« 工場萌え〜♪ | トップページ | らぢおのぢかん。 »

2007年10月14日 (日)

Summaritはダメダメか?

「ライカのレンズは一本しか持たぬ」と宣言して20年。でも今年、現行のエルマーを買って以来、その尊い戒律を破り、私は底なし沼へ導かれてしまいました。言い訳がヒドい「だってボディが二台だもん」
そもそもM4にした時点でM2は売却の予定だったのに、ボロボロのM2では買い手も付かないということでサブに使うことにしました。なのでレンズは二本要るよね〜♪

でも、でも。持っているのは1980年代のカナダ製ズミルックス35、んで、現行ライカネームのエルマーってことはErnst Leitz Wetzlarオリジナルの古いレンズも欲しいじゃん。でも真っ当なレンズじゃ面白くないつーこって目をつけたのがSummarit 50/1.5だったわけです。

ツアイス陣営のゾナーが1.5の明るいレンズで「しっかり写る」ものを出しちゃったんで頑張ったライツが出したのがこのレンズ。でも、評判はけして芳しくなくて「ボケボケ」だの「クセ玉」だの言われていて相場も安いんです。ということは私にとってありがたいってことですね(笑)。

Suma01
ズマリット、絞りf4

Elm01
現行エルマー、絞りは同じくf4

まあ、このサイズではわかりにくいけどコントラスト、メリハリ、はエルマーが当たり前のように高い。でも、解像度はズマリットの方が繊細である。

Suma02
ズマリット、f2.8

Elm02
現行エルマー、f2.8 つまり開放

確かにズマリットは点光源の周囲にはにじみが見られますね。でも、肉眼で見ても光の周囲にはにじみが見えるんですからこれで何が悪い!とも言えますね。右にある「札幌信用金庫」の文字などはズマリットの方は線が細く見えます。

Suma03
ズマリット開放1.5
すげえ、ソフトフォーカスみたいだ。しかも最短撮影距離なのでボケが渦を巻くような....これがクセ玉の効果(笑)。まあ、ズミルックスでも似たようなもんです。しかしピントの合っている部分は非常に精緻な描写をすることも魅力かと。

街撮りではエルマーの骨太でしっかり写り、また大きく崩れないボケの方が合っていますが、場合によって、とりわけ人物を絡める撮影ではズマリットも良さそうです。
昨日の苗穂工場も全部、ズマリットなのです。逆光ではズミルックス同様とんでもないことになりますけど、それも光を演出するものとして言い訳しましょ。

Dscf9992

しかし、まあ重いレンズ。程度は外観かなりよし、レンズ傷多し。でも、きれいな方かも。相場よりも安かったんで手を出したというのが正解。そこいらへんのコンパクトデジカメ一台より安価(笑)。


【業務連絡(笑)】
明日の朝10時から札幌のコミュニティーFM局「ラジオカロス」78.1MHzに出ます。生放送なのでヤバいんですけど(笑)、DENZIさんと一緒に写真について語る予定です。あとから聞けないんで誰か録音して欲しいよぉ(ばく)。


|

« 工場萌え〜♪ | トップページ | らぢおのぢかん。 »

コメント

ariariさん、こんばんは。
戒律を破る口実は無限にありますよね(爆
多くの方が、何故に沼と呼ぶのか?
最近分かりかけてきました。<私

沼もデンジャラスですが、明日のラジヲもデンジャラス確定。
もしかしてデンジャラスだから?...のDENZIさんがお相手。
これは楽しみですね~。小樽は聞けませんよね?

投稿: bono | 2007年10月14日 (日) 22:14

>bonoさん
沼、いやぁ深いことは知っているのに飛び込む馬鹿者なワシ。
自分で決めたルールは破る(爆)!
明日のラジオはかなりアブナいと思います。顔が見えない匿名性があるのでどうなりますやら。
因に小樽はエリア外ですね、残念です。

投稿: ariari | 2007年10月14日 (日) 22:42

増殖中ですね(あまり人のことを云える立場じゃないですけど...笑)。
ゾナーは確かに近景の描写(合焦点とボケのメリハリとか)は惚れ惚れしますが、
逆に遠景には向いていないような気がしております。
たとえば「札幌信用金庫」の文字などは曖昧な写りをすると思いますよ。
(遠くに浮かぶ花火を写したときにそう感じました)

ラジオ、小樽で聞けないのは残念ですね...誰かエアチェック(死語)頼む(爆)
フイルム一本勝負の話題からサビの話題まで炸裂しそうですね。
サビばっかりだとリスナーが常人の場合、付いていけなくなるかもしれませんね(笑)
ついにDENZI節が公共の電波に乗る日が来たか!(^。^;)

投稿: 本部長 | 2007年10月15日 (月) 00:39

宮城まで電波の出前お願いします。
それも爆盛で....(ばく

投稿: いしのまきまき♪ | 2007年10月15日 (月) 01:27

a、男の子だもんよ…ハマりにハマりまくる人生謳歌で問題ないと思うぜ…

レンズ沼にドボンだか、ドンズ沼にレボンだか知らないけどさ…

投稿: hurryblood | 2007年10月15日 (月) 01:59

生放送とはホントにヤバそうですね。aさん、Dさんじゃぁ。。
聞きたいけどなあ。。

投稿: hiros | 2007年10月15日 (月) 07:09

ズマリット、典型的なガウス型のレンズですね。
ゾナーと比べて空気接触面が多いため
よいコーティングの無い時代にはフレアが多く、
新種ガラスを使わないとコマか非点収差が
補正できない言われていますね。
天才ハインツ・バースケ氏と学者上がりの
秀才マック・ベレク博士の発想力の違いが
出ているレンズだといわれていますね。
でも、今見ると結構人間の目の見た目に
近く(特にちょっと乱視気味)写っているような気がする。
鷹の目のテッサーに対し、人間の目のズマリットというのも
面白いかも。

投稿: こもれび | 2007年10月15日 (月) 19:24

間違えた。
ハインツ・バースケ氏はローライ35の設計者で、
ゾナーはルートヴィッヒ・ベルテレ氏だった。

投稿: こもれび | 2007年10月15日 (月) 19:36

>本部長さん
おかげで生放送、無事に終わりました(笑)。
DENZIさんがおとなしいんだもん。
レンズは異なる描写を楽しむようになると末期症状です(^^;

>いしのまきまき♪さん
身内で録音してくれました♪そのうち聞いてね。

>hurryさん
ドボンでズボンだ。人生は!

>hirosさん
DENZIさんの暴走を食い止めました(ばく)。

>こもれびさん
今日はラジオにメッセージありがとうございました。放送中にしっかり伺いました(宣伝しちゃったよ)。
ズマリット、案外肉眼に近い写りにびっくりでしたよ。
さすが腐ってもライカ。

投稿: ariari | 2007年10月15日 (月) 20:06

ズマリットは絞ると使えるレンズという感じでしょうか。
開放の独特なフレアーは今のレンズでは味わえませんね。
ところでズマリットはベレクの設計なんでしょうか?
確かにライカレンズらしい描写なのですが、個人的には
ズマールやズミタールの一連の描写とは少し異なる様な気がします。
どなたかご存知の方がいらしたら、ご教授下さい。

投稿: ブレ損 | 2007年10月19日 (金) 22:34

>ブレ損さん
初めまして?でしょうか。
使えるかどうかは個人の感覚なのですが、私的には開放から使えると思っています。というか、使います。
まあ、普通に写真を撮っていてレンズの個性やクセなんかどうでもいいんじゃないかって思う事もあるんですが、フィルムで使う場合、特に被写体によってレンズを選ぶことも楽しみの一つだと言い聞かせていますね。
あと設計者も詳しい方がいらっしゃるので、もしかすると調べてくれるかもしれません。

投稿: ariari | 2007年10月19日 (金) 23:36

初めましてです。
早速のご返答ありがとうございます。
確かに最至近の開放で人物など撮ると驚く様な描写をしますね。
ただ以前、使ってた時の感想では絞りこんでからの方が好みでした。
モノクロで5.6から8位のところが美味しかった記憶があります。
それから造りも贅沢というか、良く出来てますよね。
設計に詳しい知人がいらっしゃるとのこと、いいですね。
これを機械にちょくちょく覗かせていただきたいと思います。

投稿: ブレ損 | 2007年10月20日 (土) 12:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/16760339

この記事へのトラックバック一覧です: Summaritはダメダメか?:

« 工場萌え〜♪ | トップページ | らぢおのぢかん。 »