« 今だから話せるデジタルカメラのお話【1】 | トップページ | 今だから話せるデジタルカメラのお話【3】 »

2008年12月19日 (金)

今だから話せるデジタルカメラのお話【2】

デジタルカメラのお話続きます。まだまだ高価だったデジタルカメラですが、普及機が1993年に発売になりました。DS-200Fは「DIJE(ディジェ)」というネームが付けられ36/72mm相当の二焦点、やはり30万画素相当のカメラです。そしていよいよ1995年にJPEG準拠、メモリーカードもPCカードを使うタイプである「DS-220」が発売になりました。DS-200Fとほぼ同じデザインでしたが、中身はがらっと変わっています。CCDもデジタル静止画像専用のもので、RGB原色タイプを初めて使用しました。それ以来、富士フイルムのデジタルカメラはすべて正方画素、原色RGBフィルターを採用し続けますが、これが「決定的」になることは、また後のお話になります。

Nrj040_04

やっと安価になってきたデジタルカメラですが、まだ一般的な家庭用途に使うようなものではございませんね。なにせメモリーカードの値段、20MBで12万円!ですよ。20GBじゃないですから(笑)。今なら20MBなんて何にも使えないですわ。おまけにカードリーダー、つまりメモリーカードをパソコンへ読ませるもの、ですが8万円ですよ!今なら2000円もしないのがありますよね。
んで、このデジタルカメラは後に「やっと液晶モニターを外付け出来るようになる」のですよ。え、まだモニターなかったんですか?...はい、当時液晶モニターなんか高いし、小型のは粗くて、おまけに電池が持たないし実用には不向きでした。

さて、このカメラいったいどういう人が買ったのでしょう。一番のお客様は医療関係、それも歯医者さんだったんですよ。歯科では歯の治療のために写真を撮影することが多かったんですが、フィルムではいかんせんすぐに見られないしデータベースに使うには難しい。ならば、これを使おうか、なんてお金のある歯医者さんでは一種の「先端医療」ともいえるわけで、他の歯医者さんと差別化ができたわけです。なのでアクセサリーに接写用レンズとか、後にマクロフラッシュなども発売されたのですよ。
それでも、実際にパソコンへ画像を保存されている方はあまりいなかったかな。ほとんどはテレビに接続して見るだけ、という使い方が多かったのかも。そして、当時流行っていたビデオプリンターに接続してプリントアウトなんぞして喜んでいた歯医者さんもいましたっけ。でも、画質は...酷かったですねえ。
因みにこのカメラ一式「ポン」とお買い上げになった小樽のお客様がおりました。小樽市のZ町にある、今は名前が変わりましたが海岸のすぐそばにあるお店でメニュー撮影に使いたいとのこと。納品、設置に行きましたよ。いやー、もう高価な投資ですよね。今なら携帯の画像より落ちる絵なのに(笑)。
もちろん、このカメラは画期的な用途にも使われておりました。医療用、それも手術の模様を記録して遠隔地の病院と画像診断システムを構築できたということでしょうか。地方の病院で難しい手術をしなければならないが、なかなか術例がない、しかし患者さんを搬送するのには時間がかかりすぎる遠隔地の診療所、Dr.コトーみたいなものですよ。(彼は何でもできる天才でしたが)そこで、患部などを撮影し大学病院へ伝送して指示を仰ぎながら手術するという方法です。実際、富士フイルムでは一般電話回線用の画像伝送機(電送じゃないのよ)を作り、販売していました。ただし、まだ光回線はもちろん、デジタルのISDNだってなかった時代。この静止画を送るだけでけっこう大変でした。通信プロトコルなんかも勉強しつつ、苦戦して何度もテストをしたものです。ホント、今思えば難しい仕事をやっていたもんですわ。これだもん、今のデジタルカメラなんか簡単でしょー(爆)。

|

« 今だから話せるデジタルカメラのお話【1】 | トップページ | 今だから話せるデジタルカメラのお話【3】 »

コメント

HG-20まだ持ってます。
当時、8万円しました。
将来、お宝にならないよね。

投稿: TAKA3 | 2008年12月19日 (金) 21:58

1995年と言うのが驚きですね。
つい最近じゃないですか。(笑)
世の中どうなるんでしょう。。

投稿: hiros | 2008年12月19日 (金) 22:17

用語が解んないけど、話は面白いです。

暫く続けよう(笑)。

投稿: オッサンでもいい、逞しく育っておくれ…丸大hurryblood | 2008年12月19日 (金) 23:47

>TAKA3さん
こんばんは〜。誰かなんとなくわかるけどわかんない(爆)。
HG-20ですか...20MBのPCカード。使い道がないですね。USBメモリが2GBで2000円切ってますから、もうままごとのまな板にでも使いましょう。

>hirosさん
こんばんは。そう、あっという間の出来事でした。哀しくなるほど早かったです。
ずっとコレに関わってきただけに色々思いはあります。電子スチルカメラの時代、私が所属していた部署は「お荷物」と言われ、ずいぶんいじめられた事も(笑)。
今後はわかんないですねえ。もう、ただ見守るだけですw

>hurryさん
こんばんは、わかんない用語はどうぞ、お気軽に質問下さい♪
しばらく続きます、えーと、あとかなり(爆)。

投稿: ariari | 2008年12月20日 (土) 19:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/43467544

この記事へのトラックバック一覧です: 今だから話せるデジタルカメラのお話【2】:

« 今だから話せるデジタルカメラのお話【1】 | トップページ | 今だから話せるデジタルカメラのお話【3】 »