« タダより高いものはナイ。 | トップページ | 日食といえば... »

2009年7月21日 (火)

HASSELBLADという選択。

Dscf9292HASSELBLADを手にしたのは私がまだ20歳の頃でした。営業スタジオ勤務時代、中判をどうしてもやりたくて行きつけのカメラ店に相談しました。店長のS氏(現ぴくちゃーBOX社長)に「ブロニカSQ」という当時発売になったばかりの6x6一眼レフの見積もりを取ったとき『それもいいけど、やっぱりハッセルだよ。並行もの(正規輸入品はとんでもなく高価だったため)で出物があるけど?』...
確かに値段を比較すれば、無理して買えないことはありません。悩んだ末、500C/MにPlanar 80付きのブラックボディが私の手元へ。あとでよく考えてみたらブロニカの見積もり定価じゃん(爆)。

HASSELBLADの魅力はやはりこの大きさで中判の一眼レフ、という所です。そしてレンズ。Carl Zeissの恐ろしいほどの立体感、コントラストには驚きました。スタジオにあるマミヤRB67と比べると、もう段違い。プリントを見たスタジオの社長、まずは『オマエみたいなガキが使うカメラじゃねえだろう!』と怒鳴り、その後、本社スタジオのカメラを全部HASSELBLADへ入れ替えましたとさ。

まあ、色々撮りました。壊したこともあったし。なにせ操作手順を間違えるとすぐにギアが噛んじゃったりして...とにかく人物撮影には最高だったし、何を撮ってもよく仕上がるカメラでしたね。

が、ちょっと色々人生にはあるもんです。ちょっとした借金を作ってしまいスタジオの先輩にお金を借りました。HASSELBLADを担保にね。12万円のお金が返せず結局先輩の元へ。
その後は私もスタジオを辞めたんでカメラの行方はわかりません。

あれから20数年が経ち、心に中には「いつか、再び」との想いが。

時代はデジタル、なので中判カメラは中古でも信じられないような価格になって、HASSELBLADさえもずいぶん安くなりました。なので買う気になれば、チャンスさえあればいつでも、という気持ちがありました。

しかしどうせ買うならフォーカルプレーンのHASSELBLADが欲しかった。憧れの2000FC/Mは当時中古でさえ買えないほどでしたし。まあ、レンズシャッターの方が故障が少なくて安心して使えるし、今後のこともあるので修理がしやすい5xx系のボディがいいのは云うまでもありません。しかし、です。King of 6x6のHASSELBLADは個人的に2xx系だという想いが。

この203FEも電子シャッター、しかもフォーカルプレーンで露出計も内蔵、さらに絞り優先のオートまで使えますので町を撮りたい私には欲しい機能であることは間違いなく。ただ、故障するとその時点でアウト宣告されます。しかし、さすがHASSELBLADなのは、5xx系用のレンズシャッター内蔵レンズを使えば、電池がなくてもレンズシャッターモデルである5xxと同様に永く使えるってのがミソ。将来、安く転がってくるだろうCFレンズを買って使えばいい、という安心感もあるってのが。そもそも、中判カメラの多くはペンタ67だって645だってマミヤだって電子シャッターですもんね。

1994年(だったかな)に発売された203FE、マガジン、レンズをセットにすれば100万円を超える価格であったものです。それがね、もうノクトン一本分で買えるってどゆことすか?w

ま、とにかく写真撮らなくちゃね。

|

« タダより高いものはナイ。 | トップページ | 日食といえば... »

コメント

hurrybloodr-markという選択。

とてつもない苦しみの後で、安らぎが訪れます(謎)。

投稿: hurryblood | 2009年7月21日 (火) 22:33

↑ 笑わせていただきました^^

いやぁ、ハッセルにもいろんな思い出があるのですね^^;
この世界も自分は封印してますので67IIで打ち止めさせていただきます(大汗)
写真、早くみたいなぁ~ ^^

投稿: 本部長@新橋 | 2009年7月22日 (水) 01:33

早く写真が見たい!!

投稿: ainosato | 2009年7月22日 (水) 06:10

>hurryさん
来ると思ったよ(笑)。hurrybloodとhasselblad。似て非なるもの。だが、共通点がない訳でもない。それは、壊れたらおしまいだ、ということ(爆)。

>本部長@新橋さん
おはようです。HASSELBLADにまつわる想い出、いっぱいあるんです、持っていた期間が短いのに、本当にたくさんの想い出を作らせて頂いたカメラです。
そういう自分の中で、限られた時間なのに「とてもいいとき」を一緒に過ごせたモノって特別な感じがします。
写真...まだ、テスト段階でして、ちょいと。色々ありまして(爆)。

>ainosatoさん
おはようございます。えー、もうしばらくお待ちを(笑)。

投稿: ariari | 2009年7月22日 (水) 07:10

 このカメラは自分で買う気はまったく売りありません。
しかし、ハッセルに関しては夢があります。
 いつか、雑誌などの取材のときの条件に、
「カメラは6x6ハッセルね。ちゃんと傘立てて撮ってよ」
と注文できる大物になりたい。

今の所、取材を受けたフィルムカメラ中でNikonF4が
一番高いカメラです。

投稿: こもれび | 2009年7月24日 (金) 08:23

>こもれびさん
こんばんは。何とコメントお返しすればいいのか(爆)。
私は取材なんぞされることは生涯なさそうですが、もし、そんな機会があったらコンパクトデジタルカメラでやって欲しいと思います♪

投稿: ariari | 2009年7月24日 (金) 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/45699226

この記事へのトラックバック一覧です: HASSELBLADという選択。:

« タダより高いものはナイ。 | トップページ | 日食といえば... »