« 相性。 | トップページ | お樽漬け »

2008年12月15日 (月)

徹夜明けたらトラクターさ。

相変わらず色々な仕事と格闘してます。締め切りに追われ、仕上げた資料や原稿を終えて一息。それにはミニカー、それも最近増殖するトラクターで癒されるのが一番。

こんな時間に更新するってーのもなんだかなー、です。

んで、揃ってきた1/43のシリーズ♪

Dscf9249

Deutz D25はドイツのトラクターで、ディーゼルエンジンを発明したドイツらしくお得意分野だったらしい。今はDeutzはエンジンメーカーなのでトラクターそのものは製作していないようですけど。

Dscf9250

キタ、ferrari F2!イタリアはフェラーリのトラクターだ。ランボルギーニは元々トラクターが発祥なのは皆さんご存知の通りですが、フェラーリもトラクター!...実は、あのエンツオさんのフェラーリとは無関係だそうで...親戚でもないのかしらん。

Dscf9251

この角度も好き♪(二枚も載せるなって)


Dscf9252

あ、ぶれてら(笑)。先日紹介したFordsonの、さらに古い奴。うー、機能美!!


Dscf9253

かーっくいい!Champion Elan。もっとも、このメーカーも現存せず。英国かな?


Dscf9254

これまたキター!RENAULT R3042。なんという愛らしさ、さすがフランス車!元々ルノーはフランスの国営企業だったんで、農業国フランスではルノーのトラクターは当たり前。残念ながら今はやってないけど。(最近まで北見市にルノーアグリカルチャーディーラーがあった)


Dscf9256

トドメはJohn Deereの1/64シリーズ、それもかなり古いトラクターのコレクション。小さめで出来映えは今イチだけど、John Deereお墨付きの逸品。

こんなのに囲まれていっそう部屋が狭くなりました。どうしましょう..._| ̄|○




|

« 相性。 | トップページ | お樽漬け »

コメント

うわ~楽しそう。
こんなの並べたり動かしたり撮ったりして
(朝の4時半とかじゃない時間に)遊びたい。。。^^

投稿: mamako | 2008年12月15日 (月) 22:19

>mamakoさん
こんばんは、ありがとうございますー。遊んでみますか?朝の4時半に(爆)。
もー、今朝なんかちょっと頭ボーっとして妙でしたね。
どんどんトラクターに浸食されて、そのうち土とか草が部屋に出てきそうです。

投稿: ariari | 2008年12月15日 (月) 23:07

トラクターのミニカーって本当に素敵ですね~遊んでみたいわ~
土とか草とか置きたくなりますね!!サイロも置いてみたいわ!!
お部屋狭くなった時にはいつでもお預かりいたしますよ~<笑>
ストレス解消には最高ですね?

投稿: Amy | 2008年12月16日 (火) 00:24

ariari様、昨日はお忙しい中お越しいただき誠にありがとうございました。

また、非常に大切なことをわかりやすく教えて下さったデジカメ講義にも
心から感謝しております。

あのようなお話を聞くには、普通ならかなりの授業料が必要なところ
でしょうが、快くアドバイスをいただき、ariariさんのすばらしいひととなりの
一端を堪能させていただきました。

教えていただいたことは、今後のショップ運営や自分個人の”カメラライフ”に
大いに役立てたいと思っております。

こちらのサイトにもまたおじゃましながら、写真について少しでも勉強させて
いただきたいとも思ってります。

また、機会がありましたら気軽にお立ち寄りいただければ幸いです。

本当にありがとうございました。

投稿: ショップミツウマ店長 | 2008年12月16日 (火) 09:55

>Amyさん
こんばんは。でへ、お恥ずかしいです。頭がハイになっちゃうんです、徹夜仕事後(笑)。
部屋が広ければ芝生とか土を再現したジオラマとか作りたいんですよ。
なかなかできないですけどねえ。ストレス発散、はい、何かとストレスばっかりです。
なんていうか、その...自分は人付き合いが苦手です(爆)。

>ショップミツウマ店長さん
こんばんは。昨日は、こちらこそありがとうございました。楽しかったです。
もう御社の建物、素晴らしくてもう興奮しまくってお恥ずかしい限りで...
次回はもっと落ち着いて拝見しなくては(笑)。
まあ、写真のお勉強は私のサイトではあんまり役に立たないかもしれませんが、お分かりにならない事はなんでも聞いて下さい。わかる範囲でお答えします!
また近いうちに防寒長靴買いに行きます〜〜!!

投稿: ariari | 2008年12月16日 (火) 22:18

はじめまして!
北海道の十勝に住んでる者です。

ブログ少しですが拝見させてもらいました。
すごいコレクションですね。

ドイツトラクタは合併・統合などを繰り返しサーメ・ランボルギーニ・ドイツファールなどの会社から現在でも先鋭的なトラクタを販売しています。

個人的にはDEUTZ好きなのですが、FENDTにならんであまりに高価(平均的なトラクタより5割近く高い)なのと、販売店が近くに無くサービスが受けられないためあきらめています。

うちはミニカーは持っていませんが、古いトラクタなら二台のドイツ4006とマッシーファーガソンの35が今でも活躍しています。夏しか動かせませんが・・・。

写真のミニカーは個人輸入ですか?差し支えなければどこから購入しているか教えて頂けますか?

投稿: OP | 2009年1月 5日 (月) 15:04

>OPさん
こんばんは。ようこそお越し下さいました。トラクターネタでお越しいただいた初めての方で嬉しいです。
十勝でしたら、いい時代のトラクターが多数まだ現役だと聞いています。
FENDTの古いトラクターは模型でしか見た事がありませんけど、非常にデザインが好きです。それにしてもそんなに高価なんですね。

それにファーガソンあるんですか!動く時に見せて頂きたいほどです!
いいですねー。なんだかワクワクしちゃいます。

ミニカーは海外からの購入と、国内の購入です。
国内は↓
http://www.mt-factory.com/index.htm
モデルトラックファクトリーさんの通販ですね。ただし、ちょっと注文が面倒です。

海外は主に海外オークションのeBayを使っています。
なにせ、豊富で安いです。今は円高なのでチャンスですよ!

投稿: ariari | 2009年1月 5日 (月) 21:04

ミニカーの件回答いただきありがとうございます。
冬場は比較的ヒマなのでこれからもちょくちょくブログ見せてもらいます。
 
ビデオカメラ持ってないので今すぐ見せられないのが残念ですがおなじみのYouTubeとかでなら海外のコレクター(ウチのはあくまでコレクションではないので汚いです)の動画があると思います。
 上富良野の土の館は行きましたか?展示車の中には自走可能(いつ動かすのかは知りませんが)な個体もあるようですよ。前々回だったか帯広の国際農機展で蒸気トラクタが持ち込まれ実際に動いてるのを見ました。

フェントやドイツに限らず昔から輸入トラクターは割高(今より輸入形態が少なく流通コストなどがかさんでいたと思われます)だったようです。そして現在は原料高騰とさらなる高性能化で家一軒建つほどの値段になりました。それでも高出力と作業効率を手に入れるため「清水の舞台」から飛び降りる勢いで借金した農家が今も昔もたくさんいたはずです。(←うちの事か!?)

投稿: OP | 2009年1月 6日 (火) 08:59

>OPさん
こんばんは。そう、海外のコレクターさんのサイトは色々探して見た事があります。
さすがに海外にはスゴい人がいますね。
上富良野のスガノ農機さんですね、はい、見に行ったんですが閉館したあとで。
中をのぞいて「うわーうわー!」って騒いでしまいました(笑)。

スガノ農機さんのHPを見ていると、本当に昔は輸入トラクターを購入した先って非常に少なくて周囲の農家が驚いたとかいう話も載っていました。
中国や韓国のトラクターが安価で入って来ているらしいですね。でも、やっぱり信頼性は耐久性は疑問ですね。

投稿: ariari | 2009年1月 6日 (火) 22:37

韓国トラクターうちと同じ町内でも動いていますが機能的、設計的には遅れた感じ(というかク○タのパクり)がありますが、経営者にとって何より値段は大きな要素になります。トラブルに関しては自分である程度機械がいじれて、管理作業に特化させるなどすれば優れたコストバフォーマンスを発揮できます。
耐久性は知りません。重作業で長年使っているところはまだ少ないと思われます。

ただ個人的にはカッコ悪いです(笑)。古くなってもコレクション性は出ないような気がします。
ミニカー取り寄せてでも揃えたくのは間違いなく欧米のトラクターでしょう(爆)。

投稿: OP | 2009年1月 7日 (水) 08:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/43424714

この記事へのトラックバック一覧です: 徹夜明けたらトラクターさ。:

« 相性。 | トップページ | お樽漬け »