« 恋人(いない)パーク。 | トップページ | 石狩で昼遊び【1】 »

2008年12月27日 (土)

今だから話せるデジタルカメラのお話【7】

本日ニ発目。なにせネタがこれからも少なくなりそうで。

<高画素の問題>
メガピクセル、つまり100万画素を超えるデジタルカメラが一般的になると、カメラとしての性能が求められるようになってきました。ただ写ればいい、というだけではなく機能や性能もユーザーは求めてきます。カメラである以上画質、そして発色が大切になってきたのです。100万画素を超えれば当然プリントという需要が出てきますから、それは当然だったのです。
そして、1999年、時代は200万画素へ。FinePix2700は700譲りのコンパクトなデザインを持ちつつ、高画素化を果たしました。富士フイルムの「画質優先指向」が評価されて人気も凄かったです。その人気を支えていたのは藤原紀香さんのコマーシャル、ということもありましたね。
ここで面白いエピソードを。今だからこその話ですが、彼女のスチル撮影、つまりカタログや販促に使用するものに使う藤原紀香さんの撮影を行っているスタジオでの出来事です。撮影の合間、休憩などの時間に彼女が自らFinePix2700を持ち、色々撮影して遊んでいたらしいのです。時には自分の顔を写したり、それも口をタコみたいにしてヘンな顔を撮っていたんですよ。それは、その時、スタッフも気がつかなかったようでした。
なぜ、それが解ったのか。実は、その時に使われていたデジタルカメラは本社の備品だったんですけど、その後、とあるお店へデモ機として貸し出されたのですが、
なんとデータが消されることがなく、そのままお店へ。驚いたのは店員さん。「うわー、なんだこれは!!」こりゃ、流出したら色々問題でしょう、と消したそうです。もっとも、そんな妙な絵ではなかったんですけどね。良識ある店員さんでよかったのですが、消す前にこっそり4カットだけプリントしたんですな(笑)。その写真を私、見せてもらった事があるんですけど...いやー、藤原紀香さんって本当に飾らない人であることがよくわかる写真でした。

さて、高画素化による問題点も色々出てきました。それはデータ量の多さによってパソコンが追いつかないことが多かったのです。実は、当時、まだサポートセンターが稼働せず、ユーザーからの問い合わせはすべて営業所に回ってきました。カタログや説明書には本社だけではなく、各営業所の電話番号も載っていた時代です。(家電メーカーは基本的に問い合わせ用の電話番号しか載っていません)おかげでDS-20あたりの発売から営業所の電話はデジタルカメラの問い合わせで大変でした。
特に多かったのがパソコンへの画像転送で、非常にこれが大変だったわけです。まだWindows98とかの時代ですから勝手にファイルを認識して取り込むようなガイドはありません。また困ったのは札幌営業所の電話番号が本社の次だったから、本社にかけてもつながらないとばかりに札幌にバシバシ電話がかかってきました。ナンバーズディスプレイですから電話番号を見ると、北海道外、それも九州からの問い合わせなんかも多かったです。
札幌では電子映像、それもアマチュア向けのスタッフは私ともう一人しかおらず、一度着座してデスクワーク始めると、もう電話対応に追われて毎日ドタバタでございました。お店へ聞いても「うちは売るだけなので、詳しい事はメーカーへ」と投げ出す量販店ばかりでしたからね。
どうやってもわからないから、なんとかして!と怒り出すお客さんも少なからずおりました。もう、電話の向こうで泣いている人も。私は何度か、お客様のご自宅まで出向いて操作を教えましたよ、もうどうしようもなくて困っている人も多くて。あるおばあちゃん、「本当にありがとう!」と手を取って喜んでくれてお土産だとみかんやら落花生なんかを持たせてくれてね。
まあ、それほどパソコンへ画像を入れてサクサク動かせるなんて、まだ難しい時代だったのかもしれません。画素数が大きくなれば、そのままワープロや表計算に貼付けるととんでもないことになっていましたから。おかげで、デジタルカメラ以外にもパソコンソフトの操作まで教えなくちゃならないことが続きました。マイ○ロソフトさん、サポート料頂くよ!!ってね。

|

« 恋人(いない)パーク。 | トップページ | 石狩で昼遊び【1】 »

コメント

久し振りにお邪魔させていただきます。
デジタルカメラのお話シリーズ、とても貴重なお話ですね。大変勉強になります。
まだシリーズは続きますよね!^^
楽しみにしてます!
(リンク張ってもいいですか?)

投稿: nori238 | 2008年12月28日 (日) 09:00

>nori238さん
こんばんは。ご無沙汰しております!ブログ始められたんですね。
フリッカーも時たま拝見しておりますよ。
この話も、そろそろ終わる頃ですが、もう少しだけ続きます。
また宜しくお願いします〜〜
リンクの件、ありがとうございます。こちらこそ宜しくお願いします。
photo:modeにも貼らせて頂きますね。

投稿: ariari | 2008年12月28日 (日) 19:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/43547389

この記事へのトラックバック一覧です: 今だから話せるデジタルカメラのお話【7】:

« 恋人(いない)パーク。 | トップページ | 石狩で昼遊び【1】 »