« 青森の深い森。 | トップページ | ユルい東北旅【三沢1】 »

2007年11月28日 (水)

職業....「旅人」....以上

中田ヒデかっ!という突っ込み歓迎(笑)。
今日は写真教室、そしてフィルムを現像に出してきました。もう少しお待ち下さい。

なので、本日は携帯電話のカメラで撮影したものから先出し。

D1000099

青森県南津軽郡田舎館村(いなかだて)は、以前から気になっている場所でした。その名前からして「田舎」を連想させるに十分な響きですから。

D1000096

ここは弘南鉄道の「田舎館駅」です。ひっそりとしたローカル線ですが、通勤通学の大切な拠点。

D1000095

しかし駅前には店なんか一軒もありません。周囲は田んぼが広がるのどかな一帯です。

D1000084

周囲には黒石市、弘前市があるので挟まれたような格好でぽつんと取り残されているような雰囲気が漂います。

D1000083

それでも、周囲の町などとは合併せず田舎館村としてたたずんでいるのです。

D1000094

立派な家も散見されます。蔵がある家も数多い。きっと農業が栄えているのでしょう。

D1000087

昔、商店だった家。なぜか入り口には「ぼろ布」がいっぱい。

D1000090

驚いたことに、その「ぼろ布」の中に老婆がたたずんでいました。
「こんにちは、何か探しているんですか?」
「うん、探し物してるの」最初ボケているのかと思ったんですが、この後もちゃんと会話が成り立ちます。

「昔、お店だったんですね?」「そう、食料品もあったんだ」と指を上げた先にはパンの看板があった。「あのクルマで来たの?」とhurry氏のクルマを指差す。「はい、そうです」

「おばあちゃん、寒いからいつまでもやっていたら風邪ひいちゃうよ」「はい、そうだね」

D1000097

すごく叙情的で、かつ寂しくて、しばしここに立っていたい、そんな気になります。

ここは田舎館村。

D1000100

また来よう、きっと。

DoCoMo D903i JPEG Photoshop CS にてトーンカーブ調整。

撮影:11/27

|

« 青森の深い森。 | トップページ | ユルい東北旅【三沢1】 »

コメント

現場で二人の遣り取りを車内から静かに見ていた。まさか人が住んでいるなんて思わなかったから、ほんの僅かな驚きを抱えたまま、じっと見続けた。

aは見守る様に話し掛け、それを止めようとはしなかった。

俺も車から降りていって、その慈しみに近い世界を壊そうだなんて考えなかった。

ほんの少しの時間だった。5分居たか居ないか、だと思う。

aが口を開いた。『おばあちゃん、寒いからいつまでもやってたら風邪ひいちゃうよ』

次の瞬間、それまで動かしていた手を休め、老婆はaの顔を見上げた。『もしやめなかったとしたら?』

答えに窮するa。

続けて老婆は、おびただしい数の布切れを指さす。『ここ…暖かいかね?』


不謹慎ですみません。途中から話を捏造してます。(謝)

投稿: hurryblood | 2007年11月29日 (木) 01:50

おはようございますm(_ _)m
お帰りなさ~い。帰った次の日から仕事でしたか?
「職業・旅人・中田ヒデかっ!」のコメントで笑って、ぼろ布の中のおばあちゃんの写真を見て吃驚仰天した朝です。「田舎舘村」イイナァ~♪

投稿: るびー | 2007年11月29日 (木) 08:09

東北巡業お疲れ様でした~
巡業がもう完全に生活の一部でなんですね。
しばらくは札幌での本場所に力を入れて・・・
あ、失礼、力士じゃなかった(笑)
フィルムのアップ、楽しみにしていますね。

投稿: あやや | 2007年11月29日 (木) 14:04

お疲れ様でした。
携帯のカメラとは思えない画像に驚愕しております。
写真に一番大切なのは機材ではないと改めて感じました。
いや、でも、正直、おばあちゃんのシーンは驚くのみです。
この国の影に隠れてしまっていた部分を表象させてしまったようで、
かなりやるせないけど、どうすることもできず、
また明日は我が身かとも思ったりなんかして重いです。

投稿: 本部長 | 2007年11月29日 (木) 23:01

追記

aと俺が佇む田舎館駅に、列車が入ってきた。

時間的に学生が降りてくるんだろうな…それ位にしか考えなかった。

降りてきたのは女子高生1人だけ。

aが伝える通り、駅前には店なんかない。正確に言えば家もない。

だけど寂しい訳ではなかった。


あ、今日って尾崎豊の42回目のバースデイだ。おめでとう、尾崎。

ん?っちゅー事は明日は誰かさんの誕生日じゃなかったっけ?

誰だっけ…思い出せない…

うーん、幾ら考えても思い出せない位だから、きっと大した奴じゃないんだろう。うん、そうに違いない。

投稿: hurryblood | 2007年11月29日 (木) 23:05

>hurryさん
「あの瞬間」私は何を話せばイイかしばし悩んだのだ。
「こんなところで何をしているの?」・・・こんなところ、なんて失礼だ。じゃあ「こんにちは、いい天気ですね」違う。
「寒いね、何しているの?」こんな感じでイイか。

もしボケていたらどうしよう?でも、人と接するときは人としての尊厳を失ってはいけない訳です。言葉を選ぶという難しさを痛感した瞬間でした。

>るびーさん
ただいまー!こうして自分で修行して色々写真について考えています。少しでも多くの生徒さんが自分の写真を楽しめるように。なんてね。
田舎館村、なかなかいい感じです。行きませんか?(笑)

>あややさん
うげー、力士かよ。ま、確かに最近は力士化しつつある腹が邪魔・・ヲイ!
当分地方巡業は無い・・・予定です。でも旅は私の日常ですね。

>本部長さん
フィルムの在庫がなくなって(石巻のせい!)もなんとなかるもんです。田舎館村にはモノクロどころかカラーフィルムさえ無い模様。まあ、カメラなんて本当はなんだっていいはずですけどね。ま、モチベーション的には好きな機材を使うことがまずは大切で。
福祉対策ということの問題を地方では実感する瞬間が多いです。今後の高齢化対策、金を持った政治家なんかにできるわけもなく。

>hurryさん
田舎館村、リベンジおつき合い下さい。嫌だっていっても行こうね。あの路もあの店も「二度とこないよね」なんて言いながら帰って来たけどまた通るかもね(笑)。
で、誕生日?ああ、そうだね、誰だったっけ・・・
プレゼントはシャワーキャップでいいぞ(爆

投稿: ariari | 2007年11月30日 (金) 02:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/17218350

この記事へのトラックバック一覧です: 職業....「旅人」....以上:

« 青森の深い森。 | トップページ | ユルい東北旅【三沢1】 »