« お一人さんが往く(1) | トップページ | 理研光学製機械式寫真機超八号 »

2009年10月18日 (日)

お一人さんが往く(2)

昨日の続き。
朝、宿を出て洞爺湖畔を少し走ってみた。紅葉のいい雰囲気を一応撮っておかねばと思ったのだが、妙に紫外線が強く遠景がかすむ。しばし朝の風に吹かれてみたのだけど、なんとなく頭が冴えないままだ。実は二時間ほどしか眠れなかったのだ。まあ、いつものことなんだけど。

Imgp3880 昭和新山の付近を走っていくと、有珠山ロープウェイの下をくぐる。ああ、有珠山も高校生の頃に登ったきりだ。あの時はロープウェイなんか使わずにそのまま軽登山だったからな。

紅葉は確かに、山水の女将さんが云っていたように、どこもかしこも黄色ばかりだ。ロープウェイのゴンドラも保護色になってますますわからくなってしまった。

因みに昭和新山の駐車場に一度車を停めようかと思ったけど、410円も取るんだね。なので、払わないで出てきた。

その後、伊達市内に車を走らせ、かねてから行ってみたかった「牧家」へ。いわゆる牧場だ。ぼくが一番好きな飲み物は牛乳なんだけど、北海道の中で旨い牛乳ベスト3を勝手に云えばここが間違いなく入る。(あくまでも個人的な意見としてだけど、厚岸の森高牛乳、赤井川の山中牧場、そしてここかな)ここの牛乳の特徴は、とにかく香りがあるということ。濃いコクはあまり感じないのだが繊細な香り、上品な味わいはちょっと別格。
牧家の牛乳は札幌でも買えるけど、そのパックに「一度牧場へお越し下さい」と書いてあって興味があったのだ。伊達市の海を望む高台にある牧場、とても風がさわやかで気持ちのいい場所だ。

中で牛乳を飲み、牧場の方に話を伺った。「今、牛の赤ちゃんがいます。ご覧になりました?下の蒲鉾型の小屋にいますので」...おお、じゃあ見てみましょうか。

Imgp3992 おお、いたいた。可愛いねえ〜...
左のコは頭にハートの模様が。二頭ともまだ生後2〜3ヶ月なのだそう。

「そこいらの雑草をあげてもかまいませんから。無農薬の雑草ですし、まあ、警戒心もあるんですぐには食べないと思いますけど」

牧場の人はそう云っていた。
そうですか、はいはい。

じゃあ、試してみますか。


Imgp4027 まずはハートのコ。すんげー勢いで食べる。
もう舌で手のひらをくすぐられるのでこそばゆいったらありゃしないのだが、なんだか楽しい。

しかも触らせてくれるんだよね。
あちこちなで回った。

目が特にかわいいね。なんだろう、やっぱり動物も子供のうちがいちばん可愛いのかもしれない。牛ってのは、なんだかいつも芝を食って、あとは何もせず寝ているというイメージがあったけど、いやはやそうでもないのか。


Imgp4009 次に右の小屋にいたコにあげる。
実は、このコは警戒心が強いのか、最初は全く無視されてしまった。

ん、遊んでくれないのならいいよ、ハートと遊んでやるもの。

しかし、その様子を見ていたこのコも、次第にぼくに慣れたようで草をあげたら見事に食べ始めた。

でも、飽きちゃったようでそのうち食べなくなった。

そしてびっくりしたのは、こっちのコに草をあげているとき、ぼくの右肩を叩く奴がいた。
なんだろうと振り返るとハートのコだった。自分の舌を一生懸命伸ばして、ぼくの肩を舌で叩くのだ。「ねえねえ、草頂戴よ〜〜」って甘えてくる。

牛ってそんな風に人に甘えるものなのか?いや、本当にびっくりした。あまりにも可愛くて離れ難し。ううむ、一頭欲しいな、牛。牛乳毎日飲めるし。
しかし、左手で草をあげようとしても難しい。仕方ないのでカメラを左手、左の指でシャッター押したけど、なかなか大変だった。アングルがつまんないけど許せ。

牧場を出発し、伊達駅前でラーメンを食って、いよいよ今日のミッション開始。いや、大したことじゃないのだが、人探せねばならん。

Imgp4113 室蘭に向かったぼくは、本輪西の駅に車を停めて、恒例タンク詣で。

今日はタンクの撮影がメインじゃないの。実はとある個体を探さねばならん。こんだけあるタンク車から探すんだけれど、そう難しいことじゃないと思っていた。

それは「タキ11000」という形式のタンク車で一般的なガソリン用ではなくガソリン以外の燃料、そう重油などを運搬するタンク車だ。

実際に全国で使われている数が激減しており、ここ本輪西で見るしかないとさえ云われ始めている。実際の運用ではタキ43000やタキ1000などと一緒に運用されているけれど、最近は本当に少ないようだ。

この画像でも2、3両目にいるだけだ。ここにくればいつでもタキ11000には出会えるのだが、実はあるナンバーの個体がいまでも元気なのか確認したかったのだ。

それは「タキ11111」ぞろ目のタキ11000である。なぜって、模型を持っているから。

タキ11000の8両セットの中に、この11111がいるんで、一度は実車を見てみたいと思ったからだ。過去にここへ来た時は残念ながら確認できなかったので今日こそは、と。


Imgp4125 いました。あっさり見つかってしまった。タキ11000が並ぶ専用線の中に、一番端っこに連結されていたこのコ、もちろんまだ現役。一度はこのコが編成の中に組み込まれているところを撮っておきたいものだ。









Taki11111 はい、これが模型の奴ね。まあ、模型はどうしても細かい部分が大げさに作られてしまうので実車とは一部違うなあと感じるのだが、それは致し方のないところだ。

実車と細かい部分を全部同じ大きさに揃えると模型映えしないというのが事実。









本輪西でタンク遊びを終えて、その後はこれまた恒例の日本石油精製室蘭製油所にて夜遊び。今回で三回目だけど、空が青い色のうちにどこから撮り始めるのか、というのが悩む。今日は空が焼けるような感じはしなかったので、一番近くに寄れる場所からスタート。
実はちょっと今回は今までと違う撮り方をしてみたのだ。詳しくはこっちを見て頂くとして。

近くで見て初めてわかったことが。このプラント、白かと思っていた。シルバーのものもあるけど、大半はごく薄い緑色だったことが意外だった。D700で撮影していたとき、真っ白に写っていたんでそう思っていたんだが、家に戻って以前撮影したものもよくみれば確かにうっすら緑色であった。

やっぱり、ここの夜景は最高だ。たまらん。北海道にはここしかないのが痛い。本州ならばいくつもこういうプラントや工場が密集して絵になるのだが。製鉄所も撮りたいと何度も思っているが、残念ながら夜は灯りが乏しい。しかも、近づけないんだよな、大抵は。

撮影を終えて室蘭を去ったのが20時過ぎ、その後はちんたら高速なんぞ使わずに帰宅。
こうして一泊二日の旅をしてみたのだが、日帰りでいつも行っているようなところに泊まって、ゆっくりするのは非常に楽しかった。なんだろう、この楽しみは。
また、行こうと強く思ったんだけど、まあ、行かざるを得ないんだよな。

|

« お一人さんが往く(1) | トップページ | 理研光学製機械式寫真機超八号 »

コメント

なんて楽しそうな旅でしょう^^
それにしても、ちゃんと本物があるって嬉しいですね。>模型
でも、お牛を飼うにはもう少しお部屋をお片付けなさいませんと…。

投稿: mamako | 2009年10月19日 (月) 00:12

仔牛かわいい!

気持ち解らんでもナイけど、大きくなったらあどけなさが無くなるよ?

だから写真って大切だよね。

しかし、タイトル。先日のシコシコの後に『1人でイく』だもん、焦ったよ。

焦りはしたけど、まぁその通りだ。俺は応援したい(謎)。

投稿: hurryblood | 2009年10月19日 (月) 01:19

むぅ~仔牛かわいい。
しかも触れ合える環境がうらやましい。
こちらでは、高い餌を買わされて・・・

投稿: ぽちぽち | 2009年10月19日 (月) 09:44

子牛可愛いですね~やはりゆっくりした時間は優しい写真になったかしら??
ariariさんの夜のタンクの写真が大好きでーす!!

投稿: Amy | 2009年10月19日 (月) 21:41

>mamakoさん
こんばんは。はい、模型と実物がシンクロするとき、例えようのない幸せを。。。
え、部屋のお片づけすか?何をおっしゃる。キレイで広い部屋ですよ(爆)。

>hurryさん
こんばんは。ん、子牛ってのはあんなに可愛いとは思わなかったよ。
でもね「一人でいく」なんて書いてないから。「一人がゆく」だから。
全然ちゃうねん。てへ。

>ぽちぽちさん
こんばんは。かーいーでしょ。触れ合えると云うか遊ばれたと云うか。
牧場、正真正銘の放牧で、牛もストレスなくのんびりです。
北海道へ長期休暇ってあったらいいのにね。

>Amyさん
こんばんは。優しい写真はどうも無理です。性格が出るんで、ダメですね。
夜のタンク、製油所ですね。はい、気合い凄いですもの(笑)。
好きなものばかり撮っていますが、それが一番です。もっとも授業にはコレじゃダメですが。

投稿: ariari | 2009年10月20日 (火) 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お一人さんが往く(1) | トップページ | 理研光学製機械式寫真機超八号 »