« ユルい東北旅【平泉】 | トップページ | ユルい東北旅【石巻1】 »

2007年12月 2日 (日)

ユルい東北旅【気仙沼】

あんまり写真ばかりで日々飽きたとか言われているから、今日は「どっさり」逝くぞ(爆)。どうだ!!
というか、ユルかったはずの旅が一気に濃さを増すのが気仙沼の恐ろしい所。実は、気仙沼滞在は二時間ほどの予定だったんです。

11/25、オフ会を終えて私は花巻から一ノ関経由、大船渡線で気仙沼へ向かいます。

Kesennuma000032
【続く】自分の旅が終わらないのは線路が続いているから、というのは格好よすぎ。

Kesennuma000036
【着いて早々】濃い窓際。こういう光線具合を見逃したら怒られます。

Kesennuma000038
【直視】ストレート真っ向勝負。こんな看板見逃したら怒られます。

Kesennuma000039
【ちょいちょい】と、泣かせる風合の看板。

・・・で・・・ここでトラブル発生。フィルムラストカットで固まり、切れちゃった。
街をさまよい、写真館さんに駆け込んで処理して頂きました。ありがとう!島忠スタジオさん!!

島忠スタジオさんとも色々お話したんですが「ここは宮城というより岩手の文化圏みたいですね」「そうそう(笑)陸前高田あたりからずっとつながっている感じかなあ」ということ。やっぱりね。

さ、街撮り再開!

Kesennuma200002
【お散歩】あー、のどかな景色。

Kesennuma200011
【風合】風格のトタン。錆、多め。

Kesennuma200012
【停車場】バス停、なんだけど、ここはどうしても停車場だ。

Kesennuma200013
【街の顔】島忠スタジオさんが「行ってみて」と教えてくれた旧い魚問屋街。ううむ、イイ。

Kesennuma200015
【信用】どう見たって間違いのない魚屋さん。

Kesennuma200019
【釣果一匹】「釣れますか?」「ダメだねえ」見せてくれた魚は一匹。「どこから来たの?」「あ、札幌です」「おお、都会じゃないか。俺、昔千歳の駐屯地にいたんだよ」

去り際に「おじさーん一枚撮らせてよ」目深に被ったフードを、さっと外し照れ笑い。「ありがとう!」

Kesennuma200024
【めぞん福美荘】なんという雰囲気なのだろう。住んでみたい。ギシギシ音のしそうな床。

Kesennuma200027
【むさしの食堂】本当ならば滞在は二時間の予定が、フィルム切断とかで予定変更。時間が余ってしまいお腹がすいた。そろそろ夕ご飯じゃないか。食堂を探していると、一軒の店があった。

店は暗いが「営業中」になっている。入ったらオバさんうたた寝中(笑)。「あら、ごめんね寝てた。やっているよ」カレーを頼んでしばし待つ。

食べ終わる頃オバさん、やってきて「どこから来たの?・・・(札幌です)へ〜写真撮っているの?カメラマン?(いえいえ違いますよ)」という会話。

その後、オバさんの口から信じられない一言。

「私は木村伊兵衛とか、土門拳が好きだなあ」・・・「え?(驚)ずいぶん詳しいね〜」「うん、アサヒグラフとか好きだから、よく読んでいたし。最近は、誰がいいの?」「そうですね、荒木さんとかかな」「ああ、いいわね、ちょっとスケベで(笑)」・・・なんて話のわかるオバさん!!

「ねえ、じゃあ一枚撮らせてくれる?」「いいよ」

その後もすっかり話が弾んで、女学生時代に北海道に修学旅行へ行った話なんかも伺って「古いカメラがあるんで今度来たとき見てよ」とか、「かなり古い家を持つ親戚が居るからそこに撮りに行きなさい」って。「絶対に、またおいでよ。クルマで来た方がいいよ」

最後に「店をたたんでもここに住んでいるから、また来てね。名前は?」

気仙沼、やっぱりドボン!なのだ。また何度でも来るよ。

Kesennuma200030

撮影:11/25
機材:以下同文(笑)


|

« ユルい東北旅【平泉】 | トップページ | ユルい東北旅【石巻1】 »

コメント

なんだあ、濃いっていうから全部すっとばしてhurryさんのコメント読みにきたのに一番のりか。
本編見直してからまた来るわ、アニキ。
(ううん、昨日あたりからariari boxのコメント欄らしくなってきたなあ 笑)

投稿: DENZI | 2007年12月 2日 (日) 23:47

鳥肌です。はい。気仙沼。
この後アップする石巻....見るのが怖ろしいや

投稿: いしのまきまき♪ | 2007年12月 3日 (月) 00:11

ぶーめらん ぶーめらん きっとお ああなたはあ ♪

やー、よかったあ、濃ゆくて。
今日もゆるゆるだったら↑のコメント投げっぱなしにして寝るとこでした。
もうレールからして違うじゃん。 ズルイや、アニキ。
【着いて早々】とか【停車場】とかね。言い訳不要、「モノクロ以外ありえないからモノクロ!」って気合。
ああ、見てよかった!

投稿: ぶーめらんDENZI | 2007年12月 3日 (月) 00:23

うーん…某『る』嬢が思わずブログを閉じた話…を、考えてます。

俺そんなにエロいコトを書いた記憶が無いんですよ。一応(笑)aに気を遣ってるんで。

ブログには書かない(書けない)コトってありますよね。そういうネタを俺がここでバラした奴かな?と思うんですよ。

例えば【直視】を見て思い出したんですが、先日の行程の途中でコンビニに寄ったんですね。

で、店の前の駐車場でお昼にしたんですが、『ここはヤキソバの町です!ヤキソバを喰わんと非国民す!』と、貪る様にヤキソバに喰らいつくaを横に、俺は静かに昆布おにぎりを食べてました。

と、その時、女子高生が2人、車の前を通りました。
それを見て俺が『なんか閑散とした町ばっかり廻ってると、若い人見てホッとしますね』って言ったんですよ。
するとaが『あんな顔して実はフェ○が趣味なんすよ』と。
一瞬自分の耳を疑いましたが、彼女達のカバンを見て『ホ、ホントウだ…』と目線をずらしました。

ずらした目線には、UFO戦士のコスプレをしたaが映り、彼は鼻息荒くポリポリッと漬け物を食べていました。

【むさしの食堂】での顛末も聞かされたんですが、それはまた次回にでも公開する予定。

投稿: hurryblood | 2007年12月 3日 (月) 01:20

モノクロのコントラストの味わい、勉強させてもらいました。
ローライゾナーのスナップ、さすがといしか云いようがないです(^^ゞ
食堂のおばちゃん、迫力ありますねぇ!
この町、2時間滞在なんてバチがあたりますね。

投稿: 本部長 | 2007年12月 3日 (月) 01:34

おはようございます♪
畠山さんは金魚屋さんでなく魚屋さんだったんですね。 (*ノω<*) アチャー 「むさしの食堂」のおばさん凄い人ですね。?「土門拳」さんは名前だけは知ってましたが「木村伊兵衛」さんて方もやはり写真家なんですか?それにしてもおばさん貫禄ありますね~。
hurryblood さん気になること書いてゴメンナサイネ。そのコメント探したのですがすぐ見つからなくて 後ほど見つかったらコソっとお知らせしますね(笑)

投稿: るびー | 2007年12月 3日 (月) 09:13

昨晩の記事中、一部誤解を生じる箇所があったみたいですが、aがヤキソバ喰いながら発言した『あんな顔して実はフェ○が趣味なんすよ』の、○の部分に入る単語が乱れた解釈をされている様なので、訂正を。

『吹』が正解。

確かに彼女達のカバンには縦笛が刺さってましたし、俺が目を反らした理由は縦笛にトラウマがあるからなんですが、実はこの直後、事態は更に深刻な方向に。

気がつくとaはサインペンを取り出し、自分の上着に『相模悪龍会』と書くと女子高生の前に立ち塞がり、一言『俺はお前が好きだああーっ』

『それは笛じゃなくて笙だろが』と、俺はaを車に戻しましたが、あんなに都合悪かったのは久々でした。

a…… 頼むよ……

投稿: コメント少子化対策実行委員会 | 2007年12月 3日 (月) 10:36

>DENZIさん
ありがとう〜盛り上げ感謝(笑)。ええ感じです、気仙沼。
もうモノクロじゃなくちゃだめやね、ここは。

>いしのまきまき♪さん
ん。石巻はリベンジ必至です。絞りきれてないので。
気仙沼は、まだまだスゴそうです。

>本部長さん
目測はやっぱ大変です(笑)。おばちゃん前ピンですし。
ボケを活かすなんてなかなかできないし。
まあ、ゾナーらしいしっとりした質感はいいですね。

>るびーさん
木村伊兵衛は日本のジャーナリズムの先駆者でした。スナップを得意とする日本のブレッソンとも言える方ですね。
私なんかまだまだ、まったく及びません。

>はりーちゃん
物語を作るのはいいが、ワシをそこまでヒドい人にするなんて悲しいぞ。JAROに訴えてやるー(悲)。

投稿: ariari | 2007年12月 3日 (月) 19:58

なっ…おいおいおいa、君がそんな事言ったりしたら、皆が俺を疑うじゃん。aと俺、どっちが信用されてると思ってんの?(メイビー同じ位)

非道いのどっちだよー。『ヤキソバヤキソバ』繰り返して喰ってたじゃねーかよー。
『あんな顔して実はフェ○が趣味なんすよ』言ったじゃねーかよー。
俺が脚色した部分は相模悪龍会で、捏造した部分はヤキソバンのコスプレだけだろー。

もーう鶏冠にきた!本当の事を言ってやるっ!

『ホントウノコト』

ああ〜すっきりした。

投稿: hurryblood | 2007年12月 3日 (月) 21:11

hurryさん、すまぬ! 僕は大変な誤解をしていたようだ・・・

UFO戦士って、ダイアポロンじゃなかったんだね・・・・

アメフトのヘルメットを被った身長120mのa、
想像して戦慄しちゃったんだ・・・・・・


投稿: DENZI | 2007年12月 4日 (火) 01:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/17256101

この記事へのトラックバック一覧です: ユルい東北旅【気仙沼】:

« ユルい東北旅【平泉】 | トップページ | ユルい東北旅【石巻1】 »