« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

帰って来たT2

Dscf9463

CONTAX T2 (左から二番目)を修理に出していたのだけど、思ったより早く返却されて来た。うっしっし〜♪と納品書を読むと....

「部品払拭のため、返却致します」....

泣....

やっぱし。実を言えば壊れていたという程のことではなく、電源を入れたときにレンズが出てくる勢いが弱くていつか壊れて出てこなくなるんじゃないかって修理に出したのだ。昨年末にて部品がなくなり修理の受付が終わるっていうから昨年出そうかと電話したら「年明けでも大丈夫ですよ」ってことだったのにさ。

説明によれば撮影にも支障がない、とのこと。でも、いつか壊れるんだろうな。予備のT2、探さなくちゃ。

とにかくこいつの写りは尋常じゃないんで、もう代えるカメラがない程です。
ただ、意外にT2は小さくないんですな。こうして並べてみるとフジカGERの方が小さいじゃん。もちろん、コンパクトデジタルカメラとは比べることができないけど。しかしローライ35の小ささが際立ってますね。

ところで、最近不良品ばかりにあたります。
買ったばかりの岩手県交通のミニカーも、実はちょっと問題があって二台交換に出すところ。そして今使っているプリンタは最高にいいのですが、こんなにいいプリンタ、もう絶対入手不可能なので予備にもう一台必要で、ネットで中古を買ったら不良品。昨年買ったコシナのノクトンクラシックも一度返しているし。
おまけに、食べ物だって異物混入が続いたし、車も長く問題解決しない所があります。

いちいち返送したり、店へ出向くのも面倒だし。なんだかちょっとお怒り気味。

そしてとどめ。三越にオーダーしていたワイシャツ、本日受け取りに行ったら、ボタンダウンで頼んだ襟が、ノーマルカラーだった....

話が長くてゴメン、ちょっと愚痴りたい気分なのでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

冬の銭函・ネタ切れ編

ああ、終わった東北。長かったねえ。。。ってことはネタがありません。
もう一月も終わっちゃうじゃん。なんとか一月中に終わってよかった....まあ、二月はね、ワシ嫌いだからさ。なんだかわからんが、色々二月は好きじゃないんだ。
バレンタインデーもあるしさ(爆)....

というわけで本日、所用で手稲まで行ったのでついでに銭函に立ち寄りパシャ。

もっと雪が舞っていればよかったんだけどね。

Zenif9455

雪が汚いから、降って欲しかった。

続きを読む "冬の銭函・ネタ切れ編"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

新春東北ドボン【あとがき】

え?まだあるの?(笑)....まあ、まあ。最後にいいじゃん。
今回の旅の反省点を少し考えてみました。まず、寄った画像が多いですね。もう少し引いて街の雰囲気を出せるようなことを考えないといけないです。

Ishinomaki02la

まあ、なんて言いますか。「街」には表情がありますし、人の暮らしや産業が見えます。そんなところをもっと引き出したい、ああ「この街に行ってみたい」と皆さんが思うような写真を撮り続けたいものです。


Aomori020015
青森市  思えば今回は「人の表情」が少なかったです。正月休みで街に人が少なかったということもありますが、ちょっと物足りなかったかなあ。


Towada020013

十和田市 待ち人。

実は、次回の東北はしばらく間が空きそうです。昨年の春から、ひと月に一回ペースで通う東北でした。また人の笑顔に出会いたい、そういう気分です。

ぜひ、ツアーを考えて一緒に行きましょう。

↓オマケ(笑)

続きを読む "新春東北ドボン【あとがき】"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

新春東北ドボン【女川2】

とりあえず(って何だよ)新春東北シリーズ最後のUPです。いや、枚数が多くてやっとまとまったかなという感じ。毎日おつきあいありがとうございました。

明日からのネタがありません(爆)。

1/6女川町、一気いきまーす。

Onagawa010021

哀しき笑顔....買い物したいよ、店あけてよ。


続きを読む "新春東北ドボン【女川2】"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

新春東北ドボン【女川1】

このお正月、東北街撮り最後の街は「女川町」です。石巻から車で30分少々で女川町に着きます。1月6日の午後、ここは時間限定の撮影になりました。漁港中心の街ですが、やっぱり原発のイメージもあるこの街。

Onagawa010034

午後の光から....女川最初の一枚がこれ。強烈な午後の日差しで。

続きを読む "新春東北ドボン【女川1】"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

新春東北ドボン【石巻2】

1/6の午前中、好天の中。強い日差しで陽気もポカポカ。
濃いエリアを徘徊しつつ、正月気分もまだ残る街を歩く二人。

。。。しかし。。。長いな、このシリーズ。過去の東北シリーズでも最長になっちまった。
みんな、ごめんなさい。飽きずに見てくれる方々に感謝。

Ishinomaki000018

トタンアート....ここまでやるか。サビ具合の左壁もよし。

続きを読む "新春東北ドボン【石巻2】"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

新春東北ドボン【石巻1】

昨日の一服はいかがでしたでしょうか。
また暗い写真に戻りますよ、いいですか?(笑)
あんまり一度にドカンと出してもダメだろうと、今回も二回に分けることにしました。

いよいよ1/6です。石巻の朝、ホテルを出てまず一枚。

Ishinomaki000037

石段....鍛えられます。右のアパートの住人も大変そうだ。



続きを読む "新春東北ドボン【石巻1】"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

ちょっと一服(笑)。

えーと、なんだか日々街の写真ばっかりでお目汚しもなんですから最近撮影したものも入れておきたくて。ちょっと休憩で。
なにせ、まだ石巻市、女川町と、濃いエリアが残っています。なので今日は1/20に撮影した札幌近郊のエリアなんぞを。

Dscf0006

【当別町】ううう、地吹雪寒い〜〜

続きを読む "ちょっと一服(笑)。"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

新春東北ドボン【登米2】

登米(とよま)二回目です。撮影は1/5ですが、いやー、ここはフィルム一本少々しか撮る時間がなかったんですが、セレクトに悩むほど好みのカットが多く撮れました。

では、第二弾いきます〜

Toyoma030022
威風....昔は写真館、今はベンツの車庫。でも、入っていない(笑)。

続きを読む "新春東北ドボン【登米2】"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

新春東北ドボン【登米1】

登米市登米(とめしとよま)は宮城県のとーっても濃いエリアです。元は「登米(とよま)町」だったのが、市町村合併により「登米(とめ)市」になりました。
武家屋敷も多く残り、商店街も和洋折衷、モダンな建造物が今でも魅力的に残っています。

登米はとにかくカット数が多くセレクトに悩みました。なので、二回に分けます。

(すでにご存知とは思いますが、写真はクリックですべて640ピクセルになりますので、念のために申し添えます)

Toyoma030038

始まり....は登米バスセンターから。でも、ここ建物は壊されて何もない空き地。

続きを読む "新春東北ドボン【登米1】"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

新春東北ドボン【一関】

新春東北モノクロ編もいよいよ濃さが増してきましたね(笑)。今までのユルさをお詫びしつつ、やっと濃いめな映像が今後もドカドカ出てくる予定です。
なので、もしかするとこの回を含め、あと4回とか言っていたけど、もしかすると5回になるかもしれません。すいませーん、引っ張って。いやー、さすがに枚数がありまして。

某♪さんと合流し鉛温泉で過ごしていよいよ私は三泊した宿ともお別れ。1/5を迎え、今日は濃いエリアに立ち寄りながら石巻へ入る日程ですが、岩手県から宮城へ向かう関所が、名前の通り「一関エリア」です。

Ichinoseki020024

日のあたる場所....一関最初のカットは岩手県交通一関営業所の待合室にて。

続きを読む "新春東北ドボン【一関】"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

新春東北ドボン【江刺】

1/4、某♪氏を拉致して(されたのかも)鉛温泉へ戻る途中、私の好きなエリアである奥州市、江刺に立ち寄りました。ここはねー、やっぱねー外せなくて。

「あの」傾いたヤツから(笑)。


Esashi010016

あれ?前より傾いている?....って、ワシが傾けて偽装してんじゃん。

続きを読む "新春東北ドボン【江刺】"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

新春東北ドボン【平泉】

昨日は野辺地でしたが、その後はちゃんと(当たり前だが)鉛温泉までたどり着き、いんぷさんと合流。翌日1/3は毎度恒例の中尊寺へ初詣。なので平泉町へ出向く。

さらに1/4はいんぷさんが二泊の旅を終え札幌へ向かう。入れ替わり某♪さんが今日、鉛に来るので一関までお出迎え。その後、また平泉で街撮り。
なので、二日分の平泉、またその前後の街撮りを。


Namari000029

鉛温泉自炊部にて....マターリ。

続きを読む "新春東北ドボン【平泉】"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

新春東北ドボン【野辺地】

1/2 私は今年最初の「旅」に出ました。前回ユルユルと言いつつ結構濃いめになってしまった反省を込め(爆)今度こそ「写真は二の次」としてゆっくり宿でくつろぐことを宣誓し(誰にだよ)出発。

前回同様、朝一番の列車で札幌を発ち目指せ岩手県。んで途中よせばいいのに、やっぱり寄り道してしまった。

ここは野辺地。駅周辺にはあまり撮るべきものはないのだが、修行と言いつつ歩き出す。雪が降りしきる・・・

Fh000011

耐えながら....寒さをこらえ駅へ向かう。

続きを読む "新春東北ドボン【野辺地】"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

荒鉄...

美瑛、富良野はもう終わった(笑)。急がないと明日からは新春東北モノクロ編が怒濤のごとく控えております。(マジでカット数が多くてセレクトに苦労してます)

んで、その隙間をですね、埋める番宣...じゃないな、まあよくあるテレビの野球中継が雨で流れた場合の雨傘番組みたいなもんで(爆)。
実は今年は鉄もヒコーキも撮ろうと。昨年はヒコーキ壊滅でした。それどころじゃなかったし。

<撮影1/16 白石ー苗穂間>

Dscf0005_64
この日は日中比較的晴れ間があって、雪がないとつまらんので夕方近くから小一時間ほど撮ってきました。寒かった(笑)。

続きを読む "荒鉄..."

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

新春・美瑛、富良野【5】

1/12撮影の美瑛〜富良野もこれで最後です。すいませんねー、毎日お付き合い頂いて。
いよいよ赤平市・茂尻地区の街を徘徊。正直言うと「かなり濃い」です。やはり、旧炭坑地区はある意味とても気をつけなければならないなと感じました。

しかも、よーく考えてみたらデジタル一眼レフで街撮りって・・・あれ?

すんげえ久しぶりかも(ばく)。

Dscf0170

踏ん張る....北国の郵便屋さんは過酷なお仕事だ。


続きを読む "新春・美瑛、富良野【5】"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

新春・美瑛、富良野【4】

まだまだ引っ張るシリーズ(笑)。富良野を終えて時刻も14時を過ぎた。そろそろ帰宅モード、で終わる一行ではなくおかわりもう一丁!
そう、街撮りが残っているじゃん。てなことで赤平市の「茂尻地区」へ降り立つ我ら。

本日は茂尻駅を中心に見てみましょ。今は無人駅だが、炭坑があった頃はかなり人の往来があったと思われます。

Dscf0147
茂尻駅へは急な階段を上る必要があるから、お年寄りにはちょっと厳しいはず。

続きを読む "新春・美瑛、富良野【4】"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

新春・美瑛、富良野【3】

引き続き1月12日の撮影です。美瑛から場所を移動し、中富良野町にやってきました。
別に撮影スポットでもなんでもない景色。それでも、都会では絶対に味わえない色。地吹雪に飛ばされそうになっても、顔が痛くて目が開けられなくなっても撮るしかないです。

Dscf0095
天気晴朗なれど....彼方には雪煙が舞い上がっている。あっという間に私たちの体に体当たりする地吹雪。

続きを読む "新春・美瑛、富良野【3】"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

新春・美瑛、富良野【2】

1月12日、寒い朝を美瑛で迎え、午前中は撮影に没頭。
こういう場所はモノクロみたいになっちゃうけど、雪の中にも白の諧調があるわけで、これを表現したくて。
なので、撮影もあえてコントラストを上げず、なるべく見た目に近く仕上げてあります。

Dscf0020
規則正しく居並ぶ木々。日が陰るとコントラストに乏しい絵になってしまうけど、それもまたよし。

続きを読む "新春・美瑛、富良野【2】"

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2008年1月12日 (土)

新春・美瑛、富良野【1】

真面目なマジメな新春北海道撮り・・・ってこともないけど、珍しくネイチャー。今回はネイチャーの巨匠たちと一緒だからさ、やっぱたまには頑張らないと。ワシもこう見えてたまにはネイチャーする。でも、ほとんどサンプルのお仕事ばっかだけど。

同行メンバーは、ainosatoさん、hirosさん、bonoさん、DENZIさんという強者ばっか。
夜明け前に出発し、美瑛に着いたのは朝の5時。ふえ〜寒いっ!!

Dscf0011
凍れる朝に燦々と。美瑛駅には朝から人が集う。
いや、マジでムチャクチャ寒いっす。

続きを読む "新春・美瑛、富良野【1】"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年1月11日 (金)

サビと愛欲の日々。

Dscf0020_2

街撮りをしている理由を色々考えたりするけど、やっぱり私は古いものが好きなんだろうと思う。新しいものを否定するわけじゃないけれど、古いものには優しさとか、作り手の気持ちが非常にこもっている気がするのです。

確かに人間工学的に無理があるだろう、と思われる工業製品もたまにあるけれど、工夫とか苦労が手に取るようにわかるものには愛を感じちゃいます。

家もそう。職人、つまり大工さんの工夫や技が普通の家にもちゃんと見られるんです。そういうのを見つけるのも楽しい。
最近のものは効率とかコストとかを考えて、これまた工夫はされているけど、何だろう、誰のために作られたのだろうかと考えちゃうようなものが多くて。

放置された古いものたちからのメッセージ、いつかは消えてしまうものたちを少しでも写真で残したい。シャッターを押す理由がそこにあるのです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

秘密の巻物。

先日頂いたありがたい御教典がこれ。文章で書くと、検索で引っかかるのであえて書きません。
皆さんのご判断で「何か?」をご想像下さい。(笑)

ありがたや、ありがたや。

Dscf7252
これが「正面用」ですね。
はい、ありがたい巻物です。このお教えの通り、撮影に出向かねばなりませぬ。

Dscf7254
こちらが正面用よりも左右の長さが短い「側面用」ですね。
これもまた、道筋が書かれております。この順番で行け、と。はい、行かせて頂きます。

マニアさんならヨダレものに違いないが、ちゃんと許諾を頂き授かったありがたいものでございます。きっと、あそこから撤去されたんじゃないだろうか?(--;;

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

2008新春東北ドボン大会【後編】

つまんない画像ばっかりでゴメン(笑)。みんな室蘭とか祝津とか行ってエロエロな艶っぽい絵ばっかしなんだもん。ここはワシのオッパッピーな絵でがっかりしてくれたまへ。

旅も後半、石巻の朝は港でドボン。撮影はすべて1/6です。

Dscf0215
爽やかな空。光るプラント。

Dscf0218
港湾労働者の方々がお住まいなのだろうか?かなり老朽化した長屋風の家が続く空間。
便所も外にあり、寒い季節は大変なんじゃないかと心配してみたりする。

Dscf0223
造船所にて。漁船もこんな角度から見ればこれまた男気、荒々しいけど美しい。

Dscf0233
水産加工所にて。荒々しいよね、ね?

Dscf0235
港にもパッチワーク。美瑛の丘に負けないぞ。

Dscf0249
静かなホーム、八戸駅にて。

まあ、メモ代わりのデジタルカメラなんで許して頂戴。

FinePix F31fd

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

2008新春東北ドボン大会【前編】

昨夜遅くに無事帰宅。今回は全く交通障害もなくスムーズな乗り換えにてスケジュールを消化しましたよ。もっとも、六日の移動なんかどこかで止められたら非常にヤバいキッツキツでしたけど。まあ、とにかく何事もなく、そして帰ってからも倒れず(爆)におります。

モノクロのフィルム編はちょっと時間がかかるので、とりあえずはコンパクトデジタルカメラ(長いね。コンデジ、って言い方好きじゃないんで)で撮影したものをUPしますです。

Dscf0033
雪の中尊寺境内。広大な中尊寺の中には様々な御堂が点在します。そのうちの一つ(名称失念。スマン)です。
この日は写真を撮るというより、初詣モードのみ。撮影1/3

Dscf0079
廃れるタム3000。奥州市の県道際に捨てられているタンク車。どうもいくつかの用途変更を経て広告代わりに使われていた様子。ん、どうにかしてあげたいもんですね。撮影1/4

Dscf0095
大好きな岩手県交通の、さらに好きなバス「いすゞBU-04」の廃車体。役目を終えたものには敬意をはらいたいのです。撮影1/5

Dscf0108
同じくいすゞBU-04の側面。ああ、背筋が凍る(笑)。

Dscf0114
手前に見えるのが通称「オバQ」と呼ばれるいすゞBU15P。現役での姿は一度しか見たことがなかった。味わいのある車体だ。

Dscf0120
一関市花泉町にて....古い靴屋は好物の被写体。店は古いが店主も古かった。

Dscf0136
宮城県登米市登米。蔵にこれだもん。

Dscf0147
やっぱり「とよま」ってなんだか不思議な空間が多い。東北っぽくないんだろう。


Dscf0168
登米。タイルが泣ける。家先に蛇口って、なかなかイけてますね。

Dscf0180
石巻市曽波神駅(そばのかみ)。お蕎麦の神様として全国から蕎麦マニアが詣でる駅である、ってのはウソ。

Dscf0185
石巻。夜の工場は萌え!フェンス越しで三脚も立てられないのでデジカメでしか写せない。

Dscf0200
モノクロモードでビシッ。ええね、ええねえ〜♪

Dscf0206
同じく石巻港。夜はデジカメが便利でございます。

この1/4は宿を出て、石巻へ向かう途中に色々立ち寄りつつ撮影。引っかかる場所が多くてなかなか前に進まないんですよね。運転手である某♪氏には「一度止めたり引き返すたびにカメラを頂戴♪」などと恐喝されてしまった。いったい私は何台カメラやレンズを強奪されるんだ。

明日は後編。石巻港の朝、から。

FinePix F31fd
ま、デジカメではこんな感じでメモ代わりにやっていました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

そして旅の終わり。

そして旅の終わり。
今日はhurryさんと十和田市に向かう。撮影はなし(笑)。
まあお決まりの怪しい店探しだけど今回はめぼしい成果は見られず。
でもヨイのだ、それで。見つからなくともその行為に意義がありますのん。青森に戻ると函館行きの電車が微妙なタイムだから(ルーかよ…オレ笑)浅虫温泉で捨ててもらいスーパー白鳥に乗る。
いよいよ旅の終焉だなあ…今回はフルに切符を使ったから長い旅をしたような感じ…いつもなら、あっという間に日程が過ぎるのだけどね。
思えば2日〜3日はいんぷさんがいて、4日から6日は♪氏、そして6日夜から今日までhurryさんにお世話になりましたので一人旅という感じがせずに楽しめたからでしょう。毎日遊んでくれたお三方には御礼申し上げます。
ただし写真は今回全くダメダメかと思います。ベッサのシャッター速度表示が見にくくて、ストレス出ました。前回は大丈夫だったんだけど、視線をきちんと正面からファインダーに向けないと見えにくいかなあ…まあライカにはファインダーにまったく露出表示が出ないから(M4だから当たり前だが)気にならないのですが。そんなんで撮影のリズムが崩れたかな…
さあ、部屋に戻ったらマイナスの室温必至だ。いやだねえ…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

石巻・女川

石巻・女川
石巻の港付近を午前中に攻めたあとは、午後から女川に移動。今日も某♪氏が案内してくれる。
彼は一昨日コンタックスT2の中古を買ったばかりで燃えてます。昨日プリントして、その描写力には驚いていたからな(笑)…
石巻の港界隈はこれまた濃すぎてまいりましたよ。まあ、色々現実を目の当たりにして考える事も多し。
女川もエラい濃い街でして、フィルムがパカパカ進みましたよ。
撮影後、石巻に戻り♪氏とはお別れ。三日間に渡りお付き合い頂いて感謝!
これからが大変。石巻〜小牛田〜一ノ関〜盛岡〜八戸〜青森と大移動。列車五本乗らねばなりません…はあー。六時間に渡る移動で列車五本つーのは効率悪いよね。でもこれじゃないと石巻からは青森にたどり着けないのよ…移動疲れだな。
腰の痛みがかなりヒドくなりました(爆)。ちなみに今は盛岡〜八戸間のはやて27号に乗っていますがトンネルだらけで更新大変だあ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

一関〜花泉〜登米〜石巻

一関〜花泉〜登米〜石巻
本日で鉛温泉滞在が終わりました。昨夜から合流している某♪氏の車で南下を開始。まずは一関を通過する…はず…あれ?気がついたら大好きな岩手県交通の一関営業所があり、バスの廃車体がありました。営業所の方に許諾を頂いて撮影。
かなり痛んだバスに哀愁を感じ永年の活動に思いを馳せてしまうんですねぇ。
廃車体を覗いたらバスの中にはゴミがたくさん…「こ…これは!」営業所の方に再び許しを頂いて、そのゴミを授かりました。なかなか手に入らない「秘密の巻物」を賜り、感謝の気持ちで一関を去りました。
その後は花泉でやや濃いめな街撮り。さらに期待の宮城県は登米市に。ここは以前登米町で、当時は「とよま」と呼ばれていましたが合併により市になって「とめ」に名前が変わりました。なのでここは登米市登米で、正しくは「とめしとよま」なんですな。実に紛らわしい(笑)…
しかし登米は「かなり」濃いです。いやー参りました…濃すぎてクラクラ!取りこぼし大量発生。まあどんな感じに仕上がりますやら。
今日はフィルム一本勝負メンバーによる室蘭遠征だからなあ…悔しいから撮るしかない。
さらに石巻に付いたら夜なのでデジカメでも撮影。ううむ写真三昧。
明日は石巻を撮り、青森に入ります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

MAXやまびこ

MAXやまびこ
本日は同行していた「いんぷ」さんが一足早く札幌にお帰りに。二人で北上まで行き、彼は盛岡行きのやまびこに、私はわざわざ二階建ての新幹線に乗りたくてMAXやまびこに乗り込んで一ノ関まで短い体験。普段は東京から仙台までしか来ない新幹線だから、こんなときに乗ってみた。
二階席は三列固定シート×2だから狭い!…一階は視界が悪い代わりにシートが良い。しかしホームスレスレの展望はアブナイ!!ミニスカートのおねいちゃんはかなりキケーン!(笑)…
まあ、そんなことはどーでもよくて、一ノ関では某♪氏と待ち合わせして江刺にて軽く街撮りしていました。
彼も今日は鉛に一泊。明日は撮影しながら南下します。やっとカメラモードです。室蘭組には負けられない(爆)!!
くっそー、いいなあ…室蘭。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

雪の中尊寺

雪の中尊寺
今日は中尊寺に詣でました。毎度の中尊寺なのでフィルム進まず。
昨日出発して以来、まだ全然撮影してないす。
今回は5日に街撮りを集中する予定なので明日も撮らないはず。
つーか、眠い(爆)。明日も宿でダラダラだから撮らないんだろーなー。いいのか、それで。
ん、そんな時もあるのだ。前回ユルユルのはずが結構マジになったから今回は本当にユルユルで終わりそうな気がするよ。で…画像は間違えた(爆)。中尊寺じゃなくて、中尊寺の駐車場にある店で食ったわんこそば。17杯に小分けされた蕎麦だけど実際に食べるとかなり腹が一杯です。1700は高いけど、まあこんなもんでしょ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

出発しますた

出発しますた
今朝7時丁度に札幌出発しますた。札幌は雪が少ないな、なんて思っていたら今朝はドカドカ降っていてびっくり。函館からは白鳥18号に乗り越え、車内販売で青森駅名物、帆立釜飯を買いました。
今回は前回同様、秋田を経由しないから鶏めしにありつけないけど、これも陸奥湾の帆立稚貝がいっぱいで旨いんですわ!
やはり大館方面を経由するならば前の日に出発しないと鉛温泉には着けないんですよ。花巻からの最終バスにも間に合わない!困りものです。
今回の旅もきっぷの有効期間である六日間をフルに使うので致し方ありませんが、次回はまた大館経由にしたいです。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

『初詣』 <銭函・豊足神社>

Dscf0048

こういうのを見ると「イヨマンテの夜」のフレーズが流れるワシは古い人間なんだな。

Dscf0050

狛犬ライトアップ(笑)。

今年のおみくじは「吉」でしたが、内容がとってもよかったです。なので持ち帰りました。
例年ならば中尊寺で初詣なのですが、今年は三年ぶりに居残り。しかし三日には中尊寺にいるはずです(爆)。

皆様に幸多きことを祈念しております!

平成20年 元旦

FinePix S5Pro  AF-S VR NIKKOR ED 24-120mm F3.5-5.6G  JPEG ISO1600

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »