« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

鉛温泉最高?再考。

鉛温泉最高?再考。
急きょ東北に来ています。一年ぶりのクルマ旅ですが、宿はいつもの鉛温泉湯治部だから勝手知ったるなんとやら。
今朝秋田の港からスタートして、桜だけの撮影、それも圧倒的桜だらけ。

さて温泉につかりいつもの牛乳で一息。今回の宿代金を知りびっくり!平日である今日は5480円。んで明日は7480円!(泣)
私が当初通っていた頃は3980円だったからずいぶん高くなった。まあタオル、バスタオル、浴衣が標準装備されたとしても、湯治部にそこまで求めていないからね。ここ最近、ちょっと鉛温泉については思うことがありましたが、あえて書きませんでしたが頭をひねることが数年前からちらほらと。
先程ベテラン従業員さんからも色々話を伺ってみたらやはり同じ思いでしたから。
温泉宿は『メシ風呂寝る』があればよいのですが、そのどれもが最高だからいいという訳ではありません。あの値段あっての湯治部かと。
客が減ってきたから単価アップの値上げじゃ、逆効果かと。勿論客が減ったのは価格だけじやないよ。常連さんが減るとか、リピーターが少なくなる理由は直接お客から聞かなくちゃだめだよ、社長。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

マイナーチェンジしたみたい。

マイナーチェンジしたみたい。
やはり鶏めしは最高です。おかずが一品増えました。あと生姜団子が鶏のつみれに変更になりました。
蕗の煮物、最高に旨いです。やはり鶏めしの旨さは私の中で駅弁ナンバーワン。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

お題を掲げるよ 1【詩吟】

どんどん過激になるコメント大会なので、ここは少しお題を掲げましょう。

栄えある第一回は「詩吟」だにょ。エロでもかまわんが、あんまり過激なものはNGだぞ。

んじゃ、ワシから。

【沼詩吟】

吟じます。

「久しぶりにキタヌマガラスを覗いてみたぁ〜らぁ〜、帰国子女が待ち構えてぇ〜え〜え、なんだか今日はヤバそうな気がするぅ〜〜〜〜」

買うと思います。

あ、私の話ではありませんが(爆)。

...って、これじゅうぶん更新じゃね?ww

| | コメント (6)

2009年4月27日 (月)

ありがとう。

今日も深夜まで在宅ワークでございます。
コメントで遊んで頂いてありがとうございます(笑)。引き続きご自由におくつろぎ下さい。
(掲示板的になってきましたが、遠慮なくどうぞ)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

御礼

ブログ休止にコメント頂いた皆様ありがとうございます。
コメントの返信をこちらへまとめさせていただきます。

現在デジタルカメラの講座がレギュラーで7教室、回数でいえば月の半分以上講座があります。そのため、教材の準備、講座の内容の煮詰めなどを自宅でやっています。
昼はできるだけ教材の撮影、夜にプリント作業や準備に費やすことを考えると残念ながらブログの更新に時間を割けなくなりました。
新学期が始まり、すべての講座が新規スタートということもあって、実は頭の中がかなり混乱している状況なのです。(同じようなクラスが4クラスあって、ちょっと混乱してます)

私の生活はもう写真一色で(爆)それはそれで好きなことなのでいいのですけど、自分の撮りたい写真と、講座の写真はまったく異質なものでございまして。

少なくとも自分の好きなものはphoto:modeで持続していくつもりですが、なにせphoto:modeはそれなりに自分の中でセレクトする時間がかかってしまいます。
まあ、四国のモノクロ編でもおわかり頂いて(いるのか?w)いるように、本質アッチ系の写真が好みなので皆様にご理解いただけない部分もあるでしょうし、ブログをやる以上は多くの方に見ていただきたいという気持ちとが葛藤している状況です。

~ 実はphoto:modeネタはけっこう仕入れがあるんですけど、みなさんにウケるような写真じゃないからどうしたもんかと。ウケ狙いで写真出すのは嫌なんですが、あまりにも反応がないとやっぱりどうしたものかと考えるし ~

そんな、なんやかんやで...更新をお休みさせていただくということです。
言葉足らずでご心配をおかけしましたが、こういうことを長々書き綴るのがどうにも苦手でして。いずれにしてもやめるわけじゃないです。こっちは日記としてダラダラ書けばいいじゃんと思いつつも、今はあんまりネタを考える余裕がないということでご容赦くださいまし。

皆様のブログへはできるだけ巡回して、思いつく言葉を残してゆきますので、またよろしくお願いします。

ほんっとに、ありがとうございます。とりあえず、はい、がんばってますので…とりあえず一か月くらいはお休みします。(講座用のデータが揃えば早く再開できるかと思いますので)

| | コメント (17)

2009年4月20日 (月)

バスでその地を思ふ。

最近、時間を見てはミニカーの整理をちょこっとやってます。
ええ、もう整理が終わりません<生涯終わらない予感

んで、バスのチョロQも久しく買っていないことに気がついた。

もう10年ほど前からバスチョロQがブームで、そりゃあ大変な騒ぎにまでなったもんです。
日本全国のバス会社や公営バスから続々と発売になったバスチョロQですが、今ではおよそ1000をはるかに超える種類が出ていたと思います。

私が所有するのは、大した数ではないけど、およそ300種類ほどです。ここ最近は買っていないですね。

んで、北海道でもずいぶんバスチョロQは出ています。

そんな中でも想い出深いのは...やっぱこいつらですかね。

Dscf9268

夕鉄バスのチョロQ。旧塗装と観光型がいい味わいで。


Dscf9265

トミカやバスコレと違って、すんげえデフォルメされているのはチョロQだから致し方ないのだけど、これほどデフォルメされても、ちゃんとイメージが伝わるのは塗装のおかげ。

バスは全国各地の色々な塗装があって、完成します。行ったことのない土地のバスは全然馴染みがないけど、初めてその土地に行ってみて、所有しているチョロQと同じだと妙に嬉しい。

Dscf9267

旧美唄鉄道からバス部門を引き継いだ「美鉄バス」も2002年で廃止になった。
その時の記念に作られたチョロQバス。

Dscf9266

開業55周年記念が、廃止とはなんともせつない。


Dscf9269

左側が長距離路線バスで、札幌まで乗り入れていたんです。このなんとも云えないカラー。
その昔、ボロッボロのサビサビで札幌市内を走っていたこのバスを思い出す。比較的札幌の市内は新しいバスが目立つ中、かなり古くて塗装の痛んだ美鉄バスを見る度に、なぜか美唄鉄道の面影が感じられてなんとも云えない気持ちになったことを思い出した。

右側のバスは美唄市内の路線バスで、けっこうキレイなバスが多かった。それもそのはず、このバスは旧東急バスとして東京都内を走っていたのだから。
カラーもそのまま。因みに東急グループである函館バスも、このカラーで函館市内を走っていますので見たことのある方も多いと思います。

Dscf9270

行き先表示が泣かせるでしょ。


Dscf9272

後ろ姿も哀しげだ。

さて、お知らせ。
ブログ、休止することにしました。
photo:modeも同様です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

本日の沼。

やっぱり沼は怖い。マガンは飛び、カッパが遊び、タマが光る。

画像なんか載せないよ(笑)。

たまたま(上手い!w)見つけちゃったタマ。
私が広角レンズの中でも昔は好んで使っていた24mm単焦点を久々入手。

F5を購入した2002年に一部MFレンズを処分した時に、さよならして以来久々のご対面。というか、以前はAi 24/2.8sだったけど、今回はAi 24/2sでして。

開放からシャープで際立つ描写、かつカリカリというほどじゃないのがスキ。
Carl Zeiss Distagon 2.8/25 ZFを本当は狙っていたんですけど、CONTAXでのオリジナル独逸玉を持っているのでやっぱAi24/2が欲しいと、実は密かに探していたのです。

今日は琴似でダンススクールの撮影のお仕事だったんで、帰りに某北○ガラスに寄ったのが沼への誘い道だったわけで。
もう、キタヌマカメラへ名前を変えようよ!ヽ(`Д´)ノ

さっそく銭函で遊んだけど、なかなかよかったです。

D700は困ったカメラで、どうにも玉を欲しがるのよねえ〜。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

ああ。

なんといいますか、春です(笑)。

何かと忙しいみなさん、春を満喫していますか?

相変わらずトミーテックのバスコレクションはやってくれます♪

Dscf9264

第13弾には三菱ふそうMP218Kの「道北バス」と「羽後交通」があります。
道北バスは旭川を拠点とするバス会社、羽後交通は秋田県横手市を拠点とするバス会社です。
昨年の北東北合宿第二回目、秋田新幹線を峠の上りでぶち抜いた(爆)奴ね。

ああ。こういうのがもっと欲しいねえ。そ、つまりバスコレって毎回毎回東京都営、大阪市営とか京都市営ばっかなんだもん!もう飽きたっす。地方のバスをもっともっと入れろ!!

と文句を言ってみる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

悶々とする日々。

教室が多くなると教材が不足します(笑)。
日々、何かしら撮っておかないとなりません。んが、それでも足りません。

あー、銀行みたいに自分の写真も預けておくと利子で増えないかな。
出来が悪いと減ったりして(爆)。

今日はhirosさんが撮っていた星置緑地へ行ってみました。
ええ、水芭蕉なんか教材に必要なので。

歩く。

緑地を...

ないの。水芭蕉なんか。

あっれー?どこどこ??hirosさんに電話しちゃいました。

はい、私がいたのは星観(ほしみ)緑地でした。_| ̄|○
お隣の駅ね。実は、星観緑地では花の写真とか撮ったりしていたけど、水芭蕉の時期に来たことがなかったんで、勘違いしとりました。

Imgp8829

「エゾノリュウキンカもありますよ」というありがたいメールをhirosさんから頂く。
ありがとう、hirosさん(泣)。

明日は何を撮ればいいのだ。ああ、悶々と悩むぞ。

ネタも尽きてきた。photo:modeのネタもヤバい。四国もぜんっぜんウケないし(爆)。

追われて写真を撮るのってどうにも苦手だわさ。

PENTAX K200D FA100-300/4.7-5.8(1500円レンズ^^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

ご無沙汰でっす。

三日も開けるとネタがなくても、もうどーでもよくなります(笑)。

さて、と。

ANAの件はもうね、怒りを通り越して呆れています。丘珠空港から撤退し、新千歳空港へ集約すると。札幌市がなんのために滑走路を延長し、色々な支援をしたと思っているんでしょう。
元来ANA系列のエアーニッポンや、エアーニッポンネットワークは大手航空会社がカバーしないローカル路線をきめ細かく結ぶために存在していたわけです。とりえわけエアーニッポンネットワーク(以下、A-net)は丘珠が本社だった。北海道の各地を結ぶため設立されたようなものでしたが、今は本社も東京。

ANAが系列の航空会社をすべてANA便名で運行するようになって、A-netも独自企画やイベントを打ちにくくなってしまいました。今では単なるANAの業務委託じゃないですか。

最近のANAは羽田を中心に、ハブを構築してローカルとローカルを結ぶ路線をどんどん縮小していく始末。今回の話も「羽田などからの乗り継ぎの利便性のため」という建前だけでしょうか。
本音はいずれ地方路線から撤退するつもりじゃないですかね。道民の出張や旅行は、考えていない訳です。だって考えたら解るじゃないですか。函館〜新千歳なんて乗りますか?
(以前はこういう路線もあったけど、JRの方が便利なので、丘珠〜函館へ集約された)

会社の都合に客が合わせろなんて、どんな企業なんですかね?ばかばかしい。

んなわけで、次回出張からJALに切り替えます。元々JALだったし。

::::::::::::::::::::::::: んでと、話を変えてみる ::::::::::::::::::::::::::

...やっぱり最近はフィルムカメラの行く末も心配です。
今存在するカメラは大半が中古ですが、それだっていつまで動くのだろうか。

個人的には、ニコンFやF2、ライカとローライ35という電池がなくても動作するカメラを使い続けたいですが、やはり気軽に使えるカメラも大切で。

そんなわけで、コンパクトカメラも増え続けてますだ。

Dscf9262

FUJIFILM CARDIA mini EVERYDAYですね。

えー、もうずいぶん前ですが...このカメラが発売になる前のこと、カメラのネーミングを依頼されました(爆)。
東京に出張中、それもデジタルカメラの仕事(まあ、私の仕事の7割はこれでしたから)の会議中、突然カメラ事業のボスから電話。

「おー、オマエさ、今どこにいんの?」

「あの、今本社で会議中ですけど...」

「お!そりゃあ、丁度いいやあ。あとで来い」

このボスは、元、私の上司だからね、何かと使われていました。(いい人ですよ、マジ)

「すいません、それは時間的に無理なんですけど」

「んじゃ、今から新製品のカメラの名前考えてくれ、コンセプトは...(以下省略)」

「えー!会議中ですから、その、あの」

このカメラの前には「トラベルミニ」というカメラがあったんですが28と45のニ焦点切り替え式で、今度のは単焦点で28mm、やっぱ小さくてけっこうよさそうな印象が。

ええ、会議中に考えました、実物も見ていないのに(笑)。名前をメモして、色々と。

で、のちほどボスに電話。

「えーと、毎日持ち歩けて、いつでも、どこでもってなもんで"EVERY"ってのはどうでしょうねえ?」

「おー、なるほど。それはいい」

というようなコトがありまして。実際にはEVERYDAYになりましたが、一応ネーミング案に参加したと。

なので、個人的に持っていたかったカメラでございましたが...なぜか、買う機会もなく。
先日行ったリサイクルショップに100円で落ちていました。

100円。

ま、傷だらけだけど、とりあえず使ってみましょうって。

Dscf9263

28mm F4.5という暗いレンズも笑えてしまいますな。4枚レンズで周辺光量が相当落ちるらしいので楽しみです(爆)。

GR-1sとは比べ物にならんでしょうけど、それはそれでモノクロぶち込んで遊べそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

云いたいことは色々ですが...

すみません、ちょいと教室が立て込んでまして、さらに原稿書きなどで徹夜続きのため、ちょいと更新できなくて。

明日の夜には、また更新します。

ちょっと色々と原野竜子と、いや腹の立つこともあって云いたいことはあるのですが(爆)。
みなさんも報道で聞いたと思いますが、いいかげんブチ切れです。
ANAにはもう乗らないと決めました。JALに変えます。

ま、そんなことで、また明日。

|

2009年4月13日 (月)

第17回フィルム一本勝負【2】

昨日の続き、小樽/末広町・梅ヶ枝町です。

0900411_22

No.22


090411_24

No.24


090411_26

No.26 CommAさんセレクト


090411_30

No.30 あややさんセレクト


090411_31

No.31 ainosatoさんセレクト

てなわけで、光と影と遊べました。まあ、天気がどうだろうと遊ぶのには変わりませんが、やっぱりこういう空のもとで撮れる幸せ。
一本勝負は全部見せてナンボなんですが、まあ、こんな感じでお許し下さい。

決まった時間でエリアを歩くこと。被写体を探すのではなく、町を歩くことの楽しさの延長に写真があるわけで、そのスタンスを忘れると苦痛だけが残ります。

この一本勝負のおかげで、見知らぬ町に降り立っても楽しく町歩きができるってなわけ。

一人でも可能なこの一本勝負。多くの方に、ぜひやってもらいたいです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

第17回フィルム一本勝負【1】

4/11恒例一本勝負の日。
今回はいつもの小樽、末広町/梅ヶ枝町です。好きなエリアでもあり、またスコーンと晴れた天気の下気持ちよく撮影が進みました。

メンバーはainosatoさん、CommAさん、hirosさん、本部長さん、あややさん、ベニさんと私の7名。

まずはインデックスから。(クリックで横900ピクセルになります。それ以上の大きさになっている方もクリックで適正な画質で見ることが可能です)

090411_index

YASHICA FX-3  Carl Zeiss Distagon 2.8/25 T* FUJICOLOR100

前半セレクトはこちらへ↓

続きを読む "第17回フィルム一本勝負【1】"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

本日一本勝負につき。

今日はネタがありませんw
デジタルカメラを持参せずに小樽へ行きました。ああ、なんて素敵(ばく)。

なので、こんな一枚を。

Bibai2

美唄鉄道 東明駅に保存されている2号機(形式4110)です。

今年も会いに行きたいです。

え、これだけ?

ですw

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

んで、えひめはさくらもある。

愛媛という言葉の響きは何かいい。「えひめ」だ。
みかんもいいけど、桜もいい。

二十年ほど前に一度だけ訪れた松山市、遠くにお城が見えたとき「いつか行ってみようと」思い続けてこんなに時が経ってしまった。

ロープウェイで(そんなに高低差はないのだけど)登った先にそれはある。

Imgp8251

市内を一望できる松山城。


Imgp8288


Imgp8295


Imgp8299

桜だ、やっぱ桜がいい。

今年は東北で桜を楽しむことができないので、味わっておいてよかった。

3/30 松山城

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

そう、えひめはみかんだ。

四国はモノクロ編が現像終わったんで始めました。photo:modeで随時出します。
んで、四国なのですが...

同じ日本なので安心してあちこち回りましたけど、やっぱりニッポンはいいですね。
何を今更なんですが海外生活の長い私はそう感じます<ウソ

Imgp8205

私にとって憧れの温泉。それが「道後温泉」です。温泉好きなら、日本最古と云われているここへ入らねばなりません。いつかここに行く、そう決めて数十年。ああ、やっと来れた。
感激のお湯につかれば、あれほど歩いたのに足の疲れが一発で取れてしまいました。

値段も400円と安価ですし、休憩所を利用したりするプランを選べばさらにのんびりできますよ。今回は初回なので一番スタンダードなお湯を選びました。

松山市内は伊予鉄道が路面電車、郊外電車、バスなどを走らせて便利に移動できます。今回、伊予鉄のICカード「い〜カード」を購入。

Imgp8316

私はデザインカードを購入。伊予鉄のセンターで買うと「記名式がおすすめです」とのこと。聞けば500円のデポジットが不要で、2000円フルに使えるっていうじゃないですか。

JR北海道のkitacaやJR東日本のSuica同様のタッチだけで改札が通れる。実は30日は松山市内をのんびり歩き回りましたが、電車に乗ったりして「全部使い切ろう」と思っていたのでした。
しかも市内から松山空港のリムジンバスもこれが使えるって聞いたのでバス運賃400円を残すようにうまく使い切る予定だったのですが...

なんかヘン。余るのですよ、計算したのに。

実はコレ、ICい〜カードを使うと運賃がすべて10%OFFになる!!ありゃ、知らなかった。そりゃ余りますよね。(自宅に帰ってから気がついたってのもマヌケだ)

Imgp8213

道後温泉駅。風情がいいです。湯上がりはベンチで風に当たってから電車に乗ったり。


Imgp8338

郊外の駅は、けっこういい味わい。ただ、松山市内そのものは、もうそんなに旧い場所がいっぱいあるわけではないのです。少し離れた方がよかったかなあ。

ところで、四国と云えばうどん、というイメージありませんか?

はい、見事に裏切られました。

香川以外ではあまりおすすめできないです(笑)。コシもなく、箸ですくうとブツブツ切れたりしてちょっと文字通り麺喰らう。しかも「製麺所」の看板があった店でも、です。

やっぱり「デコポン」とかみかん関係が旨かったです。ええ、ポンジュースの故郷ですから。
道後温泉で湯上がりにポンジュースと思ったら自販機、売り切れでがっかり。

愛媛はみかんだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

風情。

ちょうど本部長さんのところでは街をどう活かすか、ということが話題になっていました。
ちょっと旧い町並みを観光資源として活用している場所も増えてきましたが、それには住民の方々や地元商工会議所、そしてやる気のある若い方々の力が必要です。

でなければ行政は動かないもの。

Imgp8024

今回の四国の旅で感じたのは、町を残そうという地元の方々の気持ちの強さに心を打たれました。確かに観光化と保存と云う難しい問題はあります。

風情を感じる場所、といっても無意味なお店を誘致してその町と関わりのない雑貨店などもけっこう散見されるのがちょっと残念ですが、それでも人が暮らし、そして人が来ること、これが生き生きとした本来の町なのでしょう。

往来がなくなって、活気が停滞することが一番いけないこと。

Imgp8100

子供の声が聞こえる。店の前からにぎやかな声が聞こえる。

そういうシーンに出会えることだけでも安堵をおぼえます。


Imgp8056

北海道はどうでしょう。魅力のある町で人を呼べているでしょうか。
かに、帆立、ラーメン、じゃがいも...これだけで満足していると北海道に未来はありません。実際国内旅行の人気ランク、北海道は年々下がっているのです。
「どこへ行っても同じだ」と手厳しいリピーターが指摘するように、食べ物にしても食材のよさだけでは人を呼べなくなったのかもしれません。

元々歴史の短い北海道で、町の魅力を活かすのは難しいのですが、人の匂いがする本当の活気ある町を作るには、住民の方が、自分の町の魅力に気がつかねばなりません。

小樽や函館には独特の文化が育んだ風情がありますが、他の場所でもそこんとこ見せないといけませんね。少しでも私たちのような写真を発信する側がやらんとダメなのでしょう。

頑張ります。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

蒼くなりました。

今日は仕事の打ち合わせ、画像の納品、フィルムの仕上げなどで一日が終わりました。
取引先へ車を走らせると、あら、とうとう札幌市内の創成川沿いのトンネルが完成していたんですねえ。ずいぶん長い工事だったけど、通り過ぎるとあっという間。

Imgp8733

いや、市内中心部から豊平へ行く用事だったんですが、驚くほどスイスイで、わずか5分で到着。いやー、こりゃあ便利です。

ちょっと昨日の入学式の写真で凹み、頭の中がもやもやでしたが最近の夕暮れを見る度に救われたような気がします。ああ、また明日頑張ろうと。

ここ最近は、本当に空がキレイだ。

Imgp8742

青が最高に気持ちのいい色になった。
これで夜歩きも加速しそうですよ。最近、夜遊び写真をしていなかったんですけど、室蘭へ行ったのがあるので随時photo:modeにて公開します。
四国のモノクロ編も始めました。こっちが本命(笑)。

明日はどうも雨が降るらしいが...

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

今日のお仕事。

小学校の入学式でございました。
まだまだ子供、ですわね。ぜんっぜん云うこと聞かない奴がいて大変。

集合写真はもう、大変。

『はい、足をちゃんと揃えてねー!!』この後におよんでドタバタする奴。

『はい、口開けないでね〜』シャッター押そうとしたら、わざとに口を開ける奴。

『はい、そこ横にならないで起きてね(笑)』となりの人にもたれかかって寝転ぶ奴。

頼む、しつけは親の責任だ。

疲れた。

その後は、カルチャー教室の新規講座。

まあ、そんなドタバタな一日で。

なので、軽めのネタで失礼。

Imgp8229

フクロウの森。『誰か借りて下さい〜』


Imgp8308

『なんや、あれ?こっち見てるで。あんな楽器見たことあらへん』

『同じ一つ目なんだからー、仲間に入れてよ〜』

以上、松山にて。
四国編は今ひとつなので終了♪

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ヘロヘロだけど【宇和島2】

ちょっとここんとこ忙しい、というか4月からはけっこう大変でございます。
一応頑張って更新しますけど、とびとびになるかもしれません。

なので、皆様の応援よろしくです。

さて、3/29宇和島で迎えた朝です。朝から午前中は宇和島市内を回りました。ほんの二時間ほど歩いたらけっこう疲れました。

Imgp7951

まずは市内を仕切るネコへご挨拶。じゃないと、勝手に町を徘徊できないと云うことだ。
朝だと期限が悪いかもしんない。怪しいものじゃないので、許して下さい。


Imgp7953

天気が今ひとつ、でも南国らしいです。実はそんなに暖かくないの。
因みに、今回あちこち歩いた先で、お店の中ではストーブをけっこうガンガン焚いていました。気温は日中で14度前後ですから、まあ、歩くには丁度過ごしやすいです。


Imgp7959

紐、ロープの専門店みたいだ。


Imgp7960

どれが正式な名称なのかわかりません。


Imgp7962

海上保安庁みたいなカラーだったので紛らわしいぞ。

Imgp7966

売船。だと思う。こんな漢字あったか。


Imgp7968

ピンクのドアが素敵だ。意味もなく撮ってみた。空き室があるみたいなので、住んでみようかと一瞬真剣に考えてしまった。

宇和島、なかなか面白かったです。フィルム編での公開がいつかくればいいですねw
やっぱりバシバシフィルムで撮っている方が楽しかった。

K200D DA18-55/3.5-5.6II

| | コメント (2)

2009年4月 3日 (金)

ヘロヘロで着いたら港町だよ【宇和島1】

3/28 二泊目は宇和島。言葉の響きがいいすね、うわじま、宇和島。ヽ(`Д´)ノ うわーん。

Imgp7903

宇和島到着寸前、北宇和島で列車待ち。意味深なシーンには訳がある。

車掌「どうですかねえ、彼?」
運転手「ん、まあ、二回目は許さないよ」

実は、新人運転手の指導の話。この駅の前で、ブレーキ操作をちょっとしくじったちゃった新人に対して厳しく語る指導係の運転手さんと車掌さんの会話。

んで、宇和島だ。

泊まるのはいいけど、飯をどうするかが最大の課題。ホテルについて、カメラを持って歩き出すと飯屋がない。いや、正しくはあるのだけど19時を過ぎれば店が閉まる。ええっ、もう、マジですか?しかも、駅周辺にコンビニもない。

なので、色々買ってみた。

Imgp7911

左は宇和島蒲鉾として有名な「じゃこ天」しかも、奮発して「上」だ。
右は駅に売っていたブッセ。ひっくり返して生産地を見たら広島県だった(爆)_| ̄|○

じゃこ天は、まあ、普通に旨い。どこへ行っても愛媛の港沿いの町では売っているみたい。ただ申し訳ないのですが、やはり、困ったことに小樽には最強の蒲鉾屋さんがあってね。ここのが旨過ぎなのよ。もう、それを知っちゃうとね、笹かまぼこも、じゃこ天も敵わないぞ。


Imgp7912

ブッセとじゃこ天では、腹が持たないので何か探しに行く。
「ナイトストア」発見。ああ、これが愛媛名物「ナイトショップ」か。24時間やっている昭和のコンビニ。


Imgp7916

怪しくて素敵。でも店内は怪しくなかった。弁当とか飲み物とか、ちょっとアダルトな本が売っているだけ。洗剤とか、日用品も一応あるけど、古そうだだった。弁当を買おうと思ったのだが、残念ながら売り切れていた!そりゃあ、困る。


Imgp7919

夜の街を彷徨う。腹減った、飯食わしてくれ!!
でも、こういうのを見ると撮らずにはいられない。うふーん。


Imgp7920

アーケード街発見。開いている店はないのか?

ないみたいだ。コインショップ、とは何ぞや?ただの自販機だけだったぞ。
そもそも19時過ぎでこれじゃあ健全すぎる。立て若人よ!いや、暴走はもっと困る。

頼む、飯はどこだ。


Imgp7930

宇和島自動車バス!いい色使いだ。「宇」の字が描かれた旗がいいのう。トミカかチョロQでの発売をぜひともお願いしたい所であります。


Imgp7933

味わいのある建物に心がときめく。腹が減っても、こういうものに巡り会えれば私はそれで満足...なわけないじゃろ!もう、歩き疲れたよ。


Imgp7942

お、和霊神社ではお花見だ!!いいねえ、いいねえ。
観光客っぽく見えるワシ、声がかかるのを期待する。

「お、どこから来たの?よかったらどう?」

なんてことは全く云われることもなく、盛り上がる宴会。ちょっと寒いだろうに。


Imgp7948

お、再びナイトショップに遭遇!やったよ、なんかあるしょ。

ありました、弁当。品数少ないが、なんとか食い物にありつけました。
牛乳の味が薄かったのが不満だけど、まあ、弁当は旨かった。

Imgp7949

しかし、コンビニがこんなに見当たらないとは思わなかった。そういえば高知も少なかった。高知駅前を歩いても、ローソンが一軒あった程度。
ふだん、コンビニに囲まれている我が家のありがたさ。(もっとも、コンビニ激戦区なので、すでに三軒つぶれているが、徒歩圏内にセブンイレブン、サンクス、ローソン、ファミリーマート、セイコーマートがあるってのは素晴らしいかも)

やっとこれで、眠れます。

明日は濃いエリアが待ち受けてますので、ゆっくり休まねばと。

※四国編中途で打ち切りするかもしれませんので、ご了承ください。
画像はphoto:modeにて続けようかと思いますが、はたして。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

ヘロヘロさん松丸へ戻る【松丸】

昨日の続き、予土線で愛媛県内へ突入した私、一度は鬼北町の「近永駅」で降り立ったけど、今ひとつだったんで二つ前の駅、松丸に戻ってみた。なんとなく匂ったから。

Imgp7838

本部長さんリクエストにより、四万十川を渡る車窓より。なんてことのない光景でスマソ。


Imgp7839

もうすぐ松丸。ここは違うよ(笑)。いやぁ、風情のある駅ですわ。(吉野生駅)


Imgp7871

予備知識ゼロなので、駅前から匂う方へ歩いてみる。ビンゴ!
西日本らしい気高さを感じる旧さ。

ああ、やっと気持ちが落ち着いたよ。なにせ、自分で決めたミッション「8.8カ所」の町は撮らなくちゃならんので。

町の写真はフィルムがメインなので、デジタルは参考までのものばかりです。


Imgp7875

昔は井戸があったのだろう。今は使われていないようだ。
牛乳箱の位置が低いのがすっごく気になるけど、これも使っていないみたい。
牛乳箱は何かに転用できれば、ひとつ欲しいところ。花でも差したら可愛いかな。


Imgp7880

瓦屋根を維持するのは大変なのでしょうな。ましてや台風が多い地域だけに色々ご苦労もあるのではないかと思います。文化を守ると云うか、まずは自分の生活が先だよね。


Imgp7882

駅前の風情。駅そのものは町のコミュニティセンターと温泉を兼ねていて、新しいのでパス。でも、時間があったら温泉へ入りたかったぞ。


Imgp7883

宇和島バスの乗り場らしいが、もはや乗り場というよりただの自販機センター。
待合所もないので、どこで待てばいいのかわからない。
でも、乗らないからいいけど(笑)。

松丸駅をあとにして、あとは本日の宿泊地、宇和島まで一気にまいります。
これで「高知市」「近永(鬼北町)」「松丸(松野町)」と三カ所はクリアしたっす。

撮影:3/28  愛媛県北宇和郡松野町松丸

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

ヘロヘロさん移動しとります【高知市〜近永】

3/28高知市内での朝を迎え、街に繰り出そうかと思いましたがやめますた。
やはり県庁所在地よりも小さめの街を狙いましょうと。

Imgp7763

できれば路面電車で、市内を見てみたかったけど、今回はやめときます。
高知駅も一年前に建て替えられたそうだ。しかし、駅前の広場は全然未完成。まだ工事中で、時間がかかりそうな気配。

高知から松山までの移動はJR。途中で乗り降りするとコストがかかるし、途中で特急なんかも使いますわな。なので、高知駅のみどりの窓口で聞きました。

「高知から宇和島経由で、松山までなら乗車券なんぼでんねん?」女性の優しそうな担当者へ聞いてみる。

『はい、乗車券が4,650円かかります。ぜんぶ普通列車で行かれますか?』

「できれば、あちこち降りたり特急も使えたら...」

『それなら、こちらのきっぷがおすすめですよ♪』

お!!!!素晴らしい!!これよ、これっ!!

Imgp7768

四万十・宇和島フリーきっぷ。今回は土佐くろしお鉄道の区間(窪川〜宿毛)は利用せず。
フリー以外でも途中下車はもちろん、何度でも特急列車が利用可能です。

これなら時間も稼げるし、安価です。いいきっぷ、さすが。宿毛〜宇和島はバスも使えので、余裕があるなら、これで見て回りたかったもんだ。(最初から知っていたら宿泊予定も変えたのになあ)

Imgp7772

まずは、高知〜須崎まで普通列車に乗ってみる。岩手県交通カラー!!嬉しい!!
カレーパンマンもニヒルに笑う。いくぜ、おお!

Imgp7800

んで、須崎から窪川までは南風3号、JR四国が誇る振り子型気動車2000系。しかも、アンパンマン列車仕様(笑)。JR北海道のキハ281系気動車も、これが参考に。

Imgp7801

んまあ、派手ですね。しかも車両によって色が違います。


Imgp7809

いよいよ、今日のハイライト(なのか)、窪川からは予土線に乗り換え四万十川を見ながら宇和島方面へ向かう。もちろん途中で下車するけど。
お客さんも四万十川をのぞむ車窓に釘付けなのです。川は蛇行して、そのど真ん中を突き進むので車窓の左右で楽しめます。

Imgp7867

んでさ。途中下車した「近永」という駅でこれを見た。
かまぼこの板へ絵を書いたり、アートをして応募しろと。かま栄さんの板カマを買って、みんなで応募しましょう!本部長さんはご存知なのかな?

そんなわけで、とりあえず3/28の前半ですた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »