« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

今日もちょっとだけよ。

Imgp1041

昨日も素晴らしい夕暮れだったけど、場所が選べずそれでも撮った。ちゃんと抜群の場所で撮った人とか、自宅へ帰る道すがらが海だった人とか、夕食の支度を放り投げて家を飛び出した人とか。写真をやっている人だけじゃなく、誰だって眺めていたくなるそんな夕暮れ。

昨日も仕事、今日も講座で撮影はできなかったけど、仕事現場でちょっと撮影。講座では昨日の夕焼けを持ってきた生徒さんが多かった。やはりね、そうだよね。

家から、あるいはバスを待つ間に、とか...気になったら撮るんだという姿勢が大事。一期一会だもん、後悔するならどこでもいい、撮るしかないでしょ。

民主党の圧勝で日本が変わるかどうかはわからんが、少なくとも少しは変わるかもしれない。盛岡で出会った青年が憂いていたこと、少しはよくなるかな。
夕焼け空を見てキレイだと感じることができるような毎日を。明日に希望を感じることができる日々を。生きている、それだけで人生は素晴らしい。

Imgp1043

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2009年8月30日 (日)

K-7 一ヶ月使ってみて...

先月末、突然我が家にやってきたK-7ですけど、ちょうど一ヶ月が経ちました。いやー、ガンガン使ってますよ。マジ、もう凄い勢いで。

まず「なんでK-7」逝っちゃったか。実は、Nikon D300の後継機が出れば仕事に使うカメラとして考えていたのです。ところが、聞く噂でD300後継機はマイナーチェンジだということが判明したので「まあ、画素数はこれ以上要らないし、仕事でさらに必要ならD300の中古でいいや」ってな具合に。なにせ、D300は中古でもまだ12万円ほどするわけですから。

幸い、仕事はD700で行けるし、借りているS5も(やっぱり仕事には最高なのだ)あるんで、オリンパスのE-P1ってな選択も頭をよぎったんですけどね...まあ、これは第二弾でも出れば。E-P1はちょっと予想よりボディが大きいのでコンパクトデジタルカメラの代わりに使おうと云う気にならなかったんで、じゃあ...K-7か。

Dscf9317k_7

K-7のいいところから云うと...
まず「小さくて高級感がある」ってこと。マグネシウムボディは質感もいいし昔ながらのカメラらしいデザインも好みです。飽きがこないかな。

次に「画質」ですけど。これはK200Dを使って満足していることから、期待通りだと云えますね。「雅」モードの色合いが最高にツボなので発色に関しては大満足。
D700に比べても、色だけ云えばコクがあってフィルムに近くなった印象がありますね。1400万画素という画素数は、正直言えば不要かなあ、と思います。ただ世間の評価ではK20Dより解像度が低くアカンという批判も多いですね。

でも、画質というのは解像度だけではないのですよ。確かに解像度は見た目、やや低いようにも思えますが諧調が豊かになって、プリントとして見て欲しいのです。ネイチャー好きペンタ党にとっては満足度が高いものになっているでしょう。

この画質も、玄人好みと云いますかノーマルのままでは物足りないけど、いかようにもできる懐の広さを感じます。RAWを使わない私にとってJPEGで好みの絵を作るのが私流ですけど、それに応えてくれるなあというのがK-7でしょう。そのかわり、好みの設定になるまではかなり使い込む必要もあります。

一方、これはちょっとなあ...ってのは「ノイズ」の乗り方。相変わらずペンタックスは高感度に弱い印象があります。ISO800で目立ち始めるノイズ、まあ、汚い印象はないけどD700と比べちゃいけないか。ただ、ノイズリダクションで解像度が落ちるよりは、ある程度絵として完成させる為のノイズと解釈したいです。

あ、あとPENTAXの弱点であった「AF」ですが、速さは確実に上がっています。精度も十分じゃないですかね。ただ、やはり動態は苦手かもしれないけどこれはNikonと比べるとです。K200Dと比べれば確実によかったです。SDM(超音波モーター)のレンズと組み合わせると、非常に「スーッ、ピタ」と決まるし、ピントの問題は大丈夫です。以前のレンズですととにかくモーターのトルクが強いなあと感じます。FA Limited 31mmなんかヘリコイド壊れるんじゃないかってほどギュンギュン回ります。

Imgp1007_k7

カスタムカラー「雅」ISO800 DA17-70/4 SDM

因みにバッテリーはかなり持つ印象です。今回2度の東北遠征で予備のバッテリーを使うことはありませんでした。これにはちょっとびっくりでしたね。

単純に画質だけで云えばD700の方が圧倒的に「キレイ」に感じるかもしれないけど、しいて云えばD700は中判645フィルムみたいな抜けを感じます。K-7は35mmのフィルムに近いかも。なので、町を撮影するならK-7の方がなんとなく、ですけど向いているように思えます。
D700は旧いレンズなどを付けて楽しむのもいいのですが、K-7もFA Limitedをつけてじっくり撮るというスタイルが似合うかな。

とにかくK-7というカメラはじっくりつき合うデジタルカメラであると云えます。そしてペンタックスの置かれた現状と云いますか、HOYAに吸収されてからは、リストラが進んで67なども生産中止になりますよね。今後はHOYAがペンタックスをいつ手放すか、です。そう遠くないような気がします。HOYAが欲しかったのはペンタックスの医療分野ですもんね。この件は、ちょっと裏で色々聞いていますがここでは云えないので、まあ、今度ね(爆)。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2009年8月28日 (金)

中判沼、一名様ドボンなのだ。

つい先日、某KカメラでマミヤM645 Superを査定中の現場に遭遇。店長に「安かったら教えてね♪」と言い残して店をたち去ったんだけど、連絡が来てびっくり価格におののく。

丁度、645を欲していた、いつもお世話になっている北旺写真の社長さんに「この値段でどう?」とけしかけたら、すぐにお買い上げと相成りました。ボディ、フィルムバッグ、標準レンズにAEプリズムファインダーのセットで一万円に全然満たないびっくり沼。

今日、現像を出しに行ったついでに件のカメラを見せて頂いた。すると、レンズ絞りが動作していないことが発覚。まあ、ジャンクみたいなものですからねえ。おまけに、ヘリコイドがもう完全グリス切れでスッカスカ。しかし、645のレンズなら4000円でヤフオクにもあるというので「ダメもとでばらしてみましょう」と、その場で私、レンズ分解に。

あー、なるほど。絞り固着してますね。はいはい、と、固着部分のパーツを清掃し、ちょよいとグリスアップ。あー、動いた動いた。

でも、ボディに装着して連動させるとやっぱり動かない。えーい、もう一度マウント外しちゃえ。何度かやって、やっと原因がわかった。絞りを動作させるカムの一部がダメ。そこを強制洗浄、してもう一度。「やったね!動きましたあ!!」。ついでにヘリコイドにグリスを入れて、完璧に修理完了っと。

社長もすっかりご満悦でカメラを触ってニヤニヤ。「いやー、格好いい!これ、眺めて飯が食える」とお気に入り。
そう、このデジタル時代、フィルムカメラは安価に中古で転がっていますが、なんたって中判カメラの下落ぶりは目を覆うばかり。今こそ中判カメラでしみじみ撮るってのがいいのではと私は提案したいのです。フィルム代も安い(そのかわり撮影枚数は少ないけど、問題なし)し、画質もいいし、なにせ撮っている実感があるです。

090815_03

HASSELBLAD 203FE + CarlZeiss Planar FE 2.8/80 T*+ Kodak PORTRA 400NC

先日の夕張で撮影した写真を今日、北旺さんで現像プリント。まだハッセルブラッドのテスト段階なので...とにかくひととおりフィルムを色々使ってその傾向をつかんでみます。今回はコダックのポートラNCを。フジカラーPRO400以上に軟調である。いいねえ〜これも。

やっぱり中判カメラは今が買い時ですよ、みなさん。

| | コメント (7)

2009年8月26日 (水)

由利高原鉄道に乗るのだ。

8/20早朝に青森に降り立った私は、すぐさま「特急いなほ8号」に乗って羽後本荘へ向かいました。たぶん「いなほ」に乗って秋田以南に向かったのは初めてですね。いつもは秋田までとか、大館で降りちゃうから。今回ここで降りたのは「由利高原鉄道」に乗るため。

北東北で私鉄として走っている列車の中でも、非常にローカル風情が強く一度は乗りたい鉄道だったのですが、クルマで矢島町に行くことばかりで...やっと念願適いました。
先日の弾丸ツアーでも企画したんですが、本当にここを往復するとすぐに青森に戻ることになるので、今回まで持ち越しにしておりました。

羽後本荘は旧本荘市にある駅。今は由利町、矢島町などと合併し「由利本荘市」になりました。
由利高原鉄道はその三つの市町を走ってたのですが、沿線全部由利本荘市となったわけです。

つまりこの鉄道は全線同一市内を走ることになってしまいました。
しかし、由利本荘市って合併で非常に大きな面積を持つため(秋田県の1/10を占める!)本当に同一市内って感じがしません。

Imgp0287ugo JR羽後本荘駅と由利高原鉄道は同じ駅舎を利用しています。というのも、元々国鉄矢島線だったわけですから、当然ですね。

実はすぐに乗り換えたのではなく、一時間ほど時間があって町を撮り歩きました。
市内はかなりリニューアルされて電柱も埋められていましたね。ああ、ここもか、という感じ。でもちょっと裏通りを歩けば色々匂う場所も。犬のように(笑)嗅覚を頼りにウロウロしたけど、あまり時間もないので適度に切り上げました。



町の人の雰囲気も暖かいです。やっぱり秋田もいいなあ。

Imgp0294

はい、出発時間が近づいたので乗りますか。ホームで待っていてくれたのは「釣りキチ三平号」でした。映画化記念の列車だそうです。カラフルでなかなか。せっかく乗りにきたので、こういう列車だとテンション上がります。

Imgp0295

きっぷは記念の往復きっぷで。硬券ですよね、やっぱり。手に持つ袋が邪魔だw

Imgp0296

車内には映画で使用したのだろうか、いろいろ小物も。しかも、漫画まで置いてあって自由に読めるようになっていました。いいねー、こういうのも。

Imgp0297

映画のスチル写真や、サインも飾ってあります。ちなみに、このスペースはトイレですけど。

Imgp0300

この列車にはアテンダントさんが乗務していました。車掌さんとは、また違うのです。
元々ワンマン運転なので、彼女はお客様と世間話やお世話をしていました。細やかな気遣い、とても、それが暖かくてちょっとホロっときちゃいます。

Imgp0301

車内は地元の方、観光の方、いろいろですがお客さんと話し込むアテンダントさんの姿が、なんとも暖かい鉄道です。

Imgp0308

車窓には田園風景が。のんびり、ゆったり最高です。
今年の稲はどうだろうか、つい気になります。青森や岩手の一部はちょっと生育状況が心配なところもありました。車窓からそんなことばかり気になるのも米が好きだから(笑)。

Imgp0314

列車は矢島駅に到着。アテンダントさんがお客様に声をかける。

実は、彼女に車内で声をかけられました。まだお若いのに、とてもしっかりしている様子。まだ分からないことも多くて...と仰っていましたが、凄く笑顔が素敵で心からこの鉄道が好き、誇りを持って仕事にいそしんでいることが嬉しくなります。

「大学時代、北海道にいたんですよ」と話していました。

実際にアテンダントさんが乗務している列車は一往復だけですが、機会があればぜひ皆さんにも乗務頂きたいですね。それにしても惜しいのが薬師堂駅、取り壊しになっちゃった。現役時代に写真を撮りたかったなあ。ぜひ、往年の姿はホームページで確認ください。

また、アテンダントさん、三名のブログもありますよ。ぜひご覧下さい。

Imgp0320

矢島駅。ここも、数年前に来たときより立派になっていました。
昔の駅舎は隣に残っていますが。

矢島は色々想い出深い場所でもあります。時間があれば、町を撮りたかったのですが、すぐに折り返しの列車で帰らねば、いつもの宿に泊まれないのです。

この日、訪れたのはここだけ。やはり朝一番で青森を出ても、羽後本荘経由だと、なかなか花巻の宿にたどり着くのは大変。それは奥羽本線の列車数が非常に少なく、特に特急が少ないのが影響しています。結局、羽後本荘から普通列車で秋田まで戻って新幹線で盛岡に向かうことになりました。実際、羽後本荘から秋田までの移動時間がかかるので他の町に立ち寄れませんでした。

大人の修学旅行、ここの鉄道で矢島の町撮影ってのも、ありかな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

おとなの夏休み(と、お知らせ)

Imgp0280hamana

8/19夜から出発したおとなの夏休み。元々計画的に大曲の花火大会だけを狙っていたものですが、今回仕事がうまく段取りがついて早めに出発できることに。
本来一万円きっぷで行くところを、今回はゴージャスに二万円きっぷ(笑)を使用。

昨年は一万円きっぷで、しっかり酒田も回っていました。というか、昨年、クルマで一回、あとは一万円きっぷで二回も8月に行っているんですよねえ。馬鹿だよねえ。

まあ、今回は少しでもゆっくりしたいと有効期間の長いみちのくフリーきっぷにしました。
今夜の「はまなす」は、7両編成と普通なのに機関車がなんと重連。有火回送という扱いなので重連と云っても間違いじゃないと思います。

今回の行程は
8/19 出発
8/20 青森〜羽後本荘〜矢島〜羽後本荘〜秋田〜新花巻〜いつもの宿
8/21 ひたすら宿でまったり+ ちょっとだけ町ブラ(旧東和町/土沢)
8/22 宿〜大曲(花火終了後、まきまき♪さんのクルマで移動)
8/23 石巻〜仙台〜福島〜仙台〜盛岡〜青森〜
8/24 早朝帰宅
まあ、実質4日間ですね、旅としては。でも、宿には二泊しかしてない(笑)。

明日からphoto:modeにて大曲花火大会、こっちでは旅のちょっとした出来事を書きます。
ただ、花火写真は期待しないで下さい。昨年の方がキレイに撮れていたかもです。

写真の撮影枚数も驚くほど少なかったですね。カメラも夏休み、だったかな。
そういう旅もいいのかも。だって、写真ばかりでは気も休まりません。

※さて、お知らせを。エキサイトブログで行っていた「2009花火写真コンテスト」に入賞しました。822件の中から選ばれた10人に入っちゃいました。
私の写真は壁紙として配信されています。よろしければ、ご覧下さいませ。

| | コメント (12)

2009年8月23日 (日)

さようなら盛岡

大人の夏休み、スケジュール終了しました。
昨夜の大曲花火大会については帰りしだい書きますが、相変わらず素晴らしい花火でした。なぜ、ここの花火大会が日本一と言われるのか、こればかりは見て頂きたいとしか言えません。
今日は仙台から、なぜか福島に移動したりして濃い1日を過ごしましたが、盛岡に一度戻って先ほど駅前で一服していました。そこで出会った若者と話をして楽しく過ごしたり。その話も帰りしだいね。
あとは帰るだけ。またはまなすにて明朝戻って、シャワー浴びたらすぐ仕事(笑)…寝不足だわ、色々あって(爆)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

寝てばかり

寝てばかり
昨日は朝、はまなすを降りて、特急いなほに乗り換え。新潟行きだから乗り過ごしたらヤバイ。なにせ、はまなすでは一睡もできずに青森に。仕方がないのです。不眠症だから夜行列車で寝るにはタイミング逃すとダメだね。
羽後本荘でいなほを降りて、由利高原鉄道往復しました。第三セクターの存続が危うい鉄道ですが、本当に素晴らしい鉄道でした。暖かい地域の大切な足です。
その後秋田まで戻って、新幹線こまちに乗ってまっすぐ宿に。
今日は朝風呂したあと昼まで寝たよ。少しだけ土沢の町を散歩して宿に戻ってダラダラしてます。
明日は大曲、楽しんできます。しかし、高校野球、花巻東は大したものです。花巻市は盛り上がっています。数年前の駒大苫小牧を思わせるね。ナイスゲームでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

まだ間に合いますよ、大曲花火大会!

えー、そんな行けないよ〜と仰る方、大丈夫。
私だって会社員時代にはちょっと無理をしたけど、そんなことさえ忘れられるほどの素晴らしさ。わずか一万円を捻出してさ、行こうよ、大曲。

金曜日21日、早めに帰宅して22:00発の「急行はまなす」に乗車。
翌朝22日、青森に5:39着。んで6:12発弘前行き普通列車に乗って、弘前に6:53着。
向かいに停車している6:59発大館行き普通列車に乗り、大館7:40着。荷物は置いたまま大館駅では鶏めしを買おう!(笑)荷物を置いたまま、というのは大館発8:06発秋田行き快速にそのまま列車が運用されるので、大丈夫。アナウンスもありますので、そのままご乗車下さい、と言われます。

秋田へは9:45に到着だ。その後、秋田からは大曲へ10:24発の普通列車(新庄行き、なので乗り過ごすとやばいよ)に乗れば、大曲へは最速11:14に到着です。

秋田〜大曲間は普通列車の臨時便がけっこう出ているので困りません。帰りの時刻はこちら

どう?簡単でしょ。
帰りは臨時の列車で盛岡まで行って、盛岡市内のカプセルホテルなどへ宿泊。23日は町でも撮りつつ帰途につけば、青森発22:42「はまなす」に乗っちゃて札幌には月曜の朝、6:07に着く。シャワー一発浴びてご出勤♪

現地には私もいますんで、ぜひお越し下さい。なんとかなりますよ、本当に見て欲しい。

尚、急行はまなすの自由席は3号車と7号車だけど、もしかして変更になることもあるから、ホームや駅で確認を。できれば一時間半前に並ぶのがベストかと。(お盆を過ぎているけど本州はまだ夏休みなので、学生さんも多い)

| | コメント (7)

2009年8月18日 (火)

お暇を頂きますw

はい、大曲の花火大会に行ってきます。
なんとか仕事をやりくりして明日の夜、また「はまなす」で向かいます。
花火大会は土曜日ですが、さすがに鉛切れしちゃったんで、二泊ほど先に。

昨日、帰ってきてまた明日。でも、こんな感じで東北へ向かうのはいつものこと。
今年は色々仕事もあって長期の休みが取れません。

Imgp0127

急遽向かった弾丸ツアーは、今まで立ち寄ったことのない場所を優先。
大滝温泉は、ホントに「え?ここ温泉街?」っていうくらい何も無い。

たぶん、無人駅で、商店もほとんどない温泉街は滅多にナイでしょ。

まだまだ知らない日本があるのよ。
今年は新潟にも再訪問したいし、石川〜富山などの裏日本も回りたい。
でも、残念ながらちょっと難しいな。

さて、大曲の花火大会ですが...天気予報がねえ。なんだか怪しいです。_| ̄|○
昨年雨でしたから、もう、雨だって平気ですけどね。どーでもいい(笑)

そりゃあ、晴れることを願いますよ。でも、こればっかりは致し方なく。
そういえば昨年コメント頂いた「桟敷席なんとかなりますよ」という話...
ありゃあどうなってしもうた?(笑)

ま、いいか。今年もヌレヌレピカピカ、ドッカーン!でしょう。
てなわけで、更新来週までできませんので、本当にすみません。
photo:modeは仕入れてあります...(^^;

Imgp0136

うわー、何じゃ、おまいら顔真っ黒やん。
「だってぇ...都会に行かないとainosatoさんに写してもらえないから、何度も脱走したんだけど、そのたび田んぼに落ちちゃうんです〜(泣)」
だから縛られているのね。

Imgp0160

Asahi「なあ、ガチャピン...なんでアイツ顔、青なってんねん?」
Coke「ビールの空き缶ばっかで、二日酔いちゃいます?...あ、ガチャピンちゃいまんねん...」

あとは本家でお楽しみ下さい(爆)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

男なら弾丸ツアーよ。

今日からお仕事の皆さん、お疲れさまです。そういう私もお仕事再開です。
夏休み、というのが事実上存在しない自由業、当然ボーナスもありません(爆)。

このお盆休みや夏休みにあちこちお出かけになった方も多いようで、お仲間のブログでは知床や関西、美瑛方面とか華やかで羨ましい。

んじゃ、何かやらかしますか。
「いやー、休みがなかなかなくて」という言い訳不要の男達へ送る実験的(はたまた、売れない芸人の罰ゲームともいう)旅のご紹介だ。

8/15(土)私は夕張で森山大道氏の写真展を見て家に戻るとダフ屋が現れた。
「兄さん、兄さん、いいチケットありまっせ...」

なになに、おっ、これは「泣く子も黙る北海道&東日本パス(通称一万円きっぷ)」ではないか。ん、8/17までが使用期限かい。あと今日を含めて三日使える。
ダフ屋さんはお仲間のいんぷさん。彼は8/13の急行はまなすで青森へ渡り、その後大間〜函館のフェリー、函館からは昼間の鈍行を乗り継いで札幌に帰着。およそ25時間あまりの旅をしたのだそうだが、もう使わないという。もったいない。んじゃ、残り半額で買う。

支度もそこそこ、カメラ担いで私は苗穂駅へ向かう。

Imgp0082

8/15 22:00発車 急行はまなす 自由席10号車の人になる。
お盆のため満席になった12両編成の夜汽車は旅人でいっぱい。もう日本中を探しても座席客車の急行はこれが最後の砦。

10号車を選択したのは、発電用エンジンのない静かな自由席だから。これは逆に通常期ではあり得ないのです。自由席には、かならずエンジン付きのスハフが充当されるから。

ま、そんなことはどうでもいいやね。
枚数が多いから↓よろしくです。

続きを読む "男なら弾丸ツアーよ。"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

今日は温泉なのだ

今日は温泉なのだ
昨日は夕張、今日は日帰り温泉に来ました。晴天の下、最高に気持ちよい露天風呂。明日からの仕事頑張って行きましょ!

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

森山大道氏写真展、夕張会場を見に行ってきました。

Imgp0039

やっと行きました。なにせ今月23日までですよ、みなさん。
しかも、22日はご本人のトークイベントあります!!私は大曲花火大会にぶつかってしまい、残念ながら行けませんので、ぜひ行かれるといいと思います。

夕張会場はおよそ80点の作品が一堂に。しかも、私の好きな写真が多くて見応えがありました。今日はお盆なのでか、ちょっと人が少なかったですが。

さて、明日は私テレビに出ますよ(笑)。
もっとも、自分は見られないという悲しいところ。どうせ、家にはいないからいいや。

さ、とんずらするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欲のかたまりなのだ。

Imgp0037「写真を撮りたいという欲がなくなったら怖い」...最近、特にそう感じます。
やはり、なんで写真を撮っているかというと記憶とか、記録とか理由はあるのだけど、やはりブログやっている人の大半は「上手くなりたい」という理由もあるのではないかと思うのです。写真は人に見せないと絶対に上達しないのですから。

まあ、本当は「上手い、下手」ってのはないと思うのだけれども、どれだけ写真と向き合うか=被写体と向き合うか、ということです。

つまり、やっぱり人は常に上を目指す欲があってナンボでありますよ。
やってるからには褒められたいとか、注目されたいってのはあるでしょう。

私なんかですよ。講師なんかなまじやっているおかげでさ下手な写真見せられないもの。
だから撮り続けているのだけど、お見せできているのはほんの一部ですもん。ただ、こっちのブログは半分お遊びなのだけれどphoto:modeに関していえば、かなりマジメにやってます、はい。あっちがA面にしたいくらいだ。
その割にはアクセス数が驚くほどこっちと違います。ほぼ1/4ですね、photo:modeは。ネタに困ってしまう昨今ですが蔵出しで逃げている私を許して下さい。

でと。欲といえば、私の収集癖だよね。画像をクリックしちゃうとわかるんだけども、これはトミーテックの「サボコレクション」です。サボってのは、列車の行き先表示板。最近の列車は電動の方向幕とか、電光掲示とかになっているので、滅多に使われるケースはありませんよね。北海道はまだ気動車(あいの里方面へ行くヤツとか)では現役です。

サボの本物はなかなか入手が難しいので、1/10の大きさ、しかもちゃんと金属製で塗装仕上げされたこのサボコレクションは、なかなか集めると楽しいです。
今回は、サボ置き場という台が発売になったのですよ。駅のホーム、係員の詰め所あたりに昔はあったものですね。いやー、ホントこういう芸の細かさはトミーテックならではです。大人をあんまり刺激しないで下さい。もう、棺桶に入らないものは買っちゃだめだよね。

サボ、といえば先月の「フィルム一本勝負写真展」でも密かにお飾りとして壁面にあった「小樽行」のサボ、データ欲しいという声もありまして、配布しますのでお好きにお使い下さい。
ただし、実物とは都合により縦横比が違います。ただ、できるだけフォントなどの配置、雰囲気は似せています。ええ、実物は我が家にありますんで(爆)。

Sabo_otaru

クリックして大きくなったら、あとは保存するなり煮るなり焼くなり自由にお使い下さい。
(いないとは思うけど、自分のサイト、ブログなどに使う場合コメント入れといてね)

カメラも、自分が欲しいものは揃っちゃったし、レンズも一番探していた中古が入手できちゃったんで、とりあえず沼からは一度這い上がりました(爆)。
残りのお盆、どうやって暇をつぶそう...

| | コメント (6)

2009年8月12日 (水)

おぼんです。

Dh000011_2

お盆ですね。
そんな中、静岡の地震や大雨で被災された方へは心よりお見舞い申し上げたいと思います。

昨年はトーホグへ遊びに行ったんだった。

今年はお金もないし、時間もないのでダラダラする予定。市内は空いているでしょうし。

いや、ホント東京の方は大変ですね。帰省も渋滞が相当激しそうです。
ね、これで高速道路が無料になったらどうします?
民主党が掲げる高速道路の無料化に、私は反対です。運送会社、高速バス、そういう所はコストも安くなるだろうが渋滞でそれどころじゃないのではないかな。それに、国を挙げてモーダルシフトを推進していたのに、これでは貨物鉄道や海運は大打撃。フェリーも、すでにいくつもの会社が解散するハメになっているのです。高速バスがさらに安価になれば、鉄道もあぶない。事実、夜行列車の廃止は、高速バスが原因の一つでもあります。
鉄路の縮小、廃止になれば、弱い立場の人たちへの影響が広まるのです。車社会だけではなく、公共交通の仕組みが崩れてしまいます。

当然、環境悪化も懸念されますよね。なので、何が何でも高速道路無料化ってね。そもそも、アメリカのハイウェイは無料だ、ってのがあるけど、国土が広くて海運に頼れない土地としては当然なのかも。国の環境が違えば事情も異なるので一概には言えないけどね。

閑話休題。

皆さん、お盆には家族が揃いますよね。ぜひ、ぜひともご家族の肖像を撮って下さい。
一年に一度くらい、きちんと、にこやかに、揃いの写真を、です。

きっと、かけがえのないモノになるはずです。
私はそれができないので(笑)、ぜひとものお願いです。写真の原点です。

さて。ダラダラ過ごすので、更新はたぶんしないかも。photo:modeネタもないのできっとお盆休みになるかと思います。タダでさえ日本で屈指のアクセスのない写真ブログ(爆)。

どうぞ、事故や怪我のない楽しいお盆をお過ごし下さい。

| | コメント (4)

2009年8月10日 (月)

あれ、疲れが、遅れて、くるよ。

Imgp0009

暑いです。部屋はこんな時刻(もうすぐ23時)なのに30度です。
外の方が涼しいなんて、どうしたもんですか。

先週のドタバタ忙しいのが少し落ち着きましたが、なんだかすることが色々です。

もう、水物ばかりで体調も悪くなりそう。いやだね、もう。
ゆっくり涼しい場所で休みたい今日この頃です。

おかげでネイチャーミュージアム北海道も好評のようです。
コラムはそうでもないようですが(爆)。

まあ、私には(今のところ)写真しかないので日々、写真漬けでやってます。

テレビを見ても(暑いせいか)いらつきます(爆)。
明治安田生命のCMで、江角マキコが喋る最初の言葉が「こどもちゃんは...」にしか聞こえないので不思議に思っていたら「この保険は...」だったんだとか。私と同じように感じている人は確かにいた。よかった(笑)。

あとね、日清カップヌードル、シーフードヌードルのCMの唄とか、耳に残って困ります。
このCMのポイントは木村拓哉じゃない。その右側にいる外人だ。妙に真剣に元気だが、目立つことを嫌い、地味にいい味かもしだす奴が確かにここにいる(笑)。

Seafood

そういえばSMAPのソフトバンクのCMもスゴいね。儲け過ぎ、SBもジャ●ーズも。
ロコモーションの音楽も、最近はデフォルトで私の頭の中にぐーるぐる。
かもん、べびっ!つーざ、ろこもーしょんんん!!

さあ、お盆休みはなんにもない。なぜか、仕事が一本。
とにかく、暑くてやだ。



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

ネイチャーミュージアム北海道スタート!

8月に入ってからドタバタな毎日でございました。
まあ、例のNHK収録から帰って、講座4つこなして(今日は旭川で講座でした)、やっと明日はフリーな一日です。そしてご報告がございます。

「ネイチャーミュージアム北海道」という新たなサイトが本日より仮オープンしました。
正式運用は10月1日からですが、一応コンテンツもほぼ完成しております。

北海道の観光情報は幾多も存在しますが、星空をテーマに新たな北海道の魅力をお伝えするポータルサイトとして今後も様々な情報を発信してゆく予定です。

その中に「北海道~ちょっと裏道旅」というコラムがありまして、ここを担当させていただくことになりました。えーっと、顔出しプロフもあるのでちょっと恥ずかしいところですが。
写真も文章もたいしたことのない(え?)コラムになってしまいそうで怖いです。みなさんの応援よろしくお願いしますね。(一回目なので、ちょっとお堅い文章になってますな)

この連載のお話を頂いて、さて撮影するぞ、と決めてから「連日雨、曇り」という悪条件の中、やっとわずか星の見える時間帯を見つけて特攻して撮影したものです。おかげで、毎日寝ないで夜空と格闘しとったわけです(爆)。

ふう。これで、今夜はぐっすり眠れそうです。

※話はちょっと逸れますが、こんな情報が。嘘くさいけど、出たら嬉しいね。
RICOHのKマウントレンズ交換式カメラだそうな。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

デジタルカメラのこれから。

やっと暑くなってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
私は、おかげさまで忙しいです。なので、今日はさらっと。

デジタルカメラの最近のトレンドって何でしょうか。
すでにコンパクトカメラは飽和状態で、いかにお洒落なデザインとかカラーバリエーションとか、そんな所みたいです。
画素数は1000万画素前後で落ち着いてきちゃったし、今後画期的なセンサー開発があれば、もう少し増えるだろうけどユーザーはあんまり必要としていないと思うんだけど、メーカーにしたらやっぱり2000万画素を狙っているのかね。

んで、コンパクトも最近はハイビジョン動画対応とか、高速連写とか、そーゆー方向に進んだり水際に強いモデルとか、選択肢が増えることはありがたいのかと。

一方でRICOH GR-D IIIも発売になりますが、画素数も抑え基本性能のみアップさせている方向ってのもマジメで「アリ」なのだろうな。HDRなどのダイナミックレンジを拡大させる方向もあるようだけど、カメラとして何が本当に必要なのか考えてみると「意外に真っ当な」モデルに仕上がっているみたいです。個人的には、欲しいとは思わないけど。

んで、びっくりしたのはニコンのプロジェクター内蔵デジタルカメラ。どこでも大画面で画像や動画を鑑賞できるというのは便利。その昔、コンパクトで電池駆動もできるプロジェクタはあった。まだ画像も荒いしランプ寿命も短かった。ビデオを撮ったら、旅先で見るという「旅ジョン」なる名前のプロジェクタが富士フイルムからも発売になったけど、全然売れなかった。
いいコンセプトだったんだけどねえ。

一眼レフも、すでにカメラとしては完成されたかなあ、と思います。あのNikon D300sでさえ、画素数を変更しなかったってんですからね。これが、一つの回答になったのかと。
動画は今後、一眼レフにも搭載されてくるんでしょうね。K-7にも付いていますけど、まあ、使うかどうかわかんないです。いずれ、またイッポンズのDVDなんか作る機会があれば(爆)利用価値もあるかと。

あとは、パソコンなしでも色々加工できるアートフィルターみたいなものが、搭載されてくるんでしょうね、きっと。遊べると云えば遊べるのだけど、なくても困らない。

例えば...

Imgp0006

なんてーことのない、こういう絵が...

Imgp0030

トイカメラ風にとか...

Imgp0003

水彩画風...

と、K-7でもこんなスケッチ風ができたり。

でも、こういうのをパソコンなしで出来るというのもアリと云えばアリなのだけど、今後、どんどんデジタルカメラってこういう感じになっちゃうんですかね。フィルム時代ならばフィルターワークなどでやるものをデジタルは何でも出来ちゃうってことで。

他にもっとやるべきこともあるはずなのですが、まあ、しょうがないですね(笑)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

熱中してんのか?

Imgp0002

NHKでの昼飯、いわゆる「ロケ弁」っての?まあ、ロケじゃないけど。

久しぶりに熱中時間のホームページを見てみた。
驚いた。

その。イラストに描かれたシャワーキャップを被って微笑む男。

俺か?....他にいないよな(爆)。

_| ̄|○

そもそも、だ。すっげー(変わっている)趣味を持つ人々を紹介している番組で、すでに6年目に入ったこの番組で紹介した「熱中人」はすでに400人を超えているそうだ。

そんな番組でもひと際異彩を放っていたらしい<オレ

おかげで3回も番組に出演させて頂いた。
札幌から出演する為に(めちゃ高いレート時期である)往復航空券、しかもタクシーでNHK。二泊分の宿泊費。(ビジネスホテルクラスだが、当然渋谷のNHK前だけあって安くない)、スタッフが打ち合わせに二回ほど来札した経費、諸々で果たして効果があるのだろうか。

もうお呼びはかかることはナイと思うけど、まあ、何かに打ち込んでおくってのは大事なことであると思う。まあ、こういう馬鹿なコレクションヤル人はいないと思うから。

思えばもう少しセンスよく話ができればよかったんだけど、とにかく出演者がよく喋る人ばかりだったのが敗因。写真やカメラのことなら熱く語れるが、シャワーキャップにそこまで熱く語れないもの(爆)。なので、そーとーカットされるはずだ。あるいは、全部カットされるかもしれない<マジ

やはりテレビに出演するなら写真に絡んだことで出たいよねえ。
それは、無理な話なのは分かっているのだけども。ああ、NHKのディレクターさんとかに売り込めば良かったかな。(そんな余裕は全然なかったんだけど)

まあ、それでも本番放映は楽しみだ。私はどうでもいいけど、他のスゴい人に注目。ネタバレするんで書かないけど、個人的には多いに共感を持てる人ばかりです。「熱中昭和館」というスペシャルなのでスタジオセットも見事としか云う他ナイの。一日限りなんてもったいないなあ、と思えるほど。いやはやお金かけています。

古き良き昭和をコレクションを通じて感じられるものばかり。(シャワーキャップを除くーー;)
問題は家で見られないってことだ。BS2なので、どこかに行かなくちゃならん。
またホテルか(爆)。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

しぶやって。

Imgp0071shib

私にとって東京のイメージは渋谷だ。
若い頃、東京に少し住んだとき、渋谷が接点だった。
会社員になっても渋谷が接点。

今でも渋谷に縁が深い。NHKも渋谷。

だから私の東京は渋谷、

でも、渋谷は好きじゃない。
嫌い、かもしれん。

汚いし、ガキが多く、しょーもない街だな、って思う。

でも、渋谷なんだ。
ここに来ないと東京に来た感じがしない。

他に行く場所あるだろうと思うのだが、どうしてか渋谷。
わかんねーなー。

いいかげん、縁を切りたいのだが。
たぶん、無理だろう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

夏のお嬢さん

収録やっと終了しました。長い一日でしたあ。石○浩二さんや榊原○恵さんからの突っ込みにも耐え(笑)なんとかなりました。どんだけ編集落ちするのでしょうかね。東京は雨。どこにいっても夜空がダメだ。

盛岡市はどうだろうか。さんさ踊りを見たい。昨日も機内から盛岡市を眺め、心は眼下に向かっていました。『サッコラチョイワヤッセー!』私の耳には掛け声と太鼓のリズムが聞こえます。インターネットのライブ中継を見たいがダメだ。パソコンもない。誰か変わって明日は見てください。明日の夜に帰宅しますが、星空が見えたら撮影直行。
おやすみなさい。

※画像は期間限定のため消去しますた。

|

2009年8月 1日 (土)

夏休み

夏休み
やたら子供が多いと思ったら夏休みか。降り立ったポケモンを背に記念撮影ばかりで賑わう空港ターミナル。しかし明暗差でうまく写らないみたいで親は大変だ…
腹が空いてきたが、佐藤水産のおにぎりを買い逃した。悔しい。まあしばらく我慢します。

今日から盛岡市ではさんさ踊りが始まるのに見られない。8月第一週に東北にいないなんて20年ぶりだからスゲーです(泣)。

さて二日間渋谷のテレビスタジオに監禁されてきます(爆)。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

富士フイルムフォトサロン存続についてのお願い。

すでに既報のとおり、来年3月で閉鎖を予定している「富士フイルムフォトサロン札幌」の存続を願う署名運動を盛り上げる為に、NPO法人北海道写真家ネットが立ち上がりました。

詳細はこちらへアクセス頂いて皆様のご協力をぜひともお願いしたいと思います。
今、写真業界が於かれている立場は本当に厳しい状況です。

正直言えば、今後デジタルカメラの販売さえも大幅に伸びるとは思えません。
実際、各メーカーとも世界的な景気後退に因る売り上げ減収を余儀なくされていることからも、市場の熟成が進むデジタルカメラだけに市場を預けている現状、写真が好きな方の「ソフト」を支えるギャラリーが減ってゆくのを黙って見過ごす訳には行きません。

家電メーカーだけにカメラを任せられない、というカメラ、写真メーカーを支える為にも私たちユーザーがきちんと声をあげて指示してゆくのも必要かと思います。

ニコンのAPS-Cサイズセンサー(DXフォーマット)のフラッグシップD300sが発売になりますが、画素数が1200万画素のまま、であることに「現状においてこの程度で十分」であることがうかがえます。

カメラ業界にとってもカメラの進化とは果たして画素数アップなのか?という問いがここで終わったかなと思います。よりよい写真を撮って楽しむこと、そして人へ見せること。見てもらうこと、感動を分かち合うこと。ネットの普及で簡単に「画像」は多くの方へ発表できる時代にはなりました。

しかし、「写真」と「画像」は違います。

プリントする文化を失わせてはなりません。いい写真はプリントして見せる、その場所を失うことも許されないことです。

どうか、みなさん一人一人の声、届けて下さい。

宜しくお願い致します。

|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »