« 水沢リベンジ。 | トップページ | 花巻にて。 »

2008年4月30日 (水)

イギリス海岸…

イギリス海岸…
宮澤賢治先生が英国の海岸に思いを馳せて命名したイギリス海岸は花巻市の北上川のほとりにあります。
残念ながら雪解けで川の水嵩が肝心の部分を隠しているから(笑)イギリスには見えず、北上川のままでした。

今日は写真から離れるぞと、このあと遠野までドライブ。昼飯だけ食って帰る…はずもなく、堰堤の桜を少し撮って帰る。思えば二年前までは、一眼レフを持ってきて撮影なんてしなかった。コンパクトデジタルカメラだけでスナップばかり。
旅を楽しむならカメラはできるだけシンプルで小さい方がいいよなーなんて。しかし車だとついカメラが多くなったりね…
今回はフィルムカメラは気合い入れずに使えるヤツにしましたが、レンズがマジになるヤツだからなあ(笑)…
でも、おかげでユルユルになってます。よかったなー、デジタル一眼レフの充電器忘れて(爆)…
仕方ないからキタムラでD300買うところだったぜ。

|

« 水沢リベンジ。 | トップページ | 花巻にて。 »

コメント

ariariさんのユルイときの画が実は凄かったりします。
↓の水沢の状況から察するに何だかスゴイことになっていそうですね。
やっぱりフイルムの画が見たいです。
デジには悪いけど、充電器忘れてきて正解ですね(笑)

投稿: 本部長 | 2008年4月30日 (水) 20:16

>ほんぶちょーさん
それがね…マジにユルいのw
今日、遠野を少しだけ歩いてわかりました。オレ全然進化してないなー、って。パーツを拾う町撮りは、その町を表現していないことを。
遠野ではフィルムでニ〜三枚程度しか撮影していないんですけど、自分の切り取りに嫌悪感出ました(爆)…

投稿: ariari@(=_=;) | 2008年4月30日 (水) 22:01

 師匠、D300って、0が2つ多いでっせ…
pig

投稿: えみーるぞら | 2008年5月 1日 (木) 00:36

>ぞらさん
D3買えと?(笑)
フルサイズねー…デジタル一眼レフで撮るメインは鉄とシコーキだから逆にフルサイズは困るんだな。つーかやはりS5は手放せないす。

投稿: ariari@(_ _).oO | 2008年5月 1日 (木) 00:57

いえ、イギリスです此処は、そう見えます。

投稿: Youth Killing | 2008年5月 1日 (木) 03:12

写真を撮らない遠野、それもまたいいのでしょうね。
遠野、一度は行ってみたい所です。

>パーツを拾う町撮りはその町を表現していない
ariariさんの町撮りがさらにステージが上がっていくことを示唆させる言葉ですね、どんな風に変わられるのか楽しみです。

投稿: あやや | 2008年5月 1日 (木) 08:20

>Youth Killingさん
きゃー!本場からサポート感謝w
宮澤賢治先生が生きていたらさぞや喜ばれるでしょう。夏に再訪問します。

>あややさん
これはあくまで自分のスタンスだから、日々修行ってことでひとつ。
パーツなら徹底的にパーツにこだわる切り口もありです。
個人的には昨年11月にローライだけでユルユルした三沢や気仙沼、石巻が最高に気に入ってますが。

投稿: ariari@(・ω・`) | 2008年5月 1日 (木) 08:45

東野ですか。
私は店があるので旅ができないので
いつも写真で楽しませていただいています。

投稿: こもれび | 2008年5月 1日 (木) 09:26

アンテナが感じて動くまで ゆるゆる楽しんでくださ~い
曳山まつり巡航のため 路面電車の 配線?取り外しが始まりました 正味時間2時間 外して また 取り付けです
おばさん ずーと観ていたい
おじちゃん達の いくぞー的な えねるぎーが いいです
最後電車? が 警笛ならして いきました
最近 女性の運転手が カッコイイ!!です
旅楽しんでくださ~~い

投稿: おばちゃま | 2008年5月 1日 (木) 09:42

>こもれびさん
こんな絵ですみません…帰りましたら、もうちょいマシな映像をお届けします(笑)

>おばちゃまー♪
いつもありがとうございます。市電、富山でしたっけ…一度訪れたい街のひとつです。
昨年は新潟まで行きましたが、さらに日本海沿いを南下したいです。

投稿: ariari@(`・ω・´) | 2008年5月 1日 (木) 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/41045405

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス海岸…:

« 水沢リベンジ。 | トップページ | 花巻にて。 »