« 小樽 | トップページ | 鉄で行こうそうしよう。 »

2008年5月25日 (日)

フィルム一本勝負【小樽】

公式開催のフィルム一本勝負、いよいよ大イベント間近の本番前の勝負、近し、ってところでしょうかね。なので、今回は特段に気合い入れました。

参加者はainosatoさん、hirosさん、CommAさん、本部長さんのレギュラーと、ゲスト参加のあややさん、ベニさん、そして私の7名。ぜひ、皆さんのとこにも行ってみて下さい。

場所は南小樽駅スタート、南樽市場集合二時間コース、前日から使うレンズの選定に悩みました。今回は50mmという縛りなので当然レンジファインダーを持ち出す場合あとはお天気次第でレンズが決まる。

晴れというのが分かった時点で選ぶレンズはこれしかない。Leica ELMAR 2.8/50だ。
住宅街必至のコースなので、背景をしっかり残しつつボケが崩れない適度なもの、ならやはりエルマーでしょ。明るいレンズで挑む天候じゃないので一丁これでまいりましょ。

まずはインデックスからね。

080524_index

クリックで横800ピクセルになります。
(毎度お約束ですが、横位置写真はクリックでやや大きめ、縦位置は変わりません)

080524_00_2

【0】コワい階段


080524_06

【06】好物。やっと逢えたね、緑波状塩ビ...


080524_07

【07】干しまくり。


080524_08

【08】そうだ、練習いこ。


080524_10

【10】色彩兼備


080524_11

【11】段々車庫


080524_12

【12】休息。エルマーの真骨頂。背景のレンガしっかり残す。


080524_17

【17】訪問者なし。

080524_18

【18】圧倒的存在的錆的....寝転んでドボンだ。


080524_19

【19】これだから油断でできず。

080524_21

【21】春先隔離。もう、イラネ。


080524_24

【24】三半規管殺し。CommAさんにメチャ褒められてウレシすww どこを切り取っても三角印。水平はどこ?


080524_27

【27】目を疑う。こんな裏通りに電気屋さん?この橋を渡って冷蔵庫運ぶ?東北にだってこんな空間はない。


080524_29

【29】生活がある。


080524_31

【31】遊んでよ。しばし、この子と遊びました。カワユス!また遊びにくるね。


080524_32

【32】また来ます。小樽市奥沢、文字通り奥が沢。


080524_34

【34】輝いて。

今回はセレクト大杉ですね。錆分少なめ、緑多め。小樽は本当に撮りきれない程奥が深いですわ。手強いなんてもんじゃなく、こんな町、たぶん日本中を探しても希有。上下左右どこへでも、って感じ。まさに3Dの町ですよ。

フィルムでじっくり向き合うこの時間の贅沢な事。そして写真の素晴らしさ。
撮影後、写真を見せ合う瞬間。仲間達が「なぜこの一枚を撮ったのか」考えつつ、謎解きのような時間も共有できて、さらにウェブで後から見て解説を読んで答え合わせしたり、フィルム一本勝負の面白さはライブ感に溢れているだけじゃなく、じっくり後からも考え己をふり返ることができる。みなさんもフィルムを使ってみましょう!

I will say that I love films!!

BESSA R3A LEICA ELMAR 2.8/50 FUJICOLOR SUPER400



 

|

« 小樽 | トップページ | 鉄で行こうそうしよう。 »

コメント

08が良いなあ。好きです、こういうのが。
同じ様なところ歩いて同じもの見てるのに、撮ってるものが全く違います。(笑)

『PHOTO IS LIVE』

投稿: hiros | 2008年5月25日 (日) 22:39

昨日はお疲れ様&ありがとうございました。
一本勝負に参加させて頂けるおかげで、私もフィルムで撮ることの良さを実感しています。撮る時の心地よい緊張感、プリントを見る喜び、それらをお仲間と共有出来る楽しさ、どれもデジでは叶わないことですよね。
[12] これがエルマーのレンズの持ち味なんですか、背景のボケ加減が絶妙ですね。
たんぽぽの丸ボケが可愛い・・
[18][19] ここ、私もひとりで行った時撮りましたが、まるで歯が立たず、今回は近寄らないようにしました(笑)
大胆な切り取り、さすがです。
[32]50mmでもこんなふうに撮れるんですね、落ち着いた情景が好きです。わんこの所在無げな様子がまたいいです。

投稿: あやや | 2008年5月25日 (日) 22:48

一本勝負お疲れ様でした~奥沢なにげに熱そうですね。
かなりアップダウン激しくて広いのでまだ道路っぷちしか攻めたことないのですが、
奥にイイ物件もありそうなので、ミツウマゴールで是非とも奥沢一本勝負もしてみたいです。
【08】の遠くからでも存在感のある弓具を持ってる若者達の姿が小樽らしい風景でいいですね。
【29】の木のつっかえ棒がすごいです。こういう風景が小樽にもまだ残ってるのですか~
そして【31】のワンコ。の、下に敷いてある絨毯がタマリマセン!(>∀<*)
この絨毯がワンコのかわいさを増幅させてますね、間違いなく。

私はまだまだ建物撮りがヘタで、ariariさんみたいにズシッと存在感を全面に出せません・・
どうも軽くなってしまうんですよね、家切り取りの構図とかにも問題山済みなので次回までには克服したいです~

投稿: ベニ | 2008年5月26日 (月) 16:27

お疲れ様でした(^^ゞ
“奥が沢”、なるほど的を射ておりますね!
マジメな話、表通りを車で通り過ぎていたばかりで、
こんな奥深い街だとは夢にも思いませんでした。
今回は写すものないんじゃないかと思っていたのが嘘のようでした(^。^;)

エルマーの写り、芯が太くて好きです(ヤバイ)
「コワい階段」は印象に残りますし、「緑波状塩ビ」と木の生々しさも注目しました。
弓道部員のタイミングや段々車庫の斜め、三半規管殺しとか流石です!
このワンコを発見できなかったのは悔しかったですね^^;

写真の偶然性、フイルムの一期一会に改めて感動しております(^^)

投稿: 本部長 | 2008年5月26日 (月) 19:24

>hirosさん
どうもお疲れさまでした。楽しかったです。
ねー、みんな違うよね。第一回から今までどんどんみんな個性が際立ってきたように思います。腕も確実にアップしているし。(あ、ワシは変わってないよww)

>あややさん
お疲れさまでした。
No.12ありがとうございます。自分では気に入ってます。想い通りの絵が撮れました。18,19ね。建物が50mmでは入りませんから寝転んで撮りました(笑)。でも、入りきらないのでどこで切るか悩んじゃって。結果、思った通りじゃなかった(爆)。
だからフィルムは難しい。でも、楽しい訳です。

>ベニさん
暑かったですねww日干し兄弟でした。奥沢って、一歩裏手に入るととんでもない事になってまして、まあ、普通の生活空間にお邪魔する訳ですからどうしようかと悩みました。
いつもの東北ならまち全体があんな感じなのですが、小樽はまったく予測不可能な地帯があることを知りました。先日の赤岩とも同じ市とは思えません。
コワいですw

>本部長さん
奥が沢でしたねー。いやー、本部長も相変わらず熱くて楽しそうでお疲れさまでした。
エルマー、街撮りではいいですよ。繊細じゃないんだけど、狙えばなかなかです。2m以内ではけっこう繊細にも写り、遠距離は得意ですね。
小樽の地元の方でさえ驚くような場所が「まだ」あるなんて、やっぱりここはあり得ない場所ですよねえ。
まだまだ尽きる事のナイ小樽市に圧倒されています。

投稿: ariari | 2008年5月26日 (月) 22:38

No8ナイスシャッタータイミングですね。
エルマーかなりしっかりした写りですね。
当時のレベルでこの描写はやはり名玉です。

投稿: こもれび | 2008年5月27日 (火) 11:23

>こもれびさん
ありがとうございます〜
でも、私のエルマーは現行のエルマーMなんです〜〜
なので、もの凄くしっかり(しすぎるほど)写ります(笑)。

投稿: ariari | 2008年5月27日 (火) 23:04

1と17が好きです。どちらも階段なのは偶然でしょうか。
12のレンガとたんぽぽも可愛らしくてすきです。
どれも色がすばらしいですね!

投稿: mamako | 2008年5月31日 (土) 01:03

>mamakoさん
1、17ありがとうございます〜階段フェチですかww
色はね、本当にいいでしょう。プリントを仕上げてくれる店次第ですよね。いいお店を選ばなくちゃ損しちゃいます。

投稿: ariari | 2008年5月31日 (土) 01:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/41317471

この記事へのトラックバック一覧です: フィルム一本勝負【小樽】:

» 第9回フィルム一本勝負 in  南小樽界隈  撮影5月24日 [(゚゙Д´゚)毒ブログ(゚゙Д´゚)]
木曜から土曜まで小樽滞在。木金はボーっとしてたのだけど、土曜は炎天下の中1日中撮影、深夜1時前帰宅。 日曜は朝6時前に起きてカートレース... [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 17:35

« 小樽 | トップページ | 鉄で行こうそうしよう。 »