« そして旅の終わり。 | トップページ | 2008新春東北ドボン大会【後編】 »

2008年1月 8日 (火)

2008新春東北ドボン大会【前編】

昨夜遅くに無事帰宅。今回は全く交通障害もなくスムーズな乗り換えにてスケジュールを消化しましたよ。もっとも、六日の移動なんかどこかで止められたら非常にヤバいキッツキツでしたけど。まあ、とにかく何事もなく、そして帰ってからも倒れず(爆)におります。

モノクロのフィルム編はちょっと時間がかかるので、とりあえずはコンパクトデジタルカメラ(長いね。コンデジ、って言い方好きじゃないんで)で撮影したものをUPしますです。

Dscf0033
雪の中尊寺境内。広大な中尊寺の中には様々な御堂が点在します。そのうちの一つ(名称失念。スマン)です。
この日は写真を撮るというより、初詣モードのみ。撮影1/3

Dscf0079
廃れるタム3000。奥州市の県道際に捨てられているタンク車。どうもいくつかの用途変更を経て広告代わりに使われていた様子。ん、どうにかしてあげたいもんですね。撮影1/4

Dscf0095
大好きな岩手県交通の、さらに好きなバス「いすゞBU-04」の廃車体。役目を終えたものには敬意をはらいたいのです。撮影1/5

Dscf0108
同じくいすゞBU-04の側面。ああ、背筋が凍る(笑)。

Dscf0114
手前に見えるのが通称「オバQ」と呼ばれるいすゞBU15P。現役での姿は一度しか見たことがなかった。味わいのある車体だ。

Dscf0120
一関市花泉町にて....古い靴屋は好物の被写体。店は古いが店主も古かった。

Dscf0136
宮城県登米市登米。蔵にこれだもん。

Dscf0147
やっぱり「とよま」ってなんだか不思議な空間が多い。東北っぽくないんだろう。


Dscf0168
登米。タイルが泣ける。家先に蛇口って、なかなかイけてますね。

Dscf0180
石巻市曽波神駅(そばのかみ)。お蕎麦の神様として全国から蕎麦マニアが詣でる駅である、ってのはウソ。

Dscf0185
石巻。夜の工場は萌え!フェンス越しで三脚も立てられないのでデジカメでしか写せない。

Dscf0200
モノクロモードでビシッ。ええね、ええねえ〜♪

Dscf0206
同じく石巻港。夜はデジカメが便利でございます。

この1/4は宿を出て、石巻へ向かう途中に色々立ち寄りつつ撮影。引っかかる場所が多くてなかなか前に進まないんですよね。運転手である某♪氏には「一度止めたり引き返すたびにカメラを頂戴♪」などと恐喝されてしまった。いったい私は何台カメラやレンズを強奪されるんだ。

明日は後編。石巻港の朝、から。

FinePix F31fd
ま、デジカメではこんな感じでメモ代わりにやっていました。

|

« そして旅の終わり。 | トップページ | 2008新春東北ドボン大会【後編】 »

コメント

タム3000は90のようにマクロレンズなんですか?
すてるだなんてもったいないなあ。

投稿: 初心者 | 2008年1月 8日 (火) 23:45

おかえりなさいませ。長旅お疲れ様でした!
タイルなのに錆ているのが不思議にいい色~
最後から2番目のモノクロの工場、シャープでかっこいいですね!
三脚なしでもこの感度、素晴しい・・
東北も雪は少なめに見えますが、寒さは札幌よりキツかったですか?

投稿: ベニ | 2008年1月 9日 (水) 00:19

>何が初心者やねん(笑)
タム君はスゴいよ。寄れる寄れる。サビなんかお呼びじゃない。危険な恐ろしい液体で侵されているんですもん。
要るなら場所教えるから拾いに行こう♪

>ベニさん
あのタイルはどうもブリキで出来た、なんちゃってタイルみたいです。昭和ですね。
モノクロで撮影した工場、ええですわ〜さすが手持ちでアレが写るカメラやねん。手ぶれ補正でも写るけど感度が高くないと壁面などが写りません。さすが高感度(笑)。
寒さは全然平気でした。あの程度なら、撮り歩くと汗かくほどでしたよ。

投稿: ariari | 2008年1月 9日 (水) 00:45

>いったい私は何台カメラやレンズを強奪されるんだ。

あ、レンジファインダーのカメラは遠慮しておきます。
m(_ _)m

投稿: いしのまきまき♪ | 2008年1月10日 (木) 21:51

>いしのまきまき♪さん
大丈夫!あげないもん♪

投稿: ariari | 2008年1月10日 (木) 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/17624614

この記事へのトラックバック一覧です: 2008新春東北ドボン大会【前編】:

« そして旅の終わり。 | トップページ | 2008新春東北ドボン大会【後編】 »