« さよならチップ貨物。 | トップページ | えき。 »

2008年3月12日 (水)

The last day.

昨日行って来たチップ貨物、今日が最終運行なのでまた白老まで遠征してきました。
今日はメチャクチャ日差しが強く、思いっきり逆光状態でかなりキツい。

場所は昨夜決めていた「北吉原駅」。終点の萩野駅の一つ手前であり、チップの荷主である日本製紙の白老工場が目の前だから。

この駅は橋上駅舎スタイルですが、今は無人駅。なんとも昔はモダンな駅だったんでしょう。


080312_001

建築デザインの面からも注目度が高い(かどうかは分からんが)んじゃないかと。

この駅は、なんと日本製紙白老工場の従業員通勤の為に作られた駅なんだそう。(当時、大昭和製紙)「きたよしはら」は大昭和製紙の創業地、静岡県吉原市に因んで付けられた名前なんだそうだ。駅舎の建築費用もすべて大昭和製紙が出資したんだそうで。

080312_9498

工場萌え♪夕方の日差しを浴びて輝く煙突。※

なんて、ことをしている場合じゃない。

いよいよ、本日で最終運行の5263レを迎える....

ファインダーを覗いた私は、ここで思いっきり固まった。

この画像はけっこうトリミングしちゃってます。すいません。
なぜならば......

涙でファインダーが見えなくなったから、マジ。

080312_018

(クリックで800ピクセルになります)

だって【ヘッドマーク】が付いているんだよぉ(泣)。

「ありがとうワム480000 さようならチップ列車 JR貨物鷲別機関区」って書いてあるんだよ。旅客の最終運行ならこういうヘッドマークはよくあるけど、貨物にも付いているってのがね、なんだか泣けちゃって。

遠くから見えた時「丸いもんが付いてる!」ヤバい、って思った。
今日は200mmでピントもマニュアルにしていたから、列車が近づいてくれば手動でピントを追いかけながらシャッターを切る予定だった。(逆光がキツい条件下ではピントが不安だったんで)

でも、もう涙があふれてきて、二枚しかシャッターが切れなかった。
このヘッドマークを作って最後の運行を演出したJR貨物の方々の想いが込められているわけですよ。しかも、DD51も原色オリジナルの機関車でしたし。

通過後、萩野駅にも向かわず、ここで折り返しの空貨物列車も撮ろうと北吉原駅にとどまりました。

すると、マニアさんが5名ほどいらっしゃいました。皆さん、マナーの良い方ばかりでした。


080312_025

萩野駅から室蘭へ向かう5264レ 夕方の光が列車を染める。
(クリックで800ピクセルになります)


080312_027

折り返し列車は500mmにしました。


080312_9500

別れを惜しむマニアさんたちに見送られ北吉原駅を通過。※


080312_9502

さようなら、ワム480000チップ貨物列車。※


080312_9504

5264レ通過後、すぐにタンク列車もやってきました。DD51重連。※

これで、チップ貨物も終焉を迎えました。
明日、空の貨車を引き取りにやってくる列車が一本ありますけどね。
明日は仕事なので行けません(笑)。

二日間の白老遠征、ちょっと疲れました。

FinePix S5Pro , AF-S NIKKOR ED 80-200/2.8D , SIGMA APO 500mm HSM-EX
※印の画像はFinePix S6000です。

|

« さよならチップ貨物。 | トップページ | えき。 »

コメント

いやはや何とも、まさかヘッドマークが付いてくるとはっ!!
DD51の原色機と言うのも、鷲別機関区の演出なんでしょうかね?
まずは2日間の遠征、お疲れ様でした。

投稿: いんぷ@会社 | 2008年3月12日 (水) 20:46

お気持ちお察しします。
涙の対象は違えど、お互い涙もろくなる歳ですね。
ariariさんもチップ列車もお疲れ様でした。

ariariさんも固まることあるんですね。

投稿: hiros | 2008年3月12日 (水) 21:10

>いんぷさん
HM、もしかしてと思ったけどまさか。陣屋町ではセレモニーもあったそうです。鷲別機関区は、やっぱり何かやってくれますね。

>hirosさん
いやー、ホント、ファインダーでヘッドマークの文字を思わず読んでしまってシャッター押せず。お恥ずかしい。
ホント、年を取るといかんですわ。

投稿: ariari | 2008年3月12日 (水) 22:02

ここんとこ、ariariさんのとこでチップ列車の最後を見ていたら、鉄分が伝染したのでしょうか?今週末で東京~大阪間を走ってるブルートレインが廃止になるというニュースを見て何だか寂しい想いが沸いてきました。私は全然思い入れ無いはずなんですが。

そんな事を考えていたら、MOTOトレインが無くなってもう10年近くなるんだなぁと更に物悲しく・・・。
MOTOトレインまた復活してくれないかなぁ~乗りたい^^;

投稿: ぽちぽち | 2008年3月12日 (水) 23:06

♪~おはようございます~♪
今ariariさんの“涙”に吃驚してます。
ちょっとだけ可笑しくって・・・<(_ _)ご免。。。
それだけ思い入れが強いんだな~って。
でも思い入れるものが沢山あって羨ましいですよ~。

ariariさんいろんな事良く知ってますね。
情報も詳しいし感心してます。

工場の煙突いいですね(^^♪

投稿: るびー | 2008年3月13日 (木) 08:21

>ぽちぽちさん
伝染しましたか〜そりゃあ、今度鉄ってくださいな。
モトトレイン、Nゲージでは持っています。JR東日本でしたっけね。名前が「元取れない」って縁起が悪いのでJR西日本は「モトとレール」という列車になった、という話(笑)。
フェリーと違っていちいちガソリン抜くのが面倒みたいで、結局短命でしたね。

>るびーさん
この列車そのものには思い入れはないんです。白老あたりをクルマで通過しても、あの独特の製紙工場に匂い。でも、北海道では昔からの工場で、貨物もさかんでした。
あと、やっぱり色々な背景は調べますよ。街もそうです。見知らぬ街へ行って、撮影して気に入ったら其の街の事をもっと知らないと失礼だから。
相手を良く知る、というのは写真にとって必要なことです。

投稿: ariari | 2008年3月13日 (木) 11:58

うわー、もらい泣き^^;
ヘッドマークに原色機という気合いの入り方と当事者たちの思い入れの深さ!
伝わってきました!!
テツというよりは人間ドラマを見ているようで感動しました。

むかし、手宮線でもこういうシーン、あったんでしょうね。
テツだけを撮るんじゃなくて背景のドラマを写すべし...たいへん勉強になりました(*^^)

投稿: 本部長 | 2008年3月13日 (木) 13:01

>本部長さん
まあ、その、まだまだ未熟ですよワシ。
鉄道のドラマを切り取るのは昔から好きでして。車両そのものをこうして撮るようになったのは、ホント、最近かも。
JR貨物のスタッフ手作りであろうヘッドマークを、帰りもちゃんと付け直して走る姿、何人が目撃したのでしょう。
それでも、いい。幸せな一瞬でした。

投稿: ariari | 2008年3月13日 (木) 21:41

私も見ながらウルウルしてしまいました~
長い年月それに携わった人達の思いとかを考えただけでグッときますよね。
どんな思いであのヘッドマークを装着し、最後の運転したのかな。
私も知らずにその場で写真撮ってたら泣いてたと思うな~
こういうモノには必ず終わりがくるけれど、みんなの思い出の中には残るんでしょうね。
忘れたくないし、忘れちゃいけないし、写真に収めるのは大事なんだとつくづく思います。
お金と土地があったら1両ほしいw
平日だから収めれた人は少なかったでしょうね、貴重なシーン見せて頂けて嬉しいです。
お疲れ様でした!

投稿: ベニ | 2008年3月13日 (木) 22:01

>ベニさん
毎日、毎日何年も同じ仕事を黙々と繰り返していただけのこと。たぶんこの列車の存在など知らない人が多かったはず。そしてなくなったことも。
それが日常です。始まりがあれば終わりもあります。
だけど、何かと歴史が変わるときに立ち会える幸せということ、それを記録として残せる事。それが嬉しいです。
もっともそんな記録を後世に残すことがかなり難しいのが困ったことですけど(爆)。

投稿: ariari | 2008年3月13日 (木) 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/40476276

この記事へのトラックバック一覧です: The last day.:

« さよならチップ貨物。 | トップページ | えき。 »