« 写団ひとり北東北修行【モノクロ編3】 | トップページ | 写団ひとり北東北修行【あとがき】 »

2007年11月14日 (水)

写団ひとり北東北修行【青森編】

昨夜はメンテナンスのため更新できず不貞寝(笑)。すみません。
さて、旅もいよいよ佳境でございまして、最終目的地「青森」へ侵入しました。ここは写真を撮るというよりもhuury氏と共にアブナそうな店に突貫潜入し、ヤバそうなものを奪取するという大人の遊び(笑)を主に敢行。おかげで収穫たっぷりの一日であった。

青森市内から郊外、五所川原市へ向かう山道にて。ここは何度も通っている路。

Aomori40031
【虫の息】五年前はまだ屋根があった。年々朽ち果て方が半端じゃなくなってきた。

Aomori40034
【堂々】一般の家にしては非常に威厳ある雰囲気。昔はさぞや羨まれていたのだろう。

Aomori40036
【植物化】すでに土に還る準備は整った。

Aomori40037
【植物化 II 】主は光合成中。

Aomori000003
【残りなし】破りたかった。

Aomori000004
【朽ちてなを】錆王。

Aomori000008
【青春時代】無数の懐かしの映画ポスターが天井に。状態よければ何万円もするのに....

Aomori000011
【無印】昔コンビニ、今ビニ本。中古せとものとアダルトな本。いしづち真っ青デイショップ。

Aomori000012
【憧景】納屋に憧れるオトコ。

Aomori000013
【拒む】なんとなく人を寄せ付けないオーラが。そういう家ってある。

青森県稲垣村、旧車力村(現町名忘れた)。青森は北東北でも有数の「ヤバい建物」が多い。ある意味気仙沼とは異質の空間が存在する。そこには退廃した空気と暖かい空気が入り交じるまったく不思議な世界で、当たり外れも極端だ。なので果敢に挑むしか無いのだ。色々な意味で・・・

複雑な気持ちで、この日私は北海道へ向け帰宅。

撮影:11/2
データ:BESSA R3A M-ROKKOR 40/2 , Leitz Summarit 1.5/50
KONICA MINOLTA CENTURIA SUPER400 , Kodak BW400CN


|

« 写団ひとり北東北修行【モノクロ編3】 | トップページ | 写団ひとり北東北修行【あとがき】 »

コメント

青森編....オイラ見なかったコトにできませんか?(ばく

【堂々】これレンズの収差ですよね?そういうコトにしておいてください。
m(_ _)m

投稿: まつもともと♪ | 2007年11月14日 (水) 18:16

廃屋・・・こんな風になるんですね・・・ため息ε-(ーдー)ハァー
【無印】せともの屋さんですよね?何のためにペタペタと貼ってるのか分かんない(・∀・? でもきっと何か意味があるのでしょうy(^ヮ^)y

投稿: るびー | 2007年11月14日 (水) 19:17

>まつもともと♪(いしのまきまき♪=ほっかいどうでしょう♪)さん
えー、見なかったこと?ダメだね。見たからには強制的に撮影をさせますだ。

>るびーさん
スゴいでしょ?ま、北海道ではあまり見かけませんが、青森ではこういう家が散見されます。廃屋だ、と思ったら実は住んでいたり。
せとものを売っている店は、昔コンビニらしく、他にも怪しいものがいくつかありました。オトコが大好きな絵本とか(笑)。
あんなに呼び込みのごとく貼ってあるくせに、店員がいなかったので待ち伏せして開けさせました(笑)。

投稿: ariari | 2007年11月14日 (水) 19:29

俺がエロ本に心を奪われた、元コンビニだけど、そんなに種類はなかったよ。あれは客寄せの為でしょ?某松山の『ナイトショップいしづち』とはエロ度が違う(爆)。

豊富に見えたエロ本は同じ奴が5冊位あって、それが3種類位だったから多く取り扱ってるみたいに見えた…と思う。

それに…当初aは閉ざされた自動ドアを前に、まるで『今回は縁がなかった』ってな表情を一瞬だけどしたんだよ。俺、見たもん(笑)。

だけど二人の『ここで諦めて立ち去ったりなんかして、帰る途中の山道でオーバーランして谷底へ落ちて、そのまま死んじゃったりなんかしたら、浮遊霊になっちゃうんじゃないの〜とかなんとか言っちゃったりなんかしちゃったりして〜』って思いが店主に伝わったんだよ。割とすぐ帰ってきたもんね。

そしてあの廃屋だけど、あの前に立つと垂直と水平のバランスが崩れて、今の自分の位置さえ正しいのか判んなくなって楽しかった。あの複雑な傾斜と歪みは皆に体験して欲しいです。

投稿: hurryblood | 2007年11月15日 (木) 03:40

>hurryさん
あえてコメなし(笑)。ずいぶん遅くまで起きていたんだと驚愕。朽ち果てそうな家には「絶対危ないから近づいちゃダメ」とか子供たちは言われているはず。
でも、私たちはダメな子供なのでドンドン近寄っちゃう。

投稿: ariari | 2007年11月15日 (木) 06:17

『私たちはダメな子供なのでドンドン近寄っちゃう』って…a、私『たち』って表現はどうかな。
俺は俺、aはa!二つの個性が出会った時!向かう先は雑貨店!俺達仲間だぜ!

あっ…やっぱ『たち』で問題なかった。ごめんa。

投稿: hurryblood | 2007年11月15日 (木) 13:41

【残りなし】ワタクシも破りたい♪納屋と廃屋って、こんなに面白いんですね♪
今日ね、納屋の中に埃を1センチくらいかぶった車を見つけたよ…アレ絶対デロリアン!!ariariさん、写真撮りに来てッ笑♪

まだまだ大人のファンタジーランド“いしづち”には勝てませんな!!笑。

投稿: マキ | 2007年11月17日 (土) 01:54

>hurryさん
らじゃ。わしら、笑えるツボが同じじゃけんのう(笑)。
しっかし、店を出てから腹を抱えてウケまくるってバカみたいだけど。

>マキさん
納屋にデロリアン?マジ?ふうむ。。。うちの車庫にもヤバいクルマがホコリ被ってますけど。
いしづち、ね。本当に行きたいの。どうしても行きたい(笑)。

投稿: ariari | 2007年11月17日 (土) 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/17065928

この記事へのトラックバック一覧です: 写団ひとり北東北修行【青森編】:

« 写団ひとり北東北修行【モノクロ編3】 | トップページ | 写団ひとり北東北修行【あとがき】 »