« 夜の匂い。 | トップページ | 花巻強化合宿 »

2007年9月13日 (木)

MINOLTA M-ROKKOR 28/2.8

ライカマウントのレンズはライカのズミルックス、エルマーの他にこの一本を持っています。ずいぶん昔に購入したものですがほとんど使っていませんでした。(もったいない)
本来はミノルタCLE用として販売された国産初の28mm Mマウントレンズですが中古ではプレミアムがついて一時は相当高価でした。が、ある中古フェアでバルサム剥がれのため「9800円」という破格の値段がついていまして修理に相当お金がかかるよ、という店員さんの声を無視してゲット。へへ、ミノルタの当時修理担当はお知り合い。なんとタダみたいな値段で修理完了。

Otaru001

撮影:9/1小樽 FUJICOLOR SUPERIR400

Otaro002

同上 描写はさすが、です。当時の純正ライカエルマリート28mmよりもシャープだと評価も上々だったんですけどね。

Dscf9935
とてもコンパクトで使いやすいのですが、こんなに小さくていいのか?というほど。最近はコシナのツアイス用ビオゴン28/2.8がとーっても気になっています。でも、これで我慢。うむ、使ってあげないとねえ。

|

« 夜の匂い。 | トップページ | 花巻強化合宿 »

コメント

むぅ!強力な人脈ですね!
M-ROKKOR、しぶい!
名玉の生写真、今度拝ませてください~♪

投稿: iwata coffee | 2007年9月13日 (木) 23:12

うあー、鷲掴み鷲掴み。ぎゅぎゅっとね。
一枚目の色使い、たまりませんです。あーいいなー。

投稿: CommA | 2007年9月14日 (金) 07:09

>iwata coffeeさん
先日はありがとうございました。試写が楽しみです。そういえば写真持って行った事がなかったですね。次回、何か御持ちします(お恥ずかしい)。

>CommAさん
レンズというより小樽写真販売さんの「腕」ですよね。M-ROKKORはこってり、すっきり、味わい深いです。

投稿: ariari | 2007年9月14日 (金) 16:39

ビオゴン28/2.8ではじめて写したとき、その発色に驚いておりました。
光学的なことはよくわかりませんが、
写真の隅々までキッチリと写っている優等生レンズというのが印象強いですね。
でも、このROKKOR 28/2.8の描写も研ぎ澄まされておりますよ!
うーん、底なしレンズ沼、こわいですね~(^。^;)

投稿: ビオゴン28/2.8オーナー(^^) | 2007年9月14日 (金) 20:24

ビオゴン28号、って書いたら怪獣みたいだ(笑)。本部長さんが悪いのよ…シクシク。これからはメインをレンジファインダーにしようと思っています。一眼レフのタマは大体欲しい所押さえましたから。あとはウマい、楽しい、安いクセダマで遊びます。

投稿: ariari@はまなす10号車 | 2007年9月15日 (土) 01:19

良い買い物をされましたね。
ちょっとした埃・カビ・曇り・バルサム切れは
実写での影響がほとんど無い割に格安。
私もそういうレンズは好んで使います。

投稿: こもれび | 2007年9月15日 (土) 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49346/16438417

この記事へのトラックバック一覧です: MINOLTA M-ROKKOR 28/2.8:

« 夜の匂い。 | トップページ | 花巻強化合宿 »