« トワイライトまで4時間半。 | トップページ | 水滴だけですが。 »

2008年7月 3日 (木)

10年の進化とは...

デジタルカメラの講師をやっていて、いつも思うのはデジタルだろうとフィルムだろうと、カメラはカメラであり写真を撮る道具に過ぎない、ということ。
生徒さんの多くは、もはやフィルムだのデジタルだの、ということより「単純にカメラ」を楽しんでいるのだった。

デジタルカメラがこの世に出てすでに19年。現在のコンパクトデジタルカメラの基本形ともいえるスタイリッシュな「FinePix 700」が発売されてちょうど10年。

Dscf0001

ズームなしの単焦点、150万画素、それで99,800円。
びっくりなのがメモリーカード(スマートメディア)が2MBで5,800円!8MBで8,800円だった。その後発売された、当時としては大容量の16MBは一万円を軽く超えた。

画素数もFinPix 700の、約10倍もの画素数をコンパクトカメラに搭載するようにまでなっている昨今。果たしてそのカメラがたたき出す画像は、本当にいいのだろうか。

画素数が多ければいいもんじゃない、って、もうみんな気がついている。

キレイな絵より感動できる絵が撮れるか。

Dscf0025

カメラはいつだって、撮る人の想いを写せるものであって欲しいと思います。画素数が増えても感動が増す訳じゃないかも。

FinePix 700  撮影1998年

|

« トワイライトまで4時間半。 | トップページ | 水滴だけですが。 »

コメント

「カメラはいつだって撮る人の想いを写せるもので
  あって欲しい」というメッセージを読んでとても
 嬉しかったですよ~

フイルムカメラを使っていたので、教室でデジタルカメラを借りて写した時に撮った写真が気になってその都度
見ながら撮っていたので全然進みませんでした。<笑>
先生にあとから見るんだよ~と言われましたが、撮った
写真をみながら、次は違ったように撮ったほうが良いと
勝手に思ってしまいました…自分でも進歩のない生徒だったと今頃反省しています。

投稿: Amy | 2008年7月 4日 (金) 00:00

スマートメディア(笑)懐かしいですね!
カメラが高画素化した現在、64、128、256などのCFの処分に困ってます(笑)。
この前、とある観光地で隣にコンパクトデジカメを構えたおじさんが「そのカメラ何万画素?」。
当時初代KissDを構えてた自分は「630万画素です」。
おじさん「俺の1200万画素だから、俺の半分も無いのか(笑)」「俺のほうが良く写るね(笑)」などと言っていたのを思い出しました(笑)。

投稿: らくだ | 2008年7月 4日 (金) 00:22

たかだか10年でデジタルカメラの世界はこんなにも激変したんですね。
でも、人の感性の根っこみたいなものはそんなに変わる訳ではありませんよね。
デジタルカメラはどんどん高機能になっていくけれど、
それゆえ、かえってそれに振り回されるのではなく、
撮る側として、ブレない自分自身を持ちたいと思いました。

投稿: あやや | 2008年7月 4日 (金) 07:48

私の初代デジカメはニコンのクールピクス600でした。
総画素数108万画素、使用画素数80万画素でした(笑)
でも何か好きだったので壊れた時は高い修理代払って直しました。
今は本棚に飾られて居ますけど何時でも出動可能です(笑)

いま使っているのは、これまた年代物のオリンパスのキャメディアC700。
確か10倍ズームが付いた初代の物かと。
これも200万画素くらいかな?
オマケにスマートメディア(笑)


新しいカメラが欲しいのですがカメラの知識や資金がゼロなんで暫くはこのままで頑張ってみます(爆)

投稿: カップ@小樽 | 2008年7月 4日 (金) 08:34

私が初めて使ったデジカメはRICOHのDC1Sだったかな?
40万画素くらいで、液晶が別売りで4万くらいしました。そうそう、メモリカードがなんだか独自みたいで純正カードを買わされてなんだかんだで30万くらいになっちゃった記憶があります。

最近はドアップの図鑑写真的なものに惹かれてます。そういう写真ばかりしか撮らないもんで、なんだかそういう写真以外を撮ろうと思うとどう撮っていいのかわからなくなってます。まじめな話、今度ariariさんのデジカメ教室に参加させてもらって写真の楽しさを再度教えて貰いたいな。

投稿: kjoe | 2008年7月 4日 (金) 10:16

最近サークル仲間の2.3人が 写真コンテストに
次々と入賞したんですね。
その方達一眼レフでなくコンデジで写してるんですよ~。
その一枚に 私も友人も凄く感動して
「あ~値段の高いカメラでなく 安い
コンデジでも 人に感動は与えられるんだ!」
って思いましたね~。

でも一眼レフの背景のボケは凄く綺麗で魅力的!

投稿: るびー | 2008年7月 4日 (金) 22:10

>Amyさん
おや、デジタルカメラの撮影チャレンジしたんですね。デジタルで数を撮り、明るさの調節のコツ(露出補正)、構図を色々変えてみる、とかフィルムの練習になりますからね。
デジタルとフィルムをうまく併用すれば上達間違いないかも。

>らくださん
うちにも16MB、32、64、などのメディアが転がっていますがメモ代わりにしか使えません(笑)。
観光地のオジさんね。ホント、最近はみんないいカメラ持ってますよ。どんだけ引き延ばしてプリントするんだって感じですけどね。個人的には600万画素あればほとんど不自由は感じませんね。

>あややさん
カメラの進化って「何を変えたんだろう」という感じです。確かに使いやすく高速になったとか感じますが、こと画質に関しては難しい問題も多いですね。メーカーも自己満足しているケースも散見されますんで。とにかくカメラを使い倒しましょう。

>カップ@小樽さん
オリンパスのC700ですか。懐かしいです。自分の会社のカメラと比較するのに借りた事を思い出します。
古いデジタルカメラってなかなか活用するのは難しいけど、愛着があるカメラは壊れるまで使うのもエコ。うちにもおびただしい数のデジタルカメラがありますが、どれも特徴があって捨て難いです。

>kjoeさん
今回の記事にあるFinePix700も、今なら携帯にも負けそうなスペックで約10万円ですもんね。メモリーカード付属のものだと、最高画質で数枚しか撮れないし(笑)。
アップもいいけど、自然に溶け込む姿もありでしょうから、今後色々バリエーションを増やすと良いのでは?講座受けてもいいけど、厳しいよ(爆)。

>るびーさん
コンパクトカメラだって関係ないんです。今年の雪あかりの路コンテストグランプリのベニさんだってコンパクトです。
人を感動させる映像と画質は無関係です。あとは感性ですよ。一眼レフのボケ味は確かにいいですよね。でも、中古だっていいんです。私も中古買いました、3万円でお釣りが来ましたもん(レンズは別ですが、一万円程度からあります)。欲しくなったらぜひご相談くださいな。

投稿: ariari | 2008年7月 4日 (金) 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/41728253

この記事へのトラックバック一覧です: 10年の進化とは...:

« トワイライトまで4時間半。 | トップページ | 水滴だけですが。 »