« おとなの夏休み(と、お知らせ) | トップページ | 中判沼、一名様ドボンなのだ。 »

2009年8月26日 (水)

由利高原鉄道に乗るのだ。

8/20早朝に青森に降り立った私は、すぐさま「特急いなほ8号」に乗って羽後本荘へ向かいました。たぶん「いなほ」に乗って秋田以南に向かったのは初めてですね。いつもは秋田までとか、大館で降りちゃうから。今回ここで降りたのは「由利高原鉄道」に乗るため。

北東北で私鉄として走っている列車の中でも、非常にローカル風情が強く一度は乗りたい鉄道だったのですが、クルマで矢島町に行くことばかりで...やっと念願適いました。
先日の弾丸ツアーでも企画したんですが、本当にここを往復するとすぐに青森に戻ることになるので、今回まで持ち越しにしておりました。

羽後本荘は旧本荘市にある駅。今は由利町、矢島町などと合併し「由利本荘市」になりました。
由利高原鉄道はその三つの市町を走ってたのですが、沿線全部由利本荘市となったわけです。

つまりこの鉄道は全線同一市内を走ることになってしまいました。
しかし、由利本荘市って合併で非常に大きな面積を持つため(秋田県の1/10を占める!)本当に同一市内って感じがしません。

Imgp0287ugo JR羽後本荘駅と由利高原鉄道は同じ駅舎を利用しています。というのも、元々国鉄矢島線だったわけですから、当然ですね。

実はすぐに乗り換えたのではなく、一時間ほど時間があって町を撮り歩きました。
市内はかなりリニューアルされて電柱も埋められていましたね。ああ、ここもか、という感じ。でもちょっと裏通りを歩けば色々匂う場所も。犬のように(笑)嗅覚を頼りにウロウロしたけど、あまり時間もないので適度に切り上げました。



町の人の雰囲気も暖かいです。やっぱり秋田もいいなあ。

Imgp0294

はい、出発時間が近づいたので乗りますか。ホームで待っていてくれたのは「釣りキチ三平号」でした。映画化記念の列車だそうです。カラフルでなかなか。せっかく乗りにきたので、こういう列車だとテンション上がります。

Imgp0295

きっぷは記念の往復きっぷで。硬券ですよね、やっぱり。手に持つ袋が邪魔だw

Imgp0296

車内には映画で使用したのだろうか、いろいろ小物も。しかも、漫画まで置いてあって自由に読めるようになっていました。いいねー、こういうのも。

Imgp0297

映画のスチル写真や、サインも飾ってあります。ちなみに、このスペースはトイレですけど。

Imgp0300

この列車にはアテンダントさんが乗務していました。車掌さんとは、また違うのです。
元々ワンマン運転なので、彼女はお客様と世間話やお世話をしていました。細やかな気遣い、とても、それが暖かくてちょっとホロっときちゃいます。

Imgp0301

車内は地元の方、観光の方、いろいろですがお客さんと話し込むアテンダントさんの姿が、なんとも暖かい鉄道です。

Imgp0308

車窓には田園風景が。のんびり、ゆったり最高です。
今年の稲はどうだろうか、つい気になります。青森や岩手の一部はちょっと生育状況が心配なところもありました。車窓からそんなことばかり気になるのも米が好きだから(笑)。

Imgp0314

列車は矢島駅に到着。アテンダントさんがお客様に声をかける。

実は、彼女に車内で声をかけられました。まだお若いのに、とてもしっかりしている様子。まだ分からないことも多くて...と仰っていましたが、凄く笑顔が素敵で心からこの鉄道が好き、誇りを持って仕事にいそしんでいることが嬉しくなります。

「大学時代、北海道にいたんですよ」と話していました。

実際にアテンダントさんが乗務している列車は一往復だけですが、機会があればぜひ皆さんにも乗務頂きたいですね。それにしても惜しいのが薬師堂駅、取り壊しになっちゃった。現役時代に写真を撮りたかったなあ。ぜひ、往年の姿はホームページで確認ください。

また、アテンダントさん、三名のブログもありますよ。ぜひご覧下さい。

Imgp0320

矢島駅。ここも、数年前に来たときより立派になっていました。
昔の駅舎は隣に残っていますが。

矢島は色々想い出深い場所でもあります。時間があれば、町を撮りたかったのですが、すぐに折り返しの列車で帰らねば、いつもの宿に泊まれないのです。

この日、訪れたのはここだけ。やはり朝一番で青森を出ても、羽後本荘経由だと、なかなか花巻の宿にたどり着くのは大変。それは奥羽本線の列車数が非常に少なく、特に特急が少ないのが影響しています。結局、羽後本荘から普通列車で秋田まで戻って新幹線で盛岡に向かうことになりました。実際、羽後本荘から秋田までの移動時間がかかるので他の町に立ち寄れませんでした。

大人の修学旅行、ここの鉄道で矢島の町撮影ってのも、ありかな。

|

« おとなの夏休み(と、お知らせ) | トップページ | 中判沼、一名様ドボンなのだ。 »

コメント

ありです。ユリッペに会いたいので。

投稿: hiros | 2009年8月27日 (木) 07:03

>hirosさん
こんばんは。あり、ですか。そうですか(笑)。
でも、ユリッペってのは知らないけど。

投稿: ariari | 2009年8月27日 (木) 23:02

>ユリッペってのは知らないけど
 三平の幼馴染です。

投稿: hiros | 2009年8月28日 (金) 06:05

このアテンダントさん、ユリッペみてぇだ(笑)

投稿: 本部長 | 2009年8月28日 (金) 21:55

>hirosさん
こんばんはー。え。幼なじみ、恋には発展しないのだろうか。
実は原作知らないの。

>本部長さん
こんばんは。さすが、ご存知なのね〜〜(笑)
みんな詳しいなあ。

投稿: ariari | 2009年8月28日 (金) 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/46039757

この記事へのトラックバック一覧です: 由利高原鉄道に乗るのだ。:

« おとなの夏休み(と、お知らせ) | トップページ | 中判沼、一名様ドボンなのだ。 »