« ダリや? | トップページ | みにちゅあってみた。 »

2009年1月27日 (火)

おっちゃんのトラクター。

蔵出しになる前に、少し前の出来事を。
それは、1/13連休明けのこと。場所は札幌市に隣接するとある場所、以前から気になっていたのだけど時間がなかったのです。

それはチョイ古トラクターがいっぱい放置されていた土地でした。

Dsc_4960

ちょっとだけよのクボタ君、君は有名。あ、一部ではね。


Dsc_4963

サンタさんじゃないよ。このインターナショナル君も、結構北海道では現役だ。


Dsc_4965

「とーちゃーん、なんだか怪しい人がカメラ持って近づいて来た!」
「大丈夫だ、ワシが睨んでおく!」

フォード君家族は納屋で大切にされとる。しかも、なぜかネコ。

実は、ここ無人かと思ったんだけど、ちゃんと除雪されていて、人の気配を感じました。
許諾を得ようと納屋までたどり着くとおじさんがいました。

「あのー、トラクターの写真を撮らせて下さい」

「え?...(しばしジーッとワシを見つめる)失礼だけど、何するの?」

「あ、ただトラクターが好きなので」

「あ、そう。ゴメンね、色々あってあんまり人と話す事がないもんでさ」

Dsc_4968

誰?誰?誰〜〜?って、みんなから見つめられました。


Dsc_4971

こいつはまだかなり新しいぞ。顔艶が違う。

もっといっぱいあるんだけど、他のトラクターは完全に雪に埋もれていました。

さっきのオジさんとお話をしました。

「俺は、もう負けた人間なんだ。家族にも捨てられ、世を捨てたんだ」

お話を伺うと、関東で暮らしていたオジさんは息子さんを亡くし、奥さんとも別れ、会社も辞めて流れ着くようにこの土地へ来たとか。
トラクターが好きで、中古のトラクターなどの売買をしてひっそり暮らしている。でも、一人でやっているから色々騙されたりとかして人間不信に陥っていると。

「すぐ近くの農家も、金持ちのくせにまだトラクターの金払わないしよ。ここ数年はまともに風呂にも入っていないし、服も着たきりだからな」

一時間くらい立ち話をしました。人とまともに話すのは久しぶりだって。実は、マニアならヨダレを流すような外国製の四駆トラックがありました。「電話でしつこく『売ってくれ』ってさ」

「ダメだよ、足下見られたら。ふっかけなよ(笑)」と私。

「あ、それそれ、ふっかけるか。わはは、その言葉だよ」

「おじさん、負けじゃないよ。この土地だっておじさんの所有でしょ?それに好きなものに囲まれて生きているんだもん、いいじゃない」

「そうか?ははは。あんた面白いね」

人生の話、とっても楽しかった。

「写真撮らせて下さい!」って聞いたら「おお、オレのことを書いてくれ。いろんな人間が暮らしているんだ、アンタ政治家になれよ(笑)」...わはは、そりゃあ無理ですって。

Dsc_4975

また雪が溶けたら遊びにくるね、と握手を求めると「俺の手、洗ってねえぞ、いいのか?(笑)」軍手を脱いでくれました。ごつくて暖かい手でした。

おっちゃん、またね!!

D700 Cari Zeiss Planar 1.4/85 T*

|

« ダリや? | トップページ | みにちゅあってみた。 »

コメント

なんかいい話しですね。
このおっちゃん純真に生きている感じがします。
負けたなんていってますけど、全然たくましい。負けてなんかいないですよ。

昨今、日本の失業者数は40万人とも100万人ともいわれてます。
トラクターの売買、全然失業なんかじゃないです!

トラクターバンザイ!僕も後20年したらトラクター買います!(o^-')b

投稿: 金太郎 | 2009年1月27日 (火) 21:07

いやぁ、この現実を突きつけられたというか、本当にたくましく生きている人間とは、何かと考えてしまいました。
このおっちゃんの側に立てるariariさんの目線、さすがです。
世の中、一見成功しているように見えるものほど臆病で卑怯なものばかりなのではないかと...
(ちょっと中島みゆきの「世情」が流れております、頭の中で...)
自分の街撮りというか、人との出会いも真っ直ぐでありたいという思いを強くいたしました。

おっちゃん、負けないで頑張って!

投稿: 本部長 | 2009年1月27日 (火) 21:56

>金ちゃん
こんばんは。このおっちゃんとは、すっごく濃い話をいっぱいしました。
とても書ききれないほど。それに、この方、すっごく世の中の情勢をよく見てます。
自分では負け、なんて云っていますが勝ち負けってナンだろうと。
お金をどれだけ稼いだかで勝敗が決まるならば、そんな人生なんか要らないです。
私はこの世で何を残せるか、何を伝えられるのかって。
土地があれば私も古いトラクタ欲しい。

>本部長さん
こんばんは。本当にたくましいし、自分の考えを曲げずに生きていると思いました。
「中古ってさ、あとから色々文句言われちゃってね」と嘆いていました。
カメラにしてもある程度のリスクを承知で買わないとね、なんて話もして笑いました。
どんなに成功したって、一夜にしてどん底に堕ちるのが今の時代ですし、絶対なんてないんだろうなあと感じました。
春になったら、また会いにいこうと思います<そういう方が多くなってきました(^^;

投稿: ariari | 2009年1月28日 (水) 00:02

おっちゃんとの会話にジーンときました。
春の写真も楽しみにしています。
FORDのトラクター気に入ってしまいました~

投稿: Amy | 2009年1月28日 (水) 00:29

出ましたね。ariariさんの人間シリーズ。
さすがですねえ。心に染みました。

投稿: ainosato | 2009年1月28日 (水) 07:16

勝ち負けって何なんでしょうねぇ?
いいじゃない、生きているんだから・・・
ホントおっちゃん負けてないよ・・・絶対

>アンタ政治家になれよ
こう言われるariariさんに脱帽です。
人との接し方が素晴らしい・・・あっ
もちろん写真も・・・

投稿: たいちょう | 2009年1月28日 (水) 08:42

>Amyさん
こんばんは。春になったら、おっちゃんと一緒にトラクター売りになっているかもしれません...(笑)。
FORDはさすがアメリカントラクター、いい味わいですね。

>ainosatoさん
こんばんは。人間シリーズ、名誉な命名をありがとうございます。
やっぱり伝えなくてはならんことをこれからも発信してゆけたら、と思います。
あんまり反応ないけど(爆)。

>たいちょうさん
こんばんは。おっちゃん本当に負けていないです。「ちゃんと税金だって払ってるんだ。だからこそ、日本に云いたい事を伝えたい」と。

実に真っ当に、真摯に生きている方です。
私に政治家になる資質はありませんが、こうして少しでも色々と人の声を伝えたいと思っています。

投稿: ariari | 2009年1月28日 (水) 22:43

なんだかあったかい^^

投稿: mamako | 2009年1月28日 (水) 22:44

>mamakoさん
こんばんは。ずっと外で一時間ほど話し込んだけど全然寒さを感じませんでした〜〜

投稿: ariari | 2009年1月28日 (水) 23:50

ariari先生、お久しぶりです。
おっちゃんとの会話、それにおっちゃんの笑顔にホロリ…とさせられました。
人は出会うべくして出会うといいますね。
もちろん先生のお人柄が人の心を溶かすからだと思います。
私も旅などで出会った人々との何気ない事が心の財産になることがあります。

投稿: cocoon | 2009年1月29日 (木) 00:12

>cocoonさん
こんばんは。写真を撮るために、というより人が好きだからこうして歩いているのかも。
でも、本当は顔見知りです、ウソみたいですが。
人柄はよくないです(笑)。旅での出会いは子供の頃から慣れているからでしょうか。
知らない人とでも「袖触れ合うも他生の縁」ですから...

投稿: ariari | 2009年1月29日 (木) 21:44

おひさしぶりです。
写真のインターはウチの近所でも活躍しています。4気筒とマツダ(パーキンスOEM?)の6気筒があったようです。ファンベルト周りなど少々変わった作り(革新的だったが強度が・・・)の部分もありますが基本的にはシンプルで故障も少ないようです。今ではあたりまえですが画期的な左手変速(前進-後退)レバー(型忘れましたがフォードにもあったような)がついてる型もありますよね。あと使ってる人の話ではMFのホイールが使い回せるという特典があるらしいです(関係者以外にはつまらない話ですみません)。

投稿: OP | 2009年1月30日 (金) 10:23

>OPさん
こんばんは〜〜。いつもありがとうございます。
インター君は、札幌郊外でもけっこうまだ現役ですね。やはり頑丈なのですか。
なにぶん、トラクター、メカの事はさっぱりわかりません(笑)。なので、とても参考になります!
ファーガソンとインターって、近い存在なのですかね。マコーミックにも似た雰囲気が。
(昔はマコーミックインターナショナルというのもありましたし)

投稿: ariari | 2009年1月30日 (金) 21:37

ホイールに関してはおそらくホイールや足回りなど大型の部品は専門メーカーに製造を委託しているためと思われます。この現象は合併吸収が進んだので他にも例があるかもしれまん。

ウチの地域ではインターは日本ニューホランドから販売され、インタートラクターサービスはマコーミックトラクタを販売しています。現在の事情ならウィキペディアにも載ってました。

個人的には合併する前のインターマクサム(写真の物より2つ新しいモデル)シリーズが欲しかったです(本気で探したことありますが良い中古が無いし新車は当時としては高価で買えませんでした)。
現在持ってる人もよほどのことが無ければまず手放さないでしょう。今動く機体は中古としても、もちろんコレクションとしても(笑)貴重になってくると思われます。たまに御影の解体屋(根室本線の線路わきにあります。あそこに行くと列車とトラクターが同時に見られるし心が落ち着きます←変態!?)行きますが写真のインターに至っては残骸さえも1~2台しか見つけられませんでした。

投稿: OP | 2009年1月31日 (土) 08:34

むう、内部事情に詳しい者の犯行…じゃなくて、お話が。

なんか段々とコアな方向に向かってますね。

一昔前は『トラクター好きなんすよ』って言っても同意が得られず、随分と寂しい思いもしたもんですけどね(笑)。

投稿: hurryblood | 2009年2月 1日 (日) 11:12

>OPさん
詳しいお話ありがとうございます。御影は近くを夜中に通過しました。
機会があれば見てみたいと思います。
トラクターの会社も色々親会社の意向で売られたり合併したり忙しいですね。

>hurryさん
こんばんは。コアな話はアナタも得意!働く車は美しい!これですよね。

投稿: ariari | 2009年2月 2日 (月) 21:57

私もトラクター好きの一人です。
ネットショップを経営していまして、農業機械のTシャツを販売してます。
ぜひ、下記のアドレスで検索を!
https://diyhobby.buyshop.jp/
(このショップを広めていただけると嬉しいです。)

投稿: 家庭のお店 | 2016年8月19日 (金) 12:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/43865622

この記事へのトラックバック一覧です: おっちゃんのトラクター。:

« ダリや? | トップページ | みにちゅあってみた。 »