« 今日は温泉なのだ | トップページ | お暇を頂きますw »

2009年8月17日 (月)

男なら弾丸ツアーよ。

今日からお仕事の皆さん、お疲れさまです。そういう私もお仕事再開です。
夏休み、というのが事実上存在しない自由業、当然ボーナスもありません(爆)。

このお盆休みや夏休みにあちこちお出かけになった方も多いようで、お仲間のブログでは知床や関西、美瑛方面とか華やかで羨ましい。

んじゃ、何かやらかしますか。
「いやー、休みがなかなかなくて」という言い訳不要の男達へ送る実験的(はたまた、売れない芸人の罰ゲームともいう)旅のご紹介だ。

8/15(土)私は夕張で森山大道氏の写真展を見て家に戻るとダフ屋が現れた。
「兄さん、兄さん、いいチケットありまっせ...」

なになに、おっ、これは「泣く子も黙る北海道&東日本パス(通称一万円きっぷ)」ではないか。ん、8/17までが使用期限かい。あと今日を含めて三日使える。
ダフ屋さんはお仲間のいんぷさん。彼は8/13の急行はまなすで青森へ渡り、その後大間〜函館のフェリー、函館からは昼間の鈍行を乗り継いで札幌に帰着。およそ25時間あまりの旅をしたのだそうだが、もう使わないという。もったいない。んじゃ、残り半額で買う。

支度もそこそこ、カメラ担いで私は苗穂駅へ向かう。

Imgp0082

8/15 22:00発車 急行はまなす 自由席10号車の人になる。
お盆のため満席になった12両編成の夜汽車は旅人でいっぱい。もう日本中を探しても座席客車の急行はこれが最後の砦。

10号車を選択したのは、発電用エンジンのない静かな自由席だから。これは逆に通常期ではあり得ないのです。自由席には、かならずエンジン付きのスハフが充当されるから。

ま、そんなことはどうでもいいやね。
枚数が多いから↓よろしくです。

8/16深夜2:52 函館到着。

Imgp0089

機関車をDD51からED79に交換するため、30分ほど停車する。この時間のお約束は機関車交代シーンの撮影と、タバコ一服。

因みに「はまなす」自由席のお作法は個人的に進行方向左側に座る。で、目の前に荷物をひっかけるフックがある(窓枠)席にする、ということ。
これは東室蘭を通過するときに精油工場を見たいとから(爆)。あと、函館を発車後は進行方向が変わり、朝日がまぶしくない、という利点も。

Imgp0094

ED79運転台。怪しく光るメーターに萌える。

Imgp0096

8/16(日)早朝5:39 朝日まぶしい青森駅到着。
はまなすはその昔に存在した、青函連絡船の深夜便という性格を持ち合わせている。
深夜便が青森に着いたら、東北本線は「はつかり」、奥羽本線は「白鳥」という特急に客は流れてゆく。今はそれぞれ「つがる」「いなほ」になったが、北海道〜本州連絡便という役割が守られていることに喜びを感じます。

新幹線が開通したら、この状況も変わってしまうのでしょう。新青森の新幹線駅はかなり完成していました。ため息が漏れます。

Imgp0105

特急に乗れない一万円きっぷの宿命。私は今回、行き先を迷った。どういう行程で回ろうか悩んでいた。青森からは普通列車で奥羽本線というのは決まっている。
乗るのは6:12発、弘前行き。701系8両編成が青森駅に入ってくる。すげー、長い。こんな長い701系はまず見られない。が、実際に運用されるのは、先頭の5両のみ。それでも長いんだけどね。

座席を確保したら、またさきほど到着したホームに戻る。なぜか。

Imgp0107

青森駅ホームの駅蕎麦「八甲田」にて三色蕎麦を食う。毎度の朝ご飯だ。
これで370円。きつね、たぬき、玉子の黄金トリオ。実は、むかーしはマズかった駅蕎麦、今は味も非常によくなった。実は盛岡の製麺所の蕎麦を使っているのである。

Imgp0116

青森駅に貼ってあったポスター。あのさ、新幹線もローカル線なんすか?トーホグでは。


Imgp0121

弘前で列車を乗り換え。大館行きに乗る。ちょっと前までは気動車だったけど、今はやっぱり701系なので省略。
大館で迷った。鶏めし特上は仕入れた。うん。
その後である。このまま秋田まで行けば、乗り換えて山形の酒田までは行ける。タイムリミットはそこまで。酒田に一時間ほど居て、青森にまた引き返す。
それは、さずがに旅としては面白みがナイ。

大館行きの701系は、その後秋田行き快速としてそのまま運用されるので、鶏めしを仕入れて戻ったけど、やはり私は降りることに。

盛岡行き花輪線8:40発1928レに乗ることにして、私は大滝温泉で降りることに決めた。
大滝温泉は大館市内にある温泉街だけども、すでに旅館も少なくひっそりとしたところ。
8:57大滝温泉に到着。

Imgp0126

もちろん、ラララ無人駅<古っ
やっぱり旅は旨いもの、温泉がセットじゃナイと。

Imgp0130

温泉街、と呼べるほどの活気もなく、どこへ行けばいいのか迷ったので商店に入って聞いてみました。缶コーヒーで一服しつつ...
「んー、旅館はなあ、どこも変わりはないけどねえ...それならば地元の人が行く日帰りの施設がいいんじゃない?」おじさんに教えて頂いた。
「おれよ、北海道、函館好きでこないだも行ったんだよ。いいよねえ、函館」
本当?嬉しいなあ。北東北の人ってあんまり北海道へ行かないって聞いたから嬉しかった。おじさん、また来てよ!!って一枚撮らせて頂きました。満面の笑み。ありがとう!

Imgp0132

大滝温泉「湯夢湯夢(とむとむ)の湯」入浴料250円の安さ。普通、地元民向けの温泉施設はそんな値段ですよね。北海道は高いです。小さな温泉ですけど、何と源泉70度!(熱湯やん)無色透明でさっぱりしたお湯。熱めだけど、入るとすっごく気持ちがいい。


Imgp0139

大滝温泉駅に戻ったら、ちょっと時間があるので早めのお昼ご飯。何も説明は要りませんね。大館名物「特上鶏めし」ってなもんさ。ああ、これさえあればいいのだ。
これを食う為にだけで来る理由はあるぞ。


Imgp0146

11:23大滝温泉発 快速「八幡平」に乗って13:30に盛岡に着く。駅前には岩手県交通の旧塗装が!盛岡駅でこれを見られるなんて滅多にナイ。あわてて撮影。

なんだか盛岡に来るって、あたりまえの日常みたいでおかしい。
でも今年は「さんさ踊り」見られなかったことが悔しいけどね。

Imgp0154

盛岡といえば...食道園。はい、これも説明不要の冷麺だ。
今日も込んでいたけど、お一人様は比較的優先されます。焼き肉も食べないし。


Imgp0164

15:10発IGRいわて銀河鉄道に乗って一戸町小鳥谷へ。

hirosさんも撮られた場所ですね。ここは初めてなのです。滞在一時間余、17:14の列車で移動。


Imgp0199

金田一温泉。でも、あまり駅前は匂わず。ちょっとロケハンして20分後の列車でここを離れる。

Imgp0209

18:10 青森県三戸郡南部町「剣吉」 に到着。もう、日没サスペンデッドですな(笑)。
ここで、ちょっとだけロケハン。18:44発の列車で八戸へ向かう。もう、旅も最後ですね。


Imgp0233

青森行き19:38列車に乗ります。ああ、ほんっとに701系ばっかです。
八戸駅で駅弁を買う。が、お目当ての菊寿司が売り切れ。焼鯖寿司にする。

Imgp0235

21:10青森着。走って4番ホームへ向かうも、まだ余裕でした。あー、よかった。
相変わらず、この期間は若い人が多いです。列車で旅をする若者っていいよな。
中学生らしき集団もいたけど、関東方面からやってきたようだ。鉄好きみたいで、なんだか微笑ましいが、あんまり騒ぐなよ、と。

Imgp0253

これが焼鯖寿司、590円と比較的安価でありつつ旨い。さすが青森県。
はまなす車内で最後のお食事を。込み具合も、となりに人が来なかったほど、そこそこでよかった。

日帰りみたいなものですが、朝から夜まで楽しめる北東北一周。
青森、秋田、岩手の旨いものを食い、ローカル列車を堪能、温泉にも入り、町撮りも。
どう?やればできるでしょ。普段私が数日間かけてやる旅を一日余でやってみました。
時間が限られているけど、そんなに追い立てられている感じもナイです。

こんな旅、誰だってできるのだ。やらずにいられなくなったでしょ?(爆)

一万円きっぷはまだまだ発売中。9月の連休まで使えるからやってみよう!





 

|

« 今日は温泉なのだ | トップページ | お暇を頂きますw »

コメント

騙された。。大滝!なんで北湯沢じゃないか、今わかった。。

>お仲間のブログでは知床や関西、美瑛方面とか華やかで羨ましい。
 知床・関西はともかく、美瑛は車中泊&コンビニおにぎりなんですけど。。
 「特上鶏めし」「食道園」「焼鯖寿司」の方がよっぽど華やかでしょ!!

で、キロ当たりおいくらでした?

(待ってろ9月の5連休!)

投稿: hiros | 2009年8月17日 (月) 22:17

>hirosさん
こんばんは。まあ、華やかでもねぇ、一泊もせずに約33時間半の旅。
キロ当たりですか?えーと、全行程1129.5kmで、かかったきっぷ代が5000円。
なので、一キロ4.43円ですわ(爆)。

投稿: ariari | 2009年8月18日 (火) 00:49

先日、夏休み中の息子to-y君の為に冷麺を作ってみた。

具材がなーんも無かったので、冷蔵庫にあったスイカをがっぱど(超いっぱい)載せた。

冷麺初体験のto-y君、『わやめ!(凄ぇウマイ!)』

辛さと甘さの具合が絶妙だったのだが、息子と一致した意見は『盛岡さ(に)行きてぇ〜』だった。

だから俺は言った。『aさ(に)連れていって貰うべ』

a、来月辺り頼んだぞ(笑)。

投稿: hurryblood | 2009年8月18日 (火) 01:01

9月の連休、沖縄行きの飛行機取り損ねました。
そうか、列車だ。列車ですね。
今度こそ列車で旅をしてみようと今決意しました。
それにしてもみんな美味しそう!
思わず冷蔵庫から「ひら天」を出してかじってしまいました。。。(こんな時間に)
でも最も私が心ひかれたのは…「通過でよいか!」の文字でありました。

投稿: mamako | 2009年8月18日 (火) 01:02

>hurryさん
こんばんは。もうこったら時間だ。(仕事していだんだ)
冷麺にスイカ?ダメだべ。認めないんずや。
食道園の冷麺にはスイカはないんずや。なして?辛くねもの。
もちろん辛くすっことも可能だばって、あめぇのが必要なことはないんずや。
しかも、スープが酸っぱくないんずや。
確実に旨いんずや。ここが冷麺発祥だもの。
来月?じぇんこないもの(爆)。

>mamakoさん
こんばんは。沖縄かあ。いいな、一度も行ったこと無いし。
鉄道の旅はいいよ。東北へ「みちのくフリーきっぷ」で行きましょう。
急行はまなすも指定席(5、6号車を早めに予約)ならシートが快適。
ほぼフラットになるシートでゴージャス。
あー、オラも腹減ったでや〜

投稿: ariari | 2009年8月18日 (火) 02:43

いや~、と~っても行きたくなりました、北東北。
銭はねぇども、ご一緒させていただきたいものです。

特技は「どこでも寝られること」と「おやすみ3秒」ってことですから(笑
寝る食うの心配はいりません。
ただ、嫁の許しが出るかどうかが鍵ですが…

投稿: ジョニー | 2009年8月18日 (火) 17:01

兄さん、兄さん、今度は丘珠から直接東北に行くってツアーがありまっせ!(笑)

投稿: ダフ屋(笑) | 2009年8月18日 (火) 18:53

>ジョニーさん
こんばんは。いいですよ、たまには東北も。一万円きっぷなら岩見沢からも、そのままの金額です(笑)。
問題は奥様ですか。まあ、たまには懇願してみましょうか。いつでも、お付き合いしますよ。
ただ、私と一緒だと過酷ですよ(笑)。かなり歩きます。

>ダフ屋(笑)さん
こんばんは。今度はそっちですもんね。いやー、マジ行きたいけど資金不足。

投稿: ariari | 2009年8月18日 (火) 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/45954345

この記事へのトラックバック一覧です: 男なら弾丸ツアーよ。:

« 今日は温泉なのだ | トップページ | お暇を頂きますw »