« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

日々、また修行なり。

写真展まであとわずか、みなさんご自分の写真などを準備されているはず。私も、過去の一本勝負のアルバムを整理していましたが、どうにも見当たらないものが多いです。

宮の森美術館での感激から、まだ醒めぬ私ですが、森山さん、三日間も滞在されていたんですね。毎日色々な取材を受けてご苦労だったでしょう。

宮の森美術館のブログニュースによれば...どこかで撮影もされていた様子。
しかし、最近はデジタルもずいぶんお使いのようだ。3月に伺ったときは「まあ、デジタルはね、雑誌とか色々ね、森山にデジタル持たせたら面白いだろう、とか云うので」と仰られていましたが、たぶんR社からのスポンサー的なことも含めてお使いなのでしょう。

デジタルを否定しているわけじゃなく、自分で好きなものを使えばいい、というスタンスみたいですから。

私も最近はデジタルでのモノクロが多いです。photo:modeをご覧頂いている方はおわかりかと思いますが、D700やコンパクトデジタルカメラでのモノクロもけっこうやっています。
もちろんフィルムのモノクロの方がいいんですけど、色々事情もありましてデジタルでも撮らざるを得ません。(笑)

ただ、最初から「今日はモノクロで」と決めてモノクロモードで撮影します。カラーにはしません。元来デジタルカメラのセンサーは光の強弱しか感じませんから、これも正しい使い方なのかも知れません。撮影後もphotoshopでグレー(8bit)にします。

ブログでも色々モノクロ、森山スタイルのデジタルモノクロ画像を見ますが、こういう流れもありでしょう。ただ、むやみにノイズを足すのにはあんまり感心しませんね。フィルムの粒状性をあえて再現したいのでしょうが、それならデジタルの意味はありません。デジタルにはデジタルのモノクロ表現があると思います。ノイズは自然に発生するものであればいいけど、あえて汚くするのはどうなのでしょうね。

デジタルカメラだからカラーというのはむしろあまりに一般的過ぎて当たり前のことですが、先ほど述べたようにセンサーの特性に素直に従い、モノクロで光をそのまま捉えるのもいいと思います。何より手軽で誰でも楽しめます。ぜひ、お手持ちのデジタルカメラでモノクロを撮れるならやってみるのもおすすめです。

モノクロは難しいです。でも、モノクロを制するものはカラーも制す、と私は思います。
何より、自分が何を捉えたいのか、はっきりします。

Dscf0033

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

「みんなで一本勝負」もう少しです!!

いよいよ今週金曜日、7/3から一本勝負の写真展です!
そして「みんなで一本勝負」やります。

おかげさまで今現在12名の参加者です。あと8名!ぜひ、私たちと一緒に撮り歩きしましょ。
参加申し込みは下記を参照下さい。

日時:2009年7月4日(土)13:00集合〜17:30まで
集合:富士フイルム会議室 札幌市北3条西3丁目札幌北三条ビル8階(富士フイルムフォトサロンのビルです)

申し込み先:電話 011-241-7170 (9:00-18:00) 担当「加藤・遠藤」さんまで。
なお、FAXは 011-231-6519 
(申し込み用紙は自作でかまいません)
E-mailは photoschool-ho★fujifilm.co.jp まで(星印を半角@へ変換してください)

定員は昨年同様20名、参加費はお一人様2,500円になります。(フィルム、現像、プリント代込み)

なお、雨天決行です(笑)。今の所、雨の心配はなさそうですが...

ヨロシクオネガイシマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

全部タダ。

6/28今日は(も)天気がいいし暑いので、部屋でのんびりってな訳にいきません。我が家は室温28度を超えている。ああ、もうこりゃひからびる。

昨日は蕎麦を食うだけの為に栗山の小林酒造へ再訪問。時刻もおそかったんでコンパクト(しか持って行かないけど)で数カット撮っておしまい。その後、岩見沢のリサイクルショップにて、またCARDIA mini EVERYDAYを見つけちゃって(しかもレアなガンメタ)300円!だった。しかも半額セールだったんで150円でも味噌汁付かない。

さて今日はと。先日砂川に行ってラーメンだったんで、今日はその先、滝川にしましょ。
実はなぜか滝川はいつも素通りばかりで撮影をしたことがないの。駅前の商店街は一度撮らなくちゃと思っていたんだけど。

そんなわけでGR1sを首にかけて犬のように(爆)歩く。しかし我がGR1sは日付が不調。日付の調整ボタンが接触不良なので入れていないのに、いつの間にかでたらめな日付が入る。調整しようにもできなくて先日森山さんに撮ってもらった奴もいいかげんな日付になっているはずだ。入れないようにしてもいつの間にか、また変わっているのだ。

Dscf0001

まるでJRで来たみたいにも思えるけど、違う。

滝川も暑い。もの凄く暑かった。

Dscf0015

昼飯は蕎麦屋に入る。たいしたことはないだろうと思ったが、案外ウマかった。もう少し冷水でビシッとしめてくれればさらに好し。昨日の小林酒造の蕎麦も、まあまあ、だったけど、味はこっちの方が好みかもしれない。

ただ、滝川の商店街を歩いて思ったのは北海道のどの町にも似ていないということ。ほとんどがシャッター街なんだけど、むしろ東北、それも北上の町に似ている部分(ほんの少しだけどね)があったのはよかった。が、フィルムは一本しか撮れず。

消化不良な気がしたので深川も行こうかと思ったが、そんな気にもならなかったので、新十津川へ向かった。そういえばhirosさんが、廃校になる小学校の不要品を先週購入したということで、しかも今日は無料だっていうじゃない。
どうせ天秤はもうないだろうし、時間的にもう15時だから期待せず大和小学校に入る。(hirosさんは吉野小学校だったので、変えてみた...笑)

う。車がいっぱい。どうも13時から、ということでその時間帯はもっとすごい人が来ていたんだろうが、それでもまだ人は多い。

軽トラをはじめとして、みんな大きなクルマで椅子とか什器を持って帰っていた。大きなものは500円で、あとは無料。

さすがに、めぼしいものは何も残っていない。というか、期待もせずにやってきたのでこれまた校舎内を犬のように歩く。くんくん、何もないよー。

Dscf0034

哀れ。連れ帰ろうかとも一瞬思ったけど、子供達の想いが詰まっているのでさすがに手を触れることもせず。このまま、捨てられるんだろうな。ちょっと泣ける。

さすがに何もないなあと、理科室へ。天秤、やっぱりないなあ(爆)。滝川のアンティークショップに実は売っていたのだが、まさか新十津川から持ってきたんじゃねーだろうな?w

一応、掛け軸のようなでかい東北の地図があったんで、インテリアにもいいだろうともらう。
あと給食に使ったのか、プラ製の食器があったんでキャンプやBBQにいいのでゲット。

さらに奥へ進む。

ない。

オーバーヘッドプロジェクタや古いインクジェットプリンタはあるが、さすがに要らない。
これ以上部屋を狭くしたら困る、色々と。

ふと、部屋のかたすみにあるポリバケツに目が行く。中にはほこりをかぶった黒い塊が。

ん?これって...

ええええええ!!!

Dscf0040

その昔、高嶺の花で憧れだったZEISS IKON CX-250スライドプロジェクタじゃないすか!
あのCONTAXの京セラが輸入していたんですよねえ。ツアイスで撮ったらこれで見なければだめだよっていうほどのものでしたが、まさか、ここで出会えるとは。

いいんですね、本当に頂いちゃいますよ?

うふ。家でしっかり汚れを落として電源入れたら見事に作動しました!
いやー、これ、タダですか。嬉しいですねえ〜〜

大和小学校を出るとき、町の人と役場職員の方が「花月小学校はもう何もないなあ」と云っていたのですが、帰り道だしちょっと寄ってみました。

吉野小学校へも行きたかったけど、もう16時なのでアウト。

花月小学校は、本当になあんにもなし。がらーん。人もいない、って、もうおしまいの時間だ。んで、ちょこっとだけブラブラ。

するとスライドのファイルが一つだけぽつんと棚に残されていた。
ああ、これがhirosさんも買った奴かな?とせめて持ち帰ろうと思ったよ。

Dscf0037

ん。確かに教材用だな。

が。なんかへん。

.....いやーん。

Dscf0039

(爆)..._| ̄|○

Dscf0038

はあと(笑)...

いいじゃん、プロジェクタゲットしたら、スライドは必要だ。
しかしなあ、これ、かなり古い。恥ずかしいから誰も持ち帰らなかったんだろうな。

読者諸君、エロい画像は一つもないからね、期待してもだめだぞう。

さて、昨日と今日のドライブでなんとリッター18.2キロも走りました。過去最高です。エアコンガンガン、高速も走ったのに、どうしたんでしょう。明日からガソリンが少し高くなるんで今日入れましたが、安く済んでしまい、複雑な心境です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

日記 090529

090529

5/29は千歳鶴ミュージアムへちょこっと立ち寄ったのだった。
が、思ったほど見て楽しめるものがなくて、ちょっとがっかり。

建物をぐるっと一回りしたけど、さほど琴線に触れるものもなし。
でも、何か撮らねば帰られへん。

探すとなかなかないものだし、あるといえばあるのだが、どうにもこうにも。

好物と云えば電柱か。

でも、やはりそこはひねくれ者。

そういえば昨日。森山さんも「ぼくは犬みたいなもの。うろうろして町を歩くし、電柱も好きだしね(笑)」と仰っていたっけ。

そう。なんで電柱が好きなのか。その理由云々は過去にも何回か述べているからここでは割愛するけど、やはり電柱は町のシンボルみたいに思えるのだ。
電柱の数だけ暮らしがあり、トランスの大きさは世帯の大きさでもある。

でも、地中に埋めまくると政府は云う。景観が大事だと。
そんなお金があるならば、町のために使ってよ。

だいたい、犬だって困るだろうし、雀も困る。僕もそう、困るのだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

また、足が震えた。

あの日もそうだったが、今日も膝ががくがくして倒れそうになりました。
森山大道氏の写真展「北海道」が、本日から宮の森美術館でスタートしました。
あいにく所用で写真展そのものは見られませんでしたが、19時からのアーティストトークは予約していたのでしっかり楽しみました。
このアーティストトークは満員御礼で早々に予約が終了し、さらに立ち見でもいいからということで追加予約も受けていましたが、本当に多くの方が楽しみにしておられたのがわかります。

もう、大道さんのお話を直に聞くのは三回目ですが、前回は「北海道」の写真集にサインを頂きましたし、ツーショットで写真も撮りました。もう、あの時の感動は言葉にできなかったです。足が震えたなんてもんじゃなくて。

そして今日はサイン会も行われました。ミュージアムでグッズをお買い上げの方にサインをしますよ、とのことで本日発売の写真集「NORTHAN」にサインを頂きました。
サイン会も長蛇の列、すごい熱気でしたよ。しかも大道さん、本当に丁寧にじっくりサインされていました。記念写真にも気軽に応じていましたし。

この写真集は宮の森美術館が製作したものです。北海道の写真集はさすがに高価(2万円)だということもあり、また膨大な数におよぶ写真があるため、このNORTHANには、北海道には載せていないものも数多く掲載されているので、これ、本当に買いですよ。3150円という価格は絶対に安いです。

Dscf0306

Dscf0307

今回はツーショットは撮りませんでしたが...実はちょっと計画的犯行を。
会場にも来ていたウリュウ君、ベニさんも「えー、それは無理じゃない?」

しかし、だ。お願いしてみた。私はそのためにモノクロを詰めたGR-1sを持ち込んだのだし。

「大変恐縮ですが、森山さん、シャッターを押して私を写して頂けませんか?」
「はい、いいですよ♪」と、私のGR-1sを受け取り「はい」とシャッターを押して頂いた。

やったあ!!!...大道さん撮影の私の写真が!!!!

お礼をしつつ、その場から離れた私なのだけど...腰が抜けそうになった。
もう、膝に力が入らないの。ヘロヘロになってしまいました。

ベニさんが大道さんとツーショット撮るのに戻ったけど、ゴメンしっかりブレた...
モウシワケナイ、ベニさん。それほど、私の体から力が抜けてしまい、どうしようもなく。

ああ、もうダメだ、こんな素晴らしい出来事があっていいのでしょうか。

しかも、北海道の写真展、札幌、夕張、美唄と続くのだが、なんと2011年春まで足掛け三年にわたって全道を回ると云うからスゴいです。もちろん、展示内容は一部変更しつつ、です。
もう、再来年まで、楽しみが続くなんて最高です。
北海道民であることの喜び、ですよね。

ああ、今日は眠れないなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日記 090527

Fh000022

以前、ここで「毎日一枚ずつ写真を撮って、一ヶ月後に現像すると面白いかも」というのを続けていますが、撮り忘れたりするんで、結構大変です。

まあ、撮ったものを全部ここでお見せするようなことはありません。デジタルで毎日一枚撮ってここでUPするのはありでしょうが、さすがにフィルムではレスポンス遅いですよね。
それでも、まあ、抜粋して色々ちょくちょく出しましょうか。

フィルムだから、もう一ヶ月前の写真は忘れている場合が多いです。ああ、こんなもん撮ったんだ、なんて楽しみがあっていいもんです。

ラーメンが写っていたり、カメラが写っていたり(沼に沈んだ記念だな)、仕事先の人と記念撮影したり、なんだか絵日記みたいで面白いがあまりに古いと忘れちゃうから一ヶ月単位くらいが丁度いいのかもしれないね。

この5月27日は某大手カメラ店へ出向いてフィルム(と、ミニカー^^;)を買った日だ。モノクロをまとめて買ったのだった。

しかし、このcardia mini EVERYDAYってカメラ、周辺がメチャクチャ落ちます。
面白いくらい落ちるけど、普通の人なら不良品じゃねーかと思うかもしれないな。
画質も甘めでけしてシャープじゃない。それがいいのだ。
日記なんか高精度に作るもんじゃない。記憶の欠片程度でいいのだ。

今日も、一枚撮りました。無駄な買い物をしてしまった記念に..._| ̄|○

男は「無駄なものから買え」という教えがある。うん、いつもその教えを守っている。
いつかしっぺ返しがくるに決まっているのだ。
※オリンパスのE-P1触ってきました。すごくいいですね、アレ。
でも、やはり「あれで何を撮るのか」というものが見つかりません。うむむ。
毎日のお散歩カメラにはいいかもしれないが、お散歩にはちょっと大げさなのだ。
本当のデジタル・ペンには、まだかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

丘珠空港の今後について市民説明会開催。

6月29日(月)丘珠空港の今後に対する市民説明会が19時より札幌市東区役所にて行われます。

(丘珠空港ビル常務から聞きました)

http://www.city.sapporo.jp/sogokotsu/index/airport-setsumeikai.html
本当に悔しいのですが、当日、私は18:30から授業があります。
講師が休む訳にはいきません。

どうか、多くの方に参加を頂きたいのです。

ANAからの説明もあると思います。後継機について突っ込みたくてしょうがないです。
もう行きたいけどどうにもできませんので、ぜひ、ぜひご参加できる方、宜しくお願いします。

|

2009年6月21日 (日)

50mmで修行です。

先日入手したNIKKOR 55/1.2を毎日のように使っています。なんていうか、やっぱり50ミリはいいのです。ご存知の通り、50ミリは135判(35ミリフィルムサイズ)では標準レンズと呼ばれています。肉眼で見た距離感にもっとも近い訳ですね。

私が高校生の頃最初に買ったレンズは35mmでした。50mmではちょっと狭く感じたんですが、やはり50mmも欲しくてどうしようか悩んでいたら、カメラ店の店長が「俺のを安く譲ってやる」とニコンの50/2をポン、と。

撮りましたね、ずいぶん。最初に買うレンズは50mmってのが昔は当たり前でしたが、ずいぶん前からズームが当たり前でわざわざ単焦点の50mmを買う人も減ったようです。なにせ、広角や望遠のほうが肉眼を超える視覚を感じる訳ですから、写真的にも楽しく感じちゃいますので、標準ってわざわざ買う人も少なくなったようです。

しかし、やっぱり写真は被写体と自分との距離感がすごく大事です。ヒコーキとか列車では、望遠も欲しくなるのは別として、スナップなどでは特に必要なレンズです。

そして種類が多いだけに描写の違いがもっとも分かりやすいのが50mmですね。
各社の威信をかけた標準レンズですし、明るさや設計の異なるレンズを使い分けるってのがものすごく面白いわけです。

あらためて自分の持つ標準レンズを数えてみました...

<ニコンFマウント>
New NIKKOR 50mm F1.4(非Ai)
Ai NIKKOR 50mm F2
NIKKOR-H.C 50mm F2(Ai改)
NIKKOR-S 5cm F2(非Ai)
Ai NIKKOR 55mm F1.2
Micro-NIKKOR  P.C  55mm F3.5(悪魔君w)
Ai AF Micro NIKKOR 60mm F2.8D
Auto-Topcor 58mm F1.4(Nikon F Ai by COSINA)

<ニコンSマウント>
NIKKOR S 5cm F1.4

<キヤノンFD>
Canon New FD 50mm  F1.4

<ペンタックスK>
PENTAX-M 50mm F1.7

<ペンタックスS>
Super-takumar 50mm F2

<ライカL>
Canon 50mm F1.4
JUPITAR 8 50mm F2

<ライカM>
Leitz Summarit 5cm F1.5
Leitz Summicron 5cm F2
Leica ELMAR 50mm F2.8

これで17本(笑)。もし、40mm以上も入れると、さらに

<ニコンFマウント>
Ai-P NIKKOR 45mm F2.8

<ペンタックスK>
PENTAX 43mm F1.9  Limited

<ライカM>
NOKTON classic 40mm F1.4 S.C
M-ROKKOR 40mm F2

標準と呼ばれる領域の交換レンズだけで20本もあった。
自分的に、スナップや町の写真には標準が合っているんだろうと思います。
自分の見たまま、そして「どこを見ているのだろう」という想いが50mm前後のレンズで表現しやすいのでしょうか。

みなさんも、ぜひ標準レンズをあらためてじっくり使ってみて下さいね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

癒されたいときにどうぞ。

お疲れの皆様、いかがお過ごしですか?
そんなひとときを...こちらで癒しましょう

※「見られないよ~」というご指摘が数名の方から頂きました。
メンテしましたがどうでしょう?

記事とは関係ありませんがこの記事で通算1600回目の投稿です。
いや、だから何?ってことはありません(^^;

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

デジタル・ペン?「オリンパス・ペンE-P1」

01

おお、見た目は確かに往年の名機「PEN-F」を思わせますね。メタルボディが高級感を感じさせてくれますね。うん、なかなかのもんかと。

しかも、フラッシュも内蔵されていないという割り切りも悪くないですね。ここにはビューファインダーも付くようですから高級コンパクトデジタルカメラ、というカテゴリにも。
なので、やはりズームなんか要らん。17mm F2.8という単焦点レンズが用意されているので、ここはこいつだけで最初はやるべし。(フィルム換算34mmってのはスナップに最高だ)
んで、そのうち24mm相当のレンズ辺りをチョイスできれば面白いかな。マウントアダプタでライカの50mmを付けて中望遠にして遊ぶのもありかな。

ネット限定のレンズキャップってのも昔のロゴが印刷されてなかなかですが、そんなの標準に付けろといいたいですけど。んで、フードとかにもこだわってね。

まあ、欲を言えばもう少しコンパクトであればいいのになあ、と思います。特に横幅があと1cmでも短ければコンパクト並みに持ち歩きたい所。(因みにリコーのフィルムコンパクトカメラGR-1sが11cmなので)

17mm付きで11万円という価格もちょっと手が出ないのですが、機能を考えれば一眼レフ同様ということもあり致し方ないのかなあと思う次第で。たぶんH部長は買うだろう(爆)。
今後のマイクロフォーサーズにはちょっと期待できそうですね。ただ、レンズ交換でゴミが付着するのではと心配だ。思いっきりセンサーが露出しているのは精神的によろしくないもの。交換するとき、レンズを回す動作に連動したシャッター(それこそロータリーシャッターだろ)があればいいのになあ。

とはいえ、買えないひがみでもある。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

「みんなで一本勝負」やりますよ!

お待たせ致しました。今年も一本勝負の写真展、そして「みんなで一本勝負」やります。
詳細は下の画像をクリックして見て頂ければと思います。

日時:2009年7月4日(土)13:00集合〜17:30まで
集合:富士フイルム会議室 札幌市北3条西3丁目札幌北三条ビル8階(富士フイルムフォトサロンのビルです)

申し込み先:電話 011-241-7170 (9:00-18:00) 担当「加藤・遠藤」さんまで。
なお、FAXは 011-231-6519 下記の画像をプリントアウトして送信して下さいね。
(申し込み用紙は自作でもかまいません。下記フォームに沿ってください)
E-mailは photoschool-ho★fujifilm.co.jp まで(星印を半角@へ変換してください)

定員は昨年同様20名、参加費はお一人様2,500円になります。(フィルム、現像、プリント代込み)

なお、雨天決行です(笑)。最近イッポンズ、雨天が多いのでなんとか頑張らないと。
皆様のご参加をお待ちしています!!

クリックしてね↓

0

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

とりあえず今年度は丘珠撤退なしだそうだが。

丘珠空港からANAが撤退するということで、色々揉めていましたが...
とりあえず2009年は運航を続けると今日の協議で決まったそうです。

ですが、ANAが云う「後継機がない、赤字が大きい」ことで新千歳へ移管したいのはかわらないようですね。

なんでも「丘珠空港で運航を続けるには100億ほどの予算がいる」っていうじゃない。
その内訳が笑える。後継機に80億、赤字20億らしいが、まず後継機。現在のDHC8-300はすでに生産が中止されており、60名弱の乗客を乗せて運航できる機材がないから、だそうな。

あのね...DHC8-300って中古買ったんですか?(笑)まだ運航して7年ですが。仮に20年飛ばせるとしても、まだ大丈夫ですけど。減価償却だって進んでいますよね?ええ、無駄に塗装しなければ(爆)。それに20億の赤字、とありますが、コレ、格納庫やら整備維持などのコストも含んでいるはずで単純に経費かと思いますよ。(裏から話は聞いているぞ)

大丈夫、世界中にはまだこのクラスの旅客機は必要だ。後継機?そんな正雲じゃないんだからさ、心配すんなよ。なんならYS-11をもう一度引っ張っておいで。まだ10年は飛べるよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

今さらサブロー。

という表題がわかればアナタも小柳ルミ子フリーク(ウソ)。
なぜかF3です。ネタもナイので、こんなので勘弁。
(今やこっちがB面、元々「AriAri BOX annex」つまり別館だったんで)

さて、私が一番最初に購入した一眼レフカメラはニコンFですけど、その後、F2も追加して今も現役でございます。長い間FM2も持っていたり、FEやEMなども所有した時期がありますが、現在はFが二台(パーツ取りに一台予備あり)、F2が三台、という体勢にF5、FM3A、Nikomat FT3というのがニコン一眼レフの偏った現役ラインでございます。

なぜF3は持っていないの?という人々からの問いかけに「いらんもん」とうそぶいていたのだけど、フィルムカメラが危うい昨今、味わうなら今しかないわけでボロボロ(もう恐ろしいほど)のF3がやってきました。

Dscf9285

F3は露出計の表示が+-しかなくて見にくいから好きじゃなかった。でも、シャッターの感触とか巻き上げの感触は格別、というか過去においてすべてのマニュアル一眼レフカメラ最高の巻き上げ感覚を「見て見ぬ振り」していたんですけどね。

まあ、かなり酷使されているんだから寿命は短いかもしれないけど、2010年までは修理が可能だっていうからそのうちOHしてやろうと思っています。
このF3は一般のものと違いPRESS仕様なので、耐久性とか防滴性に優れていること、使い勝手がよくなっている部分もあるんで、まあ、ガンガン使ってあげます。

汚くはげ落ちたボディも歴戦の勇士のようでよかったけど、自分が使ってもう一度剥がしてやりたいから塗りました(爆)。筆塗りだから汚くなってもっとひどくなったことは内緒だ。自動車用の防さび塗料なので硬い皮膜でしばらくは持つんじゃないかと。

んで、往年の銘レンズ55/1.2を加え、ますます泥沼化する自分に♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

19回目の一本勝負

先週土曜の6日は一本勝負の日でした。
その模様はこちらでお願いします。

ちょっとドタバタなので、こっちはなかなか更新できずすいません。

|

2009年6月 5日 (金)

丘珠2003.2.1

続きを読む "丘珠2003.2.1"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

今年もやります!フィルム一本勝負写真展!2009

みなさま、お待たせ致しました。
フィルム一本勝負!写真展
いや...待ってない?しくしく(by CommA)

今年は昨年よりちょっと早めの7月3日(金)~7月8日(水)の開催です。
また昨年同様「みんなで一本勝負!」も行います。詳細はまた後日お届けしますね。

今年も昨年同様の展示になりますが、まあ、サプライズなどはございません(爆)。
過去のアルバムなども用意、また各自の特訓の写真などもございます。
日頃、メンバーがどんな写真を撮っているかじっくりプリントでご覧下さい。

ブログでは味わえないフィルム独自の描写を堪能頂けるよう準備しております。

ぜひ皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

<富士フイルムフォトサロン札幌>
〒060-0003 北海道札幌市中央区北三条西三丁目一番地 札幌北三条ビル1階
TEL 011-241-7366

| | コメント (8)

2009年6月 1日 (月)

今日は写真の日です。

6/1は写真の日です。はい、そう決まっているのでそうなのです。
まあ、色々誤りなどもあるみたいだけどそう決まったのですから、写真のことを考えたりこの日に一枚は写したりするのもいいもんだと思う訳です。

Imgp9337

今日も教室でしたが、実は今日のクラス、急にみなさん腕を上げてきました。おおーっ、という感じで、嬉しいのだけど講師としてはプレッシャーも感じるのです。

何を写すのか。

写真ってのは自分が見たものに違いなく、何を感じたのか言葉で表現するよりも手っ取り早いから写真ってのは便利で素敵だ。

Imgp9364

だけど、撮るものがないなあ、とか行き詰まりもあるわけです。
毎日、撮るというのは結構大変です。
でも、空を見上げれば晴れてんだとか、雨だとか何かしら日々考える訳です。

Imgp9372

たとえば教室の帰り道、運転しつつ片手でパチっとやっても何か写る。
それが、たとえつまらんものであっても、だ。自分がそこに居たことは間違いない。ですよね?

今日のこの時間に自分がそこに居たこと。立派な写真にする理由であります。

Imgp9378

伝えたい想いとか、残したいとか、そんなことより優先するのは「自分」です。
自分あっての写真。だから撮らない理由を考えるより撮る方が楽だ。

今日は写真の日。

幕末の写真というものの素晴らしさ。いいものを発明してニッポンへ持ち込んでくれたもんです。

あの昔風の痛んだ写真にも味わいが。

だから、今はこんな遊びができる。

例えば先日の東北で撮った一枚の写真。

Dsc_9805bakumatsu

葛巻町という場所にある風情ある建物。

これを、ここのサイトで遊びます。→「幕末古写真ジェネレ−ター」

するとですよ。

Oldphoto_kuzumaki

おおお!幕末風だ(爆)。
みなさんも遊んでみて下さい。和服なんか着ちゃって撮れば、アナタも坂本龍馬になれます。

今日の撮影:PENTAX K200D DA18-55/3.5-5.6 II

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »