« 震える。 | トップページ | 更新お休みのお知らせ。 »

2009年3月25日 (水)

19の春。

森山先生が北海道をうろうろしていた頃、私も丁度写真を本格的に始めたわけで。
1978年から79はどっぷり写真漬けの毎日を送っていた頃だった。

撮影も露出はいいかげんだし、現像もいいかげん、とんでもないネガを量産。
カメラの露出計が当てにならなかったことは言い訳に過ぎないが、別にその頃は森山大道氏を意識したことはなかった(というか、まだ存じ上げていなくw)のに、思いっきりハイコントラストで酷い絵だった。

なので、焼くこともなくそのまま放置していたのだが、やはり「北海道」写真集が30年経て出されたということもあり、私も30年前のものを出してみたり。

790303

まあ、何って...ひどいもんです。

そのネガをスキャンしてphoto:modeへ出して行きます。(って、わずか数枚だけど)

今だから出せる。そんな気分。

1979.3  Nikon F 35/2.8 kodak Tri-X

|

« 震える。 | トップページ | 更新お休みのお知らせ。 »

コメント

何処に何があるかもわからない部屋から30年前のネガがサッと出てくることに感動します。
記録に残すことの大切さを改めて感じます。

投稿: hiros | 2009年3月25日 (水) 23:05

>1978年から79
a師匠と同世代のあたし。。。
同じ頃あたしも北海道をうろうろしてましたね(笑)
ただ、カメラはあまり持たない時期でした。

この頃、もっとまじめに写真撮っておけばよかった。
札幌駅前の全日空とかで「使わなくなった周遊券ありますか?」。
なんて旅行者に訊いていた不真面目な時代です(ばく

投稿: swallow | 2009年3月26日 (木) 00:32

森山大道さんの影響が大きいのですね~。
やはり関心・・・19の春・・・・う~ん、やっぱ凄い!

投稿: nori238 | 2009年3月26日 (木) 23:40

>hirosさん
こんばんは。いやー、旧いネガは車庫なんですが、カラーは一応全部部屋の片隅に。
そのカラーに混じって発見されただけでして。記録は大切だけど、それ以上に何をその時に感じていたのかを知ることでしょうかね。

>swallowさん
こんばんは。岩見沢教育大のお近くにイタとは(笑)。変わっちゃいましたよ。
えー、確かに年代は近いのですが、先輩w!
写真はいくらとってもきっと「撮り足りない」と思うものだと思うんです。
なので、後悔しないようにバシバシ撃って行こうと決めました。
周遊券、確かに使い回しは経験あります(爆)。

>nori238さん
こんばんは。森山先生の影響を受ける前に「森山先生に冒された大学生の写真部」に感化されちゃって(笑)。なので、こういう人間の出来上がりです。
ただ、マネをするというだけじゃダメですから、自分の絵を叩き出すのに時間がかかっています。
実は、27歳から10年は撮らない時代が続きました。リハビリに数年かかっています。

投稿: ariari | 2009年3月27日 (金) 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/44465882

この記事へのトラックバック一覧です: 19の春。:

« 震える。 | トップページ | 更新お休みのお知らせ。 »