« アーティストトーク終了。 | トップページ | そして旅は続く。 »

2007年11月17日 (土)

夏の記憶...2007

蔵出しシリーズ(笑)。いや、タイミングを逃しちゃったのです。

文章多めだけど許しておつき合い下さい。

私が好きな岩手県、とりわけ想いが強いのが「遠野」なんですが、ここへ初めて訪れたのが20年ほど前のことです。柳田国男氏の「遠野物語」に触発された訳ではないのですが、東北の中にあるこの町が自分にとって「ふるさと」であるような錯覚をおぼえたのです。

Tono25

あれから....何回訪れたでしょうか。今年も夏に遠野の風に会いに行きました。

最近、森山大道氏が若い頃、そう1970年代に遠野で撮影した写真集がありまして、それが文庫本になったということで読みました。いやー、お恥ずかしながら森山大道氏が遠野を撮っていたことを最近知ったんです。

Tono22

驚きました。森山氏が「遠野は日本人が心の中に持つ【ふるさと】のイメージに近いのではないか」と思って訪ねたのだと。いや、それって私が思っていたことと同じだったんで。

山があって川があって野原が広がる。あのふるさと、です。遠野にある景色が他にもあることは東北を頻繁に訪れる私にも理解していることでした。

でも、遠野でしか見えない何かがある。

Tono23

私が友人を誘って東北をクルマで回って、あとで「どこが一番よかった?」と聞いた時、ほんの短い時間でしか訪れなかった「遠野が一番印象的」と友人が言ったのには驚きでした。

遠野もそして、東北には自分が育ったような懐かしさをいつも感じます。
そう、私の心の中にある遠野はいつもふるさとみたいに優しかった。

私が好きな場所は東北にいくつもあるけれどいつも行く場所が決まりつつあるのも事実。
遠野、そして角館。観光地としても有名だけど街並の魅力は観光で訪れるだけではもったいないです。

Kakunodate17

古くて歴史あるだけでは見せ物ですけど、ちゃんと機能していることが魅力を高めてくれる。

Kakunodate18

「すみません、中を撮影させて頂けますか?」にっこり笑って快諾頂いた店主。

角館はみちのくの小京都なんて呼ばれているけれど、人の笑顔もとてもいいんです。

Kitakami27

そして外せない北上市。川にかかる橋を運転しつつ、片手で撮影。こういうアーチがたまらなく好きなのが困った私だ。

Kitakami34

橋、橋。ここに寝転がって撮影したい!でも、けっこうクルマの往来が多くて難しい。

Kitakami36

橋を渡る風が好き。たまらなく好きです・・・川を見下ろして身を乗り出せば最高の気分。

Kitakami26

東北に身を委ねカメラを向けることに幸せを一番感じるのです。ダメですね、そんなことばかりじゃ。しかし、心はいつもここにあらず。でも、そこへ住むのはダメです。旅じゃなくちゃいけない。記憶になってくれる旅じゃないと。

Nikon FM3A AF-NIKKOR 20-35mm/2.8D FUJIFILM NEOPAN100 ACROS

|

« アーティストトーク終了。 | トップページ | そして旅は続く。 »

コメント

仕事で何回か訪れた遠野…その風景の機軸となるそこに住む人々があってからこそだと実感していました。最近視点が変わったオイラが再訪したら、どのような街並みが映るのか楽しみです。

で、北上川に架かる橋…展勝地に近いところですね。あの橋、狭い上に交通量が多い…で、このアングルですか?
参りました。m(_ _)m

投稿: はなまきまき♪ | 2007年11月18日 (日) 00:33

聞き役お疲れ様でした。
自分を思い出す旅、探す旅に出たいです。

投稿: hiros | 2007年11月18日 (日) 07:28

昨日はお疲れ様でした。
始めの三枚、見ただけで、あ、懐かしい・・と思ってしまうような写真です。
遠野って不思議なパワーがある土地のようですね。
一度は訪ねてみたいです。
あ、言うまでもありませんが、強化合宿はご遠慮申し上げます(笑)

投稿: あやや | 2007年11月18日 (日) 11:14

こんにちは♪
「遠野」と聞くと行ったことはないのですが なぜか素敵なイメージがわきます。多分テレビのせいかな・・・?やはり素敵な所なんですね。私も一度行ってみたいです。写真見て過ぎた夏を感じました。外は雪が・・・ ^^;

投稿: るびー | 2007年11月18日 (日) 12:34

>はなまきまき♪さん
気仙沼のように混沌としている場所も面白い。遠野みたいに懐かしい町もいい。北上のような親しみのある町もいい。
日本のどこかに自分を映す町があると思います。
はい、展勝地ですね。教えられて5月に行って、あそこの川が気に入りました。
北上川を渡る橋が意外に少ないので結構不便ですよね。あの狭い橋がいつも混んでいて撮りにくいんですよ。

>hirosさん
自分を思い出す旅・・・深いですね〜
ひとりでどこか見知らぬ町を歩くのがよいですよ。

>あややさん
不思議なところです。本当にカッパや座敷童がいるんじゃないかと思えます。
合宿?そうですね、一度参加されてみては?(笑)

>るびーさん
遠野はなんでだろう、懐かしくて暖かくてすてきな町です。
札幌に住んでいると、自分の故郷でもないのに無性に帰りたくなります。一度訪れて欲しいです。

投稿: ariari | 2007年11月18日 (日) 23:05

もう、2枚目の階段でまいっております(^_^;)
人生、誰もが経験する上り坂のような風景でもあり、
いつかどこかで見たような思い出のようでもあり...
酸いも甘いも知っているような階段の表情に普遍性を感じます。
あと、なんとなく我路神社の階段のようにも見えてしまうから不思議です。

投稿: 本部長 | 2007年11月19日 (月) 00:00

>本部長さん
我路神社、あの狭くて怖い階段ですね。私も登ってみました。
階段から下を見ると不思議な光景が広がって。
神妙な気持ちになりました・・・

投稿: ariari | 2007年11月19日 (月) 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/17103624

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の記憶...2007:

« アーティストトーク終了。 | トップページ | そして旅は続く。 »