« 第17回フィルム一本勝負【1】 | トップページ | 云いたいことは色々ですが... »

2009年4月13日 (月)

第17回フィルム一本勝負【2】

昨日の続き、小樽/末広町・梅ヶ枝町です。

0900411_22

No.22


090411_24

No.24


090411_26

No.26 CommAさんセレクト


090411_30

No.30 あややさんセレクト


090411_31

No.31 ainosatoさんセレクト

てなわけで、光と影と遊べました。まあ、天気がどうだろうと遊ぶのには変わりませんが、やっぱりこういう空のもとで撮れる幸せ。
一本勝負は全部見せてナンボなんですが、まあ、こんな感じでお許し下さい。

決まった時間でエリアを歩くこと。被写体を探すのではなく、町を歩くことの楽しさの延長に写真があるわけで、そのスタンスを忘れると苦痛だけが残ります。

この一本勝負のおかげで、見知らぬ町に降り立っても楽しく町歩きができるってなわけ。

一人でも可能なこの一本勝負。多くの方に、ぜひやってもらいたいです。

|

« 第17回フィルム一本勝負【1】 | トップページ | 云いたいことは色々ですが... »

コメント

たしかに。
最近は町を歩くことそのものが楽しくなってきました。
一本勝負のおかげで、斜めにも歩けるようになりましたし。。

投稿: hiros | 2009年4月13日 (月) 22:27

写真を「撮る」のではなく、写真に「する」・・・
ariariさんの街撮り写真を見ているとその意味がよく分りますね。
セレクト以外にも、26の絶妙な傾き、31のギリギリまで引き算してなお語るものなど、さすがです。
いつも勉強させて頂いて感謝です。

投稿: あやや | 2009年4月13日 (月) 23:27

最後の一枚の影と光が私も好きです^^
私のブログに来てくださる愛知の方が、以前
「フィルム一本勝負in常滑」を実施されていました。
全国に広がるといいなあ。

投稿: mamako | 2009年4月13日 (月) 23:28

お疲れ様でした。
今回も楽しい一本勝負でしたね。末広町、梅ヶ枝町想像以上にディープでしたね。まだまだ小樽には知らないところがありますねえ。
ラスト、この光の具合、そして傾き具合と切り取り。全く同じものを写しているからこそ、とても勉強になります。ありがとうございます。

投稿: ainosato | 2009年4月14日 (火) 06:44

フイルム一本勝負お疲れ様でした☆
やっぱりariariさんは撮り慣れてる。見た瞬間にそう思いました~
撮りたいものがあっても自分では表現できない被写体があったとして、
それを自然に、しかも自然な傾きで(笑)撮るというのは簡単なようでいて
とっても難しいというのは自分でやっててわかるので、
それを難しく捉えずに楽しく良く撮れる、尚且つ自然な傾きで(笑)
そう出来るようになるのが今目標としています。
ちょっとづつ自分なりに街撮りを楽しめているので、
最初はariariさんの真似からしていますが、いずれ自分の個性になればなと思ってます。
無意識で傾けれるくらいになりたいw
選ばせて貰ったのは可愛らしい立体感と色のNo19ですが、
No.31の切り取りが好きです。一本勝負で記録写真撮らないように我慢しなくちゃ!と思いました。
また個人的に撮りにくればいんだしw
ちょっとづつ、皆さんの良い所を盗まなきゃですね☆

投稿: ベニ | 2009年4月14日 (火) 15:00

No.24、梅ヶ枝の廃屋も撮られておりましたね。
梅ヶ枝は比較的建て替えが進むなか、取り残されたような一角が沁みます。
以前、この辺に土地があって、住もうか迷ったこともあるのですが、冬がたいへんそうで諦めていたんですよ(^^ゞ
ちなみに地価は異常に安いです...築30年くらいの家つきでも2リッタークラスの車より安いかも...

話し変わりますが、昨日の新聞一面のことなど、ariariさんがたいへん心を痛めてるんだろうなと思うとやるせないです。
おそらく、そのような情報は既知なことだったでしょうけど、あたしあたりは初耳でして驚きを禁じ得ません。
お花のヒコーキ好きな皆さんのことを思うと本当に残念で残念で...
時間作って丘珠へ訪れようと思ってます。

投稿: 本部長 | 2009年4月15日 (水) 12:48

>hirosさん
こんばんは。はい、斜めに歩けるようになったのはカニの食べ過ぎですw
町を歩くことが楽しくなったというのも世界が広がって何よりですよ〜〜

>あややさん
こんばんは。私はどこの町を歩いても、なんとか自分の町にしたいんです。
自分が気に入ってシャッターを押したのですから、自分が出なくてはと。
強引な感じもするんですけどね、写真に「する」ってのは。

>mamakoさん
こんばんは。ラストさりがとうです♪この一本勝負の醍醐味は「全部見せる」ってことなのですよね。つまりその人がシャッターをなぜ押したのかというのを読む作業が必要です。
良いとか悪いとか、何を感じたのか。そして自分はなぜ撮ったのか。
常滑ですか。それは、素晴らしい。全国に広がるってのが望みですねえ。

>ainosatoさん
こんばんは。楽しかったですねえ。なんといいますか、その小樽は困る町です。
同じ表情をなかなか見せないです。それは、もしかして撮る人にスキを与えない(笑)。
油断できない怖さがそこにありますから、こっちも真剣です。だから楽しいですね。

>ベニさん
こんばんは。いやいや、もう貴女は自分の個性が出てきていますよ。
一本が練習みたいなものですから、私も緊張して挑んでいます。
まあ、その撮り慣れているのは、そうです。(笑)それぐらいしかアドバンテージはないですけど。
斜めになっているのは、もう体が傾いているとしか云えないです(爆)。
私のマネなんかしちゃったら、もう取り返しのつかないことになりますよー。

>本部長さん
こんばんは。うひゃー、梅が枝って、そんなに安いの?(笑)
しまったなあ、退職金が残っていれば(爆)。
やはり、小樽にはまだまだ未知の部分があって困ります。
もう、なんといいますかもしかして時間が止まっているんじゃないかと。
まあ、住んでいる方にはその方がいいのかもしれません。
私たちにも...
例の件、もう怒りと云うか、ANAはもう全日本空輸じゃなく大東京空輸にでも改名すればいいんじゃないかと思いますね。

投稿: ariari | 2009年4月16日 (木) 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/44661204

この記事へのトラックバック一覧です: 第17回フィルム一本勝負【2】:

« 第17回フィルム一本勝負【1】 | トップページ | 云いたいことは色々ですが... »