« 石狩で昼遊び【1】 | トップページ | 石狩で昼遊び【2】 »

2008年12月29日 (月)

今だから話せるデジタルカメラのお話【8】

<高機能カメラの登場>
デジタルカメラが一般的に広がってくると、当然各社の新製品がヒートアップしてきます。単焦点のレンズが一般的だったデジタルカメラも、ズーム付きが登場します。
今では最低でも三倍ズームクラスのレンズを搭載しているデジタルカメラが当たり前ですが、1999年頃はまだ単焦点が多かったんです。
コンパクトタイプでもズーム付きが登場すると、さらに高倍率ズームのデジタルカメラが発売になりました。2000年には、一眼レフを意識した高機能モデル「Finepix 4900z」が発売になり、作品づくりを本格的に行うユーザーに人気がありました。
しかし、このモデル実はやはりというか、業務用やプロにも使われました。相変わらず医療関係ではズームがついたことで手術の記録などにも使われました。業務用では、新聞社にも使われ始めたのです。新聞社なら、一眼レフじゃないの?いえいえ、新聞社のカメラマンではなく一般の記者や支局の記者、それに地方新聞や業界新聞などでは専属のカメラマンがいませんのでアマチュアにも使える高機能なカメラが必要になったのです。そんな用途にはFinePix 4900zが非常に好都合だったようです。
その後、このシリーズは「FinePix 6900Z、S602、S7000」へと進化を続けますが、途中面白いエピソードがありました。一般的にこのクラスのカメラは新型になれば小型軽量になるはずなのに、6900ZからS602へモデルチェンジした際に大きくなっています。その理由は「小さいカメラだと、はったりが効かない」のだとか。というのも、新聞社などで取材に行くと、コンパクトなカメラで行くと「えー?カメラってそれですかぁ?」なんて取材先でバカにされる事もあったとか。また、機能が多くなってしまうとボタン類の操作がしにくいということもあり、操作もしやすく本格的なカメラに見えるデザイン、とのことでプロの方などの意見を取り入れて設計されました。
当時は、やっと本格的な一眼レフも発売になっていますが、まだ300万画素程度でしかも60万円ほどの価格でしたから、このようなFinepix Sシリーズが業務用途に非常に多く使われたのも納得がいきます。残念ながら今では一眼レフが安価になっているので、この手の一眼レフに見える高機能型デジタルカメラは、あまりニーズがない時代なのかもしれません。
高機能とはちょっと指向が異なりますが、デジタルカメラにミュージックプレーヤーを内蔵させた「FinePix 40i」が発売になったのも、この頃でした。appleのiPodが発売になる一年前でしたから、なかなか進んでいたのではと思いますが、スマートメディアに音楽をダウンロードするため、まだ高価だったメモリーカードが多数必要になることもあって本格的なプレーヤーに変わる事はありませんでしたけど。
今のデジタルカメラは高画素競争に終始している感じがありますが、遊び心があったこの頃のカメラは、なんとなくホンワカしちゃうんですよ。

|

« 石狩で昼遊び【1】 | トップページ | 石狩で昼遊び【2】 »

コメント

へぇ~ 4900zをプロが使っていたとは。。。
コレは絶対「買いだ!」と思ってゲットしたンです!!!
マニュアル・フォーカス・リングとか6倍ズーム。。。
庭の花を撮った一枚は、未だにA3ノビでプリントして玄関ホールに飾ってあります。

スキー場に持っていって・・・
迫って来るスキーヤーを狙ってシャッターを半押しにすると、ファインダー内の画像はフリーズする!
でも、その間に実際のスキーヤーは更に此方に向かって移動し続けてる!

当時の液晶ファインダー又はメカ的な限界だったのか?


こんな使い方をしなかったら、今でも使っていたかも(>_<)
残念ながら、目の玉の飛び出るよ~なデジイチにチェンジ。
其れも、逝ってしまって。。。

ariariさん、お近づきさせて戴き、愉しませてもらいマシタ!来年も期待しております ♪

良い、お年をお迎え下さい (#^.^#)

投稿: Snobo海苔で~すッ! | 2008年12月29日 (月) 21:45

>海苔さん
おはようございます。4900zお持ちなんですね。
当時のカメラは確かに液晶が一時フリーズします。理由は簡単で、通常液晶モニターに絵が出ている状況というのは「シャッターが開いている」わけです。
しかしシャッターボタンを半分押してAFを作動させ、シャッターを閉めて撮影に備えます。開いたままではシャッターの意味がないですものね(笑)。

今はシャッターを切る瞬間のみシャッターが閉じ、また開いて、露光し、閉じて、また開く。複雑な行程を経ている訳ですね。

一眼レフは常時閉じているシャッターなので、問題はないわけです。
コンパクトタイプのデジタルカメラはシャッターがこのように過酷に使われますのでどうぞ、大切にお使い下さい(爆)。

海苔さんもお怪我のないようにシーズン券使い果たすまでガンガン遊んで下さいね!

投稿: ariari | 2008年12月30日 (火) 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/43567760

この記事へのトラックバック一覧です: 今だから話せるデジタルカメラのお話【8】:

« 石狩で昼遊び【1】 | トップページ | 石狩で昼遊び【2】 »