« 花火は大曲【下】 | トップページ | そしてまた消える旅伝説。 »

2008年9月 1日 (月)

第12回フィルム一本勝負【小樽稲穂】

去る8/30の土曜日、写真展後お初の一本勝負開催されました。久しぶりのフルメンバーによる一本勝負はやっぱり最高です。
今回はainosatoさんのイジメに遭い(爆)事前に場所を教えてくれなかったので、いざ稲穂町と言われて悩みました。はい、あまりにも真っ当で忘れていたエリア。駅を含む周辺ですもの。

さー、そんなことを言っている暇はない。
13:00スタートで散らばりましょ。

Index080830

PENTAX MZ-S FA31/1.8 AL Limited AGFA 100

セレクトはこちら↓

【3】

080830_03

本部長さん、セレクト。古いアパートに惹かれ入ったけど薄暗くて掟破りのフラッシュアップ。フラッシュなのに実は開放絞り1.8という無謀な賭けをやってみた。さすがネガ。

【6】

080830_06

bonoさんセレクト。私の大好きな隙間ショット。壁のシミ、痛みに感じるものありで。

【13】

080830_13

個人的にこういう絵が好きなわけだけど、意図するものは今イチ不透明。

【17】

080830_17

ベヌコさんセレクト。これは、思うように撮れた貴重なカット。

【19】

080830_19

ゲスト参加のhkotswさんセレクト。コスモスとひまわりとくればDHC8。

【20】

080830_20

DENZIさんセレクト。やっぱりな。この風合、作ろうってもできませんぜ、はい。

【21】

080830_21

あややさんセレクト、だけど意外。ふーん....これなのか。

【22】

080830_22

hirosさんセレクト。ここは多くの方が撮影しとりました。個人的には自分の切り取りが一番ダメダメでしたね。もっと考えれば良かった。階段の手すりを活かす構図ができなかったかなあとか。でも、シャドーがつぶれず粘ったのはネガのスゴさ。ここを出したかった。

【24】

080830_24

錆びたトタンを背景に錆びた紫陽花。枯れて尚、魅了する。

【27】

080830_27

茂みから生える錆びた棒に萌える。

【30】

080830_30

ainosatoさん、そして自分のセレクト。はまなす、寂しく。ああ、あとすずらんで国士無双だったのになあ!!人が来るまで粘りましたが、黒い服ってのはちょっとね。

【32】

080830_32

ウリュウ君セレクト。今回のレギュレーションで唯一の縛り。駅前歩道橋を一枚は入れる事。実はもう少しで取り壊される事になりました。駅前といえば、この歩道橋でしたが景観が悪いとかで。小樽市の景観を一番損なっているのは...こいつじゃないでしょ。わかっていないお上のアホさ加減にはほとほと呆れますね。

【33】

080830_33

CommAさんセレクト。歩道橋、いつまでも続きそうな階段に惜別を。

いや、やっぱりこのメンバー最高です。どんな場所を指定しても絵を作っちゃうってのが、なかなか難しいもんですよ。

※今日はとうとう北海道最後の夜行列車「まりも」の撮影に早朝から行ってました。ま、なんと言いますか、これについてはまた明日。photo:modeにとりあえず一報上げました。
あと、意外な場所に蓮がありまして、これも楽しみました。

|

« 花火は大曲【下】 | トップページ | そしてまた消える旅伝説。 »

コメント

フィルム一本勝負おつかれさまでした
やっぱり気の知れた仲間と一緒に撮影って楽しそう....
お泊まり会、どうしよう?(笑

13番の最初の方(ばく)に1票♪

投稿: いしのまきまき♪ | 2008年9月 2日 (火) 00:35

>まきまき♪さん
こんばんは。ああ、しまった。間違えた(爆)ありがとうございます。
撮影は一人もイイけど、やっぱ楽しすよー、大人の修学旅行。
プログラム送りつけようかな〜〜♪お泊まり会じゃないから(爆)。

投稿: ariari | 2008年9月 2日 (火) 00:49

24が好きです。枯れて尚、に勇気づいたり。
18と23も気になります。

投稿: mamako | 2008年9月 2日 (火) 01:18

茂みから生える錆びた棒に同情する。

…………。

投稿: hurryblood | 2008年9月 2日 (火) 01:54

先日はお疲れ様&ありがとうございました。
21、私はどう撮ろうか散々迷った物件で、このアングルは思いつかなかったという一票です。
今回はお花に逃げたとおっしゃっていましたが、17の美しさはさすがです。


投稿: あやや | 2008年9月 2日 (火) 08:48

改めてお疲れ様でした(^^)
【3】の輝きに“!”と思っておりまして、
なるほどストロボを絶妙に焚かれていたんですね(^^ゞ
内臓ストロボが仮に付いていたとしてもタイミングよく使えないアタシですorz
ariariセンセイの花とサビには独特の哀愁を感じます。
やはり東北の地への想いが現われているのでしょうかね。
小樽の街に異郷を感じる街撮りはマネの出来ない世界です!

投稿: 本部長 | 2008年9月 2日 (火) 18:52

>mamakoさん
こんばんは。え、枯れても尚に勇気づけられたって...枯れていないでしょ〜ヽ(´▽`)/
18と23ですか...えー、大したモンじゃないです(^^;

>hurryさん
こんばんは、えー、下ねた禁止ね(爆)。

>あややさん
こんばんは。こちらこそ、ありがとうございました。そう、あのアパートは何人か撮ってましたからね、でも、どうしてもアングルが気に入らなくて。簡単にシャッター押しちゃったんで後悔しています。17ありがとうございます。思いっきり被りましたね。

>本部長さん
こんばんは、そしてお疲れさまでした。
フラッシュはヒキョー技ですがあえて面白い効果が出たらいいなと無謀なことを。まあ、結果オーライでしたかね。
錆と紫陽花、確かにこういう景色は東北には多いんですけど小樽を撮っている時は、小樽に集中するように心がけています。過分なお褒め言葉ですよ〜〜
私のホームは確かに東北なのですけど、札幌じゃない場所ばかり好きだっていうのはどうですかね?(笑)

投稿: ariari | 2008年9月 2日 (火) 20:12

復旧しましたね。
みんなのセレクトが「らしい」のが面白いです。
フルメンバーならどこでも怖くないっすね。

次の舞台はどこかな~。

投稿: hiros | 2008年9月 2日 (火) 21:58

>hirosさん
こんばんは、アクセスできなかったようでお手数をおかけしました。
セレクトは、前回からですけどやっぱり正解ですね。一層楽しめます。
フルメンバー、確かに面白いもん。そろそろ札幌でやりたいなあ(笑)。

投稿: ariari | 2008年9月 2日 (火) 22:14

一本勝負お疲れ様でした~(=゚ω゚)ノ
【17】は貴重なカットだったとは!
もうこれは見た瞬間キレイだなーって思ったので、
迷わずポストイットです~
後ろのカーテンみたいな幕も味わいあるし。

【20】はトースト機からポン!って出てきた
少し焦げ目付きすぎのパンみたいで美味しそうだと思います。

【22】の、外は白飛びしすぎず、中も真っ黒になりすぎず、
絶妙なバランス加減がシビレマス。
私はでもariariさんのこの構図、好きですよ~
謎の木枠とか、奥にもチッサイ階段があってイイ!

投稿: ベニ | 2008年9月 3日 (水) 00:45

先日はご一緒させて頂きありがとうございました
少しずつですが、自分の成長を確かめる良い機会になっているのと、宴会で大笑いしながらの会話中に
色々な話を聞けて勉強になります。

バランスの良い写真が撮れるまで、まだまだ練習が必要ですが制限時間がある一本勝負の緊張した状態で
写真を撮ると、ふだん撮影したものより自分の写真をちゃんと見直すことができます。

また機会がありましたらご一緒させて下さい

投稿: hkotsw | 2008年9月 3日 (水) 00:50

完全出遅れ、すみません……
今回は苦闘のウリュウでございました。

今こうして見てたら、【13】のような感じの写真も好きだなぁと感じました。
これもまた、ひとつの"隙間ショット"と言えるのかもしれないですね。
小樽の隙間を我々イッポンズはいつも追いかけている、そんな気がします。
隙間と言えば【22】も。あのシャドー部はたまらんです。

投稿: sorami | 2008年9月 3日 (水) 10:28

>ベヌコさん
こんばんは、先日はお疲れさまでした。No.17ありがとうございます。うーん、なんてのか、ああいうカットは今まであまり一本勝負の中には入れなかったと思うんですが、やはり彩りとしてね。背景は人工物ってのがセオリーになりますけど。
20は、まさにそう、焦げたパンですね。焦げ具合が絶妙で、欲しくなりました。22は仰る通り、シャドーにある空間が好きだったんです。木枠のところとかね。

>hkotswさん
こんばんは、先日はお疲れさまでした。遠路はるばる、真剣な一本勝負にさぞやお疲れになったのではと思います。
今回も、みなさん被った被写体が多かったみたいで、イッポンズもだんだん似て来て困ります(笑)。それでも切り取り方が違って面白いです。正解なんかないのが写真なので、その時の気持ちとかでずいぶん変わります。それがいいんですよね。
また、ぜひご一緒させて下さいませ。

>soramiさん
こんばんは、ウリュウさん。今回は苦闘ですか?まあ、空とか海とかなかったですものね(笑)。でも、やっぱり「らしさ」が出ていましたよ。それが個性。
そう思えば自分の個性って、まだまだだよなあと思います。13、まあ、色目に惹かれただけで何なのかと云われると困る一枚ですね。難しい...隙間ショットは路地裏探検隊の宿命で、狭い空間を求めて萌えるヘンなワシです。生活感とか、匂いとか、そんなものに惹かれつつさまよう、これが一番楽しいかな〜

投稿: ariari | 2008年9月 3日 (水) 21:48

よーし、今回はお花だ、お花に貼ってやる!
あれ?なんだおかしいぞ貼り付かない、糊がついてないのかな?
あれ、こっちのお花もダメだ、くっそおっ!
うわっ!いきなり茶色にくっつきやがった!
いくら引っぱってもはがれやしない!!やぶれるう!!!
くっそお、これは陰謀だあ!!!!!

投稿: DENZI | 2008年9月 3日 (水) 23:08

>DENZIさん
こんばんは。いーの、お花なんかに貼らなくて。いーの、茶色に反応しても。
つーか、あまりに真っ当でつまらんかったしょ?w

投稿: ariari | 2008年9月 3日 (水) 23:29

...indexが濃ゆい(笑)
セレクト、すんげぇ迷ったですよ。情緒的には24番だったんですけど、結局造形方面を選んじゃいました。ariariさんはたいてい両方やられるから、毎度迷ってます(^^)
おかげさまにて、すっかりレンジくん。GRD、ベルトに刺さってんのに出番なしっす...

投稿: CommA | 2008年9月 4日 (木) 06:32

>CommAさん
こんばんは〜〜。え?濃い?(笑)造形は逃げです(^^;
小樽の場合、困った時の逃げ道は色々あるんですけど冬とかだと花に逃げる事も出来ないし、色目とか造形とか、人とか、色々逃げ道は準備せねばイケマセンね。そう考えると第一回ってのはグダグダだったなあ。
レンジ、ここまで沈むと思わなかったですなあ...してやったり。

投稿: ariari | 2008年9月 4日 (木) 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/42352083

この記事へのトラックバック一覧です: 第12回フィルム一本勝負【小樽稲穂】:

« 花火は大曲【下】 | トップページ | そしてまた消える旅伝説。 »