« 山居倉庫。 | トップページ | あの日の笑顔。 »

2008年9月 8日 (月)

なぜ旅をするのか。

と聞かれても答えに困ってしまうのが私。
8月に三回東北に行ったけど、それは初めてじゃない。会社員時代にもやっているし子供の頃は夏休みの間ずっと東北に居るなんて当たり前の事だったわけで。

Dsc_1723

みなさま憧れの大館駅。

私にとって東北、とりわけ北東北は旅をしているという感覚は希薄です。腹が減ったから大館の鶏めしを食いに行くし、近場の銭湯へ出かける感覚で白猿の湯へ沈みます。
青森のhurryさんや石巻に赴任中のまきまき♪氏に会うのも、札幌に住む友人よりもはるかに会う回数も多いですから。

Dsc_1729

青森駅で急行はまなす自由席確保の為に二時間前から場所取り。
でも、この待つ時間が嫌いじゃない。他の駅なら苦痛でも、青森駅で待つのはなぜか当たり前の感覚として子供の頃から身についているせいだ。

その昔、青函連絡船があった頃には、長い長いホームの先に待合所があった。そこは旅の人が周遊券でベンチに寝転び宿代わりになっていた時代もあったし、私もそうやってきた。

Dsc_1732

長いホームは長距離列車の発着に合わせて作られた名残。今では、このホームの1/3程度の長さで済む列車ばかりだ。しかし、今夜のはまなすは12両編成、久しぶりにホームの端まで目一杯に使うことになる。

昔、昔の話だけれど、長いホームを幼い私を抱きかかえて私の母親はいつもここを歩いていたはずだ。幾度となくそれは繰り返され、今は私がこうして列車を待つ。

夏の暑さが一段落し、秋風が吹き始めたホームは過ごしやすく、待ち時間さえ心地よい。深夜でも喧噪が絶えなかったホームはひっそりと静まり返り、列車が着いても駅員さんの姿もない。今は青森駅では列車の発着は車掌さんが管理しているからだ。

撮影:8/17

|

« 山居倉庫。 | トップページ | あの日の笑顔。 »

コメント

こんばんは。
初めておじゃま致します。
毎朝楽しく、そして時々切ない気持で読ませて頂いております。・・涙がこぼれる時もあります(歳のせいかな)。

今日、某所で写真を拝見しました。旅心を掻き立てる良い写真ですね。
私、これには乗った事が有りません。「北斗星」での上京が二度だけです。
何時かは乗車したい、生きてるうちに(爆)。

投稿: ベチ | 2008年9月30日 (火) 22:11

>ベチさん
こんばんは、お越しいただきありがとうございました。
切ない気持ちですか?そんなに哀しいブログだなんて...(^^;
某所、というとサロンでしょうか。10,000人の写真展やってますね。
私も北斗星しか乗った事ありません。カシオペア、あれは一人じゃ乗れないです〜いつかは、カシオペアのロビーカーで愛を囁くのが夢です(爆)。

投稿: ariari | 2008年9月30日 (火) 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/42417597

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ旅をするのか。:

« 山居倉庫。 | トップページ | あの日の笑顔。 »