« 落書き。 | トップページ | 懐かしのニセコ号。 »

2008年6月30日 (月)

記憶の彼方。

私が写真を撮ろうと思ったのは蒸気機関車を残したくて、なのだった。
でも子供であった自分にカメラは高価で、カメラが手に入るようになったときには蒸気機関車がいなくなってしまった。

そして、小樽運河、青函連絡船、などを写真で残したけど好きなものが次々になくなってしまう。なくなるから撮っていた訳じゃないのにね。

デジタルカメラの時代になって「写真を残す」という意味合いがなんとなく違ってきたような気がする。やはり「データ」に過ぎないので。

Dsc_1686

「蒸気機関車か!」と突っ込み入れて撮影。すんげえ排気だったぞ。

Dsc_1692

排気と西日で妙な雰囲気....

私はその昔、パソコンのトラブルでハードディスクを真っ白にしちまったこと二回。デジタルカメラ黎明期の貴重なデータを失った。
普段はカメラのデータはCDにだけ保存して、HDDにはリサイズした画像しか置かなかったんだけど、さすがにもうヤバい。

今日は久しぶりにHDDを購入。500GBで13,000円とは安くなったね〜。サンプル撮影の仕事はバックアップも大事なので。

今から10年ほど前、500MBのHDDで会社の稟議書が必要なほど高価なものだったのに。今はカメラ用のメモリだって最低1GBじゃねーのww


やっぱりフィルム写真って、楽なような気がするんだけど....デジタルって何だか疲れる(爆)。

|

« 落書き。 | トップページ | 懐かしのニセコ号。 »

コメント

本棚と壁の隙間に放置されていた35mmのネガを偶然に発見。焼いてみたらそこから出てきたのは、朱色のDD51に牽かれた北斗星でした。すでに20年のビンテージ物。フィルムカメラには、こんな楽しみもありますね(笑)

投稿: iruka | 2008年6月30日 (月) 23:09

現場は煙たかったのだと思いますが、
2枚とも電車がつやつやして、ちょっとファンタジックできれいです^^

>デジタルって何だか疲れる
はい、確かに。私もそう思います。
バックアップとか複数のメディアにとか
消えちゃったりとか、消しちゃったりとか。
便利なようで・・・メンドクサイですよね^^;

投稿: mamako | 2008年6月30日 (月) 23:37

おぉ!カッコイイな~DD51。
学生時代、盛岡~札幌間を北斗星で帰省してた頃。盛岡で乗るときには機関車が赤だったのに、札幌に着くと青い機関車になってるのが不思議でした(笑)。
後に乗車を繰り返す度、青森や函館で機関車を変えているのに気づいたものでした。
当時は電化・非電化も分からなかったので、何で青森や函館の停車時間がやたら長いのか?いちいち機関車を変える必要すらも分かりませんでしたよ(笑)。

HDD。今月で勤め先を退社するので、自分もHDDを物色中です。社用PCには、写真を含め、私用のデータがいっぱい詰まっているので、移動に苦労しそうです(笑)。

投稿: らくだ | 2008年6月30日 (月) 23:49

>irukaさん
おお?原色牽引北斗星!それってトンネル開通直後ですね。
そいつは貴重ですね〜〜どっかでアップして(笑)。

>mamakoさん
デジタルも楽しめるし、フィルムも最高。写真は面白いです。まったく手法が異なるのに、素晴らしき趣味。
でも、やっぱりバックアップは疲れます(笑)。

>らくださん
盛岡、当時はED75だったと思うんですが青森の付け替えで、違う機関車、そして函館で青いDD51と、都合三種の機関車を楽しめるんです(笑)。
青森や函館の停車、ちょっと冷えた空気を吸うのがこれまた楽しくて。
あら、転職ですか?私も昨年退職したときデータどうしようかと思ったら、PC管理のセンパイが「パソコンごとあげます」(笑)。でも、壊れて動きません(爆)。

投稿: ariari | 2008年7月 1日 (火) 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/41698098

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶の彼方。:

« 落書き。 | トップページ | 懐かしのニセコ号。 »