« 「みんなで一本勝負」もう少しです!! | トップページ | 日記 090601 »

2009年6月30日 (火)

日々、また修行なり。

写真展まであとわずか、みなさんご自分の写真などを準備されているはず。私も、過去の一本勝負のアルバムを整理していましたが、どうにも見当たらないものが多いです。

宮の森美術館での感激から、まだ醒めぬ私ですが、森山さん、三日間も滞在されていたんですね。毎日色々な取材を受けてご苦労だったでしょう。

宮の森美術館のブログニュースによれば...どこかで撮影もされていた様子。
しかし、最近はデジタルもずいぶんお使いのようだ。3月に伺ったときは「まあ、デジタルはね、雑誌とか色々ね、森山にデジタル持たせたら面白いだろう、とか云うので」と仰られていましたが、たぶんR社からのスポンサー的なことも含めてお使いなのでしょう。

デジタルを否定しているわけじゃなく、自分で好きなものを使えばいい、というスタンスみたいですから。

私も最近はデジタルでのモノクロが多いです。photo:modeをご覧頂いている方はおわかりかと思いますが、D700やコンパクトデジタルカメラでのモノクロもけっこうやっています。
もちろんフィルムのモノクロの方がいいんですけど、色々事情もありましてデジタルでも撮らざるを得ません。(笑)

ただ、最初から「今日はモノクロで」と決めてモノクロモードで撮影します。カラーにはしません。元来デジタルカメラのセンサーは光の強弱しか感じませんから、これも正しい使い方なのかも知れません。撮影後もphotoshopでグレー(8bit)にします。

ブログでも色々モノクロ、森山スタイルのデジタルモノクロ画像を見ますが、こういう流れもありでしょう。ただ、むやみにノイズを足すのにはあんまり感心しませんね。フィルムの粒状性をあえて再現したいのでしょうが、それならデジタルの意味はありません。デジタルにはデジタルのモノクロ表現があると思います。ノイズは自然に発生するものであればいいけど、あえて汚くするのはどうなのでしょうね。

デジタルカメラだからカラーというのはむしろあまりに一般的過ぎて当たり前のことですが、先ほど述べたようにセンサーの特性に素直に従い、モノクロで光をそのまま捉えるのもいいと思います。何より手軽で誰でも楽しめます。ぜひ、お手持ちのデジタルカメラでモノクロを撮れるならやってみるのもおすすめです。

モノクロは難しいです。でも、モノクロを制するものはカラーも制す、と私は思います。
何より、自分が何を捉えたいのか、はっきりします。

Dscf0033

|

« 「みんなで一本勝負」もう少しです!! | トップページ | 日記 090601 »

コメント

白黒な黒板・・、いろんな色が観えますよ。
美味しそうな果物の色、元気に歩く馬の体色と手綱の色、
そして、いろいろなべんきょうをおしえてくれた森田先生と大和小へさようならする子供達の目から溢れる涙の色も・・。
何も飾る必要が無い。撮る側と観る側が色を付ける。
モノクロって、そうゆうものなんでしょうね。
何となくそんな気がします。

投稿: ベチ | 2009年7月 1日 (水) 01:14

>ベチさん
こんばんは。モノクロームには色がなくても雄弁に語れるものがあると思います。
(もちろん、撮り手が意識する必要はありますけど)
原点に戻って、修行します...

投稿: ariari | 2009年7月 1日 (水) 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/45501116

この記事へのトラックバック一覧です: 日々、また修行なり。:

« 「みんなで一本勝負」もう少しです!! | トップページ | 日記 090601 »