« 写団ひとり北東北修行【大館〜角館】 | トップページ | 写団ひとり北東北修行【気仙沼】 »

2007年11月 7日 (水)

写団ひとり北東北修行【角館〜江刺】

昨日の続きです。撮影は同じく10/29で、フィルム二本目に入ります。角館の裏路地を歩き、その後は新幹線を乗り継ぎ「水沢江刺駅」からタクシーで奥州市江刺区へ。夏に訪れ、ちょっとロケしたんだけど裏路地がなかなかスゴい。

この日は相当歩いてしまい、足首がガクガク。なにせ、重いリュックを背負って全行程歩いてしまったのが原因・・・背中、腰、膝、すべて激痛。

まずは角館の続きから・・・

Kakunodate2_10
【裏庭から】侵入者みたいな目線で申し訳ない。

Kakunodate2_11
【錆床】いい味わいの駐車場。

Kakunodate2_14
【水源】生活の源。

Kakunodate2_17
【在庫些少】これっきりグリコ。

Kakunodate2_18
【無視】最初は見ていたくせに冷たくあしらわれた。

------ ここで角館とはお別れ ----------

江刺に入ります。

Esashi19
【こんにちは】元気に挨拶してくれた子供たち。いいなぁ、この街を支えろ!

Esashi22
【一見さんお断り】ってことはないんでしょうが、入りにくい(笑)。

Esashi24
【路地裏に宿る】厳粛なる空間。

Esashi25
【迫る】うわわ、通っていいですか?

Esashi29
【おかえり】蔵が語りかける。

Esashi30
【昭和遺産】店舗裏の窓越しから失礼。お豆腐屋さんですが、油揚げを作っていた。おばさんの格好も懐かしい昭和の香り。旨そうなので、すぐ買いに走りました。(旨かった!)

Esashi31
【語るの扉】『撮れ』声がする。

Esashi33
【主】ごしゃごしゃの中に救世主。

江刺は魅力的で、無理して来てよかったです。駅との往復のタクシー代掛けた甲斐があったというもんです。でも、水沢市との合併で奥州市になった江刺、交通が非常に不便で孤立しているんです。JRの駅もないし、バスもきわめて少ないエリア。
でも、子供たちの笑顔があれば大丈夫。「こんにちは」元気な声で小学生も中学生も挨拶してくれる。すれ違うおじさんも「おっ、カメラマンかい?(笑)」笑顔で声をかけてくれます。

そんな街を応援したい、そういう暖かい気持ちで江刺を後にしました。

撮影:10/29

データは昨日と同様です。
※角館、一枚写真漏れており、一枚追加しました。


|

« 写団ひとり北東北修行【大館〜角館】 | トップページ | 写団ひとり北東北修行【気仙沼】 »

コメント

ariariさんの写真を見ていると、
自分の小さい頃のアルバムと記憶を開いたような
ノスタルジックな美しい色彩と昭和な被写体が飛び込んでくるので
行ったことのない土地なのに、デジャビュを感じてしまいます~
この風合いや味がデジコンでは出せないところが悲しいです(;´д`)
トイカメラに手を出しちゃいそうです・・

ところで、【迫る】の建物は、崩れる寸前なのでしょうか。
それともそうゆう作りなのでしょうか。
そうゆう造りだとしたら、何を意図しているのかが気になってしょうがないです(笑)
なかなかトリックアートですね。

【主】は、いろんなところに主のアイデアが散りばめられてて面白いです。
バナナしかり、冷蔵庫。じゃなくて、棚。なのですね(笑)

投稿: ベニ | 2007年11月 8日 (木) 00:37

「昭和遺産」「主」にノックアウトです。

江刺…近いなぁ~(ばく

投稿: いしのまきまき♪ | 2007年11月 8日 (木) 01:11

a、【水源】と【昭和遺産】がいい雰囲気。

甲乙つけ難いけど…【水源】に全部!

投稿: hurryblood | 2007年11月 8日 (木) 01:40

こんにちは。
今まで“花と風景”の写真にしか興味なかったのですが ariariさんの写真をず~っと見てきて だぁ~んだん ハマッテきました。*^-^*

投稿: るびー | 2007年11月 8日 (木) 10:10

【裏庭から】みたいな写真が撮りたい♪

投稿: マキ | 2007年11月 8日 (木) 16:16

再び圧倒されております(^_^;)
もうオマケ付きのグリコ見た瞬間、スイッチ入ります!
【迫る】は壁の羽目板からしてこういう設計なんでしょうね...でも怪しすぎるなぁ...意図がわからん(爆)
【おかえり】のスケール感も中国大陸的で不思議。
豆腐屋のおばちゃんも輝いていて素晴らしきかな。
で、【水源】佇まいにやられてしまっているのでした。

投稿: 本部長 | 2007年11月 8日 (木) 21:48

>ベニさん
ノスタルジックな景色、北海道なら小樽が一番だと思うんですが、案外身近な所にもきっとあると思います。
フィルムは表現力が豊ですね。トイカメラもいいけど、5千円くらいの中古カメラで気軽にお散歩すると楽しいでっせ。
【迫る】の建物は、あのままです。いやー、どうやって撮ろうかしばし悩みましたが傾斜角度がわかりやすい所で妥協(笑)。

>いしのまきまき♪さん
「はなまきまき♪」時代はすぐ近所だったでしょ〜。江刺もほんの一部ですけどね、こういう場所。でも、かなり濃度高いです。

>hurryさん
水源、こんな水がある生活っていいなあって思います。冬は大変でしょうが。

>るびーさん
私の写真に影響(?)されて街撮りもいいな、って思ってくれる方が少しづつ増えています。すごく嬉しいことです。
難しいこと考えなくてもいいから、見慣れた場所でも撮ってみると意外な発見があるのですよ。ぜひ、いかがです?

>マキさん
へっへっへ、身近にあるでしょ?こういう場所。いしづち、マップも是非!(笑)

>本部長さん
昨日、グリコの写真別フォルダに保存されてしまい、UPされていなくて今日、慌てました。すごく好きな一枚なのです。
迫る、建物も近くに寄るとなんだか圧倒されちゃいました。これは「負け」です。
豆腐屋のおばちゃん、ズボンが厚紙(笑)。油避けみたいですが。なんだか、いつの時代?って雰囲気でした。

投稿: ariari | 2007年11月 8日 (木) 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/17006257

この記事へのトラックバック一覧です: 写団ひとり北東北修行【角館〜江刺】:

« 写団ひとり北東北修行【大館〜角館】 | トップページ | 写団ひとり北東北修行【気仙沼】 »