« 鉄道博物館モノ萌え。 | トップページ | 選択肢は多い方がいいに決まってるだろ。 »

2009年2月21日 (土)

おしえるということ。

昨夜は女性のための写真教室「夜のまちを撮る」でした。

この寒いのに夜遊び推奨なんて、とんでもない教室だけど10名の申し込みがありました。
富士フイルムで講義の後、みんなで駅前通りから大通4丁目交差点まで一時間かけて撮り歩き。

いやー、もうみんな熱心だなあ〜〜あいにくの雪だってのに。

Imgp6863

雪まつりも終わった、イルミネーションもない今の札幌で何を撮るか。

悩みましたね。

そもそも、写真教室って何を教えていいのか、もう何年もやっているのにまだ明快な答えが出ていないのです。構図とかカメラの操作なんてのは、まあ、多少必要だけど。

いつも、考えて頭から離れません。

Imgp6878

私は有名な写真家でもないし、写真が上手いわけでもないのだが、一つだけ誇れるものといえば...

「生徒さんの個性を引き出したい」

という信念だけは強い事。

その人の撮る写真を絶対に否定しない。シャッターを押した理由が必ずあるからだ。

Imgp6884

あとは、その人の視線をとにかく褒めます。お世辞じゃなく。

自分の感じたものを残すなんて最高だ。見たものを絵にできることの喜びを感じてあげたいのです。

そして、どこだって、いつだって写真は撮れる。

もっとも、撮っている方はその個性に気がついていないわけで「これでいいのだろうか?」といつも不安になっています。

写真を始めて、みなさんこのコトにブチあたります。でも、大丈夫。

「その写真はあなたにしか写せない」から。

Imgp6892

一人でも多くの方が写真を楽しんでもらいたい。

そのためならと私も楽しんで講座を続けたいなと思っているんです。

いつまでできるのか、ちょっと先が見えないのだけど。

そのためには自分も、もう少しまともに腕を上げねばならんと思いますが...
まあ、それこそ私は自分らしさというのがわからんのでありまして(笑)。

...しかも、ブログに写真をアップするよりオマケネタの方が人気あるし(爆)。

明日は撮影のお仕事です。おかげさまでスケジュール満杯。遊べない...

|

« 鉄道博物館モノ萌え。 | トップページ | 選択肢は多い方がいいに決まってるだろ。 »

コメント

そういう教え方、いいですねぇ~
>>女性のための??
というところが興味をひかれました。
僕も数年前、新人教育(約2ヶ月あります)の講師を何年かやったことがありますけど、
女性限定なら、毎年やりたい。。。。(しかし、私の業界は約8割9割が男性(巨爆))

ああ~、J師匠から褒められ怒られ、う~大先生からカメラの操作や心得、
背中を見ていて撮影とは何か、を教わった日々が懐かしいです。

そういえばariari先生からは、「あえて強制発光」という技を教わりました(^^)v

投稿: 金太郎 | 2009年2月21日 (土) 23:55

「生徒さんの個性を引き出したい」…私はこういう先生に出会いたかったのです~
 これが一番だと生徒の側からも望むところなのです。やっぱり札幌まで行かなくてはダメかな~
 これは何?なんて言われてぎゃふんとしましたが〈笑)私なりに写したかった理由はあったのに・・・
 ariari先生いつまでも教えていて下さいね!スケジュール満杯は幸せなことですよ!

 

投稿: Amy | 2009年2月22日 (日) 00:00

そちらに済んでいましたら絶対にariari先生に習いたいです
本当に撮っていても「これでよいのだろうか」はいつも思っています
自分の個性は分からないものですね
街撮りはいつも決まりがなくただここかな?って感じで撮るだけです

ariari先生人気でしょ?
そちらの方がうらやましいです
photo:modeの写真はいつもためいきです

投稿: 気まま | 2009年2月22日 (日) 00:54

はい。ariari先生は、人気です^^

投稿: 生徒M | 2009年2月22日 (日) 01:05

いつもご一緒に撮影させていただいていることが
オイラにとって勉強になっています
ariariさんの写真に対する情熱は言葉を交わさなくても
ひしひしと伝わってきますし(って、危ない発言?~ばく~
本当に感謝いたしております m(_ _)m

んで、オイラはariariさんにありがたい教えをいただいても
おりますので、ちとご紹介いたします(笑

1)撮れるときに撮れ
いつその風景(建物)が無くなるか解らない
2)北海道に来たら土産は「ガラス玉」
すっかりと沼に沈められました(ばく _| ̄|〇
3)宿は湯治部
旅館部はもうイイです(ばくばく
4)食えるときに食え
東洋ぅ~ (T_T) (なぞばく

投稿: いしのまきまき♪ | 2009年2月22日 (日) 01:14

自分でも何を撮りたかったんだか分からない写真がゴロゴロあるんですけどね、それを考察するのもまた楽し…‥
ココで、1コマ1コマの大切さを学んだよ⌒♪″

投稿: まき | 2009年2月22日 (日) 02:59

改めて思いました。
「写真を楽しんでいる人、好きな人はたくさん居るけど、ariariさんほど写真を楽しんでいる人を好きな人は居ないんじゃないか」と。

「上手な写真」ってなんでしょうね?私は「イイ写真」が撮りたいです。
これからもご指導よろしくお願いします。m(__)m

投稿: hiros | 2009年2月22日 (日) 07:55

焼き増ししたの?っていうくらい同じ構図だらけのケーキの写真でも
ariari先生にほめてもらいました^^
超初心者でも楽しく参加できました!

投稿: 生徒k | 2009年2月22日 (日) 15:28

携帯からだと『おかげさまでスケ』で1頁が終わるので、続きが『ベで参ります…』かと思ったが、やはりそんな事はなくガッカリしました。

裏切られた…俺はスケベなのに。

投稿: hurryblood | 2009年2月22日 (日) 20:00

>金ちゃん
こんばんは。女性限定の教室ですと、生徒さんがリラックスできるようです。
男の人って、教えたがりとか出て来ちゃうし、マニアックな方向へ勝手に行く事もあってね。<先生がマニアだって(爆)
ヒコーキの世界はお師匠さんがいっぱいいるので、こっちは生徒気分を味わえて楽しいです〜

>Amyさん
こんばんは。なにせこっちのセンセイは「はい、こうやって撮るの。ほら、見て」とファインダーを覗かせて、しまいには生徒が一斉に同じ構図で三脚立てて(笑)。
それじゃあ、センセイの写真になっちゃう。
私が東京で教える事ができないのは、東京にも先生がいっぱいいるんで、こっちから出向くのはまず難しいです。大人の事情で「なんで北海道くんだりから呼ぶんだよ」と文句が来ちゃいます(笑)。
東京に自腹で遊びに行く時、関東の方を集めて楽しく講座なんかできたらいいのですが。

>気ままさん
こんばんは。えー、ありがとうございます。そうですね、いつか東京でもやってみたいです。色々難しいのですが。
気ままさんは、写したいものをストレートに撮られるので見ている方も気持ちがいいほど伝わりますよ。
人気ですか?いえいえ、全然ないの(爆)。あったら、今頃豪華な部屋に住んでます〜♪

>mamakoさん
こんばんは。え〜〜そんなことないです。ホント。人気あったら、バレンタイン一人で過ごさないです(笑)。

>まきまき♪さん
こんばんは。私は何も教えていないですって。ただ、好きな町を撮り歩けばきっといいものがモノにできます。
ただ、ほんっとに、最近は急がないと無くなるものが多くてかなり焦ります。
それは建物もそうですが、美味しいお店も突然なくなっちゃうんですよね。
東洋のハヤシライス、一度しか食べる事ができず、本当に悔やんでいます...

>まきさん
こんばんは。フィルムでじっくり楽しんで撮っているアナタのことですから、もっともっと楽しめますよ。鉄道博物館も近くなったし(笑)。

>hirosさん
こんばんは。写真を楽しんでいる人が好き、まさにそうですね。私は、今、ちょっと写真を楽しんでいないんですけど(笑)。
私も上手くなるんじゃなく、感動できる写真が撮りたいです。指導だなんて、hirosさんに指導するものなんか、何もございませんよー。恐れ多いです。

>kei-koさん
こんばんは。執着することが写真の上達への道なり(笑)。いいの、似たような写真を量産することはとても大切。その違いで泣いたりできたら最高です。

>hurryさん
こんばんは。え?そんな文面ないけど??ばく

投稿: ariari | 2009年2月22日 (日) 22:49

>その人の撮る写真を絶対に否定しない。シャッターを押した理由が必ずあるからだ

響きました・・・

その人の出す出願を絶対に否定しない。発明をした理由が必ずあるからだ

発展途上の知財部員は心の中でつぶやきました(照)

投稿: ぺるの~ | 2009年2月24日 (火) 23:45

>べるの〜さん
こんばんは。知財分門は大変ですよね。感材なんか、もう特許だらけで「とりあえず出願しとけ」ってのがあったとか。でも、今は化粧品にでも化けているのでしょうか(笑)。

投稿: ariari | 2009年2月25日 (水) 19:55

>「とりあえず出願しとけ」ってのが

それで「とりあえず権利化して」「とりあえず維持して」今に至っています。一度握ったら離さないですから・・・。維持費がタイヘンよ(:-p)

あ、業務外連絡、メールしました。
今週末、流氷を見に行きます

投稿: ぺるの~ | 2009年2月25日 (水) 22:03

>ぺるの~さん
こんばんは。あらまー、北海道ですか?メール、どちらへお送り頂いたんでしょう?
こっちにはきていないですよー。

投稿: ariari | 2009年2月26日 (木) 22:02

>メール、どちらへお送り頂いたんでしょう?

ども・・・
よくわからなかったんで、「プロフィール」にあるyamatesen@yahoo...
に送ってしまったのですが。。。まずかったっすか?

投稿: ぺるの~ | 2009年2月26日 (木) 22:27

>ぺるの〜さん
こんばんは。はーい、そっちで構わないのですが、届いてないですー(泣)。

投稿: ariari | 2009年2月26日 (木) 23:00

 早速お邪魔させていただきました。
 「将来設計確実派」と評された樟葉です。

 今までは、カメラを持ってとりあえず撮るっ! という感じでしたが、もっともっといろいろなことを考えて、いろんなものを撮ってみたい! という気持ちになりました。
 はじめは緊張しておりましたし、「初心者」ってあるのに、なんだか皆さんカメラもいいものもってらっしゃるしっっorz という心境でしたが、とても楽しく2回の講座を受講させていただきました。
 本当にありがとうございます。

 他の受講生の方とも、またお会いして、一緒に先生の講義を受けたいですね! とお別れしました。

 素敵な時間を本当にありがとうございましたっ。

投稿: 樟葉 | 2009年2月27日 (金) 23:19

>樟葉さん
こんばんは。今回の講座へのご参加、ありがとうございました。
驚くほど写真は個性が出ます。それも、テクニックを駆使したりしないうちが花(笑)。
自分の気持ちがカタチになるので、その時の気分が絵になります。
なので、同じ場所を撮っても、また変わります。
ぜひ、今後も楽しんで下さい。そして、また企画を色々考えていますので遊びに来て下さいね。

投稿: ariari | 2009年2月28日 (土) 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/44134293

この記事へのトラックバック一覧です: おしえるということ。:

« 鉄道博物館モノ萌え。 | トップページ | 選択肢は多い方がいいに決まってるだろ。 »