「今」事情などを教えて頂くのだ。語るよ、なにせ喋りたい人が多いから。くどいけど暇だから。で、こっちの趣旨を説明すれば「んだったら、あいつかな」と、省庁のエラい人につないでくれる。

大抵、省庁のエラい人は忙しい。面会もすごい大変で、部屋の前は行列である。初めての人など門前払い、何回か名刺を置いていくだけ。(ちゃんと名刺受けがあり、そこへ置くだけで話なんぞ聞いてもらえる訳はない)が、こっちはつないでもらっているので、行列を鼻で笑ってやりすごし指定された時刻に部屋へ入るだけ。かくかくしかじかで伺いました、と説明し、セミナーや展示会への出展などを取り付ける。もちろん、袖の下なんか不要。

そうしてその業界へ入り込んで行くのです。その後、●●協会の理事へはお礼を兼ねて挨拶に行き、茶菓子の一つでも置いていけば、また何かあれば向こうから電話が来るほどだ。なにせ暇なのだから(爆)。

まあ、公益法人が悪なのではなく、理由があって存在している団体も多い。国の直轄事業を広くPRしたり、民間との協業などに一役買うことは多いのだ。問題は法外な報酬と不要なハコ。そういうものをちゃんと「必要」「不要」と判断する役目が民主党に必要だ。

え?話があれば引き受けますが私(ばくばく)。



|

« おいおい、天下のヴィトンが... | トップページ | 失せもの出る。 »

コメント

ちょっとばかりご無沙汰してました。最近、早寝してまして(大嘘)。

で、今纏めて読んでるんですが、このハナシ。かなり興味深い。

間違いなく俺には無縁の世界だから、本来なら知り得ないハナシで、こーゆー表現が適切か否かは分からんけど、面白い。

a、やっぱ政治家めざそーよ。

党の名称は、そーだなー…『馴合破壊党』なんかどう?

俺、構成員じゃなかった運動員やるよ。喜んで。

タスキの代わりにS/C着用だよね、やっぱ。

投稿: hurryblood | 2009年10月13日 (火) 10:30

>hurryさん
やっぱ政界進出ですか、オレw
青森はガッチガチの保守地盤なので任せるとして、どっから出ればいいの。
なんてマジになっちゃいかん。いいの、政治なんて野次馬が一番なのだ。
馴れ合い破壊、これも大事。最近、特に色々な場面でそう思うのだ。

投稿: ariari | 2009年10月13日 (火) 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おいおい、天下のヴィトンが... | トップページ | 失せもの出る。 »